美食福 小宮真由の今的魅力紀行 - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

12月 2013

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2013年12月の記事

2013年12月31日

今年もお世話になりました!

Img_0090
いつもブログをご覧くださっている皆様、今年もお世話になりました。

今年はお目出度い出来事やお祝い事が数多く

皆様から幸福を分けていただいた、大変幸せな一年でした。

こころからありがとうございました。

 

また、福千鳥のおせちをご予約くださった皆様

数多くの中から、福千鳥をお選びくださり誠にありがとうございました。

そろそろお手元に届いている頃でしょうか。

皆様の幸福を願い真心こめてお作りさせていただきました。

どうぞ素敵な新年をお迎えくださいませ。

 

 

新年の装いが眩しい京都南座前から…… 。

平成25年12月31日  小宮真由

コメント(0)

2013年12月31日

大晦日は『新年を迎えるこころの支度』を。

Img_0087新年を迎えるにあたり、支度も楽しんで行いたいもの。

29日の夕刻はおせち業務を終えて京都の清水坂へ向かいました。

Img_0077お誂えをお願いしていたお祝用のうつわを取りに伺いました。

格調高い老松も「用の美」を考慮し描いていただきました。

感激に包まれながら、胸をときめかせて…… 。

年明けには素敵な形でお披露目ができそうです。

Img_0076_2

Img_0075_2

お床には、安井金毘羅さんのお飾りが支度されていました。

歳の瀬らしいしつらえに和心がゆらり。

Img_0073手あぶり鉢に国産の炭 いい眺めです。
Img_3890
翌日の30日は家の正月準備に追われました。

根引き松は玄関先へ。

合間を見てお餅を引き取りに伺い、水周りにもお餅を供えました。

新年を迎えるにあたり

最も大切な神様への敬いは忘れずにいたいです。

 

 

大晦日の今日は

17時までおせち料理の発送確認を行い、ようやく仕事納め。

早々に夫の実家へ帰省し

大晦日と元日は家族水入らずゆっくりと過ごします。

2日は京都に戻り、わたしの家族や親戚と集まり賑やかに。

ひとりの時間が過ごせるのは、3日あたりでしょうか…… 。

 

 

<大晦日>

コメント(0)

2013年12月30日

福千鳥「おせち料理教室」@12月(師走)の献立『おせち料理から学ぶ家庭料理』お稽古報告。

Img_9864_212月14日(土)、15日(日)の2日間は

「福千鳥 小宮真由料理教室」おせち料理コースの最終回(全10回)

年内最後のお稽古でした。

皆さん、今年の2月から通ってくださり、一品一品を

おいしく確実に作れるようにお稽古して参りました。

当日はいつもより30分早めにスタート、「おせち料理二段重」を調理しました。

 

~小宮真由料理教室 12月(師走)献立~

 

◆ おせち料理 

当日の調理 黒豆煮 海老の艶煮 鶏の照り焼き 酢れんこん だし巻き玉子 

…… その他 多数。

◆ 「福千鳥のおせち二段重」を調理、詰め合わせ

お祝い事のルール 詰め方を学ぶ


皆さんが完成された集大成「おせち料理二段重」がこちら。

Img_9855_4まずは「福千鳥のおせち料理」 一の重

Img_9873_2

お煮しめが加わった「福千鳥のおせち料理」 ニの重 

 

おせち料理の基本をふまえた京都らしい「おせち料理」の二段重です。

一の重には三つ肴、いわれを重んじたお料理を。

二の重には具が沢山入った煮しめ、海老の艶煮、西京焼きに

各自で焼いていただいた「だし巻き玉子」も加え

お正月料理の一品らしく結び三つ葉で、寿ぐ気持ちを表しました。

 

<調理の様子はこちら>

Img_9771皆さん大変お上手、手際の良さが光っています。

Img_9783だし巻きはコツさえわかれば、誰でも短時間で上手になります。

Img_9775背ワタ、ヒゲも切り揃え下処理を行った海老は火入れがポイント。

Img_9776火を入れ過ぎると身が硬くなりますので、ご注意ください。

Img_9777鶏の照り焼きは身が柔らかく仕上がるようにひと工夫。

Img_9802昆布巻きは「にしん」を中央巻いて干瓢で結びゆっくり煮ます。

Img_9799田作りも丁寧に調理し、白ゴマをたっぷりとふりかけました。

Img_9798たたき牛蒡はおいしいごま酢をしっかりと吸わせます。

Img_9800紅白なますは金時人参を入れ過ぎないのがポイントです。
色彩のバランスが崩れますので、大根9 金時人参が1の割合がベストです。

Img_9793愛情をこめて煮含めた黒豆もほんのり優しい味わいです。

実は、黒豆を毎年見直してきましたが

ようやく、誰にでも簡単においしく作れる最強のレシピが完成しました。

Img_9818西京漬けは、1日目のクラスは鯖、2日目のクラスは鰆です。

詰める作業は的確に進めても1時間以上はかかります。

Img_9824ですので事前にシュミレーションを行い、デッサンを行っていただきました。

その後、お重に詰め合わせると効率の良い作業となるのです。
Img_9838

詰め合わせ、最終の調整を行ったお重がこちら。

Img_9809_2

今、ご覧下さっている皆様の中で

おせち料理を調理されている方も多いかと思います。

調理後は涼しい場所に保存し(暖房がかかっているお部屋は避けましょう)

詰め合わせる際には汁気はしっかりと切りお重に盛り付けてください。

これだけでも安全面が格段に変わります。

お食事後は、お皿に盛り変えたり、再び加熱を加えるなどして

自分流のアレンジでおいしく楽しんでお召し上がりください。

Img_9848_2福千鳥料理教室の生徒様♡

2月から熱心にお稽古くださり本当にありがとうございました。

お風邪やご用事で最終回にご参加いただけなかった生徒様には

明日(31日)福千鳥のおせち(一部)が届くよう手配しております。

 

どうぞ佳き年、寿ぐ素晴らしいお正月をお過ごしください。

皆様とのご縁にいーっぱいの感謝をこめて!

 

福千鳥 小宮真由料理教室

shiawasehakobu@fukuchidori.com

第2期生(2014年度)の生徒様を募集中。

コメント(0)

2013年12月29日

11月(霜月)の献立『おせち料理から学ぶ家庭料理』お稽古報告。

 

~小宮真由料理教室 11月(霜月)献立~

 

◆ おせち料理 田作り 数の子 数の子 伊達巻き

◆ お雑煮 京都の白みそ雑煮

◆ 水物 長野県 林檎(ふじ)

◆ 日本酒 広島 賀茂鶴 

◆ 座学 雑煮について おせち料理のいただき方

Img_9574_2

遅くなりましたが11月のお稽古内容です。

11月はおせち料理の基本にあたる「京都の三つ肴」を調理しました。

Img_9524田作りは姿かたちの美しいハリのあるものを、錦市場の山一さんで買い求めます。

調理は、炒り方と火加減が重要なポイントになります。

Img_9565_5

焦がさないよう、弱火で気長に炒りましょう。

Img_9566_4今年は甘辛いピリ辛味で仕上げました もう、美味しすぎです。

調味料を絡めたあとは、焦がさないように注意なさってください。

Img_9564_2数の子はハリがあり、新鮮なものを買い求めるようにしましょう。
Img_9537_2塩の抜き方が大事ですので、水を変えながらお味見をなさってください。

Img_9570_2たたき牛蒡も加わり、京都の三つ肴を盛り付けます。

田作りを盛り付ける際にひと手間。

顔の向きを揃えると、スッキリと仕上がります。

Img_9573そして…… 伊達巻き作りです。

上質な白身のすり身と溶き卵、甘いお出汁を加えて「伊達巻きの素」を作ります。
Img_9539_2

オーブンでふんわりと焼き上げます。 

Img_9567巻きはじめと巻き終わりを切り落とし、薄く切り込みをいれておきましょう。

Img_9572_2鬼すだれに巻いて、「の」の字に仕上げます。
巻きはじめが肝心ですので、しっかりと押えこみ空気を入れないように。

Img_9543_3手作りの伊達巻きは甘すぎず優しいお味でとっても美味しいのです。
Img_9532_8京都と言えば白みそのお雑煮。
山利さんの新鮮な京白味噌を使って上品なお味に仕上げます。

Img_9533_2銭幸餅さんのまる餅が美味しくって…… 。

おけそくさんを買い求めに(京都ではまる餅のことをそう呼びます)
お稽古日の早朝に毎回取りに伺い、できたてほやほやをいただきました。

Img_9535_211月中旬はまだ頭芋が市場に並ばない時期ですので
良質な富田林産の海老芋を使います、もう格別なお味です。

Img_9571お出汁はお水と利尻昆布をお鍋に用意した後

65度の温度を保ちながら1時間じっくりと火入れを行います。

白みそは煮立たせすぎないようにしましょう。

Img_9575京人参と大根は軽く下茹でを行い、海老芋をおおうぐらいの色紙に仕上げます。

Img_9549

はい、出来あがりです~ 手作りの箸袋を用意していただきました。

まったりと絡みつく白みその雑煮はまさに「寿ぎの味わい」。

11月のお稽古では、基本を再び見直し「三つ肴」と「雑煮」を楽しみました。

 

 

『おせち料理から学ぶ家庭料理』

福千鳥 小宮真由料理教室

shiawasehakobu@fukuchidori.com

 

第2期生(2014年度)の生徒様を募集しております~。

おせち料理から学ぶ家庭料理 初回は2月15日(土)・16日(日)から。

日本文化の詰まったおせち料理は和食の基本がすべて詰まっています。

ご一緒に楽しくお稽古しませんか?

2月からスタート 全10回のお稽古です。(8月夏休み)

 

今期、おせち料理を習得いただいた方には…… 

◆節句から学ぶ季節の家庭料理 初回は1月18日(土)・19日(日)から~。

研究科として更に楽しく深めていただきます♬

1月からスタート 全11回のお稽古です。(8月夏休み) 

 

気軽にお問合わせください。

コメント(0)

2013年12月28日

天満屋倉敷店で「福千鳥のおせち」を販売中です!

Img_0041昨年度に引き続き、12月25日~31日まで、岡山の天満屋倉敷店にて

「福千鳥のおせち」をパーツ販売しております。

Img_0036昨日、27日は今年最後の出張 岡山入り。

年末にもなると主婦としての雑務も重なりフル回転です。

大きなバックに必要なものを詰め込んで

Img_0039昼ごはんは新幹線でいただきました。

簡単に作ったおにぎりですが…… 。

Img_0053到着すると…… 福千鳥のおせちが並んでいました。(嬉)

岡山マダムの皆様、お買い上げくださりありがとうございます。

Img_0055天満屋倉敷店の石野さんと。

Img_0048_3

いつもお世話になっている食品卸会社の秋山社長。

社長業の他「人間学」を伝える為、大学の教壇にも立っておられます。

Img_0051商品流通のプロ、安達氏も忙しい中いらしてくださいました。

今回はレジ前ということもあり

多くの皆さんとお話することができて楽しかったです。

広告を見てわざわざいらしてくださったり、嬉しい時間に感謝。

そして、このご縁を繋いでくださった天満屋の高原さんはじめ

安達氏、秋山社長に御礼申し上げます。

 

帰路の車中はぐっすりと熟睡…… 。

京都駅のアナウンスに飛び起きて、帰宅後も早々に就寝しました。

そして…… 本日から29日着希望の方へ「おせち料理」の発送がはじまります。

(30日、31日着と順次お届けいたします)

しあわせはこぶ福千鳥~ 皆様の元にいよいよ飛びはじめました!

 

コメント(0)

2013年12月27日

感謝の「ふたり忘年会」。

本日、12月27日(金)は岡山の天満屋倉敷店

お正月に向けた「福千鳥のおせち料理」パーツ販売を行います。

黒豆、数の子、田作り、紅白なます、金柑の蜜煮などなど…… 。

午後14時より地下1階におりますので

お近くにお越しの方は是非 足をお運びください。

Dsc_8167a_2
12月の初旬ごろ、御幸町つばきへお食事に伺いました。

京都式に則った「折形」を教えていただいている

小西淳子先生と和やかに「ふたり忘年会」を楽しみました。

Img_9651和食には日本酒が合います。

Img_9652甘い下仁田ねぎ。
Img_9656新鮮なお造り。
Img_9657白みそ仕立てが嬉しい。
Img_9659わかさぎ。

Img_9660稲庭うどん、九条ネギと鶏。
Img_9661水物。

Img_9663嬉しい甘味に満面の笑み。

 

中村料理長のお料理がどれも感動的においしくて…… 。

年明けの新年会が今から楽しみです。

さぁ…… おせち料理もラストスパートおいしい幸せをお届けします。

  

コメント(0)

2013年12月26日

京の風物詩「南座まねき」に「松葉のにしん蕎麦」

12月26日(木) 本日まで京都四條南座のまねきがあがっています。

この眺めは…… 京都を代表する師走の風物詩なのではないでしょうか。

Img_9887今年は猿之助さん、中車さんのまねきがあがっています。

澤瀉屋が賑やかでいいですね。

Img_9885まねきを眺めながら、私が向かった先は西隣の松葉さん。

Img_9883
名物「にしん蕎麦」をいただいて、京の味わいをつるり~。

 

<松葉>

コメント(0)