プロフィール

カレンダー

9月 2011

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011年9月の記事

2011年09月29日

ブライダルシーズンですから

2011092709480000


先日、弾丸ツアーでtorinoutaさんにブライダルのお話をしに伺ってきました。

乙女美肌室には全国からご結婚のご準備のためにお客様が通ってくださっております。

関東の方でも京都でお式を、という方がおいでになる上、関西方面からもトリートメントでおいでくださるケースもあるので、京都で個性を生かしたすてきなウエディングを提案しておられるtorinoutaさんと、一度、打ち合わせをしたかったのです。

たまたま時間を合わせていただけたので、ひょいっと行って帰ってきました。




2011092719110000


拝見できたのは、すてきな写真集に仕立てられたお写真や、引き出物のサンプルや、セルドレス(ナチュラルで肌に優しいデザインが多いですよ。お値段もお安いです!写真は、コットンのミニドレス。)何着かとカタログ。

装花もムードあるお写真がいくつかあり、とてもたのしかったです。

現在はtorinoutaさんにて写真のシューティングができたり、文化財でもあるヴォーリス建築の駒井邸での披露宴のご提案されたりしているそうですが、生もの(花とか食べ物)以外のスタッフの東京出張もできうるかも、という可能性のお話もしてくださったりしましたので、ニーズがあれば、個別にご対応いただけるかもしれません。


乙女美肌室でも、独自のブライダルトリートメントが幸いにもお客様のご支持をいただいております。

先日も、急な挙式の決まられたお客様を大急ぎで仕上げさせていただいたのですが、ご丁寧に「乙女美肌室でなければあんなに短時間できれいに仕上がらなかった」とうれしいおはがきをいただきました。

急がないで仕上げるに越したことはありません。

急ぐということはどこかに無理もさせるということで、ストレスにもなりうるのですもの。

それに、どうしたって間に合いませんよー、どーするんですか、その隠したいポイント・・・ってことも往々にしてあり得ます。

ですから突貫工事はできるだけお断りなんですよ。



でも、ゆっくり少しずつ準備できる方にも、仕方なく事情でお急ぎの方にも、できるだけ当日はそのひとの持つ本来の輝きを全開で楽しんでいただきたいですからね。

どうしても、という場合は、できるだけのことはさせていただいています。



torinoutaさんでも、乙女流のブライダル取り組みにはご興味を持ってくださったようで、うれしかったです。


ちょうど今は、まさにブライダルシーズン。

乙女美肌室にも連日お嫁さんになる方々がおいでです。

隠したり恥ずかしく思ったりせず、そのままのご自分に十分満足して、力も入らず楽に、うれしく一日をすごせるように、と毎日せっせとトリートメントさせていただいています。

コメント(0)

2011年09月28日

暖かくて軽いはおりものをひとつ

日中は爽やかな陽気がうれしい秋。

でも、朝晩に少しずつ、肌寒さを感じるようになってきます。

寒い思いは、からだも気持ちも疲れてしまいますよね。

こんなとき、持ち歩きに便利なのは、軽くて、小さくまるめてもよくて、暖かいはおりもの。

くるりと肩と腕に巻くシュラグ(Whim  Gazette のムートンの新作がお気に入りです)や、首元までふわりと温まる首のつまったファーベスト(piyokoさんのガレージセールでお譲りいただいたものが大活躍!)、日中も汗をやさしく受け止めるコットンのボリュームあるストール、風を通しにくい大判のウールのストールなど(写真のは乙女美肌室の近所の collect point で発見したものと、ZARAのものです)もいいですね。

どなたのクローゼットにもどれかはあるはず。

バッグにひとつ、ぽんと入れておくと、きっと今日も安心でしょう。


2011092809080000

コメント(0)

2011年09月27日

驚く安さ、穴場です!

dsc_0333_convert_20110808174518


日常使いの骨董の器がお好きな方に、そっとお知らせ。

お麩の老舗・半兵衛麩さんのお向かいに、今年、骨董と喫茶のお店「遊心」ができました。

食事の後、のぞいてみましたら、それはそれはもう、びっくりするような安値でいいものが!!

まだオープンしたてであまり知られていないがための、穴場、と思います!


<遊心>

営業時間 11:00~16:30(ラストオーダー)

場  所 半兵衛麸 本店のお向かい(京都市東山区問屋町五条)

アクセス 京阪電車「清水五条」より徒歩1~2分


たまたま来店されていた80代の地元のおばあさまとすっかり意気投合してしまって、品定めを一緒にすることに。

すてきなドイツの洋食器と、日本の精緻なおめでたい柄の漆器のセットを一緒に選んでいただきました。

きっと連れて帰ってきた品を使うたびに、あのチャーミングなおばあさまを懐かしく思い出すことと思います。


コメント(0)

2011年09月25日

今日は7年目初日でした

今日は乙女美肌室の7年目の初日でした。

乙女美肌室のオープンは9月25日なのです。

昨日までで6年が丸々過ぎたわけですね。

まさに、みなさまのおかげさまで、の年月です。ありがとうございます。

また今日から心機一転、がんばります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


2011082815230000


コメント(0)

2011年09月23日

このところの乙女美肌室

このところ、乙女美肌室においでのお客様がよくおっしゃることといえば、


「目のまわり、口のまわりが乾くようになってきました・・・」

「なぜか顔も体も、肌が硬くなっている気がします・・・」


といったこと。


これは気候が変わったことと関係します。

きっとお気づきと思いますが、真夏に比べたら、汗をたくさんはかかなくなってきたでしょう?

さらに湿度が下がってきていますね。

ですから肌そのものから出る湿度も、外の湿度も、両方一気に減ったわけです。

そうすれば、夏と同じケアをしていたら、乾いて当然。

肌は乾けば硬くなりますものね。



そこで、乙女美肌室では、このところ、「汚れをやさしく取り、表面のごわつきを取る」→「たっぷり、上質の油分を含ませる」→「筋肉をほぐす」→「水分と栄養分を含ませる」→「きちんと保湿をしてなめらかな、ふっくりとした肌に仕上げる」というステップを主に行うようになっています。

このステップ、おおまかにはこんなものですが、状態によってはここにホワイトニング・ブライトニング・むくみ対策、リフトアップ対策といった細かな目的別ケアも盛り込みます。



お客様からは、

「今日の化粧水はなんですか」「今日のお粉はなんですか」

といった、ホームケアにそのまま使いたい、という思いからのご質問を頂戴するのですが、実はお客様の状態や部位ごとに、いく種類ものアイテムを使い分けたりブレンドしたりしていますので、ご参考にならないのです。

ホームケアにはホームケアのよさがあり、サロンケアにはサロンでしかできないよさがありますので、まあ、まったくまねしようとはどうぞ思わずに、仕上がり感をホームケアでできるだけ再現なさってみていただけたらと思います。

大切なのは使ったものというより、仕上がり感がどんなか、ということと思います。

どんな肌に仕上がっているのか。その色は、つやは、質感は、弾力感は・・・。

手触り、見た目、すべてにおいて再現の目安にしていただけたら、きっと目安があるだけでもホームケアは格段にやりやすくなります。

どうぞおうちでも、ぷりっとふくっとしたいいお肌を毎日、作って差し上げてくださいね。



2011092223350000


写真は、イギリスにいる友人が「クリスマスに使ってね」と送ってくれた、V&Aミュージアムのグリーティングカードセット。

やさしいお手紙は、エリザベス女王の美しい写真のポストカードに書かれていました。

お手紙をうれしく読んだあと、しげしげと女王を拝見。

やはり、姿勢のとり方は参考になります!

コメント(0)

2011年09月22日

もうすぐ10月

0908071730


台風のあとは、なんだか急に秋の空。

気温・湿度共に、快適な季節がやっとやってきますよね!

おしゃれのしがいもあるというものです。



さて、10月の乙女美肌室。

夏特有の肌の汚れはだいぶお見かけしなくなってきましたので、きれいにしたあと、とにかくしぼみがちな肌に弾力を戻すケアを重点的に行い、なめらかで、ぷるんとしていて、空調なんかに負けないやい♪というような肌に整えることをしています。

おひとによっては、ホワイトニングも積極的に。



あちこちのサロンに行ったあげく乙女美肌室で止まった・・・という通な方ほど、毎回トリートメントのあとに感激してくださいます。

広くいろんなことをご存知で、ご自身できちんと体験していらして、ご自身の中で確かな比較ができる・・・そんなお客様のみなさまに、仕上がりの状態を絶賛していただけますと、非常に励みになりますし、あまりにその表現や是正された部位への認識が的確なのがまた、とてもうれしくもあります。


やはり、ご自身を客観的に観察でき、トリートメント前とトリートメント後の違いがひとごとのようにクリアに見て取れるというのは、それだけ、ご自身をいつもコントロールできている証なのでしょう。

大人の女性のクレバーさが垣間見えて、とてもすてきだわ、といつも思います。

自己管理がちゃんとできていて、自問自答を繰り返しながらブラッシュアップを怠らない姿勢は、とても励みになり、また、わたしもそうありたいというモチベーションにつながります。


たいがい、そうしたお客様のみなさまはおしゃれで、あわてることもまったくなくゆったりと構えておいでで、ご自身のスタイルがきちんとあります。

美しくも、かっこいいのです。



もののせいでも、ひとのせいでもなく、環境のせいでもなく、自分で自分を常に創っているのだという意識をお持ちの方ほど、凛としてきれいで、軌道修正もすばやいようにお見受けします。

そうしたお客様がとても多い乙女美肌室。

甲斐あるお客様に腕を振るうことができて、なんて幸せなこと、と思っています。




ところで、10月は、ありがたいことにすでに調整し尽くして、本当に本当に満席状態となっております。

お入りいただけなかったみなさまには大変申し訳ございません。

あきや追加日程ができましたら、またお知らせいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメント(0)

2011年09月21日

首は美的アピールポイント

e382aae383bce38389e383aae383bc


ご存知でしたか?

首がきれいだと、ずいぶんときれい度合いを稼ぐことができるんです。

乙女美肌室においでのお客様のほぼ10割全員がフェイシャルをなさいますが、縮んでしまっていた首、横に張ってしまっていた首、皮膚管理が残念だった首が美しくしゃんとすることに、毎回お喜びいただいています。



ところで首はなんでそんなふうにおかしくなるのでしょう。

拝見するところ、一番大きな要因は姿勢。特に頭の載り方と密接な関係があるようです。

おかしな頭の戴き方をしていると肩も背中からもりっとあがってきますし、そもそも首が地面に対して垂直に立っていないと、てきめん形が崩れてくるようにお見受けしています。


同様に多いのが、スキンケア不足。

恐ろしいほどに首に対して無頓着でいらっしゃると、顔と首の肌質感にびっくりするほどの差が。

顔だけきれいにしていても、他人が見るのは顔だけではありませんよね。

首は手と並んで、老化が非常に目立つ部位でもありますので、ここがよれよれすじすじしていると、目も当てられません。(ついでに申し上げればひじ、わき、ひざ、足の甲もご注意を!出せる状況かどうか、危ういようならケアは急務と言えます。)



というわけで、ホームケアで取り組めるのは姿勢とスキンケアでもあるわけですね。


美しく首をキープできるようになったら、このすばらしいチャームポイントをみすみすフリーにしておく手はありません。

なんといっても美人度大幅アップ部位なのですから!



これからの季節ですと、首のすんなりな長さと肩にかけてのなだらかな美しいラインを遺憾なくアピールできるのはタートルネックの薄手のニット。

オフタートルやゆるゆるなものではなく、あくまで首に吸い付くように添うデザインはいかがですか。

首が短いケースや太いケースには真似できない美しさです。


もしくは、女性らしい滑らかな肌質感までをアピールする、カシュクールワンピースなどはどうでしょう。

自慢したい部位は堂々と出す。

これもまた、正攻法です。


コメント(0)