プロフィール

カレンダー

10月 2009

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年10月の記事

2009年10月31日

12月のご予約を受け付けます



イメージ 1

明日11月1日より、12月分の予約を受け付けます。
これからお入りいただけますのは以下のようになっております。
平日夜、土日祝日はキャンセルが出た場合のご案内となります。

<平日昼間>
3日(木)15時・・・受付終了しました
7日(月)16時・・・受付終了しました
8日(火)14時30分・・・受付終了しました
10日(木)15時・・・受付終了しました
16日(水)13時、16時・・・受付終了しました
17日(木)15時・・・受付終了しました
24日(木)15時・・・受付終了しました
25日(金)13時・・・受付終了しました


11月25日から12月25日まで、乙女美肌室ではクリスマスのしつらえになっています。
この期間は恒例のクリスマス福引もありますので、どうぞおたのしみに。

コメント(0)

2009年10月30日

だっこしたくなる湯たんぽカバー



イメージ 1

そろそろ湯たんぽをお使いの方もおいででしょう。
先日、マルイの新宿本館で、写真のような湯たんぽカバーを発見しました。
フラッフィー湯たんぽカバー、という名前で売っておりまして、熊以外にも何種類かかわいらしいぬいぐるみのようなものがありました。
平たくて、おなかに湯たんぽが入ります。そのままにしていますと、赤ちゃんの平たい枕のようです。
おなかに抱え込んで寝たい、という方には、だっこしたくなるかわいさとふわふわの肌触りでうれしいアイテムかもしれません。

コメント(0)

2009年10月29日

まさにプロの王様でした



イメージ 1

昨日から全世界一斉公開の、マイケル・ジャクソン『this is it』を観てきました。
あまりマイケルについて知らなかったとしても、クリエイティブな道をひたすら深めてよりよいものを、ともとめ続けているプロのドキュメンタリーとして十分堪能できる作品と思います。
ひとりよがりではない、ひたむきな姿勢には頭が下がると共に、学ぶべきことがとても多く感じました。
それに、こんなに歌って踊って、もっと若いほかのダンサーたちがハアハアしているのにハアハアしないマイケルを観ると、やっぱりもうちょっとこの世にいてほしかったと思います。
4年で地球の環境を変えよう、自分を変えよう、というメッセージも、ずっしりとしたバトンを渡されたように思えました。
たった2週間しか公開されませんが、よかったらぜひ。
ちなみに私は泣きっぱなしでした。ハンカチもぜひ。

コメント(0)

2009年10月28日

年明けのお式予定の新婦さまに



イメージ 1

ご結婚に際し、乙女美肌室にブライダルトリートメントのお問い合わせを多数お寄せくださいまして、ありがとうございます。
ありがたいことに、ブライダルトリートメントは大変ご好評をいただいておりまして、本当にうれしいご報告や当日のお写真などを賜っています。

さて、乙女美肌室では、9月から始まった秋のご結婚シーズンの新婦さまのお仕上げが11月で一段落するところです。
同時進行で現在ぼつぼつ取り掛かり始めましたのは年明け1月以降のお式予定の新婦さまのトリートメント。
特に2月、3月のお式予定の方が、暮れから、もしくは年明けすぐからのブライダルトリートメントのスケジュールをお決めになってご予約をご希望回数入れられる、という状況です。
ブライダルのお客様のご予約は、お式前日のお仕上げから逆算してご希望回数をすべてまとめてご予約いただくことで、優先的にトリートメント日程を確保させていただいております。

現在、乙女美肌室は2ヶ月先のご予約まで早くに埋まる状況です。
折角ご相談いただきましても間際ですとトリートメント日程が確保できません。
ご相談、ご予約はどうぞお早めにお願い申し上げます。

コメント(0)

2009年10月26日

赤みぐすみとほてりにどうですか



イメージ 1

寒暖の差や、空調による乾燥感は、お顔に赤みを伴うくすみやほてり感をもたらしてしまいます。
そんなとき、フィッツのキャピルクリームはいかがですか。
まさに赤み肌用にできているクリーム。
鎮静効果と保湿効果がやさしくお肌を守ります。
乙女美肌室でもこのところお買い物代行でお声がよくかかるアイテムですよ。

コメント(0)

2009年10月25日

肌の柔軟性に役立ちます



イメージ 1

化粧水は、肌を長時間にわたってやわらかくふっくりと保つのに便利なものを使いたいですね。
妙にとろみがあっても扱いにくいものですし、かといってただただ水のようでは、長時間の水分保湿はかないません。
そんなとき便利なのが、ミラー化粧品の化粧水。
乾く傾向が比較的強い方でしたら「シルクローション」をぜひ。
毛細血管の循環を促し新陳代謝と細胞呼吸を活性化。同時にコラーゲン繊維の構造を改善し、角質層に浸透して肌のバリア機能を高め、潤いと艶を与える、という頼もしいアイテムなのです。

私は毛穴詰まりが強めだからもうちょっとさっぱりめでいいけど、やっぱり潤いは欲しい、という方には、「バランシングローション」を。
こちらは角質層の細胞に働きかけ、毛細血管の強化、細胞の活性化に一役買います。
古い角質を穏やかに除去すると共に、組織呼吸、代謝プロセス、酸化プロセスを活性化。
毛穴の汚れを取り除き、消毒、復元作用ものぞめるのです。

こちらのアイテムは、パラベンのような保存料を使っていないのも特性のひとつ。
センシティブに傾きがちな方にも安心ですよ。

コメント(0)

2009年10月23日

お口元のこと



イメージ 1

お客様を拝見していると、全く意識していない方から自覚のある方までさまざまですが、お口元の力が強すぎるケースが多いように思います。
上下の歯をぎっちりと、力を入れて合わせているというケース、唇を必要以上にきゅっと引き結んでしまうケースなどがあります。思い当たりますか?
いずれにしても、必要のない力みはお顔だけでなくからだにとっても害となり得ますね。
いったいこの力みは今必要なものなのかどうか、を、力んでいることに気づいたらそのつど検証していただく必要があると思います。
だいたいは別に力む場面ではなかったりしますので、こんなに力を抜いていてもいいのかー、とほっとなさる方が多いのですよ。

小さいころにきちんとしたしつけを受けた方でしたらどなたでも、口をきちんとしめておきなさい、と教わって大きくなったことでしょう。
たしかに、口は不必要にあけておくことはありません。
ですが、教えてくださった方たちも、特に「力一杯ぎゅっと引き結んでおきなさい」とか「いつでも口元に力を込めておきなさい」とか「歯をくいしばったままでいなさい」とはおっしゃらなかったはずです。
ですから、お口元をだらしなくしない、ということと、妙に力むことは、全く別、とおわかりになるでしょう?
教えていただいたことはそれとして、不必要な力みにだけ、気をつけてみていただきたいのです。
これは、招かなくてもいいはずのしわやたるみや不機嫌そうな表情のもとになってしまうので、やっぱり意識して「この力みはなんのため?要るの?」とそのつど検証していただきたいと思うのです。

歯は、上下にすきまがあり、口元は唇をふわっとやわらかに触れる程度に閉じているのが、楽でニュートラルな状態です。
どうぞ心地よく、柔和な一日をお過ごしになれますように。

コメント(0)