松吉師匠 - BRASH BLOG

新着順

2016年09月28日

誰にも当てはまる不調に原因は? 

Xphoto4php

Fairmont Jasper Park Lodge  G  C     (Toronto)

人それぞれ不調に原因は違います。

しかし多くのプレーヤーに共通している不調に原因があります。

それは左肩、左胸のテンションです。

これは知らず知らずに力が入り、自分では分からないものです。

まずクラブを持ってアドレスしたら、一度左肩、上体に力を抜いてみましょう。

それだけでかなり違う筈です。

コメント(0)

2016年09月27日

10月11日号のパーゴルフ 

Image1_4

本日発売の週刊パーゴルフに記事が掲載されております。

是非、参考にしてください。

コメント(2)

2016年09月26日

スイング中、考えられることは1つだけ! 

Xphoto3php

Talking  Stick  G    C      (Arizona)

誰でもスイングのチェックポイントはある筈です。

レッスンプロや友人などに指摘されたことを頭に入れてスイングします。

しかしスイングはたった約2秒足らず。

いくつも考えられる筈がありません。

考えられるのは1つだけです。

コメント(2)

2016年09月24日

バックスイングでフェースを開くプレーヤー 

Xphoto2php

Mystic  Rock  G  C    (Pennsylvania)

バックスイングでフェースをコネて開くプレーヤーが多いです。

意図してフェースを開いたら、どっかで戻さなくては真っ直ぐにはなりません。

かなり至難の技です。

そんなプレーヤーはアドレスで少しハンドアップ気味に構えることです。

フェースを開きにくくなります。

是非、お試しあれ!

コメント(3)

2016年09月22日

ショットが不調になったら? 

Xphoto1php

Drake Creek  G   C     (Kentucky)

ショットが不調になったらゴルフを知っている人に見てもらうことです。

しかし周りにそんな人がいなければ、バンカーで練習することです。

ガードバンカーではなく、クロスパンかーで練習することです。

クラブは7番、6番アイアンでフルショットをします。

自分の欠点が見えてくる筈です。

是非、試してください。

コメント(1)

2016年09月20日

パターが入らないときは? 

Xphotophp

Spanish Trail C   C    (Las Vegas)

何をやってもパターが入らないときがあります。

もちろん技術的な問題もありますが、パターが合っていないということも考えられます。

そんなときは思い切って違う形状のパターに変えてみることです。

特に違うネックのものに変えてみてください。

何かが見てきます。

コメント(1)

2016年09月18日

アプローチで足を使うか?使わないか? 

Xphoto2php

Royal Cinque Ports  G   C     (England)

アプローチで足を使ってスイングするのは正統派です。

しかしこれはある程度の練習量が必要ですし、定期的は練習も必要です。

逆に足を使わない場合、練習量もさほど必要ないし、久しぶりのゴルフでも対応できます。

足を使う方は微妙な距離感が出やすいが、ミスする可能性も高いということです。

さてあなたはどちらを選びますか?

コメント(1)