プロフィール

カレンダー

4月 2012

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2012年4月の記事

2012年04月30日

せっかくG.W.ですから

ゴールデンウイーク、いかがおすごしですか。

乙女美肌室では通常通りの営業です。

が、気持ちとしては「せっかくゴールデンウイークだもの、自由研究にいそしみたい!」ということで、手元には18世紀を中心にルネサンスくらいからずーっとの、ヨーロッパの女性のメイクについて、美容についての関連書籍が積み重なっています。



41hxx48ctnl__sl500_aa300_


51sqyicswl__bo2204203200_pisitb-sticker-arrow-clicktopright35-76_aa300_sh20_ou09_


genre02_04


美についての女性の欲やニーズ、スタンスは基本的にどの時代でもかわりはしないのですが、モードというものがそこに介在するので、ところかわればテイストがまったく違いますし、同じ宮廷でもモードの生みの親が変わればまたテイストが変わります。

夜更かしを著しくする、ハードな生活を送る、といったライフスタイルの階級のひとならば疲れを隠すためのニーズが発生しますし、アンチエイジングについてもその時代時代でまっとうとされる理論があり、なんとも興味深いのです。



というわけで、女性の装いの中でも特にメイクや美容法といったものを中心に平行して文献を読み漁る楽しみに、毎夜、帰ってくると浸っています。

エアピアノレッスン(先日こう書いたら、想像するとつい笑っちゃう、とお客様のみなさまにニコニコされました。笑うっていいことですね。うん。)とともに、このゴールデンウイーク中の、わたしの楽しい余暇の過ごし方です。

コメント(0)

2012年04月29日

さわやかな小物たち

昨日はさわやかな土曜日でしたね。

玉川高島屋のスクールに、花人・川瀬敏郎さんの「なげいれ」の基礎講座第1回目にでかけてきました。

今年度のうちに6回のクラスが予定されていますので、とびきりの美しい道具(もう、乙女美肌室で使いたいと思うようなすばらしいものがたくさんでした!・・・いえ、お教室のお道具は超ド級なものばかりでしょうし、あまりに不遜ではありますけれど・・・。でもいいものをお客様のお迎えのために使いたいという気持ちはホントです。)、季節の花や草木、川瀬さんらしいお話や美学を、存分に楽しんで1年をすごしたいと思っています。

初回は本当にいろんな刺激をいただけて、面白かったのですよ。



1335624426314


さて、クラスが始まる前に、お客様が店長さんでいらっしゃるMaduで、さわやかなハンカチを買わせていただいてきました。

どれも水玉で、どれもブルーですが、テイストは微妙に違います。

こんなやわらかできれいなハンカチなら、バッグから取り出しても、ポケットから取り出しても、目にも肌にも気持ちいいだろうな、と思えたのです。

たまたま昨日は真っ白いシャツに真っ白いパンツという基本スタイルに、ベルト、バッグ、サンダルがブラウン系というシンプルないでたちだったので、さし色的なきれいなものに惹かれたのかもしれません。



nec_0070


バッグは、初夏になったら(そして、荷物の少ない、お天気のいい日に)おろそうと心待ちにしていた、GallardaGalante のもの。やっと出番が来て、昨日はバッグが一番うれしそうでした。

コメント(0)

2012年04月28日

ナイトケアのことで、ご質問がありました

e382a8e382afe382bbe383ace383b3e382b9


先日、晴れた日のナイトケアについて書きましたら、「おすすめのナイトケアアイテムはありませんか」というご質問が、乙女美肌室にたまたまそのときご来店のお客様からありました。


夜だけ使う、肌への栄養の高いもの、といいますと、たとえば、デクレオールのBaume Excellence。

こちらはアンチエイジングがメインターゲットで、ソル・コラゲニン コンプレックス(ルペオール+ヒマワリ由来成分)と精油とのコンビネーションが、なんとも充実した、もちもちした弾力ある肌に仕向けてくれるのです。



クリームのかわりにこちらを使いますが、顔だけでなく、弾力があってほしい首、デコルテ、バスト全部まで、それから肩、ひじ、手、ひざもぜひ。唇の保湿もついでに。

特に不都合はないけれど、鼻をかんでそこだけぱさつく、目元だけいまいちつっぱっていた、などのときは、部分ケアとして、いつものクリームと併用しても使えます。



香りも上品でよいですし、日中乾いちゃった、という方はもちろん、日ごろから肌がごわっと硬めの方の栄養補給としてもお使いになりやすいと思います。

ただ、こうした効能のはっきりしたバームも、効能を絞った上質なクリームにもいえることですが、洗う、補水する、をきちんとしないと、どうもいいものがいきてきません。

ですから、どうぞ基本のスキンケアを本当に丁寧にしてから、スペシャルナイトケアとして、こうしたいいものをお肌にさしあげてみてくださいね。

コメント(0)

2012年04月27日

女性なら持っておきたい「この1本」

tarte1



自分を魅力的に見せるための赤い口紅。

お持ちですか?

赤、とひとくちにくくって言われますが、似合うマイベスト赤口紅というのは、ひとによってずいぶん違います。

ですから全員が全員、人食い鬼みたいになるわけでもなく、全員が全員ファムファタルになるわけでもありません。

「わたしを魅力的にする赤い口紅」というものは、体調によって顔色が優れないときのお守り的存在でもあり、気持ちをぐいっと引き上げるブースター的存在でもあります。

だからこそ、1本持っておきたい、というわけ。

だれかのために、ではなくて、なにかほかのだれかになりたい、でもなくて、わたしが輝いて見えるために使える1本が欲しいのです。



赤い口紅には、色味も質感も大変な幅があります。

それを、ざっくりとおおまかに「色のイメージ」「マットかシアーか」などでわけてみますと、とてもマイベストが見つけやすくなります。

ついつい、外国の女優さんたちのようなくっきりとリップラインを取った、くっきりした口元を想定してしまいがちですが、わたしたちのほとんどの顔立ちは残念ながらアン・ハサウェイとはまったく別ものです。

ですから、「~みたいなかんじに」などとは最初から思わずに、単純に、「この色はわたしを生き生きと見せてくれるかな」「この色はわたしを幸せで元気そうに見せてくれるかな」という基準でリサーチしてみてくださいね。



乙女美肌室では、月によってはパウダールームに赤い口紅をご用意することがあります。

お見受けしていますと、お顔と唇の形と口紅の色味とテクスチャーの関係性によっては、リップラインを気にせず色身だけをラフにまぶすほうが似合う方、リップラインをオーバー気味にとってぽてっと作りこむとしっくりくる方など、さまざまだなあ、といつも面白く感じます。

ですから、いろいろなつけかたを実験なさるのも、きっと楽しいと思います。ぜひお試しを。



これからの季節につけたらきれいだろうな、と思うのは、与謝野晶子が「嗚呼皐月 仏蘭西の野は火の色す 君も雛罌粟われも雛罌粟」と歌った、あのポピーレッド。

視界一面に広がる、真っ赤なポピーは、本当に見事だったことでしょう。そして鮮やかな生命の力に満ちてその赤を誇っていたことでしょう。

日の光に透かしたら儚いような花びら、そんな透き通るような赤なら、敷居は高くありませんものね。



わたしを魅力的に見せる赤の1本。

効果的に使って、大好きなひとに微笑みかけたくなりませんか。

コメント(0)

2012年04月26日

たまには地球に触ってみませんか

13353354697291


今週末はお天気がよいようで、いよいよ長期ホリデーの始まり始まり~というかんじですね。

GW進行で明日まではお仕事がもう大変!という方も多いかもしれません。どうぞくれぐれも心残りのありませんように、そしておからだを損なわずに乗り切れますように。



さて、お天気のいいときにでも、いつもできないことをすると楽しそうな休暇週間。

たまには地球に触るっていうのはどうですか?

素足で芝生の上を歩く、でもいいですよね。思ったよりふかふかと足裏を押し返すかんじが面白いものです。

ひんやりと草の湿り気がある上に大の字にころがってみたっていいかもしれません。

水辺がお好きな方なら、水辺で遊ぶのも楽しいものですし、地面に直に自分が触れること、水などの湧き出るエネルギーに自分が直に触れることで、得られるパワーというのもきっと、あるように思います。



先日、よく晴れた日に芝生のきれいな公園を通りかかったのです。

そうしたら、外国の方も、日本の方も、靴を脱いでバッグを枕に、サングラスだけかけて、気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました。

お昼休みらしいひとたちも、食後のお茶でしょうか、タンブラーを手に持って日向に座り込み、おしゃべりを楽しんでいます。



あんまり心地よさげだったのと、その光景がなんとものどかですてきだったので、移動中にもかかわらず、ためらわずに寝転がって、空を見上げてしばらく地面にからだをあずけていました。

真下から見る東京の空は、思っているよりうんと広々していて、捨てたものでもありません。

場所のせいか、鳥の声もするし、車の音はしません。

おしゃべりの楽しげな声がかすかに風に載ってくるだけで、よく手入れされた芝生の刈りたての香りがします。



帽子をふわりと顔に載せて軽く一寝入り。

なんともいえない解放感と、おひさまの温かさが心地よく、一寝入りして起きたら、思ったよりデニムが湿気ていました・・・。

どうぞ、思わぬ冷えにはお気をつけて。

コメント(0)

2012年04月26日

乙女美肌室に届いたご案内から

nec_0067


nec_0068


京都のtorinoutaさんから、楽しい初夏のイベントのご案内が届きました。

それぞれにリンクを貼ってありますので、どうぞとっくりとご覧ください。

torinoutaの田村さんの美意識は、わたしも大好き。しばらくお目にかかっていないので、またお目にかかりたいです。

駒井邸でのイベントでは、乙女美肌室のブログでもご紹介したことのある、川口すみれさんが出演なさるそうですよ!お友達の名前を発見して、びっくりしました。きっとすばらしい歌声を聞かせてくださることでしょう。




ベルレッタ オーダー会「夏の帽子」
5/3(wed) – 5/12(sat)
 (※期間中、月・火曜日は定休日のため、お休みします)



mykonos工房 展示会 「天に薔薇開くとき、地に石の花咲くvol.6」
4/25(wed) – 5/12(sat)
 (※期間中、月・火曜日は定休日のため、お休みします)



五月のお茶会 at 駒井家住宅 「さあでかけよう、美しく楽しき人生のバカンスへ!」
5.13 (sun) 11:00 – 16:00(入館随時・最終入館は17:00)
address:〒606-8256 京都市左京区北白川伊織町64番地

コメント(0)

2012年04月25日

もうすぐ5月

乙女美肌室の5月の予約枠はすでに満了しておりますが、現在承っているメニューとしては、8割が「バランス調整」「デラックス」の組み合わせ、1割強が「ブライダル」、残り1割弱がその他メニューとなっています。

お肌が不安定なケース、おからだが疲れているケース、さまざまに混在していますので、おひとりおひとりにかかる時間と手間は、3月くらいからちょっと多めにかかるようになってきています。

そのため、お約束の時間を早めたり、間に割り込んだりというのがいつもよりしにくいような状況が続いていますが、お客様最優先ということで、どうぞご容赦ください。



5月は例年、バラの美しい季節でもあります。

見ても美しいバラ、香りもかぐわしいバラ。

乙女美肌室でも、いろんな場面でバラの香りをお感じになるかもしれません。

鼻からも、肌からも、季節の美しいものを取り入れられるように、今いろいろと準備をしていますので、どうぞお楽しみになさってくださいね。




nec_0063


5月はどんなひとつきになるでしょうね。

長いお休みから始まる5月。

お休みになったらなにしよう、とあれこれ楽しく思案されている方は多いことでしょうね。

わたしは、時間を見つけてピアノ曲の練習をしたいと思っています。

楽譜だけは用意済みで、今は毎晩、帰ってくるとエアレッスン(微妙・・・)がささやかな楽しみなのですが、ちゃんとピアノの実物に触って、音の響きを楽しみながら練習する時間を作ろう、と今から楽しみにしています。



どなたにとっても、5月が心躍るひとつきになるといいなあと思っています。


コメント(0)