宮田理江の「ファッションeye」 - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

2月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

新着順

2017年02月25日

「TASAKI」のレザーグッズに春夏の新作登場

1

2

ハイジュエラーの「TASAKI」によるレザーグッズコレクション「TASAKI por RELIQUIAE(TASAKI ポル レリキアエ)」の新作が2月8日に発売されました。2017年春夏コレクションです。スペインをベースとする高級レザーブランド「RELIQUIAE(レリキアエ)」とのコラボレーションによって生み出されたレザーグッズコレクションです。


アイコンモデルである「Archy Signature (アーチィ シグネチャー)」にパールストラップ(別売)のコーディネートも楽しめる、ミニサイズのクラッチバッグ「Archy Signature Micro Clutch Bag (アーチィ シグネチャー マイクロクラッチ バッグ)」がデビュー。ナチュラルな素材感が魅力のコットンキャンバスを使用した「Archy Signature Double Handle(アーチィシグネチャーダブルハンドル)」は2サイズから選べます。スモールレザーグッズも充実しています。


ギリシャ、ローマ、イスラム文化の影響が交差した南スペインの伝統的文化に注目。異国情緒あふれる建築様式を持つ建物と、鮮やかな色彩で彩られた大自然の魅力が融合したコレクションになっています。耕作地に囲まれた煉瓦屋根の邸宅、広大な敷地とその自然からインスパイアされた豊かな色彩が特徴の計28点のアイテムが用意されました。


TASAKI銀座本店のほか、TASAKI東京ミッドタウン店、TASAKI本町ガーデンシティ店、TASAKIヒルトンプラザ店、TASAKIオンラインショップ(http://tasaki-shop.jp)で取り扱われています。


文化のクロスオーバーはファッションテーマとして世界的にクローズアップされています。バッグやスモールレザーはアクセントとして新テイストを取り入れやすいうえ、差し色使いにも向くから、春のおしゃれに迎え入れたくなります。

********************************

© TASAKI


TASAKI カスタマーサービス:0120-111-446


TASAKI
www.tasaki.co.jp

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月24日

「アレキサンダー ワン」が「NO AFTER PARTY」のロゴ入り限定コレクション発売

1

2

33

44

5

華やかなファッションショーの後には、その余韻を楽しむかのようなアフターパーティがつきものです。とりわけ、盛り上がりと演出で評判の高かったのが、NYコレクションの「ALEXANDER WANG(アレキサンダー ワン)」。ところが、2017年2月に開催されたショーでは、恒例のパーティーが見送られました。その「打ち上げパーティーなし」を意味する「NO AFTER PARTY」の言葉はランウェイで発表されたアイテムにロゴとして写し込まれていました。そして、そのメッセージをキーコンセプトに据えたカプセル(限定)コレクションも企画されました。


今回の限定コレクションでは、「NO AFTER PARTY」の文字が入ったロングスリーブのTシャツ、ショートスリーブTシャツ、カットオフデニムショーツ、ストッキングの4アイテムが用意されています。 ロングスリーブTはショーの最後に現れたデザイナー本人が着用。ストッキングはモデルもはいていました。デニムショーツはフロント部分に「NO AFTER PARTY」とあり、さらに背中側の腰に「SERIOUSLY」、バックポケット下には「BYEEEE」という言葉が刺繍されています。


日本では2月15日(水)~21日(火)に阪急うめだ本店、2月22日(水)~27日(月)は伊勢丹新宿店で取り扱います。2月28日(火)以降は「アレキサンダー ワン 青山店」と公式サイトで販売されます。


メッセージを託したデザインは「ステートメント」「レタード」「スローガン」などと呼ばれ、この春夏にも盛り上がりそうな気配。混乱するアメリカの空気を映して、パーティーで盛り上がっている場合じゃないとでも言いたげで、ニュアンスの深い「NO AFTER PARTY」コレクションは程よいウィットを帯びていて、いろいろなシーンに着て行けそうです。


ALEXANDER WANG
www.alexanderwang.com


ALEXANDER WANG FLAGSHIP - AOYAMA
5-3-18 MINAMI AOYAMA MINATO-KU
TOKYO, 107-0062, JAPAN

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月23日

ETRO(エトロ)2017-18秋冬コレクション・ランウェイショー ライブストリーミング

ETRO(エトロ)は、2017-18秋冬コレクションのランウェイショーをミラノより公式ウェブサイト、フェイスブックにてライブストリーミング配信します。ショーの開始時刻は、日本時間2017年2月24日(金)22時~です。

#ETROPaisleyTribe
Official Web: http://www.etro.com
Facebook:   facebook.com/ETRO<https://www.facebook.com/ETRO>
Instagram:  instagram.com/ETRO<https://www.instagram.com/etro/>

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月21日

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)2017-18秋冬コレクション・ランウェイショー ライブストリーミング

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)は、2017-18秋冬コレクションのランウェイショーをミラノよりライブストリーミング配信します。ショーの開始時刻は、現地時間の2月23日(木) 15時~(*日本時間2017年2月23日23時~)です。

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月07日

「Dior(ディオール)」2017年春夏オートクチュールコレクション

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

©Dior

11_2Dior Haute Couture SS17_Finale © Adrien Dirand

12Dior Haute Couture SS17_Group shot © Tierney Gearon for Dior

********************************

「Dior(ディオール)」は1月23日、パリ市内のロダン美術館で2017年春夏オートクチュール ショーを発表しました。ショーの後にはグラン バル(舞踏会)も開催されました。ディオール ウィメンズ コレクションのアーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリ氏にとってオートクチュールの最初のシーズンとなるコレクションに迷宮や舞踏会のイメージをまとわせました。クリスチャン・ディオールはこう記しています。「女性に次いで、花々はもっとも崇高な創造物です。たいへん繊細で、とても魅力的ですが、丁寧に使わねばなりません」。


こうして誕生したイブニングドレスは絶妙に色調を変化させ、パウダリーカラー(モーブ、ブルー、ピンク、グレー)の装いは、季節と人生の移ろいを思わせます。何層にも重なったチュールに閉じ込められた素晴らしい花々は、まるで大切に保管された貴重な植物標本を見るようです。


フォルムとカットは新たに解釈されています。レースはほどかれてオーガンジーの上に広がり、プリーツをあしらったチュールはおとぎ話を彩るカラーに包まれ重なり合いながら、軽やかで壮麗な構成を生み出します。スティーブン・ジョーンズのハットとマスクが幻想的風景を映し出し、パンクなゴシック スタイルを添えています。


マリア・グラツィア・キウリ氏は占いの世界へと向かい、この不思議な力を操り、自身のクリエイションを美しく飾ります。刺繍の星々が浮かび上がるゴールド チュール。ハンドペイントのタロットのシンボルが広がる、ロングドレスのホワイトの裾。同じホワイトが内側にあしらわれたブラックコートは、フェミニンなタキシードの装いを完成させます。


伝説的なアーカイブの「バー」ジャケットは分解され再構成され、ケープの姿に。ゆったりとしたキュロットスカートにもプリーツが施され、サイドにはサテンが見られます。「ドミノ」コートには大きなブラック ベルベットのフードが広がっています。


ディオールの世界を冒険することは、迷宮に足を踏み入れたようなものとも言えるでしょう。素敵な迷宮をさまよう「おしゃれの冒険」にいざなう新コレクションは圧倒的に賞賛を受け、マリア・グラツィア・キウリ氏は最高のオートクチュールデビューを飾りました。




Spring-Summer 2017 Haute Couture show

@Dior
#Diorcouture

Dior
www.dior.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月07日

「Proenza Schouler(プロエンザ スクーラー)」が2017年春夏ビジュアルを発表

11

22

33

「Proenza Schouler(プロエンザ スクーラー)」2017年春夏シーズンのキャンペーン画像とビデオを発表しました。人気写真家のZoe Ghertner(ゾーイ・ガートナー)氏が撮影を手がけています。


「自由を表現する動きをコンセプトにしたキャンペーンを作りたいと思いました。その気分を表現する方法として従来のスチール写真よりも動画が一番適していると思い、ゾーイ・ガートナーに映像をお願いしました。彼女の解釈した世界はブランドンにとっても新しくてエキサイティングな表現になっています」。デザイナーのJack McCollough(ジャック・マッコロー)とLazaro Hernandez(ラザロ・ヘルナンデス)氏はこう語っています。


青空をバックにスカート姿のモデルがジャンプする姿は、デザイナーの言葉通りに自由で伸びやか。ウエストを健康的に露出したセットアップや、モノクロ柄とプリーツが調和した装い、落ち感が優美なボーダー柄スカートが登場。春夏シーズンを包むポジティブで楽観的な気分を印象づけています。


Proenza Schouler Spring 2017 Campaign

Proenza Schouler
https://global.proenzaschouler.com/

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2017年02月06日

「VALENTINO(ヴァレンティノ)」2017年春夏オートクチュールコレクション

1

2

4

5

6

7

12

8

9

10

「VALENTIN0(ヴァレンティノ)」2017年春夏オートクチュールコレクションがパリで発表されました。クリエイティブディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリ氏がソロで初めて手掛けたオートクチュールコレクションです。

ロングドレスに細かいひだを施して、流れ落ちるようなシルエットに仕上げています。背中にもたっぷりとラッフルを施して、優美なバックルックに。繊細なトランスペアレント演出が幻想的なたたずまい。レースと刺繍を組み合わせて、叙情的な着映えに整えました。白を基調にしながら、鮮烈なレッドもドレスに生かしています。


パンツのセットアップも披露。ゆったりしたワイドシルエットで優雅に見せています。花びらで全身を覆ったかのようなパンツ・セットアップはロマンティックの極み。マント風のアウターは意外なスポットから両腕が出る仕立て。ベアショルダーのドレスは程よい肌見せがフレッシュな印象。カシュクールを背中側に配したデザインも斬新です。


トレーンが床に届くロングアウターは社交界の男性を思わせます。首の詰まったドレスは貴婦人の風情。ドレープや刺繍がドレス姿をノーブルに華やがせ、オートクチュールならではの特別感を舞い降りさせていました。


VALENTINO
www.valentino.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)