乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

6月 2012

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2012年6月の記事

2012年06月29日

美しいひとが作る、美しいもの

昨日今日と西荻窪で開催されております、クリエーターで「Coeur Corsage」主宰の矢田部祥子さんの個展に、荻原和歌さんに連れて行っていただきました。(荻原さんの公式ブログにも早速掲載が!どうぞご覧ください。)

いわゆるお祝いの席に胸元にくっついていたり、帽子にこってり、といった、アートフラワー系コサージュのイメージを見事に裏切る、シックで大人っぽくて、緻密で、深みのある花々のコサージュの展覧会です。

 

 

荻原さんと長いご友人という矢田部さんには初めてお目にかかりましたが、それはそれは美しい方でした。

心の中に咲く花の美しさを、大変に集中力と緻密さの必要な長い長い作業の中で具現化してゆく、その創作の一端を伺い、できあがった作品のこの世のものとも思えぬ美しさのわけがわかったような気が。

 

 

わたしは、ラリエット(というのだそうですね、ひも状のフレキシブルなネックレスのようなもの)をひとつ選ばせていただいて会期終了まで取り置きさせていただきました。

シロツメクサとクローバーがちりばめられたコードを首に巻くと、もっともっと魅力がわかる、そんなお品です。

 

 

矢田部さんは、コサージュをつけたいというひとに合わせて、色や花の種類や形状をデザインしてくださり、無垢の無着色のシルクを一から切り出し、ひとひらひとひら整え、絵画を描くように着色を緻密に手作業で行い、コサージュに形作ってくださるのだそうです。

とてもスペシャルなオーダーではありませんか?

そこで、おまかせでお願いまでしてきました。

出来上がりはどんなでしょうか、今からとても楽しみです。

 

 

甘すぎず、悪目立ちせず、そっとそこにあるのに美しさを確かに匂い立たせるコサージュ。

まるでひとつひとつに物語を内包しているようです。

それが矢田部さんの創り出された、美しいものなのだろうと思います。

 

 

荻原和歌さんは美しい方として著名ですが、美しい方つながりでまた美しい方に出会うことができ、美しいものをお譲りいただくこともできて、なんだか美人の魔法のエッセンスをほんのひとしずく、わけていただいたような心持のひとときでした。

 

 

 

 

上記記事関連の画像がないので、すみません、こちらは最近お気に入りのピアスたち。

大きなフープはMARJORAMのLucky MARJORAM collection(アクアマリン)。

自分の首の長さ(耳から肩までの距離)にあわせて大きめで華奢なフープを選ぶと、バランスがよくおさまるものです。

小さなフープは、viv&ingridのSignature Wrap Hoopsから、Small Gold & White Pearl Hoop 。

耳の大きさに合わせて小さめフープを選ぶと、顔まわりで悪目立ちせずしっくりなじんでくれます。

あとはホワイトゴールドとシュミレーションダイヤの大きめスタッズ。

スタッズはあんまりごみみたいに小さいと、ビスを打ち込んだみたいに見えてしまいがちなので、ビスに見えないサイズが好みです。

このように、たかがピアスひとつ選ぶにも、自分に合わせることの重要性をよーくふまえておくと、「やっぱ邪魔」とか「なんだか顔まわりのバランスが変?」といったストレスは感じずに済みますね。

コメント(0)

2012年06月28日

汗ばむ時期、安心で心地よい保湿を

今ももうちょっと先も、汗ばむ時期・湿気のある時期は、からだの肌がかゆくなったり、赤みをおびたりと、少し不安定になりがちかもしれません。

それは汗に肌が負けてしまったり、お疲れの余波で一時的にセンシティブになったりといった、さまざまな要因でおきるのだと思いますが、汗ばみやすいからと保湿をせずにいるよりは、テクスチャーを選んで快適に保湿しておくほうが、肌には親切。

 

 

たとえばこんなものはどうでしょう。

 

 

ロッツの「プロテクトジェリー」。

顔と首、と書いてありますが、おすすめはからだに使うこと。

大豆や米ぬかの発酵エキスと、バラやワインのエキスが配合された、ノンオイルのふるふるしたジェルです。

なじませやすく、また、べたつきのないやわらかな仕上がりが心地よいと思います。

 

 

 

WELINAの「Mama kiss Baby」。

こちらはうってかわって、妊娠中から産後2ヶ月までお使いいただくボディオイル。

ストレッチマーク対策のほか、ママでなくても、お肌がセンシティブなときの立て直しモノとしても。

赤ちゃんのおむつかぶれなどにも使えるほどのオイルです。

かなり厳密な認証を経たハワイのオーガニックコスメで、ククイナッツオイルが入っているのがハワイらしいですね。

 

 

なお、わき、ひじなどのたるみがちょっと気になる・・・という方には、ひきしめ効果をうたうスリミング剤をわき腹、わき、二の腕、ひじまわりにつけることを、乙女美肌室ではおすすめ。

とはいえ今日つけて明日もう大丈夫、というわけにはいかないので、夏本番までになんとかもうちょっと見目良く、と思われたら、早くから朝晩塗るようになさるとよいですね。

コメント(0)

2012年06月27日

つるり、な背中をキープしませんか

 

 

このところ、乙女美肌室には、お背中のトリートメント(除毛付、除毛なし、ともに)をフェイシャルにおつけになる方が増えています。

やはり、お洋服から出る肌の分量が増えてくることもありますし、さらりとタンクトップなどを着たときに、産毛がもしょもしょしていたり、ぶつぶつが多いとかっこ悪く、不潔にすら見えてしまうという、季節的な事情によるものでしょう。

 

 

汗をかき、蒸れ、下着ともこすれる背中は、手入れしにくい部位ではありますし、首や肩や肩甲骨、腕のつけねなどがこっていれば余計にセルフケアが難しくなってきます。

乙女美肌室ではバランス調整でそのあたりのセルフエクササイズをしていただいたり、ホームケアのエクササイズについてカスタマイズしてお知らせしたりしていますが、やはり上記部位は柔軟に保っておかないと、からだのフォルムも、肌も両方とも、きれいにキープしづらいのです。

そこをよくご理解いただければ、毎日ご自身のこりやこわばり、肌の調子にもう少しだけ、おうちのデイリーのケアで手が打てることと思います。

きれいは、毎日少しずつの作業で作れることが多いですものね。

 

 

さて、お風呂できちんとからだを洗うことはとても夏の肌のためには大切なことですが、特にお背中を中心に清潔度を高くキープしようとなさるなら、こんな石鹸はいかがでしょう。

ペリカン石鹸から出ている、「薬用石鹸 for Back」。

背中だけでなくお顔もからだも洗えます。

コメント(0)

2012年06月26日

ご連絡いくつか

 

メールマガジンの方にはすでにお知らせ済みですが、乙女美肌室よりご連絡をいくつか。

 

① 7月からメニューが少し整備されます。

ほとんどのお客様にはまったく変更のない整備ではありますが、オプションメニューのつけ方がほんの少し変わったり、淘汰されたりしています。

HPメニューはすでに訂正済みです。どうぞご覧くださいね。以下は変更のあったページです。

フェイシャルメニュー

ボディメニュー

フラワーエッセンス

 

 

②10月1日のご予約分から、消費税をいただきます。

9月まではすでにご予約を頂戴しておりますので、そこにかけるのは申し訳ないということで、10月からとさせていただきます。

 

 

③8月前半のご予約

6月29日からの予定です。またブログにアップしますのでどうぞご覧ください。

 

コメント(0)

2012年06月25日

オンブラ・マイ・フ

 

ヘンデルのオペラ「セルセ」で歌われる「オンブラ・マイ・フ」。

名前は知らなくても、聴いたらご存知の方は多いことでしょう。

オンブラ・マイ・フの歌詞は、日本語だと「こんな木陰は 今まで決してなかった 緑の木陰 親しく、そして愛らしい よりやさしい木陰は」というほどの意味です。

 

 

乙女美肌室に一番近い交差点に、新宿2丁目交差点があります。

ここは、ケヤキの並木になっていて、今の時期などは信号待ちしているとき、木陰が本当にありがたいのです。

見上げると枝の入り組んだ中にはたくさん鳥がいたり、木漏れ日がきれいだったり、雨粒をそっとやわらげてくれたりしています。

まさに愛しい木陰。

大都会新宿のオンブラ・マイ・フです。

 

 

ちなみに、この交差点界隈で一番景観的に気持ちいいオンブラ・マイ・フでしたら、ドトールの窓に沿って外に置いてあるベンチに座って木立を見上げるのが、おすすめです。

よく犬の散歩の方や、お散歩途中らしき方が、風の通りのよいベンチで、気持ちよさそうに緑を眺めているのをおみかけします。お近くにおいでの際は、ぜひひと座りしてみてくださいね。

コメント(0)

2012年06月24日

ザクザクおやつ

仕事の合間にちょっと甘いものを、となったとき、みなさまの定番おやつはどんなものですか?

わたしは最近、乙女美肌室の私物用戸棚に、FLAVORのマーナズグラノラか、ジェルブレの大豆&オレンジビスケットを常備しています。

どちらも、食感はザクザク噛み応えがあって、食べた感があります。ちょっと小腹が空いたときに、コーヒーと一緒につまむのに便利なのですよね。

 

 

 

マーナズグラノラは有機オートミールやブラウンシュガー、メイプルシロップのヘルシーなつくりです。

やさしい甘さなのですが、隠し味的にスパイスが使われているのか、単調ではなくて、大人風味。

 

 

 

ジェルブレは、オレンジのほのかなフレーバーと、ちょっとなにかがぷちぷちするような口ざわりに、いかにも栄養食品的なたたずまいも魅力。

このほかに、すぐいただけるミニトマトなどを常備しておいて、仕事の合間の楽しい休憩タイムのお供にしています。

 

 

なにかの作業の合間にちょっとひとくちしたいとき、食物繊維などが豊富なこうしたちょっとヘルシー寄りおやつがそばにあると、気楽にコーヒーブレイクできますよね。

コメント(0)

2012年06月23日

美容液いらずのスキンケアライン

 

乙女美肌室では、ご縁があって以前からロシアのミラー化粧品さんを使わせていただいています。

このメーカーさんはとても品質のよいラグジュアリーなアイテムで世界でも有名ですが、日本のドメスティックコスメの概念と根本的に違う設計や、”効くコスメ”について追求するところもまた、非常に興味深いところ。

乙女美肌室のお客様には、板谷社長さまのご厚意でお買い物をしやすくしていただくなど、ご親切を頂戴しています。

 

 

さて、さまざまなラインの中に、ゴールデンというシリーズがあります。

このシリーズは、まさに美容液いらずの品揃え。

というのも、1アイテムごとに配合成分があまりに贅沢で、普通に最低限のスキンケアをするだけでも、まるでたっぷりパックしたり集中美容液を使ったりしたかのような肌作りがのぞめるからです。

 

 

たしかにアイテム単価は超高級ではあります。

が、日々お使いのアイテムが何品もおありの方の場合、手間と時間と総合計がどれくらいでしょう。

お肌をやわらかくしたい、と思われた場合は、いつものクレンジングのあとにたとえばゴールデンミルクをパック代わりにするだけでも、お手持ちのパック剤やシートパックがいらなくなるでしょうし、目元に美容液やアイクリームやたるみ対策もの、色むらくま対策ものを複合的にお使いでしたら、ゴールデンアイに置き換える手もあります。

 

 

高いものがすべてよいものとは限りませんが、あったらずいぶんと簡単にケアしやすくなる、というものもあります。

デイリーのスキンケアは、目的を持って、そして簡便で、甲斐を感じられるようにラインナップできたらいいですよね。

コメント(0)