プロフィール

カレンダー

3月 2016

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2016年3月の記事

2016年03月31日

『たけのこ』のゆで方

2016年03月31日(木)京都からおはようございます♪
春の風物詩・おいしい筍も出回りはじめました。
お家でも簡単に茹でられますので
旬の味わいをお楽しみください。

20160329_151620

筍の穂先を斜めに切り落とし
縦にもやや深めに切り目をいれます。
(中を傷つけないよう心配りを)

20160329_152912_3
筍にかぶるくらいの水をいれて
米ぬか1カップ、赤唐辛子を1・2本を加えて
1時間程度ゆっくりと茹でます。

20160330_090722_2
茹であがりのサインは
筍のはかま(根元)に
竹串が通るくらいがおいしいの合図です。
このまま冷ましたのちに皮をむき

20160330_093148

米ぬかも流水でながし落とします。
使うまでは冷水に入れて
保存しましょう。



福千鳥『小宮真由料理教室』

コメント(0)

2016年03月31日

いちごいちえ

2016年03月31日(木)京都からおはようございます♪
ずいぶんと気温も暖かくなってきました。
日課の散歩も楽しくて
こころもからだも『るるる』とハミング~♪

20160329_144029
賀茂川(鴨川)の草花もごらんの通り、満開に。

20160330_090405
おめざには大好きな莓をもぐもぐと。
自然のうつろいも
季節の食も
毎日が『いちごいちえ』

コメント(0)

2016年03月30日

春の風物詩

2016年03月30日(水)京都から真心こめて~♪

20160329_151545
筍は京都・大原生まれ。
糠と鷹の爪を加えてぽちょんと茹でちゃいまーす♪
ひのきのまな板は京都・美山生まれ。
春から使いたいと、、、
本日めでたくデビューでございます♪


追伸
昨日は久しぶりに
奈央ちゃんにも会えて
華子ちゃんを抱っこすることもできて幸せ。

コメント(0)

2016年03月30日

京都・豆禅『ヴィ-ガンラーメン』

2016年03月30日(水)京都から真心こめて~♪
昨日は朝から食材リサーチのため
自然食の聖地・左京区でお買い物。
その後は母親を誘って下鴨の豆禅へ伺いました。
★ヴィーガン
(完全菜食主義)対応の豆乳ラーメンがいただけます。

20160329_132412
わたしは豆禅のおすすめ!
大豆ミート、太麺、量は普通。

20160329_192009
母親は人気No.1
豆乳ラーメン、細麺、量は普通をセレクト。


どちらも動物性なしとは思えない
クセになるおいしさで
豆乳とお出汁の配分も絶妙で満足感も充分。
私が選んだ大豆ミートはパンチがあり
母親が選んだ豆乳ラーメンは
優しい味わいで山椒ときのこがアクセント。
どちらも薬味の九条ネギがいい仕事をしています。

20160329_1347291
デザート(豆乳アイス・ショコラ・クッキー)まで
大変おいしくいただきました。
スタッフの亜季子さん・佳奈子さんとの
お話も楽しくて有機野菜から
おすすめ食材へと広がりをみせ
とっても楽しいひとときとなりました。
素敵なご縁に感謝申し上げま~す♪


下鴨 @豆禅

コメント(0)

2016年03月29日

五節句コース:『上巳の節供』@桃・ばらずし

2016年03月29日(火)京都から真心こめて~♪
先週末(3月26日、27日)は
五節句コースの稽古を行いました。
座学では現在のおひなまつりに至るまでの遍歴に触れ
地域性、お食事、内裏雛(だいりびな)について
上巳(じょうし)の意味を深めていただきました。

20160326_140423
お料理はばらずし(ちらし寿司)をはじめ
三重県桑名産の蛤を酒蒸しに。
わけぎのてっぱい(ぬた)を調理。
錦糸たまご(美山)も菜種油で
一枚いちまい丁寧に焼いていただきました。

20160327_134821_2
京都産・有機絹さや、手作り生姜は高知産。
椎茸のふくめ煮、有機れんこんは熊本産。(土のめぐみ)
ちりめんじゃこ・干瓢などは酢飯に混ぜ込みます。

20160327_150732
てっぱい(ぬた)は京都らしくおあげさんを。
揚げは久在屋、京都産の有機わけぎには
シンプルに千鳥酢、白味噌、芥子、てんさい糖仕上げ。

20160326_094621
はまぐりのお重には
お雛様らしく嘯月の引千切(ひちぎり)を。

20160326_094042
春らしい上生菓子もお楽しみいただきました。
その他、日本酒(奈良・山口)
熊本の緑茶・矢部茶(有機・無農薬)を。
上巳の節句にふさわしい
華やぎの時をお楽しみいただきました。
ご参加くださり誠にありがとうございました。



次回の
五節句コースは『端午の節供』(たんごのせっく)
2016年5月21日(土)
2016年5月22日(日)
男の子のお節句らしく
「力強いお料理」を拵えます。
どうぞお楽しみに!!


~おせち料理・五節句の食~福千鳥『小宮真由料理教室』

コメント(0)

2016年03月29日

サクラの咲く頃

2016年03月29日(火)京都から真心こめて~♪
昨日は素敵な女性がお越しくださり
お打ち合わせを行いました。
お三時近くでしたので
春を感じる上生菓子でおもてなし。
京都らしいと喜んでくださり
わたしも嬉しい限りでした。
E様、素敵なご縁をありがとうございます~♪

20160329_144422

20160328_215236_3
サクラが咲く頃の食卓には
朱赤やさくら色が似合いますね。

コメント(0)

2016年03月28日

稽古の様子『五節句・上巳』雛祭り

2016年03月28日(月)京都から真心こめて~♪
昨日は五節句コース・日曜日クラスの稽古でした。
今年からは男性の生徒様もご参加くださり
奥さまと共にご夫妻で意味を深め
調理を楽しんでくださっています。
素敵なご縁をありがとうございます~♪

20160303_140202
今日は雛祭りの意味について
触れてみたいと思います。
ひなまつりは、女性の為のしつけにおいても
大切な日であることをご存知ですか?
上巳の節句(桃の節句)は
日本に伝わるしきたりを知る日でもあり
季節感を愛でることの大切さや
家庭の味を覚えるためにちらし寿司を拵えたり
女の子らしく
素直であってほしいと
健やかなる成長を願う日でもあります。
また、お嫁入りすることにも
子供の頃から憧れを持つようにと
親が節目を祝う気持ちも含まれているのです。
ひなまつりは
愛にあふれた行事であり
季節なのだとしみじみ思います。


2016年の旧暦でみる3月3日
おひなさまは4月9日(土)。
まだまだ『ひいなの季節』を楽しみましょう!



福千鳥『小宮真由料理教室』

コメント(0)