乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

12月 2008

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年12月の記事

2008年12月31日

よくいただくお問い合わせから シンプルスタイル



イメージ 1

乙女美肌室のお客様からよくいただくお問い合わせに「ここみたいにすっきりした部屋にするコツはなんですか」というものがあります。
実際のところは小さいスペースなので、こまめに掃除したり、物もよほど取捨選択して最低限量を効果的に出すようにしないといけないから、ということなのですが、すっきりしていますね、とか、居心地がいいですね、と言っていただけるのは本当にうれしいです。

さて、これがコツというものだろうなあ、という5か条から始まる本があります。
テーブルコーディネーターのクニエダヤスエさんのご本で『シンプルに暮らす整理術』(大和書房)といいます。
その5か条、とてもわかりやすいのでご紹介しますね。

その1 迷ったら買わない
その2 大きな買い物はすぐに買わない
その3 気に入っていても、不要になったものは新しい使い手を見つける
その4 一年、三年と期間を決めて見直す
その5 その日のうちに片付ける

ほかにも、「整理とは、ものをどこにおくことが便利で快適なのかを決めること」「暮らし方は生き方」といった明確なアドバイスがたくさんちりばめられていますので、お片づけや模様替えで迷うことがありましたら、一読の価値ありと思います。

コメント(0)

2008年12月30日

今年一年、お疲れさまでしたね



イメージ 1

今年ももうすぐ終わり。一年間、お疲れさまでしたね。
お仕事納め以降のお客様は特に、今年一年を無事に乗り切った安堵感をたたえてお越しになっています。
トリートメントをさせていただきながらついつい「本当によく一年をがんばられましたね」と心の中でお声をかけてしまうほど、そのお顔はきちんといろんなことを乗り越えた、いい表情です。
みなさんきっと、一年を本当に一生懸命、がんばってすごされたのですね。本当によくなさいましたね。
お疲れさま、と、ちゃんと毎日積み上げて一年を満了しておめでとう、という気持ちで、少しでもがんばった分のお疲れがほどけるようにとトリートメントをさせていただいています。

今年は本を出していただいたり、雑誌などに取り上げていただけたり、ホームページやブログをご覧いただけたり、たくさんのご厚意を頂戴したりと、とにかくたくさんの方のお力とお気持ちにひたすら支えていただけた年でした。
小さな小さな乙女美肌室にこんなにも多くのあたたかな手を差し伸べていただけることが、夢のようです。
少しでも乙女美肌室をお客様にとってよりよくしたい、そんな思いだけでひたすらに一生懸命に毎日をすごしていますが、こうして一生懸命になれるのも、すべてお客様のみなさまあってのこと、お客様のみなさまのおかげです。
今年もお世話になった御礼と、来年もどうぞよろしくという気持ちを込めて、年末のごあいさつとさせていただきます。
どうぞどちらさまもよいお年をお迎えください。

コメント(0)

2008年12月27日

今日は珍しいところへ行きました



イメージ 1

今日はお客様のトリートメントを全部終えたあと、テレビ局へ収録に行ってきました。
六本木のテレビ朝日は、もちろん入るのも初めてです。
夜だったので東京タワーやけやき坂がとてもきれいでした。

スタッフの方々にも、チャーミングなレポーターの方にも、視聴者モデルの方々にも、本当に親切にしていただきました。ありがたかったです。
また、仕事おさめのあとの貴重な休日の夜でしたのに、河出書房新社の飯島さんがついてきてくださったことも心強く、しみじみとありがたいことでした。

さて、収録されたものは1月13日(火)の朝7時45分から、「やじうまプラス」の中の「知りたい白書」というコーナーで5分ほど流れる予定だそうです。
よかったらご覧になってみてくださいね。

コメント(0)

2008年12月27日

ティータイム



イメージ 1

このところのティータイムの様子です。
お茶は香り高いアールグレイ、お菓子は「五感」(大阪が本店で、まだ東京には支店がないお菓子屋さんのようですよ)の黒糖のクッキーときなこのクッキーを盛り合わせて。葛配合のこのクッキー、さくさく、香ばしいです。

コメント(0)

2008年12月27日

外は寒くても



イメージ 1

今朝は冷え込みが強かったですね。
おかわりありませんか。

さて、師走ラストウイークの乙女美肌室は、静かなひとときのための、ことさらにシンプルな空間となっています。
彩るBGMは、「風のガーデン」のサントラであったり、チャイコフスキーの「白鳥の湖」であったり・・・。
外は寒くても、乙女美肌室は今日も暖かです。

コメント(0)

2008年12月24日

寒い時期ならではのケアのツボ



イメージ 1

この時期は寒さでお肌やおからだの緊張が強いので、知らず知らずのうちに肩が持ち上がっていたり、お顔に力が入っていたり、頭がこりやすかったりします。
そんな状態なら、暖かくしてゆっくりほぐしてあげれば、自然にふっとゆるんでくれますので、暖めることとぎゅうぎゅうしないことを覚えておいていただければ、ご自分でこりを緩和することだって可能です。

寒いのと関係はありませんが、類似なケアをもうひとつ。
イライラしたり怒ったりしたときも、頭や顔がこります。
そんなときは、ゆーっくりと、弱い力で、なだめるようにゆるめてみてください。強い力でぐいぐいしても反発するだけでゆるまないのです。まあまあ、怒るのも無理はなかったよね、でも顔付きが変わっちゃうのは困るし、ゆっくりでいいからゆるもうよ、という気分で優しくしてあげてください。

寒い時は肌もきゅっと縮こまりがちです。
ですからクレンジングは暖かいところで、暖かい手で、肌あたりのやわらかなクレンジング剤で、やさしく丁寧にする、というのが最も効率のよいクレンジング方法になります。
すすぎも、あたたかさと丁寧さがカギ。そしてもちろん、すみずみまで(産毛や生え際まで含めて顔です。顔のエリアは広いのです。)きちんと触って確認しながらすすぐのが、最も手間がかからず、効率のよい方法であると覚えておかれるとよいでしょう。

ときどき、手間のかからない、簡便なスキンケアについて聞かれます。
ですが、最も手間がかからず、簡単なのは、ベーシックなことだけを確実にこなすということ。
洗うにも落とすにも、すべて確実にできることが、最終的に最も簡単で早いケアとなります。
そのために、ご自分がどのアイテムなら確実に目的を遂行できるか、という視点で、クレンジングアイテムを選ぶとよろしいでしょう。泡の立つタイプが使いやすいのか、ジェルがいいのか、ミルクがいいのか、もちろん洗い上がりのお肌のコンディションも考慮しますが、どれなら確実に使いこなせるか(すすぎ残しやなじませ残しがないか、など)を見極めてお選びになると、朝晩のクレンジングが手早く簡単になるのです。忙しくて顔も洗いたくない、なんてことはなくなるのです。

コメント(0)

2008年12月24日

ほわほわと柔らかな肌を取り戻しましょう



イメージ 1

寒さや忙しさでだんだんお肌がかたくなってきたら、くすみやしわが気になってくるかもしれません。
でも柔らかい状態でいれば、くすまない、しわもないお顔だという方が最近の乙女美肌室のお客様にはとても多いのです。
ですから、乙女美肌室では、その方が本来お持ちのお顔の状態に戻りやすくなるようにケアをしています。ほわほわと柔らかく、弾力があって決してぱさぱさかたくないお顔へ、チェンジしませんか。
いい状態に戻って心地よく感じていただけたら、きっとまた、本来のいいお顔になっていると思います。

乙女美肌室では、マッサージローションと美容液で、お顔をほぐしながら不要な角質をからめとっていくこともありますし、シートで滑らかな均一な表面にならすこともあります。乾燥と寒さでかたくなったお肌をまたふっくりと柔らかく戻すために、お肌がストレスを感じないですむ方法をその場その場で採用しながらケアをしています。

コメント(0)