h220430memo - BRASH BLOG

『SHOP』の記事

2016年12月12日

283:Botanicalhanger 

弊社でお手伝いさせて頂いている 本来のランの美しさを見直す活動 に関連してデザインさせて頂いたBotanicalhangerBotanicalhanger.com)が徐々に広がりつつあります。

・イタリアではデザイン雑貨を扱うネットショップ「designboom shop」での販売が開始されました。

http://www.designboom.com/shop/design/botanical-hanger-gold-small-the-design-labo-12-05-2016/

Designboomshop

・福岡では昨日オープンしたばかりの"ちょっと良い日用品"をテーマにしたセレクトショップ「FUTAORI」さんでの販売が開始されています。

FUTAORI

福岡市中央区平尾3-17-12

092-791-1715

futaori.com

・名古屋の素敵な花屋さん「Banepa」さんでも実物をご覧頂くことができます。

Banepa

名古屋市千種区千種1-23-3

052-734-3105

banepa.jp

東京では現在複数の場所で調整中でして、来年二月には都内でお披露目させて頂く予定です。来年三月からは花(ラン)と什器のセットで販売が開始される予定です。Sサイズには日本のランがコーディネートされる予定です。

・「Botanicalhanger」のinstagramも開設されています。什器を使ったコーディネートをはじめ、ランの仕入れ先であるタイの農園からは日本ではなかなか見られない本来の姿のランの写真などがUPされていますし、愛知のラン農家さんの様子も紹介されています。宜しければご覧下さい。

コメント(0)

2015年10月02日

237:Memento mori 

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.h220430.android.mementomori&hl=ja 

この度、時間の概念の再定義を試みたアンドロイド版の時計アプリをリリースしました。時間の大切さを改めて感じてほしいという願いを込めています。上のURLから無料ダウンロードができますので宜しければ使ってみてください。

Mm

コメント(0)

2011年11月15日

108:ENUOVE 

11月も気がづいたら既に半ば。この半月、すでにいろいろな事がありました。

先月29日から6日まで開催された、ギャラリーSOMEWHEREでの展示が無事に終了しました。

このような機会をくださったギャラリーの方々、展示をご一緒させていただいた清水さん、岡田さん、お越し頂いた多くの方々に感謝しています。写真家の池田氏(http://www.yuichi-ikeda.com/)に撮影していただいた展示の様子をアップ致します。

B

Balloon bench S

003

Mushroom lamp

002

Mushroom lamp

001

New EVA chair

Photo by Yuichi Ikeda


http://www.enuove.com/

11日には銀座でインスタレーション的なディスプレーを担当させていただいたジュエリーショップENUOVE銀座本店がオープン致しました。もともとBalloon benchを気に入ってくださったENUOVEの関係者の方からのご依頼でしたし、ENUOVE銀座店では白鳥がテーマとお聞きしましたので、店内を白鳥が羽ばたく空に見立て、軽やかに上昇するENUOVEを象徴するようなディスプレーをデザインしました。

ジュエリーのデザインもシンプルでありながら存在感があるデザインで美しいものばかりです。地下から4階まで様々なジュエリーが揃っています。

お近くへ来られる事がございましたら是非お立ち寄りください。

中央区銀座5丁目7-17銀座すずらん通りビル
TEL 03-6280-6130

9174-


http://www.vantan.com/

昨日は46年の歴史と実績を持つデザインの専門学校バンタンの名古屋校でデザインについての講演をさせていただきました。

講演終了後に関係者の皆様と共に頂いた名古屋名物「風来坊」の手羽先、懐かしの味で美味しかったです。


また、アメリカのある美術館のキュレーターが、わざわざ会いにきてくださいました。

これまでの作品をお見せしながら、作品に込めた思いをお伝えしたところ、良い評価を頂きました。

来年には良いお知らせができそうです。





コメント(0)

2011年08月23日

091:cafe notari / Artravel 

http://notari.jp/

岐阜県揖斐川郡揖斐川町にあるcafe notariで美味しいカレーとお茶を頂くために車を走らせるのも悪くありません。

もともと郵便局として使われていた建物がカフェとして蘇ったのは去年の5月。

余分なものは何一つなく、置かれている全てのものにセンスを感じる素敵なカフェです。器も家具も魅力的。

ただでさえ素敵な空間なのに、それが大自然に包まれているのだから、ここで頂くコーヒーはまさに格別です。

テーブルは3つしかありませんから、空いている事を祈りながら向かいましょう。

近所の方のために7:30に開店し、東海地方のカフェらしくモーニングサービスが用意されています。

近くにあれば毎朝通いたいお店ですが、東京の自宅からは450km離れているので次ぎに行けるのは何年後か。

住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山6504

notari

_________________________

http://www.artravel.net/

城戸崎研で設計・監理を担当させていただいたHOUSE IN HANAREYAMAがフランスの建築・インテリア雑誌「Artravel」に掲載されています。大型書店の洋書コーナーでは取り扱いのある本ですので機会があればご覧ください。

artravel_39

H-01

H-02

コメント(0)

2011年08月20日

090:Kajita、RUM 

coffee kajita

http://www.coffeekajita.com/

カフェ文化が発達している名古屋。しかしそれは東京で言うカフェ文化とは異質のものです。名古屋でのカフェはおしゃれである必要はなく、むしろクタクタのソファにタバコを加えたオジサンがスポーツ新聞を広げて安いコーヒー(豆菓子付き)を飲んでいる姿が似合うことが条件のように感じます。そのため、人口に対するカフェの割合が日本一でありながら、おしゃれなカフェは稀です。

coffee kajitaはその稀なものの一つです。

こじんまりしたスペースで、シンプルでありながら創りこまれた店内にはこだわりのコーヒーの香りが充満し、巨大なスピーカーからは心地よい音楽が流れています。カウンター席のみですが高さを抑えたソファに腰を掛けると何時間でも居られるような居心地のよさ。そこで店主のこだわりが染み出てくるようなコーヒーを飲む時間は至福の時です。

________________________________

RUM

http://www.tidskriftenrum.se/

建築、インテリアデザインなどを扱うスウェーデンの雑誌「RUM」にBALLOON BENCHが掲載されました。

スウェーデンは自分にとって好きな国の一つです。そんな国の媒体で作品を取り上げていただけた事を嬉しく思っています。

rumx-0008-a-001-a-3

コメント(0)

2011年05月07日

057:スターネット 

http://www.starnet-bkds.com/

インターネットの普及により物流が様変わりした結果、すっかり勢いを失った神田や日本橋一帯の問屋街は近年セントラルイーストトーキョーと呼ばれ、新しい風が導かれつつあります。山形の食材を使ったカフェ「フクモリ」ができたあたりからその流れは本格化したように感じています。

最近スターネット東京店がこのエリアに出店したと聞き早速行ってきました。

スターネットは栃木県益子町にある人気店で、地方にありながら強烈な集客力を持つレストランを併設する雑貨店です。東京店にはレストランはありませんが、益子で採れた食材やスターネットの審美眼が選りすぐられた雑貨、アパレルが所狭しと並んでいました。床には栃木出身のお店らしく大谷石が敷き詰められ、壁にはアンティークの板で構成された味のある棚が並び、ここが最近まで寂れた問屋街だったことを忘れさせてくれるような空間です。

下の写真は、スターネット東京を訪れた際に購入した和田麻美子さんの一輪挿しです。

wada02

スターネット東京:東京都千代田区東神田1-3-9

コメント(0)

2011年04月11日

049:SHUSHU 

先月、コンテンポラリーデザインを集めたSHOP「SHUSHUのオープニングパーティにお招きいただき、ミュンヘンを訪れました

パーティはマグナムサイズのシャンパンがあっという間に空になるほどの大盛況で、慣れない撮影やインタビューを受けながらも楽しい一時を過ごす事ができました。その様子はドイツのデザイン系メディアMuenchen Architekturからご覧頂けます。

日本から9000kmも離れたこのSHOPではIVY CHAIRLARSEN CSCHWARZWALD STOOLが展示/販売されています。

特にSCHWARZWALD STOOLはドイツの地名を頂いていますので、ドイツで展示/販売されている事は感慨深いものがあります。

今回このような素晴らしい機会をくださったSHUSHU関係者の皆さんに感謝しています。

213

コメント(0)