乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

10月 2008

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年10月の記事

2008年10月30日

乾かないための縁の下の力持ちアイテム



イメージ 1

乾燥が気になる時期に心強い、縁の下の力持ちアイテムをいくつかご紹介しましょう。

<クレンジング・洗顔>
●ポールペンダース ティートリー
これはリキッドタイプの泡立つクレンジングです。メイクもきちんと落とせますが、万が一こってりしっかりメイクの場合はクレンジングではなく、洗顔料として使われてもよろしいかと思います。
すすいだときに「おっ」と思うほど、お肌がしっとりとなめらかな触感になります。
●アポディア クレンジングミルク
とろりとしたミルクで、なじみもよく、すすぎも心地よいと思います。クレンジングとしても、朝の洗顔としても使えます。

<化粧水>
●ピヨコ ローズ&ネロリセラムローション
美容のための精油をたっぷり配合した、水のように軽い化粧水なのですが、なじませてゆくとお肌がふっくらしてくるのがわかります。何度も根気よく重ねづけすることをおすすめします。そうすると、もちもちした肌質感が長持ち、なのに肌はさらりと軽いのです。
●マハリシ スキンモイストジェル
単品で使うと突っ張り感を感じることもありますが、お手持ちのスキンケアにプラスすることで、飛躍的に保水力を高める便利なもの。さすがはほぼアロエだけでできているだけのことはあります。この、ほぼアロエというのは、実は驚異的にすごいことなのです。

コメント(0)

2008年10月30日

11月の乙女美肌室から



イメージ 1

連休からスタートする11月。
おでかけの方も多いことでしょう。
冬になるまでの、あとほんのちょっとの秋を満喫したいものですね。

乙女美肌室では、お客様おひとりに「今日できることは全部させていただく」という気構えで対していますので、お客様を送り出したあとは力を出しきって、産卵後の鮭のような状態になっています。
次のお客様をお迎えするまでの間は、準備とともに、セラピストとしてまた「今日できることは全部させていただく」という気力を次のお客様に注ぐことができるように自らを整えるための、大事な時間となっているのです。

お客様においでいただくということは、そういうことだと思います。全力で、できる限りのことをさせていただくからこそ、またお客様がきてくださったり、ご信頼くださったりするのでしょう。
それだけ力を振り絞って対することのできる機会をお客様に与えていただけるのですから、ありがたいことだなあと思うのです。

それと、お客様のトリートメントをさせていただいていると、その方のきれいさがどんどんはっきりと明確になってきて、うれしくなります。おいでになったときより、お帰りになるときのほうが本来のおきれいさが際立っている、そんなとき、セラピストとして本当にうれしさを感じます。

お客様にしても、「私はちゃんと自分のメンテナンスをした」「これで大丈夫」と思えることが、ご自身への自信につながることでしょう。その、ご自身への自信の積み重ねも、きっとお客様のきれいを強めていると思うのです。

そんなふうに、きれいはいろんな方向から補強できますね。
お客様と一緒に、乙女美肌室がきれいを維持していけたら、といつも願っています。

コメント(0)

2008年10月27日

秋の夜長にどうですか



イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3

セラピスト仲間であるオーシャン(http://beautysalon-ocean.com/)の長田さんから、おいしいフレーバーティーをご馳走になりました。
ルピシアの「栗」というお茶です。
緑茶ベースで、甘栗の味と香りがします!が、よくあるフレーバーティーのような強い香りではないので、湯気と一緒に淡く立ち上る甘い香りがいいかんじで、いただきやすかったのです。
これなら、ベッドサイドで寝しなに一服、というのもいいかもしれません。

もうひとつ、肌寒くなってくる時期にうれしいお茶が、ウイーンの紅茶店・デンメアティーハウスにあります。
それは、「エルダーベリー」というお茶。お茶といっても茶葉はゼロ。
チリのローズヒップ、トルコのリンゴ、スペインのオレンジピールとニワトコ、といった内容で、やさしいリンゴの甘みとからだを暖めるニワトコが、心身をほっとさせてくれます。

寝しなならカフェインレスがいいなあ、という方に人気のお茶の中に、ルイボスティーがありますね。
パッケージがかわいいのでとびつく人も多い、イレブンオクロック社のはどうでしょう。
こちらは100%オーガニックで遺伝子組み換えもしていないので、安心して飲めますよ。

コメント(0)

2008年10月27日

乙女美肌室に届いたご案内から



イメージ 1



イメージ 2

最近、乙女美肌室に届いた楽しい催し物のご案内から、ブログをご覧のみなさまへご紹介いたしましょう。
ひとつめは、新宿交響楽団の12月公演のご案内。
いつも大変すばらしい演奏を楽しませて下さるので、とてもとてもアマチュアオーケストラとは思えません。
今回は特に、いつも指導と指揮をされている方が独奏者としてオケと競演されるという大きな見所があるそうですよ。
日時は12月6日14時から、練馬文化センター大ホールにて。
大変人気の公演のため、お席の確保がむずかしいかもしれませんが、曲目もよいので、ご興味のおありの方は問い合わせてみてはいかがですか。お問い合わせ先はhttp://orchestra.musicinfo.co.jp/~sso/とのことです。

もうひとつは、沼田元気さん主催のロシアツアーのご案内です。
Aコース、Bコースとありまして、Aは「ロシア雑貨とマトリョーシカ買物ツアー」(12月21日〜12月25日)、BはAにプラスできるオプショナルツアー「マトリョーシカ村の謎と工房めぐりツアー」(12月24日〜12月28日)とのことです。
お好きな方やご興味がおありの方は、お問い合わせ先 http://www.jic-web.co.jpまでどうぞ。

コメント(0)

2008年10月27日

今年は三の酉まであります



イメージ 1

そろそろ駅などにポスターが出始めました「酉の市」。
新宿では花園神社で毎年盛大に開催されています。
今年は三の酉まであり、江戸の昔なら「みなさん火事にご注意」といったところでしょうか。三の酉まである年は火事が多いと言われてきたのです。

一の酉は11月5日(水)、二の酉は11月17日(月)、三の酉は11月29日(土)となっています。
乙女美肌室の行き帰りに、御利益を狙って(ついでに屋台や見世物小屋を狙って)足を運ばれるのもたのしいかもしれません。
酉の市というと、きらびやかな熊手が人気ですが、社務所で授与していただけるちいさな「開運熊手守」もお土産に喜ばれますよ。

コメント(0)

2008年10月26日

お天気が悪くてもバラ色



イメージ 1



イメージ 2

曇りや雨の日は、顔色が青白っぽく見えたり、くすんで見えたりするかもしれません。
そんなお天気でもバラ色のつやつやした頬でいたいと思われたら、チークで「バラ色」を仕込んでおきませんか。

色には明度と彩度という2つのベクトルがあります。度合いが高ければ明るい色や鮮やかな色になり、度合いが低ければ暗い色味になります。つまり頬に使うならば、明るい透明感ある色味と鮮やかなビビッドな色味の2つがあると、便利。
また、チークのテクスチャーはキープ力の違いでもあり、練りものは比較的色味が持続しやすく、粉ものは色味のキープ力は弱いものの、境目をあいまいにしたりやわらかいニュアンスにするのに長けています。

バラ色チークには、練りチークとパウダーチーク、2つを使います。
練りチークはビビッドな明るい色味を選び、お粉で覆う前(下地のつけ終わり、またはリキッドファンデーションのつけ終わりの時点)の肌に直にぽんと置きます。置き所は、黒目の下で小鼻のラインよりは上が無難と思いますが、適宜お顔に合わせてみてください。
ぽんと置いた練りチークは、ゆびでとんとんとぼかし込みますが、要は血色を演出したいので、上気したような、内面からわき出たような色加減にします。

パウダーチークは、お粉でお顔を仕上げたあとに載せます。このパウダーチークは、つや感と明度をプラスしてぱーっとお顔を明るく見せるためのもの。ですからブラシでさきほどのチークの箇所だけでなくもう少し広めに、頬骨に沿うようにふわーっと刷き入れます。これもお顔によって調整してください。

さらにチークが目立たないくらい目元がくすんでよどむ場合は、明るい色のコンシーラーやコントロールカラー、ティントモイスチャーなどを使って、お目元のトーンを調整すると、チークの効果がさらにくっきり生きてくることでしょう。

お天気がどんなであれ、きれいはなんとかかんとか発揮し続けられるものです。ぜひ、自他共にごきげんな一日のために、今日もバラ色でいてくださいね。

コメント(0)

2008年10月25日

10月もそろそろ



イメージ 1

あれよあれよという間に10月も終わろうとしています。
このところのお茶菓子は、二條若狭屋の「やき栗」。秋らしいほっくりとした甘味に、たっぷりのお茶を添えてお出ししています。

乙女美肌室では今、チリチリする乾燥やくすみをやわらげ、固くなりやすいお肌をふんわりとさせるケアを重点的にしています。
ご自宅での毎日のケアをお客様の手でやりやすいように、お肌を整備するのが乙女美肌室の大事な役割と心得、お客様のきれいを阻む要因をひとつでも取り去るべく、今日もお肌と対峙させていただいております。

コメント(0)