h220430memo - BRASH BLOG

2013年10月の記事

2013年10月25日

193:Thin chair 

明日から11月4日まで外苑前で開催されるデザインイベント「Any Tokyo」にて展示される新作をご紹介させて頂きます。

『Thin chair』

トランク等に採用される耐久性の高い紙を使用した子供用の椅子です。

厚みは僅か1.6mm、重量は約0.5kgと極めて軽量であり、開いた状態であれば1立米の空間に400脚以上を保管することが可能です。

一枚の紙を折り曲げ、紙が重なる部分を留めるだけで椅子が完成します。

また、この紙はリサイクル率が高く、役目を終えればリサイクルされ再び新しく生まれ変わることが可能です。

少ない素材で、僅かな重量で、簡単な加工でモノを創り、最低限のエネルギーで輸送し、限られたスペースの中で保管する事に対する需要は今後益々高まると予想されます。Thin chairはそのような状況の中で生まれた椅子です。

This is a chair for children that has been constructed using paper with a high level of durability, which is also used for luxury suitcases.

With a thickness of just 1.6mm, the weight of this paper is an extremely light 0.5 kg.

When unfolded, more than 400 chairs can be stored in a single cubic meter of space.

By simply folding a sheet of paper over itself and fixing the overlapping area into place, the construction of a chair is complete.

This paper is also highly recyclable, so it can be recycled an put to another use when its purpose has been served.

The demand for products that can be constructed simply using only a small amount of material, have an extremely light weight, and can be transported with minimal energy and stored in limited space is expected to continually rise in the future. Thin chair is a chair product born from these needs in the marketplace.

Year:2013

Material:Vulcanized Fibre

Size:W495×D390×H500 SH190

Thinchair4c

この椅子はインドネシアからインターンに来てくれたベナ君とエリー君の努力の結晶です。

お二人の努力に感謝しています。

 

コメント(2)

2013年10月25日

192:Unusual chair 

h220430のホームページを更新しました。

トップページには明日から外苑前で開催されるデザインイベント「Any Tokyo」で展示予定の新作を掲載しています。

展示する二つの新作のうちの一つ、『Unusual chair』をイベントに先駆け、ここでご紹介させて頂きます。

Uusualchairimage4c

『Unusual chair』

我々は自身の生活を支える基盤に実は大きな危険がはらんでいることを福島第一原子力発電所事故で体感しました。あれから二年半が経ち、今なおその危険が確かに存在しているにも関わらず各地で検出される異常値はもはや常態化し、問題の根源が取り除かれないまま各地の原子力発電所が再び以前と同様に動き出そうとしています。

異常値が検出される状態はもちろんのこと、それと同じ状態を再び生み出しかねないシステムを解決策のないまま再稼働させようとしているこの状況が、我々の日常であってはならないという事を常に意識しなければなりません。椅子の脚の一部が欠損した『Unusual chair』はそんな普通ではない今の日本を形にした椅子です。

We keenly realized that we have possibility of great danger in our life infrastructure though 

The Fukushima Daiichi nuclear disaster. 

After 2 years passed, despite the existence of danger, still showing abnormal test value normally.   

Nuclear power plants from north to south in Japan are about to moving again and leave behind a root of the whole problem.

We must always keep in our mind this is not our normal life, people are trying to restart them without offering any solutions, although we are still under great danger.

''Unusual chair'' a chair without a leg, is an expression of not normal current Japanese condition.

Year:2013

Material:Steel , Plywood

Size:W440×D455×H810 SH420

コメント(0)

2013年10月23日

191:Any Tokyo 2013 

http://anytokyo.com

毎年秋になると作品を展示する場を頂いていますが、今年は外苑前で行われるany tokyoというイベント内で二種類の新作家具を展示させて頂くことになりました。お近くに来られることがありましたら是非お立ち寄りください。

Any Tokyoとは

さまざまなデザインやアイデアのその先にある暮らしのことを想像します。
プロダクト、ファッション、インテリア、建築、ロボティクス、コミュニケーション… 暮らしにイノベーションを起こすデザイン。すでに生産がはじまっているプロダクトから、実践まぢかのプロトタイプ、インスピレーションをくれる芸術まで。それらは、我々の行動力を向上させ、優れたビジネスモデルを創出し、社会問題を提起し、問題解決に挑戦し、暮らしを豊かにする可能性に満ちています。

“Anything for Anyone”

誰かの為、何かの為に、モノやコトを創る人々と、そのデザインやアイデア。
Any Tokyoは、そんな “これからのデザインやアイデアが一堂に会する”デザインイベントです。

今年のテーマは、「 New Vector/新たなベクトル 」。
自然の進化のように、暮らしを変えていく力をもつデザインやアイデアとは、どんなものだろうか?
ここでは、最新とか最先端ということを意識するものではなく、我々の暮らしに新たに加わり、新たな価値をつくるだろう ”これからのデザインやアイデア” を体験し、共有したい。

期間:2013年10月26日(土)~11月4日(月・祝)
時間:11:00~20:00 ※初日のみ13:00スタート
場所:東京都港区北青山2-3-1 青山CIプラザ2階
入場料:無料

Ddf4

コメント(0)

2013年10月21日

190:ミルクジャポン No22 (Autumn 2013) 

http://milkjapon.com/

パリで生まれたキッズファッション&ライフスタイル雑誌「MILK」。その日本版である「MILK JAPON」にSunrising Lampが掲載されています。愛らしい写真が満載の雑誌ですので、機会がありましたらご覧ください。

Mkj

コメント(0)