新着順

2014年07月01日

GENETOがARCHITIZER A+AWARD 2014を受賞しました 

Aaward20141

GENETOが今年のARCHITIZER A+AWARD 2014 Restaurants部門 "Jury Winner"と"Popular Choice Winner"のダブル受賞しました。

受賞作品は昨年4月に竣工した群馬県館林市のイタリアン レストラン プロジェクト”L'angolino”です。

この喜びを胸に今後とも真摯に建築の設計活動に向き合っていきたいと思います。

ARCHITIZER A+AWARD Website

ARCHITIZER A+AWARD @ flickr

L'angolino blog

L'angolino @ GENETO blog

L'angolino @ GENETO facebook page

コメント(0)

2014年06月30日

L'angolinoがDomus webにて紹介されています。 

GENETOが昨年取り組んだプロジェクト”L'angolino”がイタリアのデザイン系メディアのwebsite"Domus web"にて紹介されています。

Domuslogo

537c110fc07a802121000148_langolinog

Domus web

関連記事

L'angolino プロジェクトプロセス @ GENETO blog

L'angolino 施工記録 @ GENETO facebook page

L'angolino プロジェクトプロセス @ pivoto blog

L'angolino blog

コメント(0)

2014年06月25日

L'angolinoがarchdailyにて紹介されています。 

GENETOが昨年取り組んだプロジェクト”L'angolino”アメリカの建築専門のwebsite"archdaily"にて紹介されています。

O0530010110606547111

537c104bc07a80d859000113_langolinog

archdaily

関連記事

L'angolino プロジェクトプロセス @ GENETO blog

L'angolino 施工記録 @ GENETO facebook page

L'angolino プロジェクトプロセス @ pivoto blog

L'angolino blog

コメント(0)

2014年06月22日

八百忠に光が灯る by 山中コ〜ジ 

Img_7787

建築現場は長い時間をかけ、少しずつ確実に進んでいきます。
それは毎日現場に向き合う職人さんの努力があってこそです。
そんな時間をかけた成果が目に見えるのは、照明が建築に灯る日のことです。
それまではエネルギーが注入されていない、製造途中の無気力な空間という印象ですが、建物の照明が灯りだすとエネルギーが漲る建築となります。

Img_7560

今回のプロジェクトで我々が非常に時間をかけてスタディを重ねたファサードの照明や、アプローチの路地など、心待ちにしていたところがライトアップされ、模型を見ながら想像していた夕景が浮かび上がりました。

Img_7564

このプロジェクトのライティングを計画してくださった菊原啓子氏は、どんなにこの日を楽しみにされていたことでしょう。
我々とのイメージの擦り合わせや、減額案の作成など非常にご苦労されたと想像すると、楽観的な気持ちでこの日を迎えてなかったことと思います。

Img_7795

ライティング計画を通して常に我々が心がけていたことは、斬新であっても居酒屋の様な軽い印象にはならないことでした。 勿論、このプロジェクトの全てに対して同じことが言えるのですが、照明は建築や空間に対して非常に影響力をもった構成要素のひとつであるため、細心の注意をはらった計画となりました。 ファサードから漏れる光は通りを照らし、道行く人と玉水商店街の数着点を暖かく照らしてくれます。 照明が灯るといよいよ完成が見えてきました。

GENETO

山中コ~ジ

コメント(0)

2014年06月18日

アクシデントと代替案 by 山中コ〜ジ 

大屋根案で進んでいたMRT-HOUSEのプロジェクトですが、大きな転換を求められる事が発生し、現行案に大きく手を加える事となりました。
 
すなわち、大屋根を数枚の屋根に変えるということ。
この大転換はこれまで積み上げて来たプロジェクトを、思いのほか後退させることとなりました。

Img_7628

我々設計者だけではなく、構造家にクライアントも含めた設計の組み立て直しをおこないました。

新案に向けては妥協案ではなく、この機会に前回案を上回る計画を目指すことを共通の合い言葉に、かなりの時間をかけたスタディを繰り返しました。

Img_7631

分棟の様に各居室を配置する平面計画はそのままに、分棟となる棟毎に屋根をかけていくこととしました。
結果的には大屋根案よりも、より分棟を意識した空間構成ができるため、コンセプトと空間がよりシンクロしてきました。

Img_7636

これまでの大屋根案を踏襲するのは、合板フレームによる架構を屋根に用いる事です。 合板フレームを多用する建築の工法はL'angolino Project(群馬県 館林市)により、既に実現させており、更に昨年は岐阜県の木材試験場にて材料強度についての耐久試験もおこなっている我々独自の工法です。 そんな工法を用い、今回は空間に”くびれ”を作り分棟の様に分けつつ、一体的な空間の気積とシークエンスを作ろうと考えました。 独特の空間を生みだすフレームは、大屋根案を遥かに凌ぐ空間となることが予想され、我々の想像以上に面白くクリエイティブな空間となりそうです。 ただし、設計/構造/施工の面で難易度が上がっている事も確かで、スタディ模型によってどんな建築になるのか、我々の想像を具現化する作業は手探り状態から始める事となりました。

関連記事

L`angolino @ GENETO blog

L`angolino @ GENETO Facebook Page

岐阜県立森林文化アカデミー @ GENETO blog

GENETO

山中コ~ジ

コメント(0)

2014年06月15日

L'angolinoがILIKEARCHITECTUREにて紹介されています。 

GENETOが昨年取り組んだプロジェクト”L'angolino”がイギリスのデザイン系website"ILIKEARCHITECTURE"にて紹介されています。

Logo

Langolino_restaurant_geneto_02800x5

ILIKEARCHITECTURE

関連記事

L'angolino プロジェクトプロセス @ GENETO blog

L'angolino 施工記録 @ GENETO facebook page

L'angolino プロジェクトプロセス @ pivoto blog

L'angolino blog

コメント(0)

2014年06月08日

L'angolinoがBLOG DEL DISENOにて紹介されています。 

GENETOが昨年取り組んだプロジェクト”L'angolino”がスペインのデザイン系website"BLOG DEL DISENO"にて紹介されています。

Logob

051

BLOG DEL DISENO

関連記事

L'angolino プロジェクトプロセス @ GENETO blog

L'angolino 施工記録 @ GENETO facebook page

L'angolino プロジェクトプロセス @ pivoto blog

L'angolino blog

コメント(0)