もぎたてロンドン。 - GLAM BLOG

新着順

2016年08月02日

南イタリアで美味しい夏

ミラノで結婚式に出席した後は、そのまま南イタリアのプーリアへ。
イタリア人の友人からお勧めしてもらっていた場所です。


到着した途端、青空と海が出迎えてくれて生き返りました。

P7240114_3



私たちが泊まったのはこの断崖にある、アパートメント。海の真横です。朝も夜も波の音が聞けるなんて本当に幸せ。


メインビーチはイタリアのノスタルジックなビーチ。人がたくさんもイタリアらしく、人々のカラフルなスイミングコスチュームにも楽しませてもらえます。

P7240089


そして何よりも楽しみにしていたのがやはり”食”!!
期待を裏切ることなくどれも美味しく、シーフードを堪能しました。

Food1

Food2
雲丹は小振りですが濃厚でいくつでも食べれてしまう。聞いたところによるとウニのパスタを作るのに10個以上ウニを使うそうです。


ここで一つお勧めレストラン。
私たちはPolignano A Mareというタウンにステイしたのですが、このタウンにあるとてもロマンチックなレストラン。洞窟の中にレストランが建てられているんです。断崖絶壁でいただく食事は素敵な海の景色と波の音で雰囲気満点です。特にサンセットの時間はとても素敵です。

P7260300_2
私たちは右下の方にちょこっと写っています。笑
こちらはホテルも併設されています。
Ristorante Hotel Grotta Palazzese


それからもう一つはお勧めのバー。海で泳いだあと、ディナーの後、毎日通いました。
こちらはなんと言ってもモヒートがおすすめ。店名にもMojitoが入っている程。

The best thing to have nice mojito after sea swimming. #mojito

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -


Midnight in Puglia.

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -


お店の外はいつもお客さんで夜遅くまで賑わっています。
La Casa del Mojito


プーリアにはたくさんの素敵なタウンやビレッジがあります。
私たちはモノポーリというビレッジにしか行くことが出来ませんが、ここもとても可愛らしいビレッジで小さなビーチもたくさんあります。

P7260253
他にもOstuni、Otranto、Alberobelloなどお勧めということです。


何もかもが夢のような場所、プーリア。
来年は夏に数週間来て、色々なところを巡りたいな、と今から計画中。


プーリアの後は最終目的地、Sanbenedetto del Trontoに電車で向かいました。


Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt

コメント(0)

2016年08月01日

夏のホリデー

今年の夏の家族旅行は南イタリア。
その前に、私は友人の結婚式があったので一人でミラノ入り。
ミラノから電車で30分程郊外にあるコモ湖の湖畔での結婚式はそれはそれは素敵でした。

Happy wedding Aska!! なんじゃこのモデル集団。

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -



そして久しぶりに一人で過ごす束の間の時間も満喫。

ものすごい二日酔いでのミラノ入り。 イタリア式アメリカーノとスイーツで喝をいれる。

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -


Pasticceria Marchesiで一人優雅にティータイム。


My breakfast, white chocolate gelato with espresso, in Milano. #gelato #thebestgelatoever #fplinmilan #freshlypickedlondon #ジェラート

Freshly Picked Londonさん(@freshlypickedlondon)が投稿した写真 -


お友達に教えてもらった、今、ミラノで一番美味しいと言われているジェラート、Cioccolati Italiani。
本来はコーンで数種類を頂くのがお勧めのようですが、そこまで食べれる自信がなく、一種類をカップで。でも、食べてみたら濃厚なのにとろりと口の中で溶けるジェラートに、コーンで頼めば、、と後悔したほど。


結婚式の会場は本当に素敵な場所。ミラノから1時間もかからないのに緑の多いカントリーサイド、そして美しい湖!ここで結婚式を出来るなんて本当に幸せ。

Img_4754




Img_4752



こちらのホテルは湖の隣にスイミングプールもあり、こんなところでのんびりできたらなぁ、と一人妄想。


Img_4764_2



そして、本当に本当に素敵な結婚式でした。年甲斐もなくうるっとしてしまいました。
あすかちゃん、たかさん、おめでとう♪♪

The best bride, @askaishiguro 綺麗過ぎだよ。 そしてこの身長差が現実。笑

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -



Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt


コメント(0)

2016年06月14日

Bristolの素敵なレストラン

先週末は小旅行でBristolへ仲良しのお友達に会いに。
BristolはLondonから車で2時間ちょっと。小旅行にはちょうど良いです。


サタデーランチは大好きなレストラン、Ethicureanで。中々予約を取るのが難しいらしく、日曜日は既に満席でした。


ここはレストランとにガーデンとファームが併設されていてレストラン自家製の新鮮なお野菜がいただけます。

P1012551_2

P1012560_3

季節が良かったのでお庭のお花がとっても綺麗でした。

P1012554_2


そしてここはお料理が美しい。器やプレゼンテーションも素敵だし、なんと言っても最高に美味しい。
初めて来た時の感動は一生忘れません。

P1012565

P1012567
鯖をお酢でしめた、日本で言う〆サバの前菜はビートルートと人参のソース。ソースと器と花びらののコントラストが絶妙。メインはポークベリー。長時間かけたと思われるとろっとろのポーク。季節の野菜、アスパラガスと良く合います。通常ではあまり好きでないフルーツのソースも、この薄切りリンゴの甘さとポークが合いとても美味しかったです。


この日はとうとうレシピブックも買ってしまいました。



いつきても感動をくれる場所です。


Fab place. はぁ、やはりここは素敵。お料理も本当に。

Megumi Takeyamaさん(@megumitakeyama)が投稿した写真 -



Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt



コメント(0)

2016年06月08日

ハンバーグ定食をイギリスで

先週末は第二回目のサパークラブ。
今回は私と、ママ友でもあるタニアさんとのお母さんコンビ。

Profileinc
トップは二人ともsousou


日本の家庭風のお料理を伝えたくて、ずっとやりたかったハンバーグ。
和牛はTajimayaさんから仕入れたA5ランクの最上級肉。
前日に自分たちでミンチしたお肉は脂たっぷりで挽肉になったときは真っ白でした。


さておき、当日はアペリティフで牛肉のたたき。山葵とホースラデッシュを添えました。

P6040527
二つの前菜。

P6040536_3

P6040543


そしてメインのハンバーグは2種類。ポン酢おろしとデミグラスソース。
ハンバーグの材料の配合も変えてあります。

P6040576_3


デザートは抹茶のフォンダンオショコラにチェリーのアイスクリーム添え。
甘さはぐっと控えめです。

P6040602_2


サパークラブの醍醐味はこうやって作り手とお客様が一つになれること。
一つのテーブルを囲んで初めて会った者同士も話に華が咲き、終始和やかな雰囲気でした。

P6040623


とにかく「美味しいです」と全て頂いてもらうことが心から嬉しい。
開催前は緊張で頭が張りつめていましたが終わった時は安堵感と充実感。
自分たちが楽しめると周りも楽しんでもらえるのだと思います。


次回のママン料理はお家焼き鳥、夏ですしね。


MEGUMI'S supper clubのスケジュール
6月26日(日)横山明美さんの北海道郷土料理
8月6日(土)Tanya&Megumiのお家焼き鳥コース
他にもいくつか予定しています。


Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt

コメント(0)

2016年04月28日

待ちわびた場所

3月の中旬から一ヶ月ほど子供のイースターホリデーだったので日本へ行っておりました。
ゆっくり出来ると思いきや意外とバタバタと過ぎ去りあっという間に時間は過ぎてしまいました。
とはいうものの、行きたいとこやりたいことなどはこなしたつもり。

今回の一時帰国で一番楽しみにしていたお店、S/S/A/W
料理家、たかはしよしこさんの切り盛りする西小山にあるアトリエは月に数日間だけエジプト塩食堂としてランチのみ営業しています。

Dsc05151
ランチはワンプレートに10種類ほどの副菜、玄米ご飯とスープが付きます。
お肉類を使用していないのにボリュームたっぷりで食べ応えあり。そしてどの副菜もアイディアが詰まった今まで食べたことのないものばかり。もちろんどれも美味しく、新たな組み合わせにハッとさせられたり、食の宇宙旅行をしている気分です。

Img_15902
たかはしよしこさんといえば何と言ってもこのエジプト塩です。
他にもアルル塩、モロッコ胡椒などあります。
今回はお勧めのガレットもまだ残っていたのですぐに購入。ちょっとした塩加減が甘さを引き立ててスイーツなのに満足感のあるガレットでした。

Fotorcreated
今回は取材もさせていただきました。
近々、Freshly Picked Tokyoのサイトで紹介したいと思います。

Dsc05163
スタッフの皆さんをパシャリ。


その後は、21_21 DESIGN SIGHTで行われている雑貨展へ。
周りからの評判が良かったので内容を全く知らず行くことに。

Dsc05175
すると、たかはしよしこさんのブースを発見!!

Dsc05182
なんとも運命を感じてしまった日。


少々お手伝いさせて頂いていた、“ロンドン”と、“トーキョー”のシティガイドブックのウェブサイト「freshly picked London 」「freshly picked Tokyo 」を主宰なさっている、武山めぐみさんを囲んで会合。 ヒトテマで、参鶏湯(サムゲタン)のワークショップをして貰った脇もとこさんも、映像作家の猪俣ゆきちゃんも一緒に✨ ロンドン情報はどうぞ、こちらで。一児の母で、ワイン好きでロンドン在住のめぐさんの、パーソナルな視点なのが、売りですね◎ ; ) 🌸 Gathering for Megu who is on next to me, at s/s/a/w the very popular restaurant in Shinagawa ward. In Tokyo . Megu is organizing the city guide website called [freshly picked London ] and [freshly picked Tokyo]. #freshlypickedlondon #freshlypickedtokyo #ssawさんご馳走さまでした #ssaw

Naoko HITOTEMA主宰 food plannerさん(@naokotanijiri_hasegawa)が投稿した写真 -


今回、S/S/A/Wは女4人で訪問。
左から映像作家のゆきちゃん、参鶏湯研究家の脇もとこさん、たかはしよしこさん、私、そして今回オーガナイザーをやってくれた直子さん。直子さんは富ヶ谷でこちらも不定期のお食事処、HITOTEMAを主宰されています。
キラキラした女性達からたくさんパワーを頂いた日になりました。


Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt



コメント(0)

2016年03月15日

お家レストラン

サパークラブ、、というと日本ではホストクラブのようなものをイメージしてしまうと思うのですが、海外では見ず知らずの人やお友達を招待してお料理を振る舞う、いわゆる"お家レストラン"です。


先日、我が家でも初めて開催してみました。

P1012469
お友達のご夫婦が営む、Tongue'n Cheek。普段はロンドンのあちらこちらのマーケットでスタンドを出店しておいしいバーガーを提供しています。少し前にはBBCのストリートフードのファイナリストにも残った実力の持ち主。
ご主人のクリスチアーノはイタリア出身でピエモンテのスロークックを専門に学べる大学に行っていたということもあり、内蔵系のお料理のコースを振る舞ってもらいました。


人数は10人の完全予約制。


まずは、アペリティフとウェルカムドリンク

Fotorcreated
クリスチアーノのオリジナルレシピのアペリティフは野菜中心、後から続くお肉を考えまずは手始め。


知らぬもの同士が食卓を囲み、美味しいものとお酒もあり場の雰囲気も和やかでした。

20160303_11_5

そして今回のメニュー
前菜:牛タンのサルサソース、牛の心臓にチミチュリソース添え
プリモ:チキンレバーのリゾット
メイン:牛のほほ肉のシチュー、グリルポレンタ、季節の野菜
デザート:ティラミス

Fotorcreated1


ボリュームたっぷりのメニューに皆さん満足してもらえたと思います。


実はこのサパークラブを定期的に初めていこうと思っています。
今回はイタリアンでしたが、基本的には日本の食を伝えていくというのがコンセプト。
こちらでは美味しい和食を食べれるようになりましたが、高かったり、お寿司だったり。
"和食"と詠っているところではラーメンも鰻も焼き鳥も全部同じお店で食べれたり。
もっと身近な、日本の家庭料理やB級グルメ、そして本格的な和食までこのサパークラブを通して伝えていきたいな、と。
お家レストランならではの少人数で作り手も近く、ホームパーティをする感覚で皆でワイワイしながら美味しいものを頂く。
小さな架け橋になれればと思っています。


そして次回の告知です。
イギリスで活躍している横山明美さんのお寿司コース。
2016年5月18日(水) Door Open:19時半
詳しい詳細はまた追って。
ウェルカムドリンクは「明美ワイン」です!



Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt


コメント(0)

2016年03月08日

本場でパエリア

スペイン旅行の続きです。
Albarracinを後にValenciaへ。

P1012315_5


もちろん、食べて飲んでがメインです。
Valenciaはパエリアの本場ということでランチは確実にパエリア。

Paeria
バレンシアパエリアはウサギのお肉とグリーンビーンズたっぷりのものを言うとのことです。
ただ、お肉はウサギでなくてもOKだそう。絶対に、という決まりはなく、余った食材でもよいようです。
写真上はバレンシアの中心から車で一時間半ほど南に行ったEl Palmarという小さな町にあるパエリア専門店、El Rek
写真下はLa Riuaというシティの中心にある老舗のパエリア店。本場で習得したのはご飯をぎっしり入れないこと。今まで家で作る時はついついお米をたっぷり入れてしまいましたが、お米はお鍋に敷くという感じ。そうするとたっぷりと出汁を吸いさらに下がカリッと焦げる感じでとても美味しくなるようです。


Valenciaでは本当に良く食べ良く飲みました。
マーケットや、食材屋さんなどではチョリソーやハモン、ワインのケース買いなどしたり。
タパスバーやピンチョスバーなども一晩に数軒回るようにしました。
その中でもここのレストランがお勧め。
Casa Montana

P1012254_5
店内にはワインの樽がたくさん!

P1012263
食事はどれもこれも美味しかったです。
特にアンチョビは絶品!忘れられません。

Food1

Food2


本当に”美味しい旅”を満喫しました。
現在はケースで購入した赤ワインを今か今かと待っています。


Freshly Picked London
Freshly Picked Tokyo

Fplt

コメント(0)