宮田理江の「ファッションeye」 - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

9月 2016

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

新着順

2016年09月25日

カレン・エルソンが13番目の「mytheresa.comウーマン」に 「MARNI」をまとって登場

1

2

3

4

5

6

ファッションの世界で「物語」や「パーソナリティー」を重んじる取り組みが広がりを見せています。単に服を「モノ」として売るのではなく、着る人のキャラクターを重ね合わせて、「その人の一部」というイメージを打ち出すアプローチです。ドイツ・ミュンヘンのラグジュアリーファッションのオンラインショップ「mytheresa.com」は英国のスーパーモデルで、歌手、そしてギタリストであるKaren Elson(カレン・エルソン)とのコラボレーションによるウーマンシリーズ第13弾のエピソードを発表しました。


mytheresa.comが発表したのは、ラグジュアリーブランド「MARNI(マルニ)」の2016-17年秋冬コレクションを身にまとったエルソンの撮り下ろしです。2児の母であるエルソンは本来の仕事以外にも、「Save the Children」のアンバサダーを務めています。子どもの権利援護を主張して書いた記事は、多くの人々の心を動かしています。


プロポーションのバランスを意識して緩やかに手を加えたコレクションは自然体のリラックスを感じさせます。ブラック、ホワイト、レッド、グレーの直感的なコンビネーションにブラウンやバーガンディーを差し色に効かせたカラーパレットが目に残ります。


2013年から始まった、mytheresa.comのウーマンシリーズは、パーソナリティーやスタイル、影響力を持つ女性にフィーチャー。動画インタビュー、記事などで構成され、そのままショッピングできる連携も用意されています。過去のシリーズではアレクサ・チャン、ダイアン・クルーガー、ヴィクトリア・ベッカム、ブルック・シールズ、リヴ・タイラーといった女性たちが取り上げられてきました。

1人のキャラクターがくっきりと浮き上がってくるような見せ方は、自分らしい着こなしにもお手本になりそう。グラフィックやディテールに個性を持つ「MARNI」はエルソンの内に秘めた魅力まで引き出しているように見えました。



MARNI
www.marni.com

mytheresa.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年09月23日

「PRADA(プラダ)」がモッズ アイウェア コレクションの特別動画を公開

1

2

3

4

5

6

7

「PRADA(プラダ)」モッズ アイウェア コレクションの発売に合わせてスペシャルムービーを公開しました。モデルのVanessa Moody(ヴァネッサ・ムーディー)が自信を感じさせる女性像を印象づけています。



大胆さと洗練が融け合うデザインにふさわしく、スペシャルムービーに登場する女性は芯の強さや自分流の美意識を感じさせます。タイトルが示す通り、ロンドンをかつて席巻した、反骨的なモッズカルチャーへのまなざしも帯びています。


「怒れる作家」として知られ、代表作『長距離走者の孤独』『土曜の夜と日曜の朝』が映画にもなっている、英国出身の作家、アラン・シリトー(1928~2010年)の文学的信条だった「Whatever people say I am, that is what I am not(他人が私をどう思おうと、それは本当の私ではない)」が下敷きになっています。どこか1960年代風の挑発的でスリリングな気分も宿しています。


バタフライやスクエアなどの主張が強めのサングラスはアウターが目立ちすぎて、全体がつまらなく見えがちな秋冬の装いに格好のアクセントとなってくれそう。普段使いの眼鏡や、度なしの伊達眼鏡に使えるフレームも用意されていて、ありきたりのアイウエアに飽き足りない人には魅力的な提案となっています。



PRADA MOD(プラダ モッズ)ムービー
http://www.prada.com/ja/eyewear/mod.html#0


PRADA
www.prada.com


(問い合わせ先)
ミラリ ジャパン
TEL: 03-5428-6475

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年09月22日

「Vivienne Westwood×The Cambridge Satchel Company」がコラボ バックパックとノートブック発売

1

2

「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」は英国のアクセサリーブランド「The Cambridge Satchel Company(ザ ケンブリッジ サッチェル カンパニー)」コラボレートした、バックパックとノートブックのコレクションを発売しました。「The Cambridge Satchel Company」とは過去にもコラボコレクションを発表していて、好評を受けての再コラボとなります。



「Vivienne Westwood」が持つ、数あるオリジナルモチーフの中でもブランドアイコンのひとつとされる、くねった線の「squiggle(スクイグル)」柄。このシグネチャー的なモチーフをマルチカラーでバックパックにあしらいました。世界120個の限定でナンバリング(通し番号)が入ります。価格は6万9000円(税抜)です。

3

4

5


    
ノートブックは3サイズ、3色が用意されました。ネイビー×イエロースクイグル、ティーローズ×グレースクイグル、ジェットグリーン×ブラックスクイグルという、クラシックな色味の3種類から選べます。サイズで価格が異なり、A4は1万2000円、A5は9000円、A6は7000円です(いずれも税抜)。


「Vivienne Westwood」と「The Cambridge Satchel Company」はどちらも英国のブランド。ほのかにブリティッシュの美意識が感じられ、使い込みたくなるコレクションに仕上がっています。


◆取り扱い店舗
9月10日以降: 青山店、表参道店
9月17日以降: 名古屋店、心斎橋店、代官山店、広島店、阪急メンズ大阪店(バックパックのみ)


Vivienne Westwood
www.viviennewestwood-tokyo.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年09月07日

2016-17年秋冬ファッショントレンド総括

コメント(0)

2016年09月06日

「TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)」ファッションショー&コーディネートトークショーに登壇 @ 伊勢丹新宿店

1_2

5_2

6_2

8

9

11

12

NYコレクションでも常連の「TADASHI SHOJI(タダシ ショージ)」ファッションショー&トークショーが9月3日(土)午後2時から伊勢丹新宿店本館4階(センターパーク/ザ・ステージ#4)で開催されました。テーマは「Zip-and-go!」。背中のジッパーを上げ、ドレスをまとって、もっと広い世界に出かけましょう!という意味が込められています。


ショーの後は、トークショーで私が登壇し、ドレスを普段から着こなすためのコーディネートをお話しさせていただきました。ドレスアップだけではなく、ドレスダウンも知っておくと、着こなしのバリエーションが広がり、ドレスの普段使いがもっと楽しくなります。今回披露されたコレクションには、秋冬のトレンドでもあるダークロマンティックやグラマラスなどのテイストになじむ要素がたくさんあり、それに関連してグローバルモードのお話もさせていただきました。


続きはこちらをご覧ください☆

http://riemiyata.com/work/10409/

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年09月06日

大丸製作所2の「OVERCOAT」がポップアップストア開催

1

3

5

6

7

パターン作りの確かさで知られるブランド「OVERCOAT」2016-17年秋冬コレクションを披露するポップアップストアを丸井今井札幌本店、伊勢丹新宿店、岩田屋本店で開催します。ニューヨークのモード界をパターンメークで支える存在とされる「oomaru seisakusho 2, inc(大丸製作所2)」のブランドです。


「NEW YORK」と「テーラリング」を掛け合わせ、自分達の想像をも超える新しいクリエーションを、という思いから立ち上がった「OVERCOAT」。16-17年秋冬シーズンはナイトライフから着想。新型のステンカラー、新色のキャメルを加え、ディテールやプリントにネオンピンクを用いて、アダルトな要素を盛り込んでいます。


オーバーコートは全て2サイズでユニセックスの仕立て。メルトンウール素材とオーニング素材の2種類が用意されています。今回の各ポップアップストアでは「ONLY MI」別注のプリントコート(ホワイト×ネオンピンク、ブラック×ネオンブルー)も販売します。


「oomaru seisakusho 2, inc」は単にパターン制作を引き受けるだけではなく、NYブランドの企画段階からかかわっていて、モードの担い手としても存在感が大きくなっています。日本人ならではの丁寧な仕事ぶりに日定評があり、2015年秋に立ち上げたオリジナルのコートも抜群の着心地。同じ日本人として誇らしい気持ちになれるコートだから、この貴重な機会をお見逃しなく。


◆丸井今井札幌本店 大通館3階 リ・スタイル
2016年9月14日~9月27日


◆伊勢丹新宿店 本館3階 ウェストパーク/プロモーション
2016年9月27日~10月11日


◆岩田屋本店 本館3階 リ・スタイル
2016年10月12日~10月25日


(問い合わせ先)
大丸製作所 3
TEL 03-6450-6301


oomaru seisakusho 2, inc(大丸製作所2)
http://oomaruseisakusho2.com/


~関連記事~

NYモードを「パターン」で支える「大丸製作所2(oomaru seisakusho 2, inc)」を訪問
http://www.apalog.com/riemiyata/archive/212

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年09月06日

マイケル・コース、360度ストリート・スタイルのハンドバッグキャンペーン「The Walk」を始動

Solange_knowles1

Solange_knowles2

Solange Knowles

********************************

Soo_joo_park1

Soo_joo_park2

Soo Joo Park

********************************

Nina_agdal1

Nina_agdal2_2

Nina Agdal

********************************

Princess_olympia_ofgreece1

Princess_olympia_ofgreece2

Princess Olympia of Greece

********************************

MICHAEL KORS(マイケル・コース)は2016年8月31日から、初めてのストリート・スタイルのキャンペーンとなる「The Walk(ザ・ウォーク)」を展開します。「マイケル マイケル・コース」の新しいストリート・スタイルのハンドバッグ・キャンペーンとして企画されました。


4人のトレンドセッターのパーソナル・スタイルを紹介します。4人のインフルエンサー、ソランジュ・ノウルズ(Solange Knowles)、モデルのパク・スジュ(Soo Joo Park)とニーナ・ アグダル(Nina Agdal)、そしてギリシャ王妃マリア=オリンピア(Princess Olympia of Greece)が各人の個性、スタイルを活かしてコーディネート。「マイケル マイケル・コース」の新作バッグシリーズ「ブルックリン(Brooklyn)」と「イサドラ(Isadore)」、そしてフォール2016のレディ・トゥ・ウェアを中心に、各人が自由なスタイリング披露しています。


「ファッションは個人のスタイルを楽しむもの。私はいつもニューヨークの街こそが本物のランウェイだと思っていました。“The Walk”は私達のお勧めのハンドバッグを、新しい/異なるフィルターを通じて見ることができる素晴らしい機会となることでしょう。スタイルはとても主観的なものです。デザイナーとして、自分が作ったものが異なるパーソナリティによって実生活に取り入れられている姿を見ることは何より嬉しいことです」とマイケル・コース氏は述べています。


インタラクティブなこのキャンペーンは、公式ホームーページ「michaelkors.com」でこれらの記事が展開されるだけでなく、一般の方も「#SidewalkSpotted」を添えてストリート・スタイルをInstagramやTwitterにポストすることによって、このキャンペーンに参加することができます。投稿者から選ばれた写真は公式ホームページに設けられたプラットフォーム「The Walk Platform(MichaelKors.com/TheWalk)」に掲載されます。


NYの街がリアルランウェイだというコース氏の言葉には同感です。4人思い思いのバッグスタイリングはさすがの腕前とこなれ具合で、着こなしのお手本にしたくなります。


MICHAEL KORS
michaelkors.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)