282:the moment lamp - h220430memo

2016年11月09日

282:the moment lamp 


先週無事に閉幕した「Pray展」。ご協力頂いた皆さま、お越しいただいた皆さまに感謝しています。
そのPray展で会場の一番奥に展示させて頂いた、儚く、哀しい光からインスピレーションを得てデザインした照明「the moment lamp」がカナダのデザイン系メディア「YANKO DESIGN」で紹介されています。
「Pray」という展示タイトルは、この「the moment lamp」に込めた想いを表現したものです。宜しければご覧下さい。
機能面の解説としては、室内にある「角(出隅)」に取り付けるための照明です。垂直面の角に設置すればブラケットとして、水平面の角に取り付ければデスクランプとして使うことができます。
「the moment lamp」
私は戦争を望みません。
しかし、世情はその想いとは裏腹に争う道を歩み始めているかのように、資源/領土を巡る争いや、思想が違うことに
起因した衝突など、争いの火種が世界のあらゆる場所で発生しています。
戦後70年が過ぎ、私たちは戦争が悲惨で愚かであることを忘れてしまったのでしょうか。
世界中に飛び火しているテロに関連した争いごとは私たち日本人にとっても他人事ではなく、既にこの問題を避けて
通ることはできない状況です。この問題について知り、考え、そして、一人一人の声は小さくとも、まずは
声を上げることが重要です。
私は今でも911の衝撃的な映像が脳裏から離れません。
破壊の瞬間に放たれる儚く、哀しい光からインスピレーションを得たthe moment lampは、今この時も世界のどこかで
起こっている破壊行為が対岸の火事ではないことを感じさせるための照明です。
このような儚くも哀しい光が争いのために放たれることが無くなることを祈ります。
My wish is for there to be no war.
But in a world where it seems that steps are being taken towards a push in the opposite direction, 
where the competition for resources and territory remains fierce, and where differing ideologies 
continue to trigger clashes, flashpoints for conflict are springing up everywhere.
Now that the post-war period has passed the 70-year mark, might it be that we have forgotten exactly 
how devastating and senseless war actually is?
Japanese people can no longer simply turn a blind eye to the disputes happening worldwide which 
motivate acts of terrorism.
It is important for us to be aware of these issues, to really contemplate them, and then to speak out, 
allowing each person’s voice, no matter how small it may seem, to be heard.
I’ll never be able to get those horrific images of 9/11 out of my head.
“The moment lamp” was inspired by the flash of light generated in that awful moment of destruction, 
and its purpose is to remind us that even now heinous acts of this nature are being carried out, 
and we can’t just sit on the sidelines.
I pray for an end to a world where conflict continues to generate these tragic flashes of light.

Themomentlamp_main





コメント