プロフィール

カレンダー

2月 2015

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年2月の記事

2015年02月28日

出先で残念な肌のとき

なにかのアクシデントで、普段きれいなのにその日だけ、鏡を見て「ぎゃっ」となる肌(しわが!とか、粉吹きが!とか、毛穴が!とか、まあ、いろいろあるでしょうね)になってしまったとき。

慌てて「手持ちのパウダリーファンデーションかなにかで塗りつぶす」は、たぶんよくあると思うのですが、あらが目立つので乙女美肌室ではおすすめしません。

ポーチに、肌表面をつるりとフラットに見せるようなお粉と、肌に即席であげる水分補給スプレーがあれば、まずまず。さらに肌に潤いと柔らかさを足す、メイクの上から使える美容液などもあれば、慌てなくて済みます。

しかし、もうダメダメ!な危機的状況がよくある方や、そんなにいろいろ持ち歩かないというでしたら、せめてお粉やリップ&チークと共に、GARANCIAのAbracadabaume Perfect Illusion(http://m.sephora.fr/index.html#!catalog/product/view/P18524)はいかがですか?

色のない、パテみたいなペーストが詰まっているだけの小さなボトルですが、質感で毛穴やしわを目立たなくし、肌を柔らかくコーティングして、なにも問題がなかったような肌に即席で整えてくれます。

インビジブルにいい仕事をしてくれますよ。お忙しい、でもこざっぱりいたい女性におすすめです。

コメント(0)

2015年02月27日

名前も込みで楽しい

口紅には、時々名前がついていますね。

そっけない色番だけでなく、かといってこっぱずかしくなるような陳腐な名前でもない、色と質感とさりげない名前が喚起するイメージがぴたっと合うもの。

そんな口紅だと、余計に、使うのが嬉しいような気がしませんか。

例えば、よくデイリーで出番の多い、ややブラウンよりの温かみのあるナチュラルな色味ならば、

左側→NARS の Blond venus
右側→자연의 벗 の くるみ色

なんてのが、乙女美肌室にはあります。

同じような色調で多少の微妙な濃淡が違うだけですけど、名前のイメージは全く違うので、ユーザーとしても気分的に使い分けが楽しめたりするわけです。


チークも、名前が色のイメージと合って、使うのが嬉しくなってしまう、そんなものがありますね。

なれたら嬉しい女性像を表現した名前や、すてきそうなシチュエーションをイメージさせるものが多いかもしれません。

似たような、自然な上気色でシアーなものですと、写真は、下側が先日コーセーが買収したtarte のチークで、名前はnatural beauty。

上側はthe balmのチークで、名前がtoile。このチークシリーズはすべて布地の名前がついています。(http://www.thebalm.com/instain.html)

コメント(0)

2015年02月26日

3月の乙女美肌室

3月はマスクで出歩いたりしますよね。

そこで、落ちにくくやわらかに色づくチークをご用意します。

写真のは、血色やピーチ色やユニバーサルピンクに染めてくれるものたち。

お好みの色を、お粉の前に試してみてくださいね。

フレグランスはふたつ。
鳥籠の飾りがかわいい、VASILISAのGarden waltz(写真の)は、最近発表されたものではありますが、なんだか昔懐かしいような気分になる香りでして、わたしは十代に周囲の女子たちが折々にたしなみとして控えめにつけていたコロンの微かな香りを思い出しました。

あたしゃこども向きな香りはいやだね、という方には、ぜひ、大人にしか似合わない、セルジュ・ルタンスを。

お雛様の出番も、あと少しになりました。3日までは、お雛様ゆかりのお菓子をお出しします。4日からはまた一段と春めかしいお菓子をお出しします。お楽しみに。

コメント(0)

2015年02月25日

肌作りアイテム実験中

乙女美肌室では、トリートメント後にお化粧直しをしていただくために、一通り最小限のアイテムを、お客様のためにご用意しています。

毎月中身を変えますし、おひとによっても差し替えますからさまざまな品揃えがバックヤードにはあるのですが、肌作り用品は特に、全般的に明るめの色みを揃えています。

といいますのも、お客様のみなさまはお手入れを頻繁に繰り返しているうちに、肌管理はもちろんですが毎回体調や栄養状態はどうかなどを前日までの予約確認等で聞かれるせいで体調管理にも意識が行き届いてゆき、結果として、なんだかとても肌色が明るくなられるのです。

ファンデなら恐らくほとんどの方がオークルでは似合わない…そんなかんじですから、ご用意する物は明るめ、色物も明るい肌に合うものが主流になるというわけです。


今、最終実験中なのは、これからの季節にお客様にお使いいただくための、ベースメイクアイテム。

ファンデやBBではくどすぎる、濃すぎる、というお客様のみなさま用に、使用感ライトで素肌のきれいさをそっとサポートするようなものを、と、かなり絞り込んだ精鋭を最終実験しているところです。

特に色のつかないお粉で基本的に薄くすべらかに仕上げるのが主流の方々ですから、お粉との相性もしっかり見極めてご提案したいと考えています。

さらに、AとBを足して新たにCができるかどうか、みたいな、これまでにしっくりくるものがなかった分野に未知の匂いプンプンが楽しい実験もしています。

まあ、お客様によってはお粉をブレンドしたりオイルをブレンドして合わせたりし慣れていますから、その延長のお楽しみですね。

さて、みなさまにご提案できる水準に行きますかどうか。相変わらず、夜な夜な勉強と実験の日々です。



コメント(0)

2015年02月24日

乙女美肌室に届いたご案内から

紀尾井ホールさまより、6月の魅力的な演奏会のご案内を頂戴しました。

6月12日(金)19時からのは、イタリアのピアニスト、ジャンルカ・カシオーリのリサイタル。

曲目は、モーツァルトをはじめ、ドビュッシー、ショパン、リスト、そしてカシオーリの師であるコッラの夜想曲第7番(これは日本初演だそう)など。

S席7500円、A席5000円です。


6月29日(月)19時からのは、ドイツのピアニスト、ラルス・フォークトのリサイタル。

2003年以来のリサイタルだといいますから、かなり久しぶりですね。

曲目は、シューベルト、シェーンベルク、ベートーヴェンだそうです。

S席7000円、A席4500円です。


いずれも発売日は3月7日、お問い合わせお申し込みは、紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061までどうぞ。

コメント(0)

2015年02月21日

今やっておくこと案 ③

からだに跡が残るような下着、ぱつんぱつんの下着は、からだをむくませやすく、形を損ないやすく、さらに、色素沈着を引き起こします。

そもそもピッチピチな下着はからだをサイズダウンしてくれはしません。姿勢でカバーするくらいのつもりでいるほうが、よほどからだに益になるはずです。

からだのラインを美しく見せるとっておきのスペシャル補正下着は、それがどうしても必須の服装(ドレスとか)のとき用に。

普段のストッキングやタイツ、レギンスなども、お腹回りにムニッとくい込むきつさはないか、点検してサイズやメーカーをアップデートしてみてくださいね。

コメント(0)

2015年02月21日

今やっておくこと案 ②

のんびり、ファンデや化粧下地や軽い優しい日焼け止めに頼っていては、焼けます。

赤くなってから黒くなる方も、いきなりじわじわ黒くなる方も、一刻も早く最強防御を。

散歩やひなたぼっこは気持ちいいですから、きちんと防御してお楽しみくださったらと思います。

眩しい思いをしないよう目を守りましょう。首にはしわが残りやすいので、首もしっかり防御しましょう。

コメント(0)