乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

10月 2011

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011年10月の記事

2011年10月28日

行ってみました、フランス丼

2011102812230000


先日書きました、brutさんの大人気ランチ・フランス丼プレート。

今日たまたま3組目あたりで列に参加できたので、いただいてきました。

おいしかった!!

最初にミニサラダ、コンソメスープが。

そしていよいよ丼。

ちゃんと味のついたごはんにマリネされたらしき野菜と、鴨、魚、ステーキ、フォアグラが、それぞれきちんと味付けされてきれいに配置されています。

ごはんは量を調節していただけますので、たくさん召し上がりたい方は大盛りを、少しがいい方は少なめを、など、オーダーされたらよいでしょう。

たしかにこの一皿に、フレンチが凝縮されているといえます。

さらにデザートにケーキと、コーヒーもついて、800円ぽっきりでした。

夜でもフランス丼はいただけるようですが、これだけのセットはランチならではのようですよ。

火曜日から金曜日までの11時45分から14時過ぎまで、ランチタイムです。




2011102815310000


おまけ。

最近、乙女美肌室においているコケエの香りのディフューザーがお客様に好評です。

ハワイでは結婚式や儀式のレイ、装いに欠かせないという、マイレの葉の香りだそうですが、フレッシュなグリーンやフィグの香りがするように思います。

気に入ってしまって、ミストも仕入れ、フレグランスとして使ったりしています。瓶の意匠もすてきでしょう?

ハワイが誇る、オーガニックコスメメーカー・malie organics の製品です。

コメント(0)

2011年10月27日

乙女美肌室に届いたご案内から

2011102716530000


11月1日から3日までビックサイトで開催される「ビオファジャパン」(オーガニックエキスポ)のご案内を頂戴しました。

すでにご存知の方も多い、このイベント。

お買い物が楽しみで毎年行く、という方もおいでのことでしょう。



もうひとつ、一般社団法人日本アロマセラピー学会の第14回学術総会のチラシも頂戴しました。

こちらも、一般の方でも無料で参加できる公開講座など、ございます。

ご興味のある方はどうぞサイトをご覧になってみてくださいね。



さきほど伺って興味シンシンで待ちに入っているのは、乙女美肌室のお客様が出演される舞台のご案内。

12月だそうですので、早めにご案内いただき、ぜひみなさまに改めてお知らせ申し上げたいと思います。

行かなくては!

コメント(0)

2011年10月26日

乙女美肌室まわりのトピック

今日も気持ちのよい秋晴れです。

お散歩にもいいのですよ、このあたりは。

というわけで、乙女美肌室の周辺のトピックをご紹介しましょう。



① お酉様

2011102615350000


花園神社での恒例の酉の市は、今年は三の酉まであります。

日程は一の酉が11月1日(火)2日(水)、二の酉が13日(日)14日(月)、三の酉は25日(金)26日(土)となっています。(各々、酉の日は後のほうの日程です)

新宿の地下道には恒例の朱色のポスターが。

これを目にすると、ああ、もう11月だなあ、とびっくりします。

余談ながら、夜の帰り道、オリオン座を見つけるとやっぱり、ああもう11月だなあ、とびっくりしてしまいます。

今年は早かったなあ、なんて。

思われませんか?

さて、お酉様ならではのお買い物は、なんといっても、神社特製・熊手守700円也。

熊手屋さんの粋なおじさんたちにしゃんしゃんと手を打ってはもらえませんが、毎年大きく買い直していかなくてもいいという安心を買える利点はあります。



② 新宿御苑の菊花壇展

こちらも乙女美肌室の目と鼻の先。

秋の御苑はただでさえ心地よく、きれいですが、11月1日から15日までは休園日なしで、見事な菊の展示が行われます。

毎年恒例、皇室ゆかりの、という渋い催しです。

丹精して咲かせた見事な菊をぜひご覧ください。

一輪一輪がびっくりするほど大きいです。



③ 最近行列しています

lunch_01


最近、新宿三丁目駅C5出口から地上に出ると、お昼時少し前から必ずといっていいほど、行列が。

ワインのお店の brut さんのランチが評判のようです。

特にみなさんが並んでも食べようとしているのは、その名も「フランス丼」。

限定50食とのことです。

まだいただいたことはありませんが、この一皿でフランス料理のフルコース、といううたい文句はそそられますね。

ご興味のおありの方はぜひ。


コメント(0)

2011年10月23日

グッドジョブなアイテムたち

さまざまな場面でなにかの拍子に、「そうそう!これがあってほんとによかった!」という、いい仕事をしてくれるアイテムというものが、時折存在感をキラリと光らせることがあります。


乙女美肌室のお客様からのお問い合わせなどでもお答えするそんなワンポイントリリーフたちを、いくつかケース別にご紹介しましょう。

もしかするとお手元にそっとスタンバイしているかもしれませんよ。



<老け顔疲れ顔対策特殊メイク>

そんなとき、一気につるりん、と見せるアイテム。

ある意味、特殊メイク。

でも、それでご自身の気分が平穏になり、安心できるならよいではありませんか。

きめ対策は帰ってからのスキンケアで挽回を試みればいいのです。

とりあえず、朝出てから帰るまでの特殊メイクアイテム(笑)です。


★ ローラメルシエ ルースセッティングパウダーインビジブル

びっくりするほどの透明感と、つるりん感。

表面はさらりとします。

乾燥しすぎちゃう、という方は、このお粉とリタッチ用化粧水スプレーを併用されては。


★ バニラコ フェイスラブマーブリングブラッシャー ニコール

頬の立体感が見事に出るアイテム。

頬がふっくり張っていないと、老け顔になるものですが、これは頬がぱんと張っているように見せます。

さらに頬の位置が下がって見えても老け顔になりますが、頬の位置の補正には、このチークと血色のチーク(下記)を併用なさるとよいですね。




<血色補正>

アディクションの真っ赤なチーク(リベンジ)は、色にびっくりなさる方が多いですが、それはそれは便利な、美人アイテム。 

NARSのDESIREも、絶妙に元気顔にしてくれます。

どちらも見た目にびっくりしてる暇があったらつけてみるべき、優秀アイテムです。



<妥協せず作り上げられたもののパワー>

わたくしごとですが、先日十数年ぶりに日焼けをしてしまいまして(いやぁ、すべての撮影が済んだあとでよかった!!)、ほんの2~3日ですけれど、珍しく肌が熱っぽかったり乾いたりと、不安定でした。

そんな不安定な状態であっても、とにかく肌がもう、大喜びで含んでくれてひんやりとすぐに落ち着いてくれたのは、ひとえに、非常に大量に使用していた、piyokoさんのローションのおかげではなかったかと。

乾くなあ、困るなあ、というときほど、原材料を豪勢に惜しげなく使用し、妥協なく作り上げたアイテムは、頼りになりますね。

rnlotion_l

コメント(0)

2011年10月23日

乙女美肌室に届いたご案内から

ind_main_img8



Louvre  -  DNP Museum  Lab   の、新しい展示 「来世のための供物展  古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い」(~2012年3月4日) のご案内を頂戴しました。



DNP Museum  Lab といえば、それはそれはすばらしい、独自の展示装置が印象的なハイテクミュージアムですね。

そして、ルーヴル美術館からの選りすぐりの貴重品が実際にとても近くに拝見でき、予約制なのでひとの頭越しに伸び上がらなくてもいくらでも心行くまで見ることができる、ラグジュアリーな美術館です。なのに無料!すばらしすぎます。



今回、ぜひわたしも予約を!とスケジュール帳と相談中。

というのも、聖地アビュドスを俯瞰できるチャンスのようなのですよ!

前世でファラオの恋人だったというイギリス人考古学者・オンム・セティ(本名はドロシー・イーディー)についての不思議な本を読まれたことがある方には非常におなじみの聖地。

オンムセティが愛し続け、本人の終焉の地でもあり、恋人だったというファラオ・セティ1世の見事な葬祭殿もある、アビュドス。

ぜひ一度どんなところか、俯瞰で見てみたいと思われるでしょう?


そんな、かなり番外編みたいな興味も抱きつつ、いつ伺おうかとワクワクです。

コメント(0)

2011年10月23日

もうすぐ11月

2010012109290000


あと1週間もすると、11月がやってきます。

今年も残すところ2ヶ月。

感慨深い方、途方にくれる方(笑)、さまざまかと思いますが、今はやりのお風邪など召しませんようにおすごしください。


乙女美肌室では、10月に引き続き、11月もあっという間に予定日程を満了してしまいました。

特にご予約の傾向として、土日祝日の埋まり具合は、平日夜と並ぶ早さです。

現在一番多いのが、定期的に3週間に1回のペースでトリートメントにおいでという方々。

体調やお肌のコンディション維持のため、トリートメント頻度をご自身にとって定期的にしたいというご要望から、ご来店の際に次回・次々回の平均2回分をおとりくださる方が増えたことが大きいかもしれません。

そこまでご信頼をお寄せいただき、心からありがたいことだなあ、としみじみ頭がさがる思いです。



11月のご予約で一番多いフェイシャルメニューは、デラックスフェイシャル。

肩こりがお悩みの方は多いものですが、実際は首、脇のこりがあるために肩まで張ってきてしまっているというケースが多いのです。

デラックスフェイシャルは、ただの表面きれいきれいなフェイシャルではなくて、そのあたりをしっかりとやわらげ、上半身のめぐりをよくすることまでを目的としていますので、「ここに定期的にくるとオールマイティに調整できるから、次も!」とお客様におっしゃっていただけるのだと思います。



もうひとつ、お試し用の短いフェイシャルとして、リフレッシュというのがありますが、こちらをオーダーくださる方は、実は月に1人2人いるかどうか、というくらい稀。

そのうち、なくなってもどなたもお困りにならないと判断できれば、メニューから消えるかもしれません。



デラックスフェイシャルとほかのメニューの組み合わせをオーダーくださるケースが非常にポピュラーになってまいりました。

最近ではバランス調整とお背中が人気を二分しております。フラワーエッセンスをさらにプラスなさる方も。

やはりお疲れの方が増えている時期なのか、おからだをゆるむようにトリートメントするにも、お顔をよいお顔にトリートメントするにも、この時期は少しいつもより手間と時間がかかります。

たとえば、ベッドには温熱療法用シートを入れてからだをあたためます。

ぱつんと張ってしまった箇所は、ゆっくりさするようにゆるめないといけないときもあります。

ごくごく稀に出現する、あいにくと無駄に力むくせのある方ですと、その力みにいちいち逆らわれながらなので、こちらが力を入れていないのにご自身の力みで反発して痛がったりというケースもありますが、そういうときは仕方がないのでゆするアクションメインにしてみたり。

フェイシャルですと、たとえば、クレンジングのときにお湯を少しずつ足しながら、あたたかく表面をゆるめつつ、丁寧に丁寧に汚れを浮かしたりします。



手間はいつもよりかかることもありますが、みなさまのメニューのカスタマイズぶりがこちらもたのしく、ついつい張り切ってがんばってしまいます。



だんだんに秋が深まって、ひんやりから寒い、に移って行くこのごろです。

体調管理についてのご質問が増えたり、体調にかかわらずいいお顔をキープするためのミニマムメイクについてご質問が増えたり、お客様のご興味もきちんと季節に合わせて移り変わっているように感じます。

お役に立てるお話をお伝えできれば、と毎日願っています。



写真は、ほんの小さな子供のころ、秋が深まってくると必ず身に着けた、ちびっこ用のポシェット。

今はさすがに小さすぎて使えませんが、大事にとっていて、ときどき出しています。

コメント(0)

2011年10月21日

今年も独立展

長いお友達である画家の大友まゆみさんから、恒例の独立展の招待券を頂戴していたので、行ってきました。

大友さんの作品「はじまり」はこちら!


20111021190600001



のびやかで気持ちのよい、大友さんのお人柄そのままのようなすてきな作品でした。




その他、気になったのはこちら。

「in eterno」(権藤信隆さん)


2011102118540000


200号の大画面でこれですから!!

かっこいい!



会場は乃木坂の国立新美術館。

夜はちょっとムーディーです。

2011102119080000


独立展は24日まで。ご興味のある方はぜひどうぞおでかけください。

コメント(0)