乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

4月 2015

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2015年4月の記事

2015年04月30日

5月の乙女美肌室から

連休、いかがおすごしですか。
あっという間に緑だらけ、光だらけの気候になりました。一年で一番快適な日々かもしれませんね。
どうぞ、嬉しく快適なお休みをお楽しみください。

5月の乙女美肌室には、鳥がたくさんいます。
写真は、イヴ・サンローランの80年代のものというスカーフ。ほんとはもっと白いところがばきっと白できれいです。
ハイセンスで上質なセレクトがすばらしい、COSTUME COUNCILさん(http://costume-council.com/)でお譲りいただいたもの。
いかにも自由と愛を大切にしたサンローランらしいデザインで、すかっとしているところが初夏の気分にマッチするのではないかと思います。

BGMは、例によっていろいろなジャンルをご用意しています。
ロビン・ロイドさんのタイムレスですてきなアルバム「QUIET GREEN」、レヴァンフランセのベストアルバム「Les Vents Francais」、これまた色褪せない楽しさ、巨匠ランチベリーによるバレエ音楽「Tales of Beatrix Potter」、そして驚異のピアノ連弾アルバム「Lucas Nikotian Sebastian Macchi」などなど。

フレグランスは、新緑が美しい時期だからこそのセレクトで、青々とした草の香りと、今、歩いていてどこからか薫ると嬉しいハニサックルの香りを。片やさわやか、片や甘みのあるものですので、お好きなほうをお楽しみください。

メイクボックスには、フレッシュでセンシャルな色み、質感のものを揃えました。イメージは2015S/SのDiorのショーのメイクです。
素肌感の引き立つメイクが楽しめるよう、ベースメイクものはまた4月とはラインナップを変えてあります。お楽しみに。

コメント(0)

2015年04月29日

乙女美肌室に届いたご案内から

王子ホールさまより、秋のお楽しみをいただきました。

9月29日19時開演のフラメンコ音楽は、世界最高と賞されるカニサレスが。

ものすごい、としかいいようのない、繊細かつ緻密でエモーショナルな調べには、興奮することでしょう。

踊り、音楽が一体となって、それはそれはかっこいいステージだろうなあと思います。



もうひとつも、お茶とお菓子のついたルネサンス美女の物語と音楽、という、とっても面白そうな公演。

10月26日13時30分からです。

チケットはいずれも、5月30日発売です。(03-3567-9990)

コメント(0)

2015年04月28日

メーカーさん方の過剰負担にならないように

乙女美肌室とおつきあいのある業者さま、メーカーさまのほとんどは、乙女美肌室のお客様になら、と、何らかのサービスをしてくださっています。

こちらからお願いは一切していなくても、おつきあいの過程で、また、乙女美肌室の考え方などに共感していただいて、そのようにしていただけるようになりました。

ですが、お客様というものは本来流動的な存在です。ご用が済めば、また、気が変われば、必要を感じなければ、いつでも顔ぶれは変わります。決して固定のものではありません。

そうした方(目安としてはメルマガが行かない方々)にまで送料無料などのサービスをしては、いつか業者さま、メーカーさまが大変になってしまうと心配しています。

ですから、乙女美肌室が取り次いだお客様にだけ、せっかくのお心入れのサービスしてくださるよう、お願いしています。

もしかすると、まだ、気を遣ってサービスを続けてくださっている業者さま、メーカーさまもあると思いますし、ラッキー♪とご厚意を受け続けている方もあるかもしれません。業者さま、メーカーさまがそれでよいならかまいませんが、乙女美肌室としては、ことの始まりが乙女美肌室のために、というお気持ちだったことに責任を感じています。

ですから、できるだけご負担にならないように、できるだけ業者さま方のせっかくの想いが活きるように、こちら側で気をつけてさしあげなくては、と思っています。


写真は、仕事場のエバーフレッシュの新芽。最近よくベランダで風に当ててひなたぼっこさせていたら、こんなかわいい新芽をプレゼントしてくれました。仕事場でも家でもグリーンと一緒にいて、世話させてもらえたり、こんなふうにすくすく元気な様子を見せてもらうのって、本当に幸せです。

コメント(0)

2015年04月27日

さらっ、つるっ、の快適下地

爽やかな陽気でゴールデンウイークに入れるようです。

からっとしつつもほんのり汗ばむ日もありますし、ひんやりした風にさらされたりもすれば保湿を怠れないと痛感したりもするでしょう。

スキンケアや下地をしかるべくラインナップしたり調節したりしながら、快適に貴重な気候を楽しみたいですね。

写真は、今使ったら快適な一例。

オバジC「トーンチェンジベース」は、色のない下地ですが、毛穴や色むらなどを見えにくくし、てかりにくく、しかしやわらかな明るい肌のままキープしてくれます。

Youngblood「Mineral Primer」は、まさに透明。毛穴やテカリはシャットアウトしますが、ビックリするくらい軽く滑らかに伸びて、シルクのような質感を長く保ってくれます。

いずれも、日焼け止めまではスキンケアとしてつけておき(オバジはSPF23しかないですし、本当にものすごく紫外線が強いですから。)、下地からはメイクとしてお使いになるとよいですね。

コメント(0)

2015年04月25日

乙女美肌室のトリートメント

乙女美肌室では、生理中でも妊娠中、授乳中でも、トリートメントできます。

排卵後~生理中は腹部と腰部臀部のトリートメントが快適とのお声もたくさんありますので、そのあたりがお辛い方は、5月からレギュラーになる、全身メニューもよいかもしれません。

周期やストレスに伴い、からだのねじれが強まる方もあります。からだのねじれは首も含みますし、当然顔面も歪みます。その場合はバランス調整と、首肩脇などをトータルに調整するデラックスフェイシャル(リフレッシュフェイシャルはスキンケアのみとお考えください。たてつけはいじりません。)の組み合わせがおすすめです。


妊娠中は、体調が安定してからのトリートメントをおすすめしています。月齢でいえば3か月をすぎてから、臨月ぎりぎりまでは可能です。
重心があっという間に崩れ、また、下半身の筋力が落ちやすいので、バランス調整とデラックスフェイシャルで調整してゆきます。

産後は1カ月半すぎたらまた、トリートメントが始められます。かなりアンバランスな筋力になっていますので、バランス調整とデラックスフェイシャルで調整してゆきます。

妊娠中から授乳期が終わるまでは精油類は使いません。

授乳が済んだら、バストまわりのケアが始められます。主に、バランス調整または背中のトリートメントと、デラックスフェイシャルで調整してゆきます。

更年期の方々、これからまもなく迎える方々は、場合によっては、フラワーエッセンスとバランス調整、フェイシャルの組み合わせをおすすめしています。といいますのも、加齢を残念に感じたり女でなくなると感じたりするほど症状が重くはっきりと現れるという統計もあるため、もしなにか、からだに及ぼすほどの思い込みや不安感があるなら、それをほどいてゆくほうが、自然に楽な状態に戻りやすいと考えるからです。ただ、本当にひとによりますから、ケースバイケースではあります。

女性には、日頃の疲れやストレスのほかにも、こうしたライフサイクルに伴うからだの不快感が発生しやすいですね。

できるだけ上手にお客様がご自分のからだとおつきあいしてゆく、そのお手伝いが叶うよう、乙女美肌室のトリートメントは考えて作ってあります。

コメント(0)

2015年04月24日

乙女美肌室に届いたご案内から

紀尾井ホールさまより、すてきなご案内が届きました。

9月11日、12日に行われる、紀尾井シンフォニエッタ東京×指揮者タカーチ=ナジによる、ベートーヴェン「シュテファン王」序曲、チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」(大好きです!)、メンデルスゾーン「交響曲第5番二長調」の演奏。

これは行かねば!と個人的には手帳に○印しました。

いまひとつは、日本初演となるバロックオペラ。こちらは10月6日と8日です。

乙女美肌室のお客様でしたらチケットお取りできます。

コメント(0)

2015年04月23日

今を享受できるように

4月の終わりくらいから5月は、ウキウキと気持ちが高揚してきてあまりからだや肌の不調サインに気づけない方も、実はたくさんおられます。

トリートメントにいらして、前回から日が空いたけどあまり不調じゃないと思いますとおっしゃる方ほど、かなりの解離が見受けられますが、でもまあ、せっかくゴキゲンなので、黙ってそっと、かなり特殊なものをフル出動させてでも、整えてしまいます。

やりやすく整えておけば、ウキウキしていても、さらに気持ちだけ暴走して足元がふわふわしていても、ある程度、セルフケアのクオリティは保てるでしょうからね。




この時期やっておいたらいいと思うポイントは、

★梅雨時になったときに心身の状態が落ちないように心がける

★湿気に肌やからだが弱い人は特に、今のうちにコンディションをよく安定化させる

★日焼けリスクを最小限にする

といったこと。

常に今を心から享受するには、少しだけ先の手配りを済ませ、今より前の負を清算しておく必要があります。

不調や疲れやダメージなどの負を引きずったまま今に至れば、今は少なからず負を帯びることになります。

また、いつ天候や季節がかわるかもしれないので、先の、変わった先の心づもりと備えがないと、変わったショックがまたダメージを増やすかもしれません。

今が常に自己ベストであるように、今を常にたっぷり享受できるように、という考え方があってもいいんじゃないかな、と、乙女美肌室では思っています。


写真は、今年の母の日用に支度した、カクテルリング。

コスチュームジュエリーで有名な、Kenneth Jay Laneのものです。

コメント(0)