乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

2月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

新着順

2017年02月24日

2月のメルマガトピックス

◎ 生理周期などから自分のからだの状態を常に把握しましょう

◎ 今やっている美白対策の点検を

◎ スキンケアの二本立てプラン

◎ 日焼け止めは新製品を

◎ 日焼け止めの選び方とおすすめ一覧

◎ 駆け込む目安

◎ 春物の支度は下着類から

◎ 肩を上げずに息をする練習

◎ 水気をくれて便利な保湿剤は

◎ 肌が分厚くなっていたら

◎ 肌が弱って心配なときに

◎ ターンオーバーのおさらい

◎ からだのお悩み別ボディケア

◎ これからやる美白対策のポイント

◎ 埃っぽい季節に気をつけておきたいこと

◎ 全体美白のための美容液一覧

◎ 春の薄着に向けて、からだの肌などの重点ケアが急がれる方に

コメント(0)

2017年02月13日

春の光に相応しいベース作り

Img_20170213_183037_148



かすかになめらかな艶を帯びたベースメイクには、色よりトーンと質感が必要ではないかと乙女美肌室では考えています。

例えば写真のラインナップ。

全体を左のジェル下地でやわらかく潤ませ、手前側のコンシーラーの中でもCC-2で不規則な赤みやシミを潰し、右や上の艶のでるハイライトを最小限載せる。


それだけでも、春の光に相応しい、まるで素肌が健やかにそこにそのままあるような仕上がりに。


ぜひ似たようなお手持ちででもお試しあれ。


ヌードスキンフィット(リルレナ)

media pro total cover-all wheel Ⅱ(Ben Nye)

Lit(milk make up)

lighting powder fine glow(eSpor)

コメント(0)

2017年02月07日

なんてことのないもの礼讚

Img_mascara_natural


マスカラやアイブロウペンシルになにを求めるかはお好みが多様でしょうね。きっと、なりたい自分像とシンクロしているはずです。


わたしは個人的にはそのアイテムの本分(マスカラなら、黒くてほんのり艶が出て毛流れが整うようにコーティングする、アイブロウなら、疑似毛のように描けてぼかせて消えにくい)が備わっているものが好みです。

ファッションの好みもいわゆるノームコアというのでしょうか、どんどん「なんということもないシンプルな、でも自分そのものが普通に引き立つ」ものの方向へ志向が向いているために、メイクツールについても自分の素材を生かせるだけの最小限の力があればもう満足なのです。


しかし、そんなベーシックな機能のものが、最近は買いにくくなってきているように感じます。もっと華美に、もっと機能性をもたせて、と発展したものがたくさん売っていて、なんということもない普通のものを見つけにくくなってきたのです。


ベーシックであることは、必ずしも機能において劣ることにはなりません。
例えばマスカラなら、長く、太く、カールする、という機能がなくても、自前の睫毛の毛流れをきれいに見せるためにきちんとセパレートができ、だまにならず、控えめに艶を与え、お湯で簡単に落ち、にじみにくい、というたくさんの機能をクリアできていないといけません。
つまり、仕上がりがいかにも「あたしゃメイクがんばったんですよね」では困惑してしまう人間にとっては、でしゃばらずにそっと、それこそ魔法のようにきれいさをアップしてくれないと、意味がないのです。なまじな華やか盛り系コスメなんかより、よほど高いスペックを備えていないといけないんじゃないか、と思うくらいです。


ナチュラルにボトムアップをしてくれるコスメをいろいろ探してきて、まだなんとか、要望を満たしてくれるものが見つかることを、本当に嬉しいことと思います。そうしたものがひっそりとマイナーチェンジしながら生き延びていってほしいなあ、と願っています。

コメント(0)

2017年02月04日

春になりましたね

Dsc_0245


暦では春になりました。

乙女美肌室にいらしてくださるお客様はどなたさまもおきれいですから、自分に気後れすることなく春をお迎えでしょう。これを読んでくださっている方々ももちろんそうでしょうね。

どなたさまも春になったとたん、咲く花といつでも競えるくらい、春のひざしが心地よいのではないでしょうか。


お客様方に関して申し上げれば、やはり、定期的に微修正や微調整を重ねている方々のからだや肌は違います。
長い目で見ると傍目にもかなりな差が出ますので、自信をお持ちになって、春を楽しんでいただけたらと願っています。

わたし自身はいつも黒子の役に徹しているせいか、正直なところ、自分に光が当たることに気後れすることがよくあります。ですが造作はともかくとして、せめてできるだけいい顔つきと健やかな肌・からだでありたいな、と思って過ごしています。


そんな地味一辺倒の黒子にも、春はやってきます。
すると不思議なことに、花が咲くように少し華やぎたくなるのですね。
春は本当に魔法の季節だなあと感じています。

コメント(0)

2017年01月21日

セカンドスキンのようなキャミソール

Sogto076_02b


先日、腹巻きをすると服がもたつく、というご相談をお客様からいただきました。
おなかを暖かく、というのと、中年太りに見えないすっきりさを両立できるインナーとしてご紹介したのが、写真のブラキャミ。
びっくりするほど薄く、しなやかで、カップも悪目立ちしません。
ブラキャミには、バストまわりがもたついて見える残念なものや、いかにもミサイルバスト的に突きだしたものがよくあります。
どちらもものすごく格好悪く感じて、個人的には絶対着たくないので、よーく探し回って、たどり着いたのがこれなのでした。


オンラインショップがありますので、ご覧になってはいかがでしょうか。
http://www.lifebar.jp/03_01/sog_to_076_01.html

コメント(0)

2017年01月12日

お客様が書く「わたしと乙女美肌室」

Dsc_0211


独身時代から長くご愛顧くださっているお客様が、お原稿を寄せてくださいました。

いつも馬鹿話ばかりして笑かすおもてなしばかり(いや、つい…)だというのに、こんなふうに大切に思ってくださっていたのだなと、改めて頭のさがる思いで拝読しました。こんなにお褒めいただけるに値するか、自問自答してしまいますが、また励みにさせていただきたいと思います。本当に、ありがたいことです。


乙女美肌室と出会って、高橋さんの施術を初めて受けた時は衝撃でした。

そして自分のスキンケアが残念な間違いだらけと初めて実感し顔や身体の使い方、力の入れ方など自分で自分を損なう事ばかりで施術中の痛さと落胆した思いもあって、気付くと涙が流れることばかりでした。

表面的なきれいさだけでは美しさには程遠いと思い知らされ、それでも今までがんばってきましたね。お辛かったでしょうと、慰めていただきながらの施術でした。

今でも思うように日々を過ごせず、高橋さんには修正していただくばかり。

たまに一箇所でも褒められようものならそれはそれは嬉しいことで、やったーと素直に喜ばずにはいられません。

化粧品は高橋さんの知識をお借りしっ放し、美容や身体の知識だけでなくセンスも素敵でいらっしゃるからお話し伺っていて刺激的だし毎回楽しく、空間もいつでも清らかで、季節の恵みや有り難さを感じられるようなしつらえが美しく、入った瞬間に自分の気持ちの軸を呼び覚ますことができます。

もちろんお出しいただくお茶やお菓子も時期ごとに美味しい味わい深いものばかり。

お茶も身体のことにまでお気遣いいただいた上でご用意してくださって毎回感服するやら美味しいやら…

乙女美肌室に通っている中で、ふと思ったのはお茶室のようだな…ということ。

お茶をやっていないので不確かなことばかりで口にするべきではないのですがきっとこうなのでは?と、毎回感じています。

雑事から離れ、気持ちが静まり、真の自分と向き合い、自然・季節の恵みを思い出し、その中にただ生きてあるだけのことよと毎回気付かせてもらうようなひと時です。

その上で今自分にとって必要なこと、やるべき事をシンプルに考え実行するアイデア、元気、活力をもらえる私にとってはこの上なくかけがえのない場所です。


今は高橋さんの施術が受けられる間は、お世話になり続けたいのですが、それが叶わなくなった時の不安が実はあります。

もう少し自立しなくては⁈…とも思います。

高橋さんにもくれぐれもご自愛なさってほしいです。
今後ともよろしくお願いします。

コメント(0)

2016年12月28日

お客様が書く「わたしと乙女美肌室」

乙女美肌室のお客様仕事は昨日が今月最終日でした。
今年もこの部屋全部が仕事に協力してくれて、お客様方がいらしてくださって、ありがたいありがたい、と、手を合わせながら掃除洗濯やしつらえ替えを済ませ、罰ゲームの荷物持ちみたいにしながら寒い中を家にたどり着いたら、お客様から、心温まる原稿が届いていました。


まっすぐな目の表情がいつも印象的なこのお客様らしい、正直でシンプルな文章で、それがかえって胸に響く感があります。
先日 (http://blog.glam.jp/.s/otomebihada/2016/12/post-e4b2.html) 同様、お客様のくださる文章には、全く手を加えていません。
日頃お客様から受ける話題や意識の持ち方、世の中や自らへの目線の端々から、こんなに知的な方ばかりいらしてくださって、勉強になるなあ、恐縮だなあ、とはいつも感じていますが、こうした書くものからも改めて、ありがたい境遇においていただけていることを幸せに思います。


乙女美肌室は私に日々の生活を見直すきっかけ、改善策を与えてくれるサロンです。

体が怠い、肌の調子がいまいち…何故そのような状態に至ったかをオーナーの高橋さんは丁寧に分析し解決してくれます。

アドバイスを受け恥ずかしくなる事もありますが、その場限りのお世辞を貰うより何千何万倍も有益であると感じます。

日頃の些細な積み重ねが自分を作っているのだからどのように自分自身を扱うべきかを知ることができるのは本当にありがたいことだと思います。


まだ通い始めて数年ですが乙女美肌室(隅々まで磨きあげられた清潔な部屋に季節毎に設えが変わるインテリアは本当に素敵なんです!)で過ごす時間は特別で贅沢な時間であると共に、欠くことのできない大切な習慣でもあります。

コメント(0)