h220430memo - BRASH BLOG

2014年10月の記事

2014年10月30日

221:英断 

名古屋の河村市長が元料亭だった建物の解体を保留しているとの報道に胸を打たれました。
http://www.asahi.com/articles/ASGBW4VH1GBWOIPE011.html
個人の資産の運用に対して市長が口出しするのは何事か、との意見も聞こえてきそうですが、この元料亭の建物が伝統的な町並が残る四間道の景観と合わせて、堀川沿いの歴史的な町並を形成する貴重な文化遺産として名古屋の人々に認識されている以上、一個人の資産と言い切れないのも事実です。このような建物がすっかり姿を消してしまった今、もうこれ以上喪失感を味わいたくないという考えが河村市長にもあるのだと思います。
建築の価値というのは実に曖昧なものです。現在の家屋調査士の建物の評価方法ではこのような建物の価値を正しく評価することはできません。スクラップアンドビルドをこれ以上推進する必要は無く、既存の建物を新しい価値観のもと、正しく評価し、活かす制度の必要性を強く感じます。風致地区条例や景観に関する条例など、建築するにあたって様々な規制があるものの、文化的な価値の高い建物が易々と解体されてしまう状況をこれまでに幾度となく見てきました。例えば、世界の要人が利用する京都の俵屋旅館では近年東側隣地に俵屋を見下ろすように高層マンションが建ち、現在は北側隣地において俵屋からの山々の借景を遮蔽するように高層マンションの工事が始まってしまいました。日本を代表する宿ですら守ることができないほどに規制が未成熟なのであれば、河村市長が下したような判断が必要になるのも理解できます。多くの批判を覚悟しながら今回のような英断がくだされたことは、建築を生業する自分にとって、大いに胸を打たれました。
今なお土地の所有者は既存建物の解体と9階建て集合住宅を建築する意向を示しているようです。そこには一度壊してしまうと永遠に取り戻すことのできない価値があり、万が一それを壊して新たに建物を建てるのであれば、それなりの責任を負う覚悟が必要だと思われます。

Tawaraya_2

 

コメント(0)

2014年10月26日

220:CASA BRUTUS 

http://magazineworld.jp/casabrutus/casabrutus-176/

カーサブルータス176号にてANY TOKYOのイベント情報と共にh220430を今年の注目のデザイナーとして紹介して頂いています。宜しければご覧ください。

Casa17600

コメント(0)

2014年10月26日

219:ELLE DECOR 

http://www.elle.co.jp/magazine/magazine_decor/20140905

エル・デコ 10月号にてBalloon Chairが紹介されています。

宜しければご覧ください。

10_image_size_300_400

コメント(0)

2014年10月26日

218:ANY TOKYO 2014 

http://anytokyo.com/2014/

今週末より、東京タワー下の増上寺にて開催されている Any Tokyo 2014 にて、
この春ミラノでお披露目した Balloon Chair を展示しています。

「NEXT FEILD / 新たな場所」というテーマを掲げ、日本の歴史と現代のクリエイティブが融合した"これからのデザイン”が体感できる Any Tokyo へぜひお立ち寄りください。

会期 2014年10月25日(土)~ 11月3日(月・祝)
時間 11:00~20:00 入場無料
会場 増上寺(光摂殿)
住所 港区芝公園4-7-3

Anytokyo2014_03

Anytokyo2014_02

コメント(0)

2014年10月26日

217:Poetry of lighting 

http://www.somewheretokyo.com

恵比寿の Gallery SOMEWHERE にて開催中の Poetry of lighting でMushroom Lampが展示されています。

会場には新旧織り交ぜた照明が展示されており、70年代のラディカルな照明、80年代のマリオ・ベリーニ、マテオ・トゥンのユニークピース、当時最先端だったLEDを使った倉俣史朗の照明や、照明に革を使ったペペ・ハイコープのSkin Lamシリーズ、最新技術を用いた井上隆夫さんのOLED TAMPOPOなどが展示されています。

ぜひお立ち寄りください。

会期 2014年10月25日(土)~ 11月3日(月・祝)
時間 11:00~19:00(土日祝は20:00) 入場無料
会場 Gallery SOMEWHERE
住所 渋谷区恵比寿2-7-1 1F
電話 03-6452-2224

Anytokyo2014_05

コメント(0)