乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

7月 2016

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2016年7月の記事

2016年07月30日

エコで清らかな光源

Img_20160730_122755_2


涼しげな清らかな光。 この光源は、株式会社aflの吉沢社長さまよりいただきました、超薄型軽量の、ソーラー電池のLED「Exeluce」というものです。 サイズはCDケース弱、かなりの明るさで、床や棚に平置きして間接照明にもできますし、災害に備えも。 写真の白光と昼光、2色あります。 おうちでのスキンケアやメイクに女優ライトが欲しかった、という方にもおすすめです。

コメント(0)

2016年07月27日

もうすぐ8月

トリートメントが終わると、鏡を見て「色が白い!」と驚く方が続いています。
夏とはいえそんなに黒々と焼ける現代人もなかなかいませんから、まあ、白くて不思議はないのですが、「夏=黒くなる、だから仕方ないけど、いつもの肌色が、汚れなのかくすみなのか日焼けなのかはわからない」というのが大多数なのでしょう。

乙女美肌室のやり方、仕上げ方は、お客様が日常的になさるスキンケアのレベルとは当然ながら違います。しかも段違いというべきレベルを目指してトリートメントしますので、仕上がりは「白くてびっくり」なのかもしれませんね。ちなみにその白さは、お客様の自前の肌色です。

8月は秋物を買ったりする月ですよね。スキンケアでも、秋を見据えたケアに変えるといいときなのです。
乙女美肌室のお客様方は順次切り替えや差し替えをしているところであったり、夏後半をどう乗り切るかやどう肌やからだをキープするかを、みなさま真剣にメモして帰られています。
秋の予兆があったとき、いきなり荒れたりかさかさになったり手に負えなくならないように、仕込みをしながら過ごすのが、あと少しで始まる8月だと思います。

コメント(0)

2016年07月26日

生き方を学ばせていただきました

万葉集や和歌、バッハの師であり、いつも温かく迎えてくださっていた恩師が、静かに今朝、大往生なさいました。


常に物静かに、目立とうとせず、本質を見据えてぶれない先生の生き方からは、13歳から今までの長い長いおつきあいの中で、学ぶことが本当にいくらでもあったように思います。

我が我がと出張って目立とうとするより、真にひとの役に立つことを見抜き、そっと静かにその場でぶれずに居続けることのほうが難易度が高く、ずっと尊い、と思うようになったのは、まさにこの恩師の姿勢に学んだことでした。


長い長い間、お世話になりっぱなしで、なにがお返しできたのか、心細くなる有り様です。

お葬儀はひとまずの区切りであり、実際は大切なひとが、より身近に生き続けてゆく転機なだけのように、わたしは感じてきました。ですから恩師には、これからも変わらず、胸のうちで問いかけを続けながら過ごしていくことでしょう。

コメント(0)

2016年07月25日

後半は修復ケアを

いまや、夏は実に半年弱に及びます。
前半に防御ケアを心がけるとしたら、後半はすでに蓄積してきているダメージの修復に軸足を移す時期。
お手持ちのアイテムの点検に取りかかってみてください。

修復といっても、今あるダメージの程度によって、使いたい修復成分やアイテムは変わります。
例えば、湿疹や汗疹が花盛りであれば、鎮静しながらこれ以上の拡散蔓延ぶり返しを防ぎ、痕を残さないようケアしていくというスタンスが必要になります。
日焼けなどで肌そのものが硬くなってきていれば、硬い肌は一気に衰えしぼみますから、とにかくふっくら感や内から満ちる感を取り戻すというスタンスが必要になります。

夏だから美白、というのも短絡的な話で、必ずしも美白製品が今必要というわけではない方もたくさんおられます。修復したから結果明るい肌色になる、ということだってあるのです。

なにが今一番必要なのか、わからなくなったら、ご来店時に方針会議をしましょう。きっとまた的を得たケアで、ご自分をきらきらさせることができるでしょう。

コメント(0)

2016年07月24日

7月のメルマガトピックス

◎ ある程度ボディラインが定まり終わった方に

◎ するするのお粉を

◎ 毛穴が大きめな方に

◎ 頭皮が固くなりやすい方に

◎ 今年の汗疹対策 途中経過

◎ 室内でも日に焼けます

◎ 最優先ターゲット別 スキンケア組立例から

◎ 首をたてるときのコツ

◎ 習慣化には3週間

◎ くわれやすい方に

◎ 加齢臭シャットアウト作戦

◎ 首の後ろにだんだんはありませんか

◎    肌の目詰まり対策案

◎    唇のしわ対策

◎    瞳を活かす、軽い眉メイク案

◎    白眼をきれいに保てるか

◎    10年走って2年でチャージ

◎    自信を持つこと

◎    足の分泌物が増える時期です

◎    足りないものを補うダイエット案

◎    足裏→膝→膝裏ふくらはぎを温める

◎    夏休みの実験

◎    手持ちのアイテム、残量は?

◎    8月の支度を進めています

◎    夏後半は修復ケアを

◎    毛穴のつらなりが見つかったら

◎     首とデコルテ

◎      朝起きて「あっ」となったら

◎      たるみ対策イロハ

コメント(0)

2016年07月22日

なにを基準に選ぶか

世の中には化粧品がたくさんあります。値段と中身が見合うものも、見合わないものもあります。


このところしばらく、乙女美肌室でお客様におすすめしたりお譲りするものの多くは、中身が認められ、かつ、値段が買いやすい生活価格なものです。世界中から乙女美肌室の厳しい目で探しだしたものです。


例えば今あるクレンジングは500円台から1000円台、化粧水は1000円台から大容量でも3000円台、クリームは1000円台から3000円台、スリミング剤も高くて3000円台です。かなりリーズナブルなのがおわかりになるでしょう。
デイリーでどんどん消耗するこれらのアイテムは、狙いさえ合っていれば、必ずしも有名であったり高価である必要はないと思うのです。
効能を絞り、ハイスペックなものを選べば、7000円台や10000円台も中にはありますが、どうしてもそれでなくてはならないときしかおすすめしません。


いずれにせよ、選ぶ基準は、ユーザーが使いやすいか、ユーザーの現状に合っているか、ユーザーが直面する最重要課題にアタックが可能か、といったことで、それが有名か、口コミなどで話題か、などはどうでもいいことなのです。

日常のケアに法外な値段をかけても使いこなせなければすべては無駄ですし、高いもの=改善が約束される、でもないですよね。なんとなく根拠や必要性をはっきりさせずに、とか、ブランド力だけで揃えるのも、ユーザーとできるかぎりマッチしないなら、意味がないのでは、と思っています。


使いこなせなくても、使ってみたいだけなんだからいいのだ、という結果を伴わない「エアスキンケア」が趣味の方もありますし、不安や好奇心からとりあえずなんでも集めておきたいのだ、という方もおられます。なにが自分に必要かを見極めてからものを選ぶといい作業が煩わしくて考えることを放棄して評判だけを指標にしている方もあります。いずれであっても、自らたるみやしわを作る、自らキメを潰すなどの自損行為をしない範囲内ならば、なんでもいいのではないでしょうか。自損してしまうくらい度が過ぎるなら、ちょっとどうにかなさったらとは思いますが。

本当に心底現状をどうにかしたくなったら、もしかすると乙女美肌室でもなにかお役に立つご紹介やご提案ができるかもしれません。そうしたときがきたら、トリートメントを受けにいらしたついでに、遠慮なくご相談いただければと思います。

コメント(0)

2016年07月18日

梅雨明けしたらやりたいこと

関東も今週には梅雨明けしますね。梅雨明けしたら、いち早く取り組んでおくとあとでらくなこと、いくつかあげておきます。

①薄毛のひと化を予防

②シミの濃いひと化を予防

③汗で潤ってる錯覚だけの実はミイラ化を予防


①→
シャンプーはとにかく落とすことに特化したものを。襟足や生え際は特に脂っこく汚れています。泡の立ちが弱い箇所にはシャンプーを足してでも、しっかり落としましょう。

しっかり洗ったら髪そのものには日焼けダメージなどを補う栄養分をコンディショナーやパックなどを。頭皮には柔軟剤や育毛剤をもみこみます。

②→
防御美白をスキンケアに組み込みます。直射日光下での無用な露出、汗を拭くつもりやお手入れするつもりの過剰な摩擦を避けるとともに、からだそのものの抗酸化に努めておきましょう。

③→汗で肌が湿気るので、潤いはばっちりと思うのはよくわかりますが、肌のふっくらした潤いとは全く別なのです。しかも汗ばむ時期は脂汚れもタンパク汚れも両方取ってからでなくては、水分を含ませられないので、厄介です。乙女美肌室で必死に汚れを落としているのは、どなたにも水分を含めない現状があるからです。分泌できるからだであることは、生きている証拠で嬉しいことなので、問題は「分泌物をいかにクリアに取るか」となります。水分が含めないくらいの汚れ膜ができてしまわないよう、日常的に朝晩の洗いをよろしくお願いいたします。

そして化粧水。この時期は、わずかにでもとろみがあると重さにつながり、満たしにくくなります。お手持ちの化粧水を点検してみてください。オールインワンをお使いの方にも盛夏時期は水分が別にある方が安心です。

コメント(0)