乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

8月 2016

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2016年8月の記事

2016年08月30日

早くて便利なスプレーネイル

Dsc_0027


スプレータイプのネイルラッカー。
使ったことありますか?


わたしは手にはネイルをしないため足の感想しかありませんが、とても早く、とても簡単に仕上がったので、逆にびっくりしました。


わたしが使ったものは、

ベース→1分たったらスプレー→5分たったらトップ→1分たったら肌についたのを石鹸で洗い流し

というステップ。

ベースとトップは同一品ですから、アイテムはベース兼トップとスプレーのふたつだけということになります。

スプレーならではの薄くぱりっとした膜も、ぽってりしたジェルとはまた違い、いいものです。

コメント(0)

2016年08月27日

8月のメルマガトピックス

◎ 美しい首を作るコツ
◎ どうしても肌をきれいにできないとき、やってみる方法
◎ 自分の足のサイズを正しく把握して、足をきれいに健やかに維持する
◎ 8月のスキンケアのキモは、取りこぼしなく取る→パンパンに水分を含ませる
◎ 今買うならこんなアイテムを
◎ 夏やせしてきた方へのアドバイス、今何をすべきか
◎ 肌の立て直しに特化した業務コスメ
◎ いつまでに夏のスキンケアアイテムを使いきるか
◎ 今からできるシミ対策
◎ むずむず痒いときの対処
◎ ジャミラにならない方法
◎ そろそろ土方焼けの始末、そのやりかた
◎ 吹き出物の種類別対処法
◎ 二本足できちんと立てる足を作る
◎ 美味しくお茶しながらからだケア(水分補給、むくみ対策)
◎ 汗のからだをすっきりさせたいときのアイテム
◎ 環境害からくるダメージ蓄積にアタックする
◎ 寝る前にやる、自分メンテナンス法
◎ 夏の越し方別 ボディケアレシピ
◎ 目に汚れを溜めないで

コメント(0)

2016年08月24日

スクラブ好適期

汗をよくかく夏はからだが汚れやすく、うっかり軽めに洗っていると、あっという間に垢が溜まります。
お風呂上がりに試しにバスト下などを擦ってみると、垢が出るかもしれません。

今、積極的にやっておきたいのは、垢の除去。
お風呂でからだ中にスクラブをかける絶好の時期です。


最近、環境害が指摘され世界的に使用禁止が叫ばれてきているポリマービーズや、すすぎにたくさん水を要する発泡剤や油脂を含まないスクラブを、乙女美肌室ではおすすめします。
水を汚したり水をたくさん消費したりしないで済み、肌もストレスなくなめらかになるものがベターだと考えるからです。

ミルサーが台所にあれば、スクラブは手作りもできます。
オートミールや緑茶を挽き、濡らした肌に泥状にゆるめながらなじませます。
あんまり細かい粉にしてしまうとポリッシュしにくいので、好みの粗さを見つけてみてくださいね。
コーヒーの出がらしでも試せますね。

数日集中的にポリッシュしてみてください。
さっぱり感が違いますし、肌の見た目と手触りのなめらかさも段違い。
そこへ今必要な成分と質感のボディクリームなどをつけておけば、ご自分のこと、心配ありませんよね?

コメント(0)

2016年08月22日

シアーに熟れてきた赤

B_18176

Multibalmopensoft_strawberry10feb16



茱萸の実やすぐりの実のように、水分をたっぷり含んでシアーで赤、という唇メイクに最近、心が動きます。実りの秋も近づいてきてるし、ということなのでしょうか。


乙女美肌室でもしお客様に提案するとしたら、例えば写真のふたつなどは、カジュアルにすぐつけられそうでいいかな、と思います。
どなたにも合いそうでしょう?


今日は東京は台風で大変です。
こんなふうに夏が吹き飛ばされて、秋とだんだんに入れ替わってゆくのかな、と考えながら、秋色・秋対策ものリサーチに励んでいます。

コメント(0)

2016年08月17日

あなたはこんなにきれい

今時期のようにからだがくたびれているときは特に、鏡を見たトリートメント後のお客様から驚きの声があがります。

来たときも着いて早々に鏡を見ていますから、肌色、透明感、つや、かたちなど、違いがよくわかるのでしょう。

でも中には、自分の顔や姿をまじまじと見ることを普段しないひともあります。

目が悪かったり、いつも見ても同じようであまりよく見ないということであったりしますが、そうした方には特に、トリートメント後に「ね、きれいでしょう?」と声をかけます。
そうすると初めて、自分の姿をちゃんと見てくださるのです。


ハイな感じで喜んでくださる方も、ローな感じで喜んでくださる方も、「こんなにきれいなわたしだったんだなあ」とちゃんと感じていただく機会は必要だと思うのです。

実物以上にはできないのですから、このきれいはあなたの現実。

こんなにきれいなんだな、とよくよく見覚えていただきたいですし、きれいな自分に自信を持っていただきたいと願っています。

きれいなのにきれいでないふりをすることはないですから、きれいを曇らせない習慣をつけたら、無敵と思いませんか。

乙女美肌室ではただきれいにしておしまいではなく、きれいなのにきれいに見えなくなる要因を潰していきたいと思っています。

だから、毎日のおうちでのスキンケアやボディケアなどにも、現実的に本人ができることを考えてご提案しますし、日常的に気をつけるポイント、気構えなどもお伝えしています。

欲や焦りやバカにされまいというような無意味な見栄を入れずに、シンプルに、小さなことからちゃんと積み重ねていけば、きれいを見えにくくする要因はいつか消えるはずです。

本当の顔や姿はこんなにきれいなのだと、嬉しく知って、嬉しく毎日を過ごしてほしいな、と二心なく願っています。

コメント(0)

2016年08月14日

シミを嫌わないで

シミなどのところは、ダメージを受けて「色をまとわないとつらい目に遭う」という経験をした、気の毒なところ。その肌の部分にとっては、つらい思いが残っている限りはずっと、色をまとって、またくるかもしれないつらさを防ごうとする…。
肌やからだをかわいいペットのようにとらえたらいろいろうまくいくと考えているわたしは、シミのことをそんなふうに考えてしまいます。
だから、シミを目の敵にしていかに撲滅するかと算段するより、つらい思いをもうさせないよ、と肌の信頼を取り戻すような日常を過ごすことのほうを、大切に感じてしまうのです。

からだはひとの言葉は話せませんが、生き物であることにかわりはありませんし、汲み取ろうと思えば情報はたくさん出しているので、なにがしかはキャッチして応えられることもあると思うのです。例えば簡単なところでは、快不快。快適にいるか、なにか不都合や居心地悪さを感じているか。それくらいならキャッチできますよね。

シミを仮に肌のトラウマとすると、その肌にとっては不快や我慢が度を越えたのかもしれません。そう考えれば、気の毒な思いでいっぱいになります。そして、今すぐやさしくケアをして安心させてあげたくなります。

心を閉ざした相手にまたコミュニケーションを取るのは、至難の技です。あきらめて袂を分かつことができる相手ならまだいいですが、我が身はさすがに見捨てたり切り捨てたりはできません。
ですから、また信頼を取り戻せるように、また仲良くなれるように、身構えなくてもすごせるように、手を尽くし心を配る必要があると思うのです。

からだを、肌を、そんなふうに見る機会をお持ちになってみるのも無駄なことではないように、乙女美肌室では考えています。

コメント(0)

2016年08月12日

全身さっぱり気持ちいいと人気のメニュー

乙女美肌室の少ないメニューの中に、「全身」というのがあります。

バストとお尻以外はみんなきれいにクレンジングし、なめらかにならし、部位ごとに必要そうなケアをするもので、顔以外の部位もわけへだてなくケアしたいという気持ちから生まれました。
顔のような細やかなケアをからだにも惜しみなくしたら、全身さっぱりと気持ちよく、きれいになるでしょう?
なさったお客様からは、「予想外の気持ちよさ」「ほんとにまるごときれい」「肌触りがすごい」「からだが一回りタイトになった」とお喜びいただいています。

ただ、からだがある程度整っていないと、スキンケアに特化できませんよね。
ですから、せっかくご希望いただいても、優先順位に照らして、バランス調整とデラックスフェイシャルに変えていただかなくてはならない方も実際多いのです。
からだがどこか縮んだまま、ねじれたまま、高さが斜めなまま、などをできるだけリリースするほうが急務なのです。
代金が違いますから、目をつぶって全身でお受けしてしまうほうが儲かるのでしょうけど、そこはやっぱり、見逃せないのですね。


夏の終わりごろになると、まるごとクリーニングを、ということで全身メニューのご依頼がまたぐんと増えます。
おからだのスキンケアがすんなりできるように、それまでにからだをぼちぼち整えておきたいですね。

コメント(0)