乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

11月 2012

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2012年11月の記事

2012年11月30日

先日お知らせした、パリのビジュー

先日お知らせした、パリのビジュー作家、アリスさんから、新作ページのお知らせをいただいたので、速報的に取り急ぎお知らせします。
マティスブレスレットや、ゴールドのヘッドバンドに、わたしは目がいきましたが、みなさまはいかが?

http://www.alittlemarket.com/boutique/lilygarden-55548.html

コメント(0)

2012年11月30日

乙女美肌室に届いたご案内から

 

 

ウォーキングのお稽古でいつも大変にお世話になっている、福村あけみ先生率いるWalk&Wayのファッションショーが12月に行われます。

乙女美肌室では、先生をはじめ、レッスンに混ぜていただいたり、乙女美肌室のスキンケアレッスンにわざわざご参加くださったりした、美しいWalk&Wayモデルさんたちのお役に少しでも立てれば、ということで、ショーの裏方で主におからだの調整をさせていただく予定になっています。

このショーは、ドレス部門あり、ヘアメイク部門あり、というほかにも、アパレルさんの新作コレクションが見られて、もりだくさんな内容のようです。

せっかくもしフロントロウに座れるならば、アナ・ウインターばりに貫禄をもっていたいところですが、わたしもファッションショーを実際に見るのは初めて。

それはそれはきれいどころばかりの、知っているモデルさんたちの晴れ舞台と思うと、内心もうかわいくてかわいくて、アナ・ウインターどころか、半分親戚のおばちゃんのような身内的応援団な心持で見守るのかもしれません。

裏も表も今回は拝見できるとあって、今からとても楽しみにしています。

すでにチケットが発売中ですので、ご興味ある方、美しい歩き方を目で見て学びたい方にはぜひおすすめします。

会場も、バカラのシャンデリアが美しい、ガーデンプレイスです。

詳細はこの画像にもありますし、乙女美肌室にもご案内を置くようにいたします。

コメント(0)

2012年11月29日

今時分あると便利なもの

急に冬本番になってまいりました。

今を快適にすごすのに、あったら便利なものをよくお問い合わせいただいております。

少しだけ、ご紹介してみましょう。

 

 

<うっかり日焼け止めを夏のままにしています・・・>

夏に快適だった日焼け止めというのは、つけ心地がさらっとしているとか、さっぱりしている、汗に強い、といったことが売りだったはずです。

しかし今は冬。

今求めている用件は、肌が乾かず快適で、やわらかく保てること。

日焼け止めとしての機能が万全なのはあたりまえのことですが、陽射しの強さよりは紫外線が肌内部に入り込んで内部から組織を劣化させることをまずブロックしたい時期ですので、PA値が多いものがよいですね。

SPFも30くらいはあると安心です。

とにかくテクスチャーとしてはしっとりめ、やわらかめを求めますので、例えば、買いやすいところでは、夕方も皮膚のテンションが落ちにくいとされる(たしかに、あまりしょぼんとしませんので、おすすめ)資生堂エリクシールシュペリエルの「デーケアレボリューションⅡ」なんていかがでしょう。

するっとのび、なじみやすくて、下地としても優秀です。

 

資生堂さんのCMによれば、見た目年齢は夕方までに4.4才かさむということですから、自分だったらどうか、ついでに実験してみるのも面白いですね。

 

 

<寒くてからだがきゅっとなってしまいます・・・>

寒いと縮み、からだの使い方でも縮み、一日終わってみると、結構圧縮された感のある、からだ。

首も、肩も、脇も、腰も、なんだかあちこちがきゅっと縮んで、不愉快な疲労感に包まれてしまいがちです。

だからこそ、お風呂は必須なわけ。どんなに疲れていても、お風呂で温まってからだの縮みをほどくひと手間が、この時期は本当に本当に必要なのです。

お湯で温まるこの解除法が一番簡単で手っ取り早いので、乙女美肌室ではおすすめなわけですが、お湯には残念ながら、首付近はどっぷり浸かりにくいですね。

お風呂上りのあと、おふとんに入るまでの30分で、たとえば、めぐりズムの「蒸気でGood-Night 首もとに貼るシート」を使って”からだを緩める作業の仕上げ”をするのはいかがですか。

貼るだけ、という手軽さも、貼ったまま動ける手軽さも魅力ですし、なによりほんわか暖かいとこんなに気持ちよくてリラックスできるんだなー、と実感できると思いますよ。

 

 

今日ご紹介したものは、いずれもお近くのドラッグストアなどで手軽に買えるものばかりですから、ご興味あったらお手にとってご覧くださいね。

 

コメント(0)

2012年11月28日

飲んで、寝るだけ。というお茶

 

不思議な商品名のお茶を見つけました。

茶眠、と書いて、チャーミング?なのでしょうか。アイキャッチは、「のむ、寝る、それだけ。」というさっぱりしたものです。

どーいうことかと思って飲んでみましたら、むくみを取るためなのか、大変よくお小水が出ます。

おなかが滞るような方ですと、きっとそちらの出もよいのでしょう。

残念ながら、飲んで寝るだけでダイエットにはなりえませんが、味に癖のない健康茶系ノンカフェインのおいしいお茶ですし、生理前などでためこみがちな時期に、寝る前に飲む、というだけのこのお茶は、案外どの女性にも歓迎されそうです。

コメント(0)

2012年11月28日

もうすぐ12月

 

 

今週末には12月に突入します。

今年もあと30日ちょっと。そう考えるとびっくりしてしまいますが、今年、みなさまはいかがでしたか。

その年のラスト1ヶ月になりますと、わたしは、「やれたこと、とりかかれたこと」「完遂したこと」を洗い出してみます。

成し遂げられたことのリストを見れば自分を頼もしく誇らしく思えたりもしますし、チャレンジした事柄のリストを見れば自分のチャレンジ精神にびっくりしたり、いろんなことや興味の範囲の広がり具合に「へえー」と思ったり。

ここまでの330日ちょっとで、ずいぶんといろんなことをしたり、やりかけていたり、完遂したりしてきたのです。

それをちゃんと確認して、次のステップをまた楽しくもくろむ。

それがこの時期の、わたしのちょっとした楽しみです。

面白いので、ぜひみなさまにもやってみていただきたいなあ、と思うほどですよ。

 

 

12月の乙女美肌室は、25日までのクリスマスモードと、26日から30日までの年末モードとに分かれますが、今はすでにクリスマスがはじまっております。

お客様のお肌の傾向としましては、硬いところやこりが強いところがあったり、部分的に渇きの強いところがあったり。

おからだでは、上半身だと頭はもちろん、首や肩のほかに脇、わき腹に至るまでがぎゅっと圧縮されたように詰まった感があります。下半身は腰まわり、脚のむくみやこり、特にひざ裏のもっこり感がおつらそうな方をよくお見かけします。

こうしたものを、あまりハードアタックではなく(寒さですでにからだは硬くなっていますので、やわやわモードがちょうどいいのです)ほどいて解決させてゆくのが、最近の仕事スタイルになっています。

お肌そのものの乾き、弾力のムラ感はある程度リセットできますので、あとはきっとおうちで扱いやすくなると思います。

ご質問も多い時期ですので、ご来店時の質疑応答はかなり活発。お時間枠ぎりぎりまで質問なさる方、動作の練習をなさる方などが多くおいでです。

 

 

パウダールームの箱の中身も、入れ替えが済んでいますので、興味深そうにあれこれご覧いただいているようです。

寒い師走でも、透明感ある美しいお肌でお帰りいただけますように、そんな用途のアイテムを取り揃えてあります。

 フレグランスは、例年通りにアンバーノートにするか迷ったのですが、このところヘッドマッサージにブルガリアのローズオイルを使っているとお客様がとても心地よさそうなので、優しいローズつながりということで、アニックグダールの「今宵こそ」を。

 

 

1月後半のご予約は、日程が残っていれば、12月中旬までにはお声がけしたいと思っております。また状況によってブログで告知申し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

冒頭の写真は、乙女美肌室のお客様が、お時間とお心を使って乙女美肌室のためにわざわざ選んでくださったお品です。お出かけ先で乙女美肌室のことを思い出してくださる、そのありがたさが心に沁みますし、くださったお客様らしいセンスが光る、季節にぴったりなお品を頂戴したので、うれしくてうれしくて、早速使わせていただいております。ありがとうございます。

シルバーのふたのついた美しいキャンドルはとてもいい香り。

ゆらめく炎がなんとも目に心地よいので、ご来店時に火を灯してお迎えしています。

オーナメントは、ご主人様とお二人でフランスに旅したお客様からのお土産で、素朴ながらかわいらしい一品。

玄関入ってすぐのドアにかけてありますので、ご来店になりましたらどうぞお目を留めてくださいね。

 

 

こちらは、9月も11月もスキンケアレッスンにご興味を持ってご出席くださった、petit musee オーナーの久保木さんにお譲りいただいた、ペーパーランタン。ドイツのものだそうです。(こちらのランタンは、ふちの色がほかにもいろいろありまして、いずれもpetit musee さんでお買い求めになれます。ギフトにもぴったりですね。)

キャンドル型ライトを中に入れて灯しておりますので、この写真よりはもうちょっと暖かめのながめになっております。

わたしは自宅でも同じお品を使わせていただいていますが、寝る前の部屋に、これだけが小さくゆらめいた明かりで、ほわりと灯っている様は、なんともコージーで気持ちのよいもの。

一晩中灯り続け、いつ目を覚ましても、うれしくなってしまいます。小さくても明かりって、大きな存在感ですね。

コメント(0)

2012年11月27日

今年も、スペシャルなリース

 

今年の乙女美肌室のクリスマスリースは、写真のもの。

いつなんどきでも各方面からひっぱりだこで、大変ご多忙でいらっしゃるジェンテの並木容子さんの作品を毎年飾らせていただくことは、本当にありがたいこと。

ひとつとして同じものはない、毎年サプライズな、そして、乙女美肌室のことをよくよくご理解くださっていつでもぴったりな作品を作ってくださる、そんなスペシャルなリースは、尊敬している、大好きな並木さんご本人の温かなお気持ちやお人柄もこのスタイリッシュなリースには宿っているように思えて、眺めているとあたたかく幸せな気持ちになる、わたしにとってもスペシャルなリースなのです。

毎年、フレッシュな状態で届きますが、このままドライになるように計算されたつくりといい、ぎっしり感がリュクスなそのデザインといい、シックな色使いといい、さすがは並木さん!と感嘆しながら飾らせていただいているところです。

コメント(0)

2012年11月26日

クリスマスモード

今日から、乙女美肌室は例年通り、クリスマスモードになります。

一番の目玉であるリースは、毎年、ジェンテの並木さんにお願いして、すばらしい作品を作っていただいておりますが、それは改めてまたご紹介するとして、たとえば玄関を入ると、京都のwriting shopさんでお譲りいただいた、一点一点手作りの純銀を載せた彩色作品がお出迎えです。

 

 

 

恒例の福引も今日からスタートいたします。

今年は小さな雑貨類から、化粧品、小物などなど、いろいろあります。

どうぞお楽しみにおいでください。

 

 

BGMは、クリスマスムード満載のものと、厳粛な年の瀬ムードのものと、おおまかにわけて二通り支度しています。

クリスマスっぽいものとしては、疾走感や大人っぽいこなれたアレンジが本当にすてきな名盤中の名盤、Eddie Higgins Trio による「Christmas Songs」「Christmas Songs 2」や、 Don Perisの、美しく優しい、ギターによる、クリスマスソング集「brighter visions beam afar」を。

どれも大好きなアルバムたちです。

 

 

 

ザ・クラシックなものとしては、長大なバッハのクリスマスオラトリオ(CDでも3枚もあります!)や、ウイーン少年合唱団によるかなり昔の録音のクリスマスキャロル、それから今年5月に震災復興支援としてズービン・メータが指揮した第九を。

 

耳から、目から、さまざまな形で年の瀬の華やかなムードをお楽しみいただけたら幸いです。

いよいよ、乙女美肌室の1年の最後の月がスタートです。

コメント(0)