プロフィール

カレンダー

9月 2014

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2014年9月の記事

2014年09月30日

薄く薄く紗をかけて

乙女美肌室のお客様の多くは、自前の肌を基本的には隠さないメイクがお好きです。

例えて言うなら、TPOに叶うようにきちんとはしていても、薄く紗をかけるような、全く厚みのないベースメイクを望まれているのです。

そんなご要望にこの秋おすすめするとしたら、ゲラン「Lingerie de peau」を滑らせて、または、くすみやすい箇所を中心にセザンヌ「フェースコントロールカラー1ホワイトマット」を刷いて、ベースメイクしてみるのはいかがですか。

ゲランの新しいパウダリーは、名前負けしない、下着のように肌に沿う仕上がり。塗ったっけ?と自分でも触って確認したくなる薄さですが、肌の補整は一通り済んでいるので、時間がたつほどに心強く感じます。

添付のパフででも、なにか手持ちの平筆ででも、朝つけたら持ち歩かなくてもいい(持ち歩くのは以下ハイライト、心配ならもうひとつ、色なしお粉くらいでしょう)のも頼もしいのではないでしょうか。

セザンヌのは、見た目に色がつくわけではないのですが、ラベルにある「陶器肌」には不思議となんとはなしに近づく仕上がり。

お化粧直しに、パウダーと併用したり、単体でお使いになるのもよろしいですね。

これら、ほぼ透明感だけを薄く薄く紗のように肌に載せるタイプのベースメイクは、あくまでも厚みゼロに仕上げるのが身上で、素肌の手入れ感がものを言います。

コメント(0)

2014年09月29日

避難用スキンケアの支度

我が身の肌がチリチリしたり痒くなりやすかったり、妙に乾きやすく、赤くなったりどす黒くくすんだり等、いかにも不安定で心配になったら、安心できるラインナップを用意しておいてスムーズに一旦避難するのは、いい対処法だと思います。

避難用ラインナップとしては、①刺激がなく用が足せて ②ただなだめる優しいだけでなくはっきりとプラスの結果を出し ③いつもの顔でしゃらっといられる 、といった項目を全て満たすものを、大人の女性は選びたいですね。



写真はふたつともクリームです。

Weledaのbaby dermaシリーズから、White marrow face cream。

Darphin からは、Intral soothing cream。

どちらも、静かに事態収拾する、縁の下の力持ち的な位置付けのものですのめ、化粧水、美容液または美容オイルでハリや冴えた顔色を出したいものです。



コメント(0)

2014年09月29日

睡眠時集中美容リカバリー

先日、超睡眠不足なお客様と、睡眠不足だと目が赤くなりやすかったり黒目がちーさくなったり疲れがどーんと見えたりしますよねえ、と話が盛り上がりました。

仕事があっても家庭人でも、遅くまでよく働くお客様だと、どうしても睡眠不足が続きがちです。

ならばできるだけ眠る時間を確保することが第一、そして、眠っている時間に集中的に肌にいいことを仕込んで睡眠不足の肌ダメージを少しでもリカバリーしたいところですね。

スリーピングマスク等の名称のカテゴリーのナイトケアをするとか、いつものスキンケアの最後に、例えばbare mineralsのpure transformation night treatmentを使うのも簡単。

これはお粉です。寝ている間に肌に栄養を含ませ、キメを整えて肌をぴんとさせていこうというアイテムで、肌がペタペタするのが苦手な方には嬉しい、朝もつるり、な一品です。

ほんのわずかですが肌色がつくので、シーツや枕カバーを毎回替える方でしたら、顔だけでなく、首筋にも刷いてみたら更によいですね。

コメント(0)

2014年09月28日

日中に乾かないためのリタッチアイテム

日中にも保湿性ある補水スプレーが数回は必須になってきたみなさま。

真夏のように、ただの水でシュー!では無理というものです。

かといって、うちにあるやつを詰め替えて、は、用途が違いましてうまくいきませんね。洗いたてすぐの肌にうまくいくものと、メイクの上からでも役立つものは、はなから用途が違うの、わかりますね。

というわけで、リタッチ用の補水スプレーというものが特に必要なのです。

乙女美肌室のおすすめは、例えば、ミラーさんの「草原のローションスプレー」や、写真のロクシタンのや、日本未発売ですが、benefitの初のスキンケアラインから、「ULTRA RADIANCE FACIAL RE-HYDRATING MIST」あたりでしょうか。

コメント(0)

2014年09月28日

乙女美肌室に届いたご案内から

フラワーエッセンスでお世話になっております、Iプランニングの板橋さんから、スピリットインネイチャーエッセンスのリラ・デイビーさん直々ワークショップのご案内をいただきました。

しかもなんと、11月です!

ワークショップは2つ。「職場やビジネスに活かす」(11月22日10時~17時30分)「家庭と家族のための」(11月23日10時~17時30分)と、かなり身近な内容となっています。

ミニバージョンのワークショップも2つ。「愛するペットのための」(11月21日18時30分~20時30分)「瞑想ワークショップ」(11月24日18時~20時30分)、こちらもとっつきやすいでしょう?

会場は永田町にある、全国町村会館(24日のミニワークショップのみ、新橋にあるオフィス銀の鈴)です。

気になる会費は、1ワークショップ21600円で、22・23日2つセットなら5%引きの41040円。

ミニワークショップは各6480円です。

なお、10月24日までのお申し込みなら、さらに割引になるので、ご興味ある方はお早めに。詳しくはhttp://i-planning.shop-pro.jpをどうぞ。

お申し込み用紙は、乙女美肌室にもあります。



コメント(0)

2014年09月27日

塗る漢方というアプローチ

乙女美肌室では、お客様にカスタマイズしてその場でなにかとなにかを混ぜたりするため、原材料的なものをさまざま取り揃えています。

製品になっているものは製品として完成されてはいますし、スマートですが、個々のお客様に全部合うわけではありません。

トリートメントするならば、わたしがその場で作り合わせて使うほうが話が早いといいますか、狙った結果に導きやすいのです。

個人ユースならば、製品化されているもののほうが簡単ですし、多少自分にとって物足りなかったり重かったりしても、多少ならば加減がなんとかきくはずです。

ですから、お客様のホームユースには、場合によっては加減の仕方までお話をさしあげたりするわけです。




さて、サロンユースはもちろん、ホームユースにもオススメできるという製品も、当然あります。

みなさまに目新しいかもしれないところで言えば、中医学に基づいて作られた美容オイル「本草精油」シリーズでしょうか。

このシリーズは、ご自宅で健康管理と美容のために使える、いわば塗る漢方薬。

このブランドを、乙女美肌室でもご縁があって、使わせていただいています。

適宜お客様のコンディションに応じて施術するスタイルにまた一層幅ができて嬉しい限りです。

お買い求めになりたい方は、乙女美肌室でも承りますし、国内で買えるサイトももちろんありますから、ご紹介しておきますね。

http://kanpoaroma-shinki.com/product_shinki/

コメント(0)

2014年09月26日

お粉も取り替え時

おひとによっては連日のように肌に不快感があってお困りかもしれません。

使用アイテムを冷徹に、迅速に、見直さないといけない時期にもたもたと、気づかないふりをしているせいかもしれません。

スキンケア、ボディケア、ヘアケア、お風呂場で使うもの、メイク用品までもが、全部見直しの対象になります。

せっけんひとつ、お粉ひとつまで、丹念に、不快感を引き起こさないものを選び直す必要があるのです。

で。

お粉ですが、うっかり、夏に使っていた残りを使いますと、かぴかぴのぱりぱりになりかねません。

感触としては、さらっとするけど肌がふわしと、な仕上がりになるようなものを、ぜひ、お探しになってみてくださいね。

写真のは、例えば、というところで、エバンジェリストのスキンケアパウダーのうち、色やキラキラのないほう(http://www.evangelist.co.jp/smartphone/detail.html?id=002000000001)。また、コンパクトタイプがよければ、かづら清の椿のお粉、chosungahのwaterdrop wetpowderも乙女美肌室ではおすすめです。

コメント(0)