乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

6月 2016

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新着順

2016年06月24日

6月のメルマガトピック

6月はこんなかんじの話題でメールマガジンを送らせていただいていました。

さまざまな日常的にできる対処法、今時分と合っているかどうかのチェック、乙女美肌室でさまざまにアンテナを巡らせている中からいち早く情報を、など、身近に役に立てるような内容を心がけています。


◎ 歴史的レシピからインスピレーションをもらって
◎ 足の安定化エクササイズ
◎ 着替えをお持ちになりませんか
◎ 今時期使えるクリームファンデ、比較お試しどうぞ
◎ 頭が蒸れやすい方のためのヘアケア
◎ シリカとってますか
◎ 状況別 梅雨時のスキンケア
   ①シミがほとんど消えた方へ
   ②部分的に荒れる方へ
   ③肌が固くなり大きなしわができやすくなる方へ
   ④キメを研ぎすぎて潰した方へ
◎ 余ったクリームの活用法
◎ 実験 パセリとアーティチョークの化粧水
◎ 実験 南インドのクリーム比較
◎ 虫除けは、くわれる前に完備を
◎ 暑くて疲れやすい時期に知っておきたいこと
◎ オールインワンゲルを肌に合わせるコツ
◎ 湿度が高いときの体調管理
◎ ノースリーブ、セーフかアウトか
◎ さらさらお粉プレストバージョン
◎ 日焼け止めコンパクトタイプ
◎ 粉ものパック実験から(白檀、高麗人参、真珠など)
◎ 6月のお茶とお菓子解説
◎ 汗疹でお困りの方に
◎ 初期肌荒れセルフ対処法
◎ 肌の目詰まり、いかがですか
◎ 季節の風情を
◎ 夏美白のターゲット、確認していますか
◎ からだのゆがみチェックと対処法
◎ おすすめリフティングクリーム、安くなっていました
◎ まつげ傷んでいませんか

コメント(0)

2016年06月22日

もうすぐ7月

7月前半のしつらえは祇園祭の風情、後半のしつらえはいよいよ梅雨明けを迎える夏の風情に、という心づもりで支度しています。


テレビでは真田丸が好調のようです。あの時代のひとが書いたあの時代の記録はいくつもありますし、遺跡や建造物や建具などで当時を感じられるものもたくさんありますが、外国人の視点は現代人と近いのではないか、と考え、このところ集中的にルイス・フロイスの記録を読み返していました。案の定面白くて、つい、耳にする音源もザビエルの時代のもの(http://www.alia-vox.com/cataleg.php?id=98)にしたりと、多角的に時代を感じるようにしていました。


さて、祇園祭は、応仁の乱という名前の100年戦争のあとにほぼ現代のような形で再開されました。いわゆる戦国の世の終わりくらいから再開されたということになります。まさにフロイスやザビエルの見た日本のころからと言ってもいいでしょう。ですからわたしの中では、しつらえの支度と文書の読み込みは一連の作業だったのです。


月初には、東京では見ないヒオウギを活けてお迎えできると思います。ヒオウギは祇園祭の時期に、主に鉾や山のある町のあちこちに活けてあるのを目にする、鮮やかな夏らしい花。和花屋さんのご厚意で東京まで手配してくださることになっています。この花については月始め1週間以内にいらっしゃるお客様のお楽しみとなるとは思いますが、季節の風情を感じていただけましたら幸いです。


7月は結局、出してはすぐ埋まり、を繰り返して、もう、あとは隙間を見つけての調整となります。7月ご希望の方は個別にご相談ください。お急ぎでなければ、8月分まで含めてご検討いただけたらと思います。

コメント(0)

2016年06月20日

8月分について

受付は6月29日からです。それまではメルマガの方の優先受付期間です。

<平日昼>
2(火)15時
4(木)16時
5(金)16時
9(火)
10(水)
12(金)
15(月)15時
17(水)
29(月)
30(火)
31(水)15時

<平日夜>
9(火)
10(水)
12(金)
29(月)

<土日>
6(土)16時
7(日)
13(土)13時
14(日)

コメント(0)

2016年06月19日

もうすぐ夏越大祓

6月末は半年間に積もったさまざまな曇りを祓う日です。
現代人的に解釈すると、半年ぶりの締日がくる感じ。疲れをリセットしたり、気になることを積み残さないようにしたり、軌道修正したり、そんなことに意識をむける時期と捉えています。

ここ半年の自分をふりかえって、「いいぞ、その調子!」なところはそのまま伸びやすいように見守り、伸びやすいように助けてあげましょう。

「やりすぎて消耗?」なところは、もう少しペースダウンしてみてもいいかもしれません。もっと快適に行ける道があるかもしれませんね。

「視野が超マクロ?」であれば、視野を広げてみたら息がつけるかもしれません。執着という言葉が辛かったら、視野を広げてみて一息ついてから、いるもの、いらないものに思いを巡らせてみられたらいいですよね。

冬から夏の半年が、あと10日くらいで終わります。
夏から冬までの次の半年を、どうぞ気持ちよくお過ごしになれますように。

コメント(0)

2016年06月17日

持っておきたいアイテムのおすすめ

◎ さらさらお粉 プレストバージョン

軽やかにさらっと保つ粉のプレストバージョン。上ふたつはルースもあります。一番下は超プチプラでコンパクトな形状が魅力。

http://www.narscosmetics.jp/light-reflecting-setting-powder-pressed/0607845014126.html#start=6

http://www.makeupforever.jp/omresource/omc/req__PRODUCT/ett__20140218104317401627000000/parentpage__71668320/hier__20050719021717723847000000

http://www.canmake.com/base/item_base054.html



◎ 日焼け止めコンパクトタイプ

持ち歩きに便利なコンパクトタイプ。出先で漏れなくリタッチできますから、ひとつは持っておきたいですね。

http://www.buyma.com/item/20715768/

http://koreamon.com/shopdetail/018006000036/018/X/page1/order/

コメント(0)

2016年06月16日

ノースリーブ、セーフかアウトか

①デザイン

わざわざ、ムチムチに見えるもの、だらしないからだに見えるもの、だらしないひとに見えるもの、いかつく見えるものを着る必要はありませんね。着てみた感じがどうか、ちゃんと全体を確認して、着るかどうかを決めてください。

去年似合っていたはずでも今現在はわからないのです。今まで似合わなかったものが似合うようになることもあるし、その逆もあるのです。

今年は腕のつけねはあまり出さずにくびやデコルテを出すデザインをよくみかけます。着たい服に合うよう、出る部位を重点的に整えてみるのも、楽しいですよ。

②バストサイド、デコルテ

バストサイド、脇周辺にしわしわタルタルするたるみがあったら、今季はボディケアに努めて来期のお披露目を目指しましょう。

ブラから出るデコルテ部位にしわがあったら、バストを寄せあげすぎているか、なりたいバストラインに対してたるみケアが追いついていないということです。残念ですが今季はデコルテのあきが控え目な服で夏を過ごしましょう。来季、お手入れの行き届いた肌が出せればいいですよね。


※授乳中の方々

今季は出さずに、ゆっくり無理なく、たるみケアに取り組んでいきましょうね。バストまわりがあまり目立たない服を選ぶとすっきりきれいです。カットソーなどは垂れたりゆるんだりがどうしても目立つので、おうちの中だけでどうぞ。


③二の腕

二の腕にほどよく太さがあり脂がのっているのは、成熟した女性の輝かしいアクセサリーです。すべすべして、ふっくらと弾力あるまろやかな腕は、思わず触りたくなるくらい魅力的。むしろ誇示すべき美しい部位といえます。ですから棒っ杭のようなただ細いだけの貧弱な腕や、鍛えすぎていかにも硬い腕は、そうした点から見ると、惜しいなあ…となるのです。

二の腕のしまり具合は、胸まわりの筋肉、脇腹の筋肉、背中の筋肉と連動して決まりますが、バストのたるみが大きいと必然的にしまりにくくなります。二の腕にとってはバストケアは本当に大事なのです。

残念ながら、脇が凝って固まっていて腕も固肥り、とか、かつては自慢だった豊かなバストが災いして腕たるたる、とかで、ちょっと肌を磨きこむくらいではシルエットも状況も変わりそうにない…そうした状況であれば、今季はそっとしまっておきませんか。来期の御目見えを目指してブラッシュアップに取りかかりましょう。


④ひじまわり

もし、色むらがないとしても、ひじまわりにたるみがどうにも目立ったら、今季はできるだけ7分袖のお世話になりましょう。スリミング剤でうまく引き締まってくれたら、さらっと出せますね。

コメント(0)

2016年06月14日

また新しいのが加わります

フラワーエッセンスのボトルは今、かごに山盛り気味です。
こまめに残量を見たり整理したりしていますと、はからずも気持ちの整理までできてしまったりして、結果、客観的に身の回りの状況を見られるようになっていたりします。

気づかなかったけど情緒面がなにか傷ついていたんだなあ、なんだか気持ちが辛かったのだなあ、とか、そんな小さなことにも目と心を向ける余裕が得られるのは、役得というところでしょうか。


一見スケジュールに穴というよくなさげな状況があったとしても、実際はそこが穴としてあいたからこそ休んだり寝込めたり早めに対処ができ、結果として大事に至らなかった、とかは、みなさまにもわりとあることではないでしょうか。

意図していないところからの計らいのようなもの、大きな目で見渡したときにはじめてわかるバランスのようなものにはっと気づいて、無駄に焦ることはないなあ、としみじみ感じ入る、そんなことが時々あるのではないでしょうか。


フラワーエッセンスチョイスをしていると、お客様が遮二無二掴んで離さずにいた無駄な焦りや無駄な畏れにふたりして気づくことがあります。大きな目で俯瞰視できた瞬間があったのでしょうね。

で、ではどうやって放り出そうかね、となんだかウキウキと、相談に入ったりします。



いくつかまた新しいものが加わります。気候のせいで気持ちがうまく晴れない、思考が低めをぐるぐる、などの方には、フラワーエッセンスチョイスをおすすめしています。

コメント(0)