h220430memo - BRASH BLOG

2011年6月の記事

2011年06月22日

075:Contemporist 

ニュージーランドのデザイン系WEBマガジンでEVA chair for kidsが紹介されています。日本で発表した情報が数時間後には南半球の島国で取り上げられる時代なんだと、今更ながら再認識しました。

http://www.contemporist.com/2011/06/18/eva-chair-for-kids-by-h220430/

ニュージーランドのデザイン系WEBマガジン「Contemporist」にEVA chair for kidsが掲載されています。

http://www.contemporist.com/2011/06/18/eva-chair-for-kids-by-h220430

[ EVA chair for kids ]

人は幼少期に沢山の事を吸収します。

豊かな感性を育むためには幼少期に優れたデザインに触れる必要があります。

しかし残念ながら幼児向け製品に優れたデザインが用いられることは稀です。

我々は未来を形成する子供たちにこそデザインが必要だと考えています。

EVA chairはそんな子供のための椅子です。

一枚の板を丸めてヒモで留めるだけでその平面形状からは想像しがたい形の椅子が生まれます。

また、容易に平面形状に戻す事ができるため、省スペースでの収納が可能です。配送時にはエネルギーとコストをセーブする事ができます。

この椅子を形成する素材"EVA"は軽量で柔軟性に富み、耐久性に優れ、カラーバリエーションも豊富です。

万が一、口に入っても安全であり、子供に適した素材と言えます。

またリサイクル性が高く、燃やしてもダイオキシンを発生しない、環境に優しい素材という点でも将来を担う子供達に相応しい素材です。

子供達にはこのEVA chairで柔軟な発想や想像力を育み、豊かで楽しい人生を築いてほしいと願っています。

People can absorb many things efficiently during their childhood.

Therefore, it is preferable that people should touch superior designs for fostering a rich sensibility during their childhood.

However, unfortunately superior designs are not rarely utilized for child products.

We consider that a design would be necessary for children who will form or create the future.

Therefore, EVA chair is the chair for those children.

It can be completed just by rolling up a piece of board and fastening it with a string.

Because it can be returned to a planar shape easily, it can be stored even in small space. It also can save energy and cost at the time of shipment.

The material EVA that is used to build this chair is lightweight and holds a rich flexibility, superior durability, and various color variations. If the material accidentally enters into a mouth by any chance, it will be still safe so it is a good material for children.

In addition, with consideration of the material for high recyclability, no dioxin generation, and environmentally friendly, the material is suitable for children who play an important role in the future.

We certainly wish that children can foster their flexible imagination and build a rich and enjoyable life with this EVA chair.

Year:2011

Size:W440×H800×D500 (SH300)

material:EVA

Retailers:During adjustment

Photo by Ikunori Yamamoto

EVAchair1-800

コメント(0)

2011年06月19日

074:EVA chair for kids 

http://www.h220430.jp/index1

幼稚園向けの椅子を考えてほしいという依頼から生まれたEVA chair for kids。

写真をホームページにアップしましたので宜しければご覧ください。

EVAchair2Photo by Ikunori Yamamoto

コメント(0)

2011年06月18日

073:Beijing 

先日北京を訪れました。

これまで訪れた都市では可能な限り自分の脚で歩いて回り、その都市の構成を把握するようにしてきましたが、北京ではその圧倒的な広さ故に歩いて回る事は叶いませんでした。少ない時間の中で欲張った計画を建てたのもその要因ではありますが

、とにかく広いのでタクシーを使って潘家園旧貨市場、高碑店、798芸術区、草場地を駆け抜けるように巡りました。

タクシードライバーは皆サービス精神旺盛で、頼んでもいないのに随分飛ばしてくれました。時間が限られていたために助かったと言えなくもないのですが、時に逆走し、時に激しくクラクションをならし、前の車に罵声を浴びせながら北京名物の渋滞を華麗にすり抜けていく様はとてもエキサイティングでした。

798芸術区は北京オリンピックの前に訪れた時とは大きく変わっていました。以前は静寂の中で現代アートに浸ることができたのですが、今ではカフェや雑貨屋が周囲に軒を連ね、観光客で賑わう観光スポットになってしまい、以前の魅力は残念ながら失われつつあるように感じました。以前のように高い敷居を感じるギャラリーは少なくなったために気軽に、しかも大量にアートを見られるという点では依然魅力的なエリアであることは間違いないのですが、この状況にコレクターやギャラリストやアーティストは耐えられるはずもなく、いくつかのギャラリーやアーティストはすでにこの地を離れているようでした。

その移転先の一つが798芸術区から北にタクシーで10分程の場所にある草場地エリアです。ここには798芸術区でギャラリーやアーティストが体験した良い点だけを抽出したかのようなギャラリー街が出来上がっていました。

以前の798芸術区同様に観光客を排除するような高い敷居を感じるような威厳を感じられるたたずまいがそこにはありました。

中国では「Contemporary Art & Investment」という月刊誌が本屋に並んでおり、アートが投資の対象として確立されています。草場地の周囲には高級車が列をなし、多くの欧米人がチャイニーズモダンを買いにきていました。

アートが投資の対象になることの善し悪しは別として、投資の対象となる事でアートの質が高くなっている事は事実であり見る者を楽しませてくれています。

草場地ではGalerie Urs Meile Beijingでゾクッとするほど魅力を感じる展示を見ることができました。それはベルギーのアーティストWim Delvoyeの展示で、唯一無二のオリジナリティと誰が見ても目を引かれるであろうそのクオリティと構成に目が釘付になりました。

草場地は北京のはずれにあり、時代の変化の訪れが中心部と比べて遅いエリアです。

下の写真のように古い町並みや露天が今でも残り、インフラの整備も追いついていないようなエリアです。異臭を放つゴミ集積所が随所にあり、野良犬がゴミをあさる姿も目にしました。そのようなエリアの文化的な発展の歩幅を完全に無視した形で突然ギャラリー街が挿入されるというMIX感が傍から見ると面白く、雑踏の中に唐突に現れる静寂のギャラリーで出会う最先端のアートはより神秘的でした。

757

798芸術区のギャラリー内観。

779

草場地のギャラリー街

785

Galerie Urs Meile Beijing内観 Wim Delvoyeの展示の様子

787

Galerie Urs Meile Beijing外観

798

草葉地ギャラリーの扉 1

799

草葉地ギャラリーの扉 2

804

草葉地の小道。この先に唐突にギャラリー街が現れます。

819

中国中央テレビ本社ビルは未だに火災の後が痛々しく残っていました。

コメント(0)

2011年06月10日

072:Getaddictedto 

http://www.getaddictedto.com/floating-balloon-bench/

ドイツのWEBマガジンGetaddictedtoにBalloon benchが掲載されました。

宜しければご覧ください。

今回ボルドーにはベンチだけではなくいくつかの照明も納品させていただきました。

下の写真はブラケット型の照明です。

_DSC8296

コメント(0)

2011年06月07日

071:mocoloco 

http://mocoloco.com/archives/023645.php

カナダのデザイン系WEBマガジンMOCOLOCOにBalloon benchが取り上げられています。宜しければご覧ください。

下の画像は風船の配置を検討していた頃のスタディ用CGです。

balloon1

コメント(0)

2011年06月06日

070:SOMEWHERE 

http://www.somewheretokyo.com/h220430_j.html

Balloon benchが様々なメディアで取り上げられた結果、Balloon benchに関する問い合わせが急増しています。問い合わせの多くが「どこで入手できるのか?」「Where can I buy it?」でしたから、h220430のホームページにBalloon benchを取り扱いをしてくださっているギャラリーSOMEWHEREの情報を記載させて頂きました。ギャラリーSOMEWHEREは今月の雑誌PENでも大きく紹介されていますので、宜しければご覧ください。

Balloon benchはウサミ氏のCGを用いて詳細な検討を重ねて完成しました。

下の画像はウサミ氏による初期のプロポーション検討用CGです。

balloon2

Where

コメント(0)

2011年06月05日

069:ASIA PACIFIC PROPERTY AWARDS 

http://www.residentialpropertyawards.net/index.php/Tools/2011-Winners/2011-Architecture-Single-Residence.html

BloombergGoogleがSponsorshipとなり、New York Timesがmedia partnerという豪華布陣で世界の優れた建築を表彰するASIA PACIFIC PROPERTY AWARDS 2011でアジアに用意されたわずか5つの枠のうち、2枠をKIDOSAKI ARCHITECTS STUDIOで設計・監理を担当させていただいた「HOUSE IN HANAREYAMA」と「HOUSE ON THE HILL」が選定され、受賞させていただくことができました。

APP

コメント(0)