h220430memo - BRASH BLOG

新着順

2016年08月13日

272:ARCHITECTURE + DESIGN 

近年、欧州だけでなく、アジアのメディアからも頻繁にお声掛けを頂けるようになり、アジアのデザインに対する関心度の高まりを体感しています。さらに最近ではインドのメディアからもお声掛けが届くようになり、いよいよインドのデザイン情報誌 ARCHITECTURE + DESIGN 2016年 7月号h220430の作品が掲載されました。
機会がありましたらご覧下さい。
もともと独自の緻密な意匠を育んできたインドが、今後、世界のデザイン文化の影響を受けて、どのように進化していくのか興味津々です。

13873070_1092503387504383_436322115

コメント(1)

2016年08月13日

271:Estilopropio 

http://www.revistaestilopropio.com/n…/la-luz-del-nacimiento/

アルゼンチンのWEBメディア Estilopropio にて THE BIRTH GOLD が取り上げられています。よろしければご覧下さい。

Logo

コメント(0)

2016年08月13日

270:Designboom 

5月からNYのギャラリー CHAMBER で開催されている展覧会の様子が Designboom  に取り上げられています。宜しければご覧下さい。

Chambergalleryprogresslandnewyorkde

コメント(0)

2016年07月01日

269:銀座から歩いて10分にある奇跡 

シンガポールと香港から来てくれているインターンに、週末見に行くべき場所を聞かれました。考えてみると、東京のあらゆる場所が経済優先で形成され、標準化しているため、世界中の様々な地域を見て来た彼らを感動させられるような、極東の孤島独自の文化が蓄積された場所がなかなか思い浮かばないことに改めて気付かされました。悩みに悩んで、幾つかの美術館とデザイン的に見所の多い商業施設と、日本を代表する建築家による建物を紹介しましたが、自分としては消化不良な感が否めません。

Img_0692

この写真は昨日銀座から歩いて10分の築地で撮った民家の写真です。
15年ほど前はこのような景色が銀座から徒歩10分のエリアにも随所に見られましたが、今、このような木造家屋が連なって見えるのは、残念ながらもうこの通り1本だけになってしまいました。築地再開発の影響でこれらの建物はみるみるうちに無くなっています。その後に新しく建てられる建物に、それまでの文化の蓄積を継承する意志は見られず、経済優先の悲しい街区ができつつあります。
もともと外国人居留地があったこのエリアは他のエリアよりも戦争被害が少なかったようで、奇跡的に文化の蓄積とも言える古い建物が残っていました。
今、銀座から歩いて10分にこの景色が残っていることの意味や価値を見直し、せめてこの1本だけでも残ってほしいと切に願います。
このような文化の蓄積こそが、世界中であらゆるものを見て来た彼らをも感動させられるものだと思います。
ついでに言えば、築地とは反対方向に銀座から10分歩いた場所にある江戸城跡地に江戸城が可能な限り当時の技法を取り入れ、忠実に再建されないものかとも思っています。
法的にも、技術的にも、コスト的にも、材料的にも解決しなければならない問題は沢山ありますが、文化の蓄積を一旦全て焼滅させてしまった東京には、新国立競技場よりも江戸城があった方が良いなと思います。
コメント(0)

2016年06月17日

268:WIRED 

5月からNYのギャラリー CHAMBER で展示されているTHE BIRTHが US版WIRED に取り上げられています。よろしければご覧ください。

http://www.wired.com/2016/05/unusual-doesnt-even-begin-describe-exhibition/

Wiredlogolarge

コメント(0)

2016年06月17日

267:Airgora 

デザイン雑貨を紹介するアメリカのサイトAirgoraでh220430の商品が紹介されています。
宜しければご覧下さい。

Airgora_2



コメント(0)

2016年06月11日

266:A DESIGN AWARD 

ミラノの北にあるヨーロッパ随一の別荘地 コモ にて、王族や元貴族の別荘が並ぶ湖畔エリアに建つ邸宅を会場とした A DESIGN AWARD 授賞式でプロダクトデザイン部門のトロフィを頂戴してまいりました。
欧州はもちろん、南アフリカやブラジルなど様々な地域から招かれた受賞者とデザインという共通言語で交流し、デザインに関われていることを嬉しく思う一時でした。
多くの方の助けがあって授賞に至り、このような経験をさせて頂くことができました。
関係して下さった皆さまに感謝しています。

Adesignaward1

Adesignaward2

コメント(0)