乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2008

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2008年3月の記事

2008年03月31日

なにかひとつリニューアル



イメージ 1

明日から新年度となります。
新年度が関係ある方も、そうでない方も、心機一転の機会としてとらえて、なにかひとつご自分をリニューアルしてみませんか。
イメチェンというほど大きな変化ではなく、けれどほんの少し背筋が伸びてしゃんとするようなことや、ほんの少しウキウキするようなことを、なにかひとつ。

私はさっき、仕事の空き時間に、眉のトリミングを近所のフィフティーンミニッツビューズでしてもらってきました。
ふだん自分でできることでも、ひとさまの手を借りると新たな発見がありますよね。
眉の形ひとつ取っても、プロの手で整えられるとあかぬけて見えるようで、うれしくなります。

「前髪を作る」でも「スマイルをいつもより大きめにしてみる」でも「きびきびときれいに歩く」でも「新しいスキンケア用品に変えてみる」でも、なんでもいいのです。
ほんの少し、新しい自分にスイッチできそうなことをご自分に仕掛けてみること。
その行動そのものがもう、新しい前方への一歩だと思います。

春は、一歩前へ、という気分とよく合う季節。
どなたさまもどうぞいい気分の4月をお迎えくださいますように。

コメント(0)

2008年03月27日

4月の乙女美肌室から



イメージ 1

ソメイヨシノ、しだれなど、桜がそこここで咲いています。
ケヤキの芽吹きも日に日に目立ってきています。
もうすぐ4月。
乙女美肌室では、春先特有の倦怠感をやわらげ新しい季節にスムーズに移行できるように、フェイシャルトリートメントであっても腰や脚のチェックをそっと行い、軽く整えるということをしています。
もちろん、お肌の余分な角質を取り除いて滑らかにし、光をまとう肌づくりも大切。
おからだのケアでは、いらない冬の名残は出し、足取り軽く春をお楽しみいただくために、臨時メニューで脚の背面全部を柔らかくほぐすメニューも作りました。
なにかと気ぜわしいスタートの月でもあります。
ゆったりしに、ぜひおいでください。

コメント(0)

2008年03月26日

繊細なまつげ、オフもスピーディ



イメージ 1

マスカラのお好みはひとそれぞれと思いますが、現状より長く、しなやかに、自然につき、オフがたやすい、という条件ならどなたも頷かれるのではないかと思います。
これをひと通り叶える製品があります。フェリーチェトワコの「パーフェクトTOWAKOマスカラ」。
現状よりしっかり濃いめに、というお望みの場合は何度も重ねたほうがいいですが、ナチュラルで繊細な長いまつげを作るなら、これは便利と思います。
一番面白いのは、落とすとき。お湯で落ちるフィルムコートタイプなのですが、落ちっぷりが潔く、すっきり簡単なので、きっと驚かれることと思います。

コメント(0)

2008年03月26日

オーガニックのポイントメイク落とし



イメージ 1

近年人気の高いオーガニックコスメ。
クレンジング剤はよいものも多いのですが、ポイントメイクアップ落としにお悩みの方も多かったのではないでしょうか。
安全かつ落ちのよいポイントメイクアップリムーバーのシートタイプをみつけました。
ロゴナの「ポイントメイク・クレンジングコットン」。
界面活性剤やミネラルオイルを使用していませんので、そのようなものに弱い方でも安心。
目元、口元のメイクオフにきっと重宝すると思います。

コメント(0)

2008年03月24日

よくいただくお問い合わせから メイクツール



イメージ 1

お客様からよくいただくお問い合わせの中に、「パフやブラシというものは、とりかえるものなのですか」というものがあります。
ファンデーションをつけるときのスポンジパフ、お粉をつけるときのパフ、チークをつけるときのブラシ、その他、アイシャドウをつけるときのチップなど、メイクで使用するツールというものはいろいろありますね。
乙女美肌室では、「肌につくものは全て、いつでも清潔に」とお話しています。ですから、今日使ったツールは翌日はもう使いません。肌につくものは、肌着と一緒だと思います。今日着た肌着は明日着ませんね?それと同じ、と考えています。
毎日清潔なものに替えていただき、使ったものはすぐに洗ってまた使えるようにしておきます。そして、劣化して使用感が悪くなってきたらすぐに新しいものに差し替えてゆきます。

ポーチに直にパフやブラシを入れておいでの方は、ポーチも定期的に洗ったほうがいいですね。使ったまま、汚れたままのポーチも、メイクツール同様、雑菌のたまり場になり得るのです。お肌に余計な汚れをつけないためにも、そして女性の身だしなみとしても、清潔なメイクツールをお持ちいただけたらと思います。

コメント(0)

2008年03月24日

晴れがましい春のために



イメージ 1

卒業式、入学式、入社式など、晴れがましい行事の多い時期ですね。
今日はあいにくの雨ですが、通勤時に袴姿のお嬢さんをみかけました。

さて、一年で紫外線が最も強くなるといわれている春先から初夏ですが、UV対策は万全ですか。
曇りの日でも忘れず対策なさっておいででしょうか。
最近はどんどん使い勝手のよい製品が出てきていますので、UV対策は日焼け止めの下地だけではなく、ミスト、お粉などでもできます。コンシーラーがわりにUV効果のあるファンデーションを部分使いすることだってできます。
唇を防御したい方には、UVグロスもあります。
ファンデーションを塗り込めたりしなくても、適度にお日様と仲良くすごすことは可能。
さまざまなアイテムを賢く利用して、どうぞ、晴れがましい行事などが多い春を、心置きなくきれいにお楽しみいただきたいと思います。

コメント(0)

2008年03月22日

よくいただくお問い合わせから スキンケア用品



イメージ 1

お客様からよく頂戴するお問い合わせに、「私におすすめのスキンケア用品はなんですか」というものがあります。
こうしたお問い合わせを頂戴することは、大変ありがたいことと思います。

お客様それぞれに、長い経験値の積み重ねと、長いお肌への認識の積み重ねがありますね。
乙女美肌室ではまず、お客様になにをどうお使いかを伺っています。
これは、お使いになっているものがお客様の現状にあっているかどうか、ということと、使い方がその商品を生かし切っているかどうか、をはかるためです。もしかすると今、お客様が訴えておいでの不調の原因が日頃のお手入れのどこかにあるかもしれない、もしかするとお客様のお肌への認識が現状とずれているかもしれない、という「不調項目」がここで浮き出ることもあります。

お問い合わせいただく際には、具体的な商品名をいくつか挙げさせていただくこともあれば、今のお客様のお手持ちのものに加えたらよいと思われる成分をお知らせすることもあります。
お手入れのしかたを見直しさえすれば充分お手持ちのものでよいお手入れが可能になると思われるお客様には、今お使いのものをきちんと使いこなすために、スキンケアの基本をご面倒でも見直していただきたいと申し上げることもあります。
残念ながら今お使いのスキンケアが今のお肌に合っていない、とはっきりわかる場合もたまにあります。
このような、お客様個人の経験値や認識を覆してしまいかねないお話をするときは、正直、しんどいものがあります。ですが、もし聞く耳を備えたお客様ならあっさりと取り入れるかもしれませんし、そうでないお客様なら聞き流して下さったらありがたい。そう思い返して、お肌の立場に立った意見を申し上げさせていただくこともあります。

スキンケア用品は、使用感の好みなどはひとそれぞれと思います。乙女美肌室からのお返事が、わずかでもお客様のお役に立てるものであったらいいな、と願っています。

コメント(0)