乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

4月 2010

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年4月の記事

2010年04月30日

からだにあった下着をぜひ

 

イメージ 1

乙女美肌室へいただくブライダルのご用命では、ほとんどのお客様がお背中の大きく出るドレスをお召しになるため、お背中を含めたブライダルトリートメントをさせていただくことが大半です。
さて、からだが大きく出るドレスをお召しになるなら特に、からだに合った、へんな跡のつかない下着をつけるのは当たり前ですし、下着ですれてふきでものや色素沈着などおこさないよう、きちんと洗ったりスキンケアをするのも、当然ですね。
こうした基本中の基本にあまり思いが及ばなかったという方も、ご結婚準備をきっかけに、ご自分の下着選びや、ボディケアについて、心と手と目が行き届くようになったら、大変よい一歩ではないでしょうか。
 
毎日身につける下着。
毎日ですから、もしからだにとって居心地が悪かったり、快適でなかったりしたら、からだが受けるストレスはさぞや・・・でしょう。
毎日洗濯もしますから、きちんと合ったものでものびてきたり、形が変わってくるかもしれません。
せめて3ヶ月に1回は見直し、きちんとサイズを測り、フィッティングをしてもらって、からだにストレスのない下着を常に調えておくようにしたいものです。
 
年齢によって、また、ライフスタイルによっても、ボディラインは実によく変わります。
さらに、お洋服の好み、動作によっても、素材やデザインを吟味する必要が出てきますね。
アウターに響かないことを第一義とする場合もあるでしょうし、動きやすさを第一義とする場合もあるでしょう。
そうした事柄を総合的にかんがみて、いつでも今のご自分に合うものをラインナップしておく必要があるのです。
ついでに言えば、素材や縫製など、質がよいものをお選びになるほうがよいですね。質のよいものは型も崩れにくく、また、からだにもよく沿うことが多いと思います。
 
からだに優しいもの、ライフスタイルに合っているもの、そしてこまめに自らを見直して、いつでも快適な、合ったものをチョイスすること。
これらは本当に、からだにとって、長い目で見てとても大切なことと思うのです。
 
写真は、ザ・ランドレスの洗濯ネット。
サイズ違いのバッグのセットもあります。
しっかりした作りのランドリーネットのため、使いやすく便利なんですよ。
コメント(0)

2010年04月29日

乙女美肌室 4月の傾向

イメージ 1
 
乙女美肌室での4月は、お客様のご意向がどんな傾向だったか、おしらせしましょう。
今後のご予約などのご参考になれば幸いです。
 
<メニューの傾向>
ブライダルを除きますと、4月も、デラックスフェイシャルトリートメントを依頼される方が実に7割いらっしゃいました。
かわらず一番人気のメニューとなっています。
リフレッシュフェイシャルトリートメントとバランス調整トリートメントはいずれも同じくらいのご依頼数です。
増えていますのがお背中のトリートメントに除毛オプションをつけて依頼される方。
これは時期的なものなのでしょうね。
 
現在、ブライダルトリートメントをご依頼される方は全体の3割強に上ります。
4月のお仕上げの方はそのうちの3分の1、あとの3分の2は4月以降にお式を控えておられる方々となっています。
お式を控えて、少し前から余裕をもってトリートメントをなさる方が多いということでしょう。
 
また、複数のメニューの組み合わせをご依頼される方は、全件数のうち3分の2弱ほどおいでです。
からだとお顔の組み合わせを定番とされている方が多いことがよくお分かりいただけることと思います。
 
<お買い物代行の傾向>
4月、最もご依頼が多かったのが化粧水でした。
次いで美容液、ハンドクリームという順でした。
スキンケア類が実に8割強という結果となっております。
 
<その他>
4月にお問い合わせが大変多かったトピックは、意外なことに一番はお掃除や整理整頓や片付けのこと、次はお出ししているお菓子へのお問い合わせでした。
生活環境をこぎれいに暮らそうとすることは今みなさんの関心の高いことなのでしょうね。ご質問いただいたり、「どんなことを心がけていらっしゃいますか」と聞いていただけることは大変光栄なことだなあ、と思います。
お菓子は毎月、お客様が喜んでくださったらいいな、と思いながら、心を込めて選んでいます。
ですからおいしいと喜んでいただき、「これはどちらの?」と聞いていただけることはありがたいことと思います。
コメント(0)

2010年04月28日

もうすぐ5月

イメージ 1
 
 
明日からいよいよゴールデンウイークが始まりますね。5月がやってきます。
楽しいご予定に、うきうきしているでしょうか。
 
5月の乙女美肌室では、ゴールデンウイーク中は通常通り営業します。
6月のご予約は連休明け、7日(金)から承ります。(メルマガ配信の方は6日からです)
 
5月は、4月よりきっと暖かく、明るく、初夏のきらきらした陽気になるでしょうね?
紫外線対策はばっちりですか?
肌湿度、肌温度の変化に対応できていますか?
美しい季節を楽しむためにも、どうぞ抜かりのないお手入れをしましょうね。
乙女美肌室ではお客様のお肌やからだを整え、お手伝いをさせていただきます。
 
どうぞ楽しい5月をお迎えくださいますように。
 
コメント(0)

2010年04月27日

すみれ色でくすみ対策

イメージ 1
 
くすみが気になるとき、色の合わないファンデーションで塗り隠してしまうと、肌色に奥行きがなくなり、余計に透明感からかけはなれてしまいます。
そこで、どうしても、な箇所のみピンポイントでカバーし、目元や影が多い部分はハイライトを小さく効果的に用い、あとは例えばルクレールのパルムのような、すみれ色のお粉を使ってみるのも、ひとつの方法ですよ。
お試しになってみてくださいね。
乙女美肌室のパウダールームでも、ほんのりすみれ色のお粉がお客様をお待ちしています。
 
コメント(0)

2010年04月27日

リラックスにお役立ち

イメージ 1
 
リラックスのためのフラワーエッセンスをいくつかご紹介しましょう。
 
<フラワーエッセンス>
★ヨガブレンド(パワーオブフラワーヒーリングエッセンス)
気持ちを柔軟にし、リラックスするために作られたエッセンス。
 
★エクスパンション(ヒマラヤ)
胸をひろげ、緊張をほどき、リラックスするためのエッセンス。
 
★イージー(インディゴ)
楽に選択肢を選べるように、ストレスなくらくちんに、というエッセンス。
 
コメント(0)

2010年04月25日

キャンセルが出ました

イメージ 1
 
 
キャンセルが出ましたので、お知らせいたします。
 
5月2日(日)15時
 
ご希望の方はどうぞメールにてお問い合わせください。
 
追記
おかげさまで埋まりました。たくさんのお問い合わせをありがとうございました。
 
コメント(0)

2010年04月24日

ふと立ち止まったら

イメージ 1
 
心身がくたびれてきているときや、なんだか思うようにいかないような気分のとき、そんなときこそ栄養素のように摂取したい言葉がありませんか。
身近なひとのあたたかな、思いやりに満ちた言葉でもいいですし、ご自身をまた見直すきっかけになるようなうれしい言葉でもいいですね。
そうしたことでなくても、ご自身のよい原点に立ち返ることができるキーワードをお持ちでしたら、自力で「ああ、そうそう」と楽に軌道修正できるかもしれません。
 
原点に立ち返って、なにが必要で、なにが不要で、なにが大事で、なにが余計で、なにが今やることで、何が後回しにしてもいいことか、という、自分にとっての優先順位を正確に把握するスキルを調整してまたちゃんと働くようにチューニングできたら、立ち止まっても別段不安になることも、こじらせて変に長引かせることもありませんね。
乙女美肌室でよくお客様にお話するのも、根っこはそこです。
ただ、そのときによってトピックがスキンケアについてであったり、ストレスマネジメントについてであったりしますが、いずれにしても、ご自分にとってなにが優先事項か、なにがことの本質かを自分で把握できるかどうかが大切ではありませんか、という視点からお話をさせていただくことが多いです。
当たり前のことをきちんと毎日積み重ねることが強みになると思うのですが、そこをすっとばしてトリッキーな方法や手法だけほしがる、というのは、横着なことですし、強度も弱いように感じます。だからこそ、丁寧に確実に、当たり前のことをまずやってみませんか、とお話しているのです。
 
さて、原点に立ち返るというか、大切な本質を再確認することに役立つ言葉というのは、えてして簡単で、平易で、当たり前で、例えば佐藤愛子さんの名著『私の遺言』(新潮社)にもそうした言葉が紹介されていて、それはほとんど標語のような当たり前のワードです。
それから、写真の『自分にやさしくなるセラピー』(サンパウロ)には、本当にびっくりするほど平易な言葉がとつとつと、ぽつぽつと、記してあるだけです。
ですが、指し示している問題解決法は、普遍的である程度確実なことだなあ、と思うのです。
例えば、なにかにせきたてられているように感じるときの解決法。
意識してゆっくり呼吸し、ゆっくり話し、ゆっくり行動する、とあります。
また、うまくいかないなあ、という思いのとき。
どうしていいかわからなくなっているので、まずほっとした気持ちになる必要があり、ひといきついてから、しなくてはいけないことを考えればいい、とあります。
 
ふと立ち止まるときは、きっと疲れもたまっていることでしょう。
どうぞ休息も忘れずとって、必要なら栄養も摂って、栄養になる言葉も必要なら摂って、楽に、また足取り軽く、踏み出せますように。
 
コメント(0)