プロフィール

カレンダー

7月 2014

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2014年7月の記事

2014年07月30日

最近の乙女美肌室から

最近は、まず第一に気候に疲れやすいからだの負担にならないための粧材を使うことを心がけています。


浄化や皮膚温調整を目的として古来より仏教界で使われてきた塗香で、頭をほぐすこともあります。


雪解けから芽吹きまでの間にしか採取できない滋養豊かな白樺樹液を化粧水としてたっぷり使うこともあります。


きめの調整や鎮静など多数の有効成分の塊であるフランキンセンス樹脂粉末や生薬粉末各種、個性の異なるクレイ各種などは、状況に応じてさまざまに使い分け、使い方も一通りではありません。


ご説明するとみなさまびっくりされるようなこうした、さまざまな、選び抜いた粧材と化粧品を組み合わせて、お客様にあわせて使っています。


真夏には、どんなによいオイルでも、酸化リスクが伴います。


ですから、お肌のマッサージには、オイルオンリーではなく、栄養素としてオイルを使うとしても、肌にヘビーにならないで気持ちよく必要なものを吸ってもらうために様々なものをお客様にあわせてブレンドして使うようにしています。


拭き取りも、モスリンクロスやパフやマイクロクロスなどと、湿したコットンとで徹底して、肌に残ったものでダメージが出るリスクをできる限り引き下げるよう、心がけています。


同様に、おからだのケアも、気になる部位から臨機応変に対応するように心がけています。


お客様によっては、この夏の間にできるだけトライして秋冬にからだが楽なようにしましょう、と、それぞれ、ひとつかふたつ程度の、簡単な宿題や目標をお伝えしています。


足にしっかり体重が載るようにエクササイズをお伝えしたり、姿勢を自分で修正できるように練習したり、首と頭の位置に留意する宿題があったり…。


現状と目標についてご説明しますと、みなさまよくご理解くださっているようで、目をキラキラさせてガッテンガッテン!みたいな気分になられている方も多く、自分とがっぷり向き合う濃いひとときをお楽しみくださっているようです。


7月が過ぎようとしていますが、8月もまだまだ暑いようですので、よろしければどうぞお着替え用の服や下着をお持ちください。お帰りになるとき、気持ちよいのではないでしょうか。


素足でおいでの方も増えてまいりましたので、8月は、素足で履ける、洗いたてのタオルサンダルをご用意しています。

コメント(0)

2014年07月29日

夏の肌、お大事に

今朝の東京新聞21面に、「トラブル防ごう 夏の肌 大人のあせも、汗荒れ」という記事がありました。


汗は、アルコールを含まないウエットティッシュや濡れタオルで早めに取っておかないと、アンモニアが発生して肌荒れの原因になる、という話や、アクセサリーに気をつけて、や、汗のアンモニアで荒れるイコール汗荒れ、とか、サウナなどで必要以上に汗をかくのは汗荒れになりやすくなるだけ、など、皮膚科医のはなしが満載の記事でした。


乙女美肌室にいらしているお客様には以前から汗対策についてお伝えしていますので、心配しないでおりますが、どうぞ夏をお大事にお過ごしくださいね。

コメント(0)

2014年07月23日

不具合は、種のうちに

先日、実家で母とおしゃべりしていました。


話しながら聞きながら、見るでもなく目をやっていただけなのですが、ふと、母のからだのほんの小さな動作、形に違和感を感じたのです。


それは本当にまだ小さな不具合の種のようなものでした。


母に調整を申し出ても、「なんともないのに」ときょとんとしていましたが、からだに実際に手を添えてゆるませたり動かしたりし終わると、なんともないなりになんだか思いがけずラク、と、ちょっと不思議そうでした。


また先日、あるお客様に、その方のお顔の形のずれ始めのサインについてお伝えしていました。


些細な、不具合の種段階で見て取れる、小さな小さなサインですが、そのサインを見たら調整し時。


そんな段階で手を打っておけば、大きく崩れるリスクは低くなりますから、結果的にはいつも様子が変わらない印象でいられると思うのです。


見て取りやすいサインを知ることは、自分を知ることのひとつ。


大切だと思っています。




実際にお客様のみなさまを拝見していてもそうですが、ご本人がまだ全然不具合と感じないくらいな種的な要素は、肌のことも、からだのことも、他者であるわたしからは多少、見えやすいのです。


毎回、いらした方には、様子は拝見し続けながらも、ご自身での感じ取り方を知るべく、「調子はいかがですか」とお尋ねして、すでに出ている不具合、まだ種の不具合などを、サーチし始めるのです。


そして施術でお肌やおからだに直接手を添えながら、詳しくサーチし対処してゆくのです。


痛い、とか、決定的に荒れてしまった、などの、快適でない状態にならないようにと、些細なサインを見逃さないように心がけ、種のうちに対処したいと考えているのです。


乙女美肌室には、定期的に調整をするためにお客様がおいでになります。


エステにしょっちゅう行くなんて、とか、ずいぶん道楽だね、と言われると、みなさん、「いつも同じようにわたしらしく元気でいるために、自分だけでは出来きらない調整をしに行くの。エステじゃなくて、F1でいうピットみたいな位置付けなの」といったお返事をされるそうです。


そんなふうに長く継続してご利用いただけるサロンになれて、よかったなあ、と思います。

コメント(0)

2014年07月22日

メニュー外メニュー ④

ほかになにか、メニュー外ニューってあったかなあ…と考えましたら、スキンケアレッスンの出張レッスンがありました。

これは、ご来店で個別に受けることができない遠方の方のためのものです。

以前レッスンブックを作りましたけれど、ご注文はほとんど遠方の方からでしたから、きっと本当は直接レッスンしたいと思ってくださっているんだな、と感じたのを覚えています。

あの冊子は、直接指導を受ける機会がない方でも洗い漏れやすすぎ漏れなど、とにかく漏れがないようにと、便宜上細かく細かく手順を規定してありますが、実際は使うもの、使うひとによって、やりかたはどんなでもよいはず。とにかく漏れがなくきれいに、たるみなどのトラブルや肌ストレスを作らずに気持ちよくスキンケアができるなら、手順なんか本当はお作法でもあるまいし、こだわる必要はないと思っています。

絶対に漏れを作らないし、力もコントロールできるなら、なんですけどね!!(本質的に大切なことだけは崩してはイケマセン。)

 

遠方のただおひとりの方のためにこちらの旅費と料金を出していただいてもまだ時間がもったいないので、もし出張が必要な場合は、1クラス4人×3クラスくらいは最低でもあるといいかもですね。

そういえば、大人の女性にもぜひ、きちんとしたスキンケアを覚えていただきたいですが、本当は10代の、一番スキンケアの基本が必要な時期の女の子たちに、覚えていただけたらなあ、とずっと思っていました。

思春期は、肌もからだもぐんぐん変わります。

そんな時期に間違ったことを覚えてしまったり、へんてこに肌を扱ったりして汚い肌になって、それを恥ずかしがってまたへんてこな髪形などで隠したりするなんて、つまらないことだと思われませんか。

お母さんがちゃんと教えてくれたら一番いいと思うのです。

ですからお母さんたちには、ご自分のためとお子さんのためにも、きちんとスキンケアをできるようになってほしいと思っています。

あいにくとお母さんが教えてくれない、という女の子もいるでしょうから、学校で学ぶ機会があればなあ、とも、ずっと思っています。

一生ついて回る身だしなみの基本の大事なひとつです。

衛生観念とともに、早いうちに覚えてくれたらいいなあ、と、いつも願っています。

コメント(0)

2014年07月22日

メニュー外メニュー ③

マタニティについては、ご来店のお客様がお母様になられ、出産直前まで(もしくは里帰りなさる直前まで)の体調管理を含めておいでになる、というケースが主流です。

その方のからだの傾向を理解した上で、その方らしくおきれいに、ぎりぎりまでお仕事したり元気に社会生活できるように、お手伝いをさせていただいています。

おからだの状態に応じて完全にカスタマイズしたトリートメント内容となっています。

入院に際して(これはご出産だけでなくご病気などでも同じですが)、入院中のスキンケアアイテムのご相談を受けてそろえたりすることもあります。



産後のケアは、ご出産からだいたい1か月くらいすると赤ちゃんの予防接種などで外出することが始まりますから、やはりそのころから始めることが多いです。

赤ちゃんを連れてまだでかけられない、というお客様のお宅にお伺いしてケアをさせていただくことも、近ければ時折ございます。

まだ赤ちゃんと同じようなペースで寝起きしているお客様のおからだをやわらかくほぐしたり、ストレッチしたり、行き届かないスキンケアの帳尻を合わせるべくフェイシャルをしたりと、やはり個別にカスタマイズして対応させていただいています。

コメント(0)

2014年07月22日

メニュー外メニュー ②

ブライダルに関しては現在、乙女美肌室では、新婦さまがもともとお持ちの美点を生かして、欠点をそっと見えにくくするほうが一番ストレスが少ないだろうと思います。

たしかに、肌表面はつるんと均一でつやがあるほうがいいです。ですが、長らくの肌トラブルや過去の病気などで調子をうまくあげられない部位がある方や、ひじだけ真っ黒でどうにもねえ…とか、ドレスを着る段になって初めてご自
身が直面する欠点もあるでしょう。

全体的な形だって、からだの縮尺を変えるわけにもいきません。でも姿勢を修正したり、本来の骨格をできる限り出したりして、その方なりに一番すてきだね、というピークポイントに持っていけたら、もうそれで十分ではないかと思うのです。つまり、丸ごと人体改造するようなつもりでドレスに合わせたがるのは、どんな方であっても大変な作業で時間もかかるので、例えば太い腕を無理やり細くしたりしなくても、その方らしく健やかにきれいに見えたらもういいのではないか、と思います。

と、簡単に書きましたが、これだけのことであっても、今日の明日完成するかといえば、絶対無理というもの。

その方の日常をこなしながらも、自分に意識をし、修正しながら自分をブラッシュアップしながらお式の日まですごすのです。

時間がかかりますし、トリートメントのスパンもおひとによって変わり、でも間際に回数を重ねて磨き上げる作業は必須です。

乙女美肌室のトリートメントをご体験いただいた上で、さらに上記のようなことをご理解いただいた上でそれでもご用命くださる、ということでした ら、スケジュールさえ合えば、喜んでお受けしたいと思っています。

コメント(0)

2014年07月22日

メニュー外メニュー ①

新しいホームページになってから、メニューにブライダルがないぞ、乙女美肌室、ブライダルやめちゃったの?と思われた方もおられたかもしれません。

やめてはいませんが、まあ、メニュー外ニューとでもいうのでしょうか、ご依頼があれば、というスタンスなだけなので、特に記載をしていない、というのが実情です。

ちなみに、メニュー外メニューとしましては、
★ ブライダル
★ マタニティ
★ 産後

が以前よりあり、事情が許せば出張もやっています。

コメント(0)