プロフィール

カレンダー

4月 2011

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011年4月の記事

2011年04月30日

【金澤】甘納豆かわむら

 

素朴な甘さがやみつきになる 金沢発・甘納豆のかわむらさん。

にし茶屋街に構えるお店へ楽しみに伺いました。

 

01010053

  

店内のディスプレイも ほっ・・・と和む雰囲気で、温かみを感じます。

お客様が沢山いらしたので、お写真を控えましたが

和やかな、愛らしいお品が沢山ならんでいました。

 

0073

 

 自宅にていただいた、こちらの一口サイズの羊羹もおいしくて。

ついついパチリと証拠写真。

右の糸を使って好みのサイズに羊羹を切ることができます。

 

0001

 

皆さん、かわむらさんに行かれたら、甘納豆と”羊羹”もお薦めします。

程良い甘さ、愛らしいパッケージに乙女のこころがくすぐられるはず。

 

 金沢: にし茶屋街 甘納豆のかわむら

 

コメント(0)

2011年04月29日

【金澤】小松弥助で鮨堪能

 

~2011年3月初旬~ 

京都駅からサンダーバードに乗車し、久しぶりの金澤へ。(16年ぶり)

念願でした「小松弥助」の絶品・鮨をいただいて参りました。

凄く! 素敵な大人の女性、金澤倶楽部・丹羽真理さん(金澤在住)

クリエイティブコーディネーターの裏地桂子さんとご一緒させていただきました。

 

061

笑顔がすてきな小松弥助の看板・森田さん。

 

森田さんの握る鮨をいただき、お噂通りの美味しさに正直・・・唸りました。

そして、食しながら学ぶことの多い”食楽”な時間となりました。

では・・・  鮨オンパレード、眼福スタート。

 

04810510552056057059106206310650670741078079080

 

鮨飯のあたたかな具合と、新鮮、丁寧、裏技、長年の職人技が光る鮨に感服。

口に入れた瞬間から伝わってくるふんわりとした空気感、もう最高です。

店内はカウンターがメイン、堅苦しさを感じさせない明るい雰囲気も心地が良かったです。

また必ず金澤へ・・・森田さんのお寿司を食べに伺いたいです♪

 

場所:金沢アパホテルの1階

 

コメント(0)

2011年04月28日

【京都】素敵なバー・ロッキングチェアー


04310451

 

お食事の後は美味しいお酒を少々・・・ 京都の繁華街から歩いてすぐ 

すてきな町家のバ―・ロッキングチェアーさんへ伺いました。

カクテルを注文、苺と金柑のカクテルをお願いしました。

とってもフレッシュで繊細なお味・・・ あ~おいしい♪♪ 至福の味わいでした。 

 

明日からGWですね♪♪ どうぞ素敵な休日をお過ごしください。

 

コメント(0)

2011年04月27日

村田 森さんの豆皿


391

暮らしまわりの道具たち

No5 .村田 森さんの豆皿 (まめざら)

 

普段使いから、そして教室でも使っている村田 森さんの豆皿(まめざら)

小さい(京都では、ちっちゃいとも言う)ものが大好きなのですが

中でも特別、こちらの豆皿がお気に入りです。(昨春、大吉さんで購入)

金平糖やチョコレートをのせて、ミニミニワールドを楽しんでいます。

あ~ 何度みても愛らしいのであります。 きゅん 

コメント(0)

2011年04月26日

たんぽぽの花(蒲公英)


000

 

タンポポの花言葉は、真心の愛。 可愛いですね♪

和名では、蒲公英(たんぽぽ)と書きます。

↑ 実は、今日はじめて知りました。

調べてみると・・・ 開花前に乾燥させて漢方に用いていたようで

その名をホコウエイ(蒲公英)と呼ばれていたことから

そのまま、漢字として(たんぽぽ)と表記されたようです。

たんぽぽの葉は食用でも◎、おひたしや天ぷらにしても良いとのこと。

こちらもはじめて知りました。 奥が深いです・・・たんぽぽ。

学びは日常の中に溢れているのだと、思わず納得です。

 

【キク科タンポポ属の多年草、開花は春】

 

コメント(0)

2011年04月25日

工房アイザワの急須と茶筒


「暮らしまわりの道具たち」

 

 №3 工房アイザワ ブラックピ―マンティポット ツル付き急須

  


№4 工房アイザワ ブラックピーマンティキャディー 茶筒   




0

 

軽くて、見た目も愛らしく、かつ手軽な急須はないものか?!

なんて思っていたら・・・

道具を扱うお店で、ふと目に止まった

「工房アイザワ」のステンレスの茶器。 

ステンレスは気軽にお手入れができる点、衛生的なところも◎

急須にツルが巻かれている感じも好きで、何よりお茶切れがいいのだ~。

茶筒もしっかりと密封され◎ ただいま茎茶が気持ちよくお眠中です♪

 工房アイザワ専門店 ←こちらからご覧いただけます。

 

コメント(0)

2011年04月24日

二十四節気:穀雨(こくう)


00

 

~日本の四季 季節の移り変わり~

4月20日頃 二十四節気(にじゅうしせっき)では、穀雨(こくう)と言います。

春雨が降り、穀物の成長を助ける。 種蒔きなど田畑の準備に最適な時期です。

 

ご覧下さっている皆様~ どうぞ素敵な休日をお過ごしください。

 

 

コメント(0)