乙女美肌室より乙女なみなさまへ - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着順

2013年01月24日

伝説の蚤の市

image

海外からも毎回、この蚤の市のためだけに帰国するお客様がおられるという、エスカリエさんの名物バーゲン。

ご案内を乙女美肌室にも頂戴しました。

ご興味ありましたらぜひ。

★escalier.C 大蚤の市のお知らせ★
皆様、大変お待たせしました!!
エスカリエ・セー恒例の大蚤の市を開催致します。
今年はアクセサリーやバッグが特に充実!
他店では絶対にあり得ない破格値で大放出致します!!!
100円コーナー、20円コーナーも!
気になっていた商品が、信じられない価格で見つかるかもしれません★
数に限りがございますので、ご家族やお友達をお誘いあわせの上、是非お早めにお越
し下さい。絶対に、お見逃しなく!

☆開催概要☆
1月26日(土)12:00 START!!!
期間:1月26日(土)・27日(日)・28日(月)・29日(火)

※クレジットカードカードはご利用になれません。また、商品の返品・交換は出来ま
せんので予めご了承下さい。
※マイバッグ持参でどうぞ。

コメント(0)

2012年11月25日

1月 スキンケアレッスン講座

目からうろこ!と、望外のご好評、ご反響を頂戴したおかげで、1月も吉祥寺でスキンケアレッスン講座を開催していただけることになりました。

お持ちいただくスキンケア用品が過不足あったときのために、そして、その後のメイクなども楽しんでいただけるように、と毎回、いろいろ選んでお持ちするように心がけています。

そうしたアイテムを興味深そうに使ったり、写真を撮ってお帰りになったり、レッスン内容以外にもいろんな面でみなさまには本当に、楽しんでいただけて、うれしいです。ありがとうございます。

今度は、ご要望の高かった週末に日程を取りました。

開催のエスカリエセーさんで告知が始まりましたので、乙女美肌室でもお知らせ申し上げます。

すでにお申し込みくださっている方も数名おいでだそうです。

申し込み状況は乙女美肌室では把握していませんが、詳細・お申し込みはエスカリエセーさん(乙女美肌室のHPのリンクページもぜひご覧ください)までどうぞ。

 

 

開催日時: 1月19日(土)

開催時間:11時、14時、16時30分、18時3分の4クラス

会費:3000円

 

 

写真は、階段をあがってエスカリエさんに伺うと迎えてくれる、うさちゃん。

コメント(0)

2012年03月12日

同世代のエール



61jxhb0h6el__sl500_aa300_


以前このブログでもご紹介したことのある、超有名スタイリストで、ホルストンヘリテイジの代表もしている、レイチェル・ゾーの著書『Rachel Zoe L.A. Style A to ZOE』(マーブルトロン)。

たしか同年代の彼女。

今日、久しぶりに本を手にとっていたら、目の止まったページがありました。




彼女は、「なぜ魅力的であるべきか?」という問いからこの本をスタートさせています。

そして、その答えを、いきいきとした人生と眠ったままのような人生の違いと述べ、魅力的であるためにはたゆまぬ努力が必要であると述べるのです。





障害も、競争も、なじめないひともあるのが常です。

「だから? 

元気を出して、些細なことにこだわらないで。

最後までがんばって。

笑顔で!

(中略)

他人と自分について、世界のありようについて、なお毎日新しい教訓を学んでいるの。

人生にはすっかりメロドラマと化してしまうときもある。

だから、学んだら先へ進んで。

これまでの人生でめぐり合った愛するすべての人たちに、すでに手に入れたすべてのものに感謝すべき、ということを忘れないで。」






想像もつかないほどのモードや広告、イベントの最前線で戦い続けている彼女ですが、仕事を楽しいからやっている、と言い切るところにも、共感します。



「いつも磨いて、磨いて、さらにもうちょっと磨くという」その魅力のためのブラッシュアップは、「あなたを刺激してくれる、自分のスタイルを築くために学べるひとに会い、場所を訪ねていく」「あなたの欲求(そして財力)に従うこと」「恐れず立ち向かうこと」で実現してゆけるのだ、と語っている彼女。



きっと毎日真摯にまっすぐ目標を見据えてがんばっているすべての女性に対しての心強いエールなんだな、と、なんだかうれしく読みました。



たくさん読むけれど、結局手元には何度も読み返す本しか残さない(あとはきっぱり、一読して処分です。)わたしにとっては、何度も手にとって、そのたびになにか心に届く言葉を見つけられる本はまさに宝の山です。

コメント(0)