乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

4月 2011

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011年4月の記事

2011年04月29日

連休を使って

2011042814060000


いよいよゴールデンウイークですね。

いかがお過ごしでしょうか。


このお休みを使って、体調の立て直しや、ちょっとばかり溜めていた用事などに取りかかりたい、という方もきっとおいででしょう。

特にいろいろあり、寒くもあった3月、忙しかった4月と、どなたも走り続けの毎日だったに違いありません。

心身ともにお疲れがかさんでいるでしょうから、体調の立て直しにこの連休をあてることができたら本当にいいですよね。


さて、体調の立て直し、とひとくちに言っても、いろんなアプローチがあります。

ご参考までに、乙女美肌室でお客様におすすめすることがある立て直し案のいくつかをご紹介しましょう。


<おなかの立て直し>

こちらは、日ごろついつい食べ過ぎたり、不規則でアンバランスなお食事が多い方、それからストレスや疲労が胃腸に現れやすい方にお勧め。

消化の早いものを、心もち少なめに食べる。

または、お嫌いでなければ、30gほどのオートミールをカップ1杯の牛乳で3分ほど煮、2分ほど蒸らしてから蜂蜜やナッツ類などで軽く味付けしていただく、なんていうのもおすすめです。(召し上がってみるとおわかりでしょうが、ほぼおかゆ、または離乳食気味です。朝ごはんやお夜食にも。)


サプリでしたら、先日私自身、主治医に薦められました、「インテクリーン」。

こちらは乳酸菌+寒天+きなこ・・・といった内容の、消化器官の活性化を促すようなサプリメントです。

内側からきれいに、からだがすっきり機能するように、と思って服用中です。




<睡眠のリズムの立て直し>

日ごろ寝不足が続いていると、いつでも寝たりなくて、いつでも疲れやすいような、頭の芯がすっきりしないような状態かもしれませんね。おつらいですね。

お休みなのでしたら、せめて1日くらい飽きるまで寝ては起きて食べトイレに行き、また寝ては起き、という、原始的なすごし方をしてもいいのではありませんか。

集中的にそうやってすごすことで、心身に満ちている休養への飢餓感が和らぐこともあります。

そうなったら、今度はお休みのときくらい、心もち早めに寝て、朝、自然に目が覚めるというサイクルですごしてみませんか。お好みで、お昼寝もつけて。




<水分補給とお手洗い通いの立て直し>

むくみやすい方や、干からび気味の方は、お伺いするとあまり水分を摂らないようになさっていたり、飲む時間がないからと、からだを日干しにしてしまっているケースが多いのです。

そんな方には、1時間に200ccのお白湯を飲むことと、同時に必ずお手洗いに行くこと、をセットでおすすめしています。

飲むことも、出すことも、心身が緊張していると、忘れてしまいます。でも本当は忘れてはからだに負担ですよね。

せめてお休みのときくらいは、きちんきちんと補給し、出す、というサイクルを作ってあげませんか。

からだ孝行のつもりで・・・。きっと喜んでくれると思いますよ。

コメント(0)

2011年04月27日

グループレッスン@乙女美肌室3days、無事終了

今週月曜日から急遽開催しました、「セルフスキンケアグループレッスン@乙女美肌室」の3日間。

今日、無事に全部終了しました。

急なことでしたが、連日受講のお客様方においでいただき、各回とも大変真剣に、楽しんでお稽古していただきました。ありがとうございました。


ポイントメイクを落とす手順がとっても上手な方、すすぎが神業ではないかというくらいの上手さの方、肌を動かさないクレンジングがとてもとても上手な方、と、それぞれの工程で、拍手を送りたいくらい上達されている方がおられ、本当に教え甲斐があって、うれしかったです。


また、上手な方の手元を熱心にご覧になって学ぼうとされているほかの方々のご様子にも、うれしい思いをいたしました。


おしなべて課題といえるのは、保湿の加減がうろ覚えな方がまだまだ多かったことくらいでしょうか。

どんな仕上がりがよい状態なのか、そのためにどんなふうに肌に向かうのか、が、おわかりいただけていたらいいなあと思います。



あたまでっかちで実践が伴わない、というのは、どの分野であっても一様に恥ずかしいことですが、そんなのとは対極の姿ばかり。

あーだこーだの前に真摯に自分と向き合い、丁寧に一生懸命にやってみようというその心意気はすばらしいなあ、と感銘を受けながら拝見していました。

ご参加のみなさまに拍手をお送りしたいと思います。

そして、とても楽しんでいってくださって、ありがとうございました。

こうして、確実に、そして楽しみながらご自身のケアができる女性が増えてゆくのは、基本のことを丁寧に生きようとする同志が増えていくようにすら思えて、とっても頼もしく、うれしいことと思います。

20110402093700001

コメント(0)

2011年04月26日

講座のオンライン予約も始まりました(補足あり)

header_logo_001


6月から始まるクラブツーリズムさまでのセルフスキンケア講座。




特別講座~いつもきれいに、いつまでも美しく~ 「乙女美肌室」高橋理砂先生のスキンケア講座 ☆☆☆限定6名教室☆☆☆



という名前の講座です。


備品もご用意いただけるので、会費がリーズナブルなわりには、手荷物が少なくすむのも、おいでになる方にとっては、ありがたいことですね。



先日はオペレーターさんを通す予約についてお知らせしましたが、オンラインの予約も始まりました。

講座詳細はこちら

どうぞご覧になってみてくださいね。


なお、今回、クラブツーリズムさまのご配慮で、特別に、乙女美肌室のお客様(ブログやサイトをご覧になった方でも大丈夫です)を対象とした10時からのクラスを作っていただきました。

こちらをご希望の方は、ご予約時に「乙女美肌室のサイトでみて」「乙女美肌室で聞いて」とお申し添えください。

このクラスも6名定員です。お早めに。


ご注意

6月11日、7月30日、両日出席できる方はそれでもいいですし、どちらか1回のご参加しかできなくても、さらにまだ学びたいという方が多かった場合は、また改めて日程を8月にクラブツーリズムさまの方でおとりいただけるようです。

そのへんがおわかりになりにくい説明だったようですので、補足させていただきますね。


コメント(0)

2011年04月25日

安定性のための美容液ジェル

気温の上下とともに、肌がところによりべたついたり、かわいたりと、揺さぶられることも増えてきます。

そんなとき、安定性をはかるための美容液を1つお持ちになっていると、安心かもしれません。

たとえば化粧水とクリームの間に仕込む美容液ジェルでしたら、お手持ちのアイテムに挟み込むだけですから、簡単に取り入れられますね。



★ LUSH 艶肌ドロップ


0_1_4484


ローズマリー、ティートリーといった成分が、吹き出物を発生させにくい方向に向けてくれる設計。

ジェル状のアイテムです。少量で顔全部いけますしお値段もお手ごろです。

使用後は、つるりさらり、な肌質感になります。


★リナヴィ ラセーブドジュール

e383a9e382bbe383bce383961

フランスの植物療法で著名な薬学博士が作り上げた、マルチに使えるアイテム。

美容液にしては大きな瓶にたっぷり入っているので、こちらもお得感があります。

乙女美肌室では普通の美容液として以外にも、ネックケアに、たっぷりお肌に盛ってレスキューパックに、少量を地肌につけてヘッドマッサージに、吹き出物やかさつきの気になるボディスキンケアに、と、多岐に使用していますよ。

コメント(0)

2011年04月24日

特別に早く受付が始まります

2011042410160000



以前、お知らせいたしましたクラブツーリズムさま主催の『乙女美肌室 特別スキンケアレッスン講座』。

各クラス6名で6月11日と7月30日の2回連続講座です。

今回、洗面器と鏡はご用意いただけるので、お手荷物が少なくて済むのです。

その上、先方のご好意で、特別に早く受付を始めていただけることになりました。


明日、4月25日(月)からです!






確実にお入りになりたい方がもしおいででしたら、お申し込みは、コールセンター(予約受付センター:042-540-1022、受付営業時間:10:00~17:30)にお電話を。


オペレーターにお伝えいただくことは、以下です。


★ コース番号:41305
★ 受講日:6/11
★ 時間:10:00~、または13:00~
★ 氏名(よみがな)
★ お電話番号
★ 郵便番号・ご住所
★ ご生年月日



セルフスキンケアに関しては、 乙女美肌室のお客様を拝見していますと、ご本人はできているつもりなのに、仕上がりの肌が不安定ということがよくあります。


どういう状態がいい仕上がり具合なのか知らないがため、(どういうやりかたが肌に負担にならないかを知らないがため)、どうしていいかわからない、という場合は、いい状態、負担にならないやりかたを知れば、大丈夫ですよね。


しかし、頭ではわかっているけれどスキルがついていっていない場合は、とてももったいないことだなあと思うのです。
 

いいものも使っている、けれど使いこなせていない、というのも、もったいないことです。


無駄に時間がかかってしまう、というのも、労力がもったいないことです。
 



本来、スキンケアは簡単で手早く、ただ、意識はきちんと向けて、シンプルに行うものです。


季節により、肌状態により、適切に使用するアイテムを選ぶことで、さらに快適に毎日の肌を整えることができます。


丁寧に肌をさわる、というアクションは、気持ちの安定感にも直接つながりますから、本当に大切な日常動作だと思います。




そうか、スキンケアって大事だなあ、と思われたら、参加してご自身のスキルをブラッシュアップしてみませんか。


多くのご参加、お待ちしています。



コメント(0)

2011年04月23日

もうすぐ5月

2010050113230000


早いもので、来週末からゴールデンウイークが始まります。

楽しい予定をたてていらっしゃる方、暦通りどころか、続けてお仕事の方、いろいろいらっしゃるかと思いますが、とにもかくにも5月が始まります。



5月といえば、堂々の初夏。

藤の花が咲き、桐の花が咲き、というのを見かけると、「ああ、初夏だなあ」としみじみ季節を感じます。

日差しも強く、気温も高まり、汗ばむ陽気の日も増えてきますね。

紫外線対策、肌表面が湿気たり蒸れたりで不快にならない対策、もう万全にしていらっしゃいますか。



5月の乙女美肌室では、初夏へと舵を切る肌の調整はもちろん、新年度新学期の1ヶ月をすごしたおからだのケアも、承っています。



一歩また季節が進んだしつらえ、ティータイム、メイクボックスの支度も着々。

どうぞお楽しみにおいでください。お待ちしています。

コメント(0)

2011年04月22日

時代の隔たりを感じませんでした

2011042214220001


今日は、乙女美肌室のサロンワークの合間に、三菱一号館で開催中の「ヴィジェ・ルブラン展」に行ってきました。

先日、NHKの日曜美術館でも紹介されていましたから、ご存知の方、もう行かれた方もたくさんおられるでしょうね。

主に、18世紀のフランスのひとたち(少々ロシアのひとたちもあり)の肖像画で構成された展覧会です。




31c3vwzfpsl__sl500_aa300_

肖像画については、美術評論家の高階秀爾さんによる『肖像画論 モーツァルトの肖像をめぐる15章』(青土社)といった優れた本がありますので、ご興味のある方にはぜひ手にとっていただけたらと思いますが、さっくりとらえれば、本人公認で、本人が満足なように少々美しめに(今風に言えばしわやしみなどに修正を施して)描き上げている似姿絵ということですよね。



さて、そういう目でこれらを見てみます。

すると、服装や髪型こそ違え、顔そのもの、顔つきそのものは、時代の隔たりをまったく感じない、「今、そこにいる、そのひと」。


こちらをまっすぐ見ていて、目を合わせるともじもじしてしまうような顔あり、ちょっといじわるそうな顔あり、チャーミングなご機嫌顔あり、「んー、今のご時世でもちょっと気の毒なお顔かも・・・」もあり・・・。


歴史上有名なひとの顔も多く、それはそれは興味深く「顔」というものから得られる情報について、たくさん思いをめぐらすことのできる、有意義なひとときとなりました。



数ある作品の中でも、静物画や室内装飾画など、肖像画ではない作品もちらほらあるのですが、ルイ15世の王妃であったマリーレグザンスカ直筆の中国の風景の装飾画は本当にすばらしく、あの子沢山でまじめで信心深くて控えめで地味だったという王妃様がこんなに筆達者でもあったなんて!!と一番感激しました。(http://mimt.jp/vigee/exhibition/




お土産コーナーで見つけたこの本と、時代別コスチューム姿のフィギュアみたいな置物が、本日の私の戦利品でした。


41jo-n-0axl__sl500_aa300_


コメント(0)