乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

2月 2008

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

2008年2月の記事

2008年02月27日

よくいただくお問い合わせから フェイシャルメニュー



イメージ 1

乙女美肌室にはフェイシャルのメニューが3つあります。
初めておいでのお客様によくいただくお問い合わせが「私はどれを選んだらいいでしょうね」ということ。
そこで、3つのフェイシャルについて、簡単に解説をしましょう。

3つのフェイシャルに共通することは、「頭、首をやわらげること」「お肌のクレンジング」「パックとお仕上げ」です。
異なることは、「お顔をやわらげ流れをうながすトリートメントがつくかつかないか」「トリートメント範囲がどこまでか」。

最も範囲が広く、トリートメントもしっかりつくのが80分のデラックス。お顔、首、デコルテ、肩から腕にかけて網羅しています。上半身のめぐりを喚起し、お肌の内外からトータルにケアできるので、一番人気があります。

60分のリフレッシュではお顔と首まで。お顔のトリートメントもつきます。デラックスをするほどではなくても、お顔まわりのめぐりを喚起し、すっきりとさせてゆきます。
ボディケアと組み合わせる方が多いのがこのメニューです。

30分のクイックでは、トリートメントはつきませんが、範囲は首までで、クレンジング、パック、お仕上げという、お肌表面のクイックケアに特化した内容となっています。

フェイシャルメニューは、ご自分の目的に近いものをお選びいただければと思います。
標記時間も、あくまで目安です。いらない緊張がほどけるまで、お客様本来の状態に可能な限り整うまで・・・。そんなふうに思いながら、毎日一生懸命、お客様のお肌に触れさせていただいています。

3月の乙女美肌室では、砂ぼこりにも黄砂にも負けないお肌づくりのお手伝いをさせていただければと思っています。とにかくお肌の目詰まり感やごわつきを丁寧なクレンジングで取り除き、やわらげ、めぐりを促し、お肌の底力となる栄養素を贅沢にたっぷり充填したり、浄化したり、お肌に合わせたお仕上げをさせていただきます。
トリートメント後のお肌は、みずみずしくふくふくとしていて、自前のバリア機能を万全にチューニングしていることでしょう。春を楽しむためにも、万全のスキンケアをしておきませんか。

コメント(0)

2008年02月26日

よくいただくお問い合わせから お風呂でのボディケア



イメージ 1

お客様からいただくお問い合わせに、「からだをつるんとさせるアドバイスはありませんか」というものがあります。
基本的にはお顔と同じで、きちんと洗うこと、きちんとすすぐこと、きちんと保湿すること、ですが、洗うにあたっては、こすりすぎる方もいれば洗いが足りない方もいます。
こういうとき便利なのが、ボディ用のクレイタイプのゴマージュ洗浄料。
手で濡れた体にくるくると塗りつけ、洗浄料そのものの吸着成分で汚れをキャッチさせ、シャワーなどでさっとすすいでおしまい、という簡単なものです。
通常でしたらこのようなものできれいに洗い、すすぎ、お風呂場から出る前に、濡れた肌に(ここが大事!)ボディオイルを滑らせてから水滴をタオルで軽くおさえ、パジャマを着ます。
この手順なら簡単に、そして毎日、つるんとしたボディでいられるはずですよ。

コメント(0)

2008年02月25日

ホット・ローズ



イメージ 1

最近、朝晩の一服に気に入っている飲み物があります。
それはホット・ローズ。平たく言えば、バラのジュースのお湯割り。
バラのジュースはそのままだと私には甘くてシロップのようにべたべた重いので、思い切って半分くらいに薄めてしまいます。だからうっすら甘くて、湯気がほかほかしていて、さらりとした飲み口で、でもいい香りはそのまま。

夜の寝しなにホット・ローズをゆっくり飲むと、なんだか気持ちがやわらかくふうわりとたわむような気がします。
朝起きたら、沸かしたてのお湯でまた一杯。朝の起きぬけの一杯の飲み物はからだを起こすために有効と言われますが、本当にホット・ローズをファイヤーキングのミルキーピンクのマグで1杯飲み終わるころには、エンジンがかかり始める気がします。

今飲んでいるのはいただいたバラのジュースですが、最近は小さなパウチに小分けになったものなど、さまざまな形態がありますので、よかったらおためしになってみてくださいね。

コメント(0)

2008年02月23日

別冊天然生活「家族ではじめるオーガニック」



イメージ 1

2月25日に再発売となります、別冊天然生活「家族ではじめるオーガニック」で、作家の廣瀬裕子さんのページの中に、オーガニックコスメのお仕事を頂戴しました。
美しい写真と楽しい記事に仕上げていただいております。
よかったらぜひご覧ください。

コメント(0)

2008年02月23日

ナチュラルなふっくりチーク



イメージ 1

かわいらしい色のチークをみつけました。
中心の濃いピンクはマットな血色、外側のピーチオレンジはつやの出るシアーな色。
マットを頬に差したら、つやでくるくるっとぼかすと、とても自然なふっくりした頬になります。
これは、15ミニッツビューズで見つけた春夏の新色メイクから、「フレンドリーオールオーバー」という商品です。

ここのお店は眉スタイリングも上手。
今なら回数券も買えますよ。

コメント(0)

2008年02月21日

タールフリーのアイメイクはいかが



イメージ 1

目元を強めるアイライン。
この春の流行のメイクでもアイラインを強調したものをよく雑誌などでみかけますね。
春はなにかと目元がデリケートになりがちですから、アイラインを引きたいけどトラブルが怖くてできない・・・と残念に思う方も多いと思います。

通常、色もの化粧品は、タール色素というものを使っています。これに過敏に反応して荒れてしまう場合は、タールフリーの色ものをお選びになると、大丈夫かもしれません。また、色素はともかく香料やラメ、ピグメントなどに過敏に反応して荒れてしまう、という場合は、無香料やラメのないタイプをお選びになってみてはいかがですか。

スキンケア以外のコスメでも、なにが入っているのか、なにでできているのかを見ることは、ご自分を守るためにも大切なことと思います。
パッケージや評判や宣伝だけで飛びついては、今のご自分に合わない、ということも、スキンケア用品同様にありますね。
成分が大丈夫、と思えたら、あとは肌映りや発色、感触、もちなどを吟味しましょう。
どなたさまにも、お気に召すものがどうぞ見つかりますように。

コメント(0)

2008年02月15日

おひなさまのおでまし



イメージ 1



イメージ 2

バレンタインも終わり、あと半月もすると、3月がやってきますね。
まだまだ寒いですが、菜の花の黄色と桃の花のフューシャピンクのとりあわせは春らしく明るくて、女性のお節句らしくていいな、と思うのです。おひなさまもうれしそうに寄り添っています。

おうちに伝わるおひなさまのほかに、生まれた時お祝いでいただく自分だけのおひなさまなど、ひとりの女性でも複数のおひなさまをお持ちという場合も多いことでしょう。それぞれに親御さんやご親戚の願いがこめられていて、それぞれがみんな大事な歴史をせおっているはず。年に一度でも、その暖かい想いのありがたみを再確認するために、おひなさまを飾るのかもしれません。

乙女美肌室でもおひなさまがみなさまをお待ちしています。
トリートメントでゆったりとすごすひととき、初節句に寄せてもらった暖かい周囲のお気持ちに思いを馳せてみるのも、悪くないかもしれませんよ。

コメント(0)