h220430memo - BRASH BLOG

2011年7月の記事

2011年07月28日

084: Lighting Art展 

http://www.somewheretokyo.com/

Lighting Art GallerylimArtSOMEWHERE による合同展覧会『exhibition : Lighting Art』が開催されます。

20年前にエットレ・ソットサス、倉俣史朗、ザハ・ハディトなどがデザインした家器、照明器具が20年ぶりに登場します。

エットレ・ソットサスの照明シリーズに関しては、この機会に製品化されるそうです。

会 場 :

limArt 東京都渋谷区恵比寿南 2-10-3-1F

limArt annex 東京都渋谷区恵比寿南 2-15-6

SOMEWHERE 東京都渋谷区恵比寿南 2-7-11-1F

http://www.somewheretokyo.com/somesix

: 2011826()~201194() 12 ~20 (会期中無休)

コメント(0)

2011年07月22日

083:HITSPAPER 

クリエイティブポータルサイト「HITSPAPER」の佐々木さんが先日インタビューに来てくださいました。h220430のこれまでとこれからについてや、Schwarzwald Stoolなどの作品に関する事や、東北の事など、色々な話を楽しくさせていただきました。その様子が「HITSPAPER」にUPされていますので宜しければご覧ください。

http://antenna7.com/interview/2011/07/h220430-interview-with-satoshi-itasaka.html

Schwarzwaldstool

Photo by Ikunori Yamamoto

コメント(0)

2011年07月20日

082:Yankodesign 

大阪で美しいものに出会いました。

「美しいもの」と表現したのは、それがどのジャンルにも分類できないものだと感じたためです。

それはドライフラワーかもしれないし、Botanical Archives(植物学的記録)かもしれないし、アンティークオブジェのようにも、または、研ぎすまされたセンスによって自然界から見いだされ時を止められた彫刻のようにも見えます。

ジャンルにはまらないものを表現し続ける勇気と、絶対的な魅力を放つ存在感に圧倒され、それを購入しました。

それを手に入れた今はこれをどのように飾るか、このもの自身にセンスを試されているように感じています。

以下はその店内に貼られていた文章です。

『自然の世界は、先鋭な力強さや荒々しさがもつ「緊張」と、素朴さと純真さの「癒し」を持ち合わせる。「緊張」と「癒し」、この表と裏のような相反する力がひとつになった時に生まれる美しさに、人は惹き付けられる。』

もう一つ、以下も店内に貼られていたお言葉です。

『ブログ等への掲載、お断り』

理解してくださる方にだけお分けしたいとの意向の表れだと思われますので詳細は割愛させて頂きます。

karasuuri

「美しいもの」:サルトリイバラとカラスウリ

__________________________

毎日11万人以上が訪れるカナダのデザイン系WEBマガジンyankodesignballoon benchが掲載されました。宜しければご覧ください。


http://www.yankodesign.com/2011/06/03/bench-suspended-by-balloons/

コメント(0)

2011年07月17日

081:kidsroomzoom 

http://www.bird-coffee.com/top.html

大阪を訪れました。双月でお好み焼きを食べた後、cafee Birdへ。

居心地の良いカフェと言えば、東京のKiokuh、那須のSHOZO、益子のスターネット、岐阜の百草、滋賀のマンマミーヤ、松本のラボラトリオ、三重のやまほん而今禾、そして大阪ではここBird。cafee Birdは隣にあるTRUCKショールームとの相乗効果もあって、楽しくて、居心地がよくて、距離を無視してでもまた行きたくなるお店です。

________________________

ミラノのデザイン系ウェブサイトkidsroomzoomにEVA chairとBalloon benchが掲載されています。幼い頃の僕がインタビューに答えていたりしますのでよろしければご覧ください。

http://kidsroomzoom.wordpress.com/2011/07/15/h220430-from-japan/

http://kidsroomzoom.wordpress.com/2011/07/15/satoshi-how-old-r-u/

satoshi

コメント(0)

2011年07月14日

080:Yatzer 

英国の経済紙「Financial Times」によってデザイン系WEBマガジン部門で1位に選ばれたギリシャのウェブマガジン「Yatzer」にballoon benchが掲載されました。宜しければご覧ください。

http://www.yatzer.com/balloon-bench-by-satoshi-Itasaka-h220430

balloon32

photo by Ikunori Yamamoto

コメント(0)

2011年07月13日

079:「時の贈りもの」 GUCCI90年のアーカイブ展  

日本ってこんなに暑かったでしょうか?

今年の初旬に聞いた長期予報では昨年のような異常な猛暑は少ないだろうと耳にした記憶がありますが

熊谷市では6月中に39.8度を記録。6月の国内観測史上の最高記録を更新し、ここ数日異常な猛暑が続いています。

温暖化の進行を肌で感じられるような異常事態は、今この瞬間も南極の氷や北極圏の永久凍土を滝のような勢いで溶かしていると思われます。

原発事故により我々は節電が必須であることを共通の認識としていますが、この異常な猛暑に対しても何らかのアクションが必須である事をもっと認識しなければならないと思います。

LARSEN C

In the Antarctic Peninsula, there is one of the largest ice shelves called Larsen. It consisted of a series of three shelves, namely Larsen A, B and C, from the north. Ice shelf Larsen A was regarded to have existed for more than two thousand years before its disintegration in 1995. Then, in 2002, huge ice shelf Larsen B broke up after an existence extending back 12 millennia. Those disintegrations in recent years caused a tremendous amount of ice loss, which corresponds to an area more than six times as large as Tokyo. Only ice shelf Larsen C remains, but unfortunately, its disintegration, too, is just a matter of time.


We created an acrylic object and named it Larsen C, which will remind you of an iceberg split from a disintegrating ice shelf floating in the sea. It has two holes in the top, and you can use it as a toothbrush holder or, by putting it into another vessel with water, as a bud vase. When it is wet, Larsen C looks even more like a real iceberg melting off the shelf, which will make you speculate more realistically about the serious condition of the Antarctic area, even


though it is far away. We would be glad if the users come to think about global warming and consequently take some actions to prevent it by using Larsen C in their daily lives.



Design:h220430


material: Acrylic


size : W 90 × D 90 × H 80

larsenc

※Photo by Ikunori Yamamoto

EDOMA

In recent years, the permafrost covering Siberia has started to melt very rapidly. It encapsulates the potent greenhouse gas, methane, which was produced over millions of years by bacteria that existed before the ice ages. Furthermore, there is a massive ice layer called Edoma in the permafrost that is no less than 40 meters thick. It has been discovered that Edoma contains an amount of high-concentration methane that is one thousand times that in the earth’s atmosphere. Once the permafrost on the surface, and then Edoma, start to melt, the issue of global warming will become even more serious.


We represented the melting Edoma, which might eventually disappear, with an incandescent lamp that is also disappearing, evoking the image of a faint light that glimmers while consuming methane in the deep ice.It might be difficult to become conscious of what is happening far away from your daily life. However, this lamp must help broaden your perspective toward the global environment. You might be able to find a different point of view if you think about the future global environment under the melancholic yet mellow light of this lamp.



Design:h220430


material : Incandescent lamp


size :  47φ × H 5450φ × H 90

edoma

※Photo by Ikunori Yamamoto

____________________________________________

京都の金閣寺で行われているグッチ展を見てきました。

金閣寺とグッチのコラボレートは意外な組み合わせですが、グッチの製品の背景に金閣寺が輝いている様に違和感はありませんでした。

以前にソットサスのディレクションにより醍醐寺で行われたカルティエ展のような規模、クオリティを期待していましたが、今回のグッチ展は規模、見せ方共にそれとは違い少々素っ気ないように感じました。

秋には銀座のグッチでも展示されるようです。

コメント(0)

2011年07月12日

078:bob 

週末に名古屋へ行きました。打合せ後の限られた時間で藤が丘にあるJAZZ茶房 青猫へ立ち寄りました。

車の街名古屋には人気店の条件に場所の制限はありません。駅近よりも車が停めやすいかどうかが重要だったりしますから名店は地元の人以外には行きづらい場所にあることが多いように思います。

JAZZ茶房 青猫は名古屋中心部から車で20分程のひっそりとした場所で存在感を放つ名店です。

洗練されたインテリア、選りすぐられた備品、テーブルや皿やカトラリーへの拘りを感じつつ、心地の良いBGMの中で一日限定8食の絶品のカレーを頂きました。細部にまで徹底された青猫らしさを味わうために名古屋で時間ができれば立ち寄りたいお店の一つです。

________________________________

韓国のデザイン系情報誌「bob」にBALLOON BENCHEVA CHAIRが掲載されました。機会がありましたらご覧ください。

http://www.archious.com/en/p_bob.htm

BOBmagzine

コメント(0)