プロフィール

カレンダー

11月 2016

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016年11月の記事

2016年11月30日

「HENRY CUIR(アンリークイール)」と「ミナ ペルホネン」のコラボコレクション発売

1

2

3

4

5

6_2

7_2

デザイナーのアンリ・べグラン氏が手がける、イタリアの革製品ブランド「HENRY CUIR(アンリークイール)」と、皆川明氏が率いる「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」との初のコラボレーションコレクションが発表されました。



イタリアの工房で熟練した職人の手によってひと針ひと針丁寧に作られる「アンリークイール」の革製品。その中から、ファブリックとのコンビネーション製品に、「ミナ ペルホネン」のファブリックを使い、新たな息を吹き込みました。


「Aventure de printemps ー春を探しにー」と題された今回のコラボコレクション。ストーリーはこうです、「まだ見ぬ春を探しにワンちゃんとchouchoは旅に出ます。目の前に広がるミナ ペルホネンの自然の景色を切り取りながら、ひと針ひと針に冒険 のワクワクする想いをこめて…。さてどんな旅になるのでしょう。大冒険のはじまりはじまり。」――。


バッグ6型、ポーチ3サイズ、財布2型、チャーム1型が用意されました。刺繍柄「choucho」を施したテキスタイルを使用。ダブルネームのスペシャルな刻印付きです。バッグはそれぞれにワンちゃんと蝶の刺繍チャームが添えられています(直営店限定)。「Aventure de printemps ー春を探しにー」は2016年12月8日、アンリークイール各店舗とミナ ペルホネン直営店(一部)で発売されます。



互いにリスペクトし合う創り手同士の交流から誕生したコレクションだけに、両ブランドのよさを引き出し合って、新しい表情が生まれています。触れるたびに心が落ち着くようなぬくもり感も帯びていて、ギフトにも自分用にも欲しくなりそうな品々です。


HENRY CUIR + minä perhonen
「Aventure de printemps ー春を探しにー」
発売日:2016 年12 月8 日(木)
発売店舗:アンリークイール各店舗 / ミナ ペルホネン 直営店(一部)


アンリークイール青山本店
東京都港区南青山6-5-36 キングホームズ青山 1F


アンリークイール京都店
京都市中京区三条通高倉東入桝屋町61 番地


アンリークイール阪急うめだ本店
大阪市北区角田町8 番7 号 阪急うめだ本店 1F
※11 月23 日(水)~11月29 日(火)1F プロモーションスペースで先行発売イベント開催


アンリークイール松坂屋名古屋店
名古屋市中区栄3 丁目16 番1 号 松坂屋名古屋店南館 B2F


(問い合わせ先)
アンリークイール青山本店
東京都港区南青山6-5-36 キングホームズ青山 1F
Tel: 03-3797-1145


HENRY CUIR
http://www.henrycuir.jp/


minä perhonen
http://www.mina-perhonen.jp/

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月26日

30周年の「Calzedonia(カルツェドニア)」が記念のブラックタイツ発売

001

002

イタリア発のレッグウェア&ビーチウェアブランド「Calzedonia(カルツェドニア)」が30周年を迎えます。その節目となる2016年12月1日にスペシャル記念アイテムのブラックタイツを発売します。


記念アイテムはエレガントなブラックタイツ。「カルツェドニア」が培ってきた技術と品質が凝縮されたプレミアムストッキングの「Made in Italy」シリーズから登場します。脚線美が美しく見える30デニールをチョイス。ふくらはぎ側のバックシームにはスワロフスキー・クリスタルのラインストーンが贅沢に配されています。価格は3000円(税込)です。


販売店舗 はCalzedonia表参道店、新宿店、心斎橋店、Ekimo梅田店、イオンレイクタウン店、 ららぽーと湘南平塚店となります。国内店舗は広がり続け、2016年11月には最大級の店舗面積を誇る心斎橋店もオープンしました。


「カルツェドニア」は『ロミオとジュリエット』の舞台として名高いイタリアの古都ヴェローナで1986年に創業しました。女優ジュリア・ロバーツを起用したテレビCMでも知られています。


2015年に発表した「Made in Italy」はプレミアムストッキングの新ライン。高品質な糸を用いた全てイタリア製のストッキングです。寒い冬はレッグウエアが欠かせませんが、格上感の高いストッキングは着姿にクラス感と華やぎを添えてくれます。この機会に足を運んでみることをおすすめします。


Calzedonia
www.calzedonia.jp


FB http://www.facebook.com/calzedonia
Twitter http://www.twitter.com/TweetCalzedonia
Instagram http://instagram.com/calzedonia
YouTube https://www.youtube.com/user/CalzedoniaOfficial

(問合わせ先)
カルツェドニアジャパン
Tel: 03-6632-0540

********************************

30周年記念スペシャル・ショートムービーが公開中!
Calzedonia - 30 years of timeless tights

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月25日

映画『胸騒ぎのシチリア』の公式パンフレットに寄稿しました(ラフ・シモンズ氏が手がけたティルダ・スウィントンの衣装にまつわるエッセイ)

1

2

11月19日(土)に公開された映画『胸騒ぎのシチリア』の公式パンフレットに、この映画とファッションにまつわるエッセイを2ページ見開きで寄稿させていただきました(18~19ページ)。


人気ロック歌手のマリアン(ティルダ・スウィントン)は、痛めた声帯と心を癒やすために休暇を南イタリア・シチリアで恋人と過ごします。マリアンの衣装を手掛けたのは、ラフ・シモンズ。前後が異なるデザインのドレスやアシンメトリーのシャツなど、さすが最先端トップモードのファッション。ティルダがモダンでセクシーに着こなすヴァカンスルックに注目です。ラフが手がけた衣装を着こなしたティルダが美しい景色と重なり合って、見る者の心をざわめかせます。彼女の心理の変化につれて、着こなしが変わっていくことも綴りました。ファッションにはそんな力もあるものだと改めて思いました。映画館でお手にとっていただけたら幸いです。


映画『マイ・インターン』の公式パンフレット寄稿に続いて、おしゃれ映画のファッションについてエッセイを書かせていただき大変光栄です。ありがとうございました。


『胸騒ぎのシチリア』
http://sicily-movie.com/


~関連記事~

映画『マイ・インターン』の公式パンフレットに寄稿しました(映画とファッション、ブルックリンにまつわるエッセイ)
http://riemiyata.com/work/4549/

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月24日

Chloé(クロエ)2017年春夏コレクション

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

エアリーでやさしげな着姿にファンの多いパリ・ブランドの「Chloé(クロエ)」は2017年春夏コレクションで、うっすらとストリートテイストを重ねています。ボーイッシュな雰囲気とロマンティックなディテールを響き合わせ、スポーティー気分と海辺ムードをまとわせました。


ゆったりパンツをキーアイテムに据えたセットアップがアクティブなムードを呼び込みました。腰からドローストリングスを長く垂らして、動きを強調しています。エフォートレスとシンプルという軸はぶれさせないで、全体に「海」のイメージを漂わせました。ネイビーと白のマリンカラーをベースに、セーラーカラー(襟)や水兵風ハイウエストパンツを投入。見るからに涼やかなサマールックに仕上げています。


ワンピースは風をはらむ仕立てでフレンチテイストが全開。肩や腰には特大のボウ(リボン)やノット(結び目)をあしらって、フェミニンを薫らせました。愛らしいフリル、花のアップリケなどのディテールにもラブリーな風情が宿ります。


たっぷりした袖、オフショルダー、ティアード仕立てなどが装いに動きをもたらしました。角張ったスクエアネックの封筒風フォルムのトップスがフレッシュなたたずまい。太めのストラップで吊ったビスチェやキャミソールライクなコンビネゾンが若々しい着映えを生んでいます。


ふんわりボリューミーなトップス、指先を越えて長い袖がブリージーな表情。オーバーサイズがグローバルトレンドになる中、クレア・ワイト・ケラー氏は過剰を慎重に避けつつ、量感をやわらかく操りました。「プリティー&スポーティー」という新感覚を打ち出しつつ、全体はアーバンにまとめ上げ、「クロエ・ガール」に新しいイメージを寄り添わせていました。

11

12


Chloé
www.chloe.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月23日

注目ブランド「CINOH(チノ)のポップアップストアが伊勢丹新宿本店にオープン

Cinoh01

Cinoh02

Cinoh03

カッティングを得意とする茅野誉之氏が手がけるブランド「CINOH(チノ)」。実力派の成長株として国内外で評価が高まっていて、新時代への導き手として注目されています。


その「CINOH」のポップアップストアが伊勢丹新宿店で開催されます。期間は11月23日~29日まで。三越伊勢丹で先行販売となる数量限定商品のほか、好評のデニムシリーズも多数登場します。期間中に7万円以上お買い上げの方に「CINOH×VITAL MATERIAL」のオードトワレのプレゼントもあります(先着30名)。


「CINOH」の魅力を知る絶好の機会となるので、足を運んでみては。


CINOH POP UP 2016 FALL & WINTER
11月23日(水・祝)~29日(火)
伊勢丹新宿本店2階 クローゼット/リ・スタイル TOKYO
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/


CINOH
http://cinoh.jp


VITAL MATERIAL
http://vitalmaterial.com/

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月22日

「BALLY(バリー)」がカンボジア女性を支援するコラボスカーフを発売

1

2

スイスのラグジュアリーブランド「BALLY(バリー)」はフランスのNGO団体「Soieries du Mekong(ソワリ―・デュ・メコン)」とコラボレーションして、スペシャルエディションのシルクスカーフを制作・販売します。ソワリー・デュ・メコンのスカーフはすべてカンボジアで手織りによって作られています。

カンボジアの織物職人が持つ高い技術力を生かし、世界で500枚だけのシルクスカーフを製作しました。カンボジアで作られるシルクスカーフ1枚の製作にかかる時間は最大で40時間にも及びます。

ソワリー・デュ・メコンは、カンボジアで特に貧しい農村部に暮らす女性たちに、持続できる雇用を 創出し、手織りの技術と知識の向上をはかることで、女性のエンパワーメントを行う団体です。現在は75人以上の織物職人がプロジェクトに参加。社会的保護や定期的訓練の恩恵を受けています。

今回のコラボスカーフは2種類。大きなギンガムチェックでデザインされた90×90cmのスクエアススタイルと、繊細なギンガムチェックの45×168cmスタイルが用意されました。

幾種もの鮮やかな色が用いられたどちらのスカーフも、ハンドメイドのタッセルをコーナーにシグネチャーとして施しました。原産地と生産方法を紹介するタグも付属しています。価格は全て2万円(税抜)です。日本では銀座店とオンラインストアだけでの取り扱いです。

発展途上にある国や地域に安定的な仕事を供給することによって、自ら「稼ぐ」形での経済支援を行うことは、単なる「施し」よりもずっと重要とされます。こういった取り組みを支えるエシカルなアプローチはファッションビジネスのあちこちに広がっていて、今回の「バリー」のプロジェクトにも確かな意義が感じられます。

3

4



(問い合わせ先)
バリー銀座店
東京都中央区銀座5-2-1
TEL:03-6264-5471


BALLY
www.bally.jp

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)

2016年11月21日

VALENTINO(ヴァレンティノ)2017年春夏コレクション

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

イタリアの老舗メゾン「VALENTINO(ヴァレンティノ)」が2017年春夏コレクションをパリ・ファッションウイークで発表しました。男女デザイナーデュオのパートナーだったマリア・グラツィア・キウリ氏が去り、男性のPierpaolo Piccioli(ピエールパオロ・ピッチョーリ)氏が今回から1人でデザインを担当するようになりました。中世やルネッサンス期の色彩、ムードをまとわせつつ、パンキッシュな雰囲気も重ね合わせて、歴史の深みを帯びたヴィンテージ風味のロマンティックを醸し出しています。


優雅なシルエットのドレスを軸に、薄手のエアリー生地や様々なトーンのピンクと交わらせ、リッチ感の高いフェミニンを薫らせています。レース系の薄布を多用して、ほのかに素肌が透け見えるシースルーを演出。古風なモチーフをあしらって、落ち着きをもたらしました。随所に刺繍を取り入れて、重厚感も漂わせています。


スモールポシェットを斜め掛けする提げ方を繰り返し披露し、着姿を若々しく見せました。その一方で、流麗なシルエット、品格を印象づけるプリーツなどを組み合わせて、格上感を強調。上品なケープ形のアウターにもタイムレスな風情が宿りました。中世の歴史的たたずまいと、70年代のパンク気分が交じり合うようにして、かえってモダンな雰囲気が生まれ、ソロデビューに華を添えていました。


VALENTINO
www.valentino.com

********************************

◆公式サイト「fashion bible」、ほぼ毎日更新中♪

コメント(0)