2011年3月の記事

2011年03月22日

撮影での”ちびHAPPY”

今日は撮影でした。そのとき差し入れでいただいたもの。

r0010437クリスピー・クリーム・ドーナツ。現場も「わっ♪」と沸きました。


今日は大好きなスタッフの皆様との撮影だったから、とっても楽しかった! 落ち込んでいても悩んでいても、どんなときも撮影に行くと力をもらえる、元気になれる。いつもありがとうって思う。人と人って、スゴイ。


r0010438

帰り道、電車はラッシュ。ちょっとぶつかった人の「ごめんなさい!」の声が、普通より大きい声に感じた。お互いきちんとあやまるっていう当たり前のことなのに、なんだか嬉しくて。とても小さなことだけれど、みんな”何かを感じているときなんだな”って思いました。ぶつかりながら「我れ先に!」って電車を降りようとする空気が好きじゃなかったラッシュの時間に、あったかい気持ちになりました。



コメント(0)

2011年03月22日

フェラガモで ”足元コンフォート”

毎年、フェミニンなヴィジュアルと心地よいはき心地で、春らしく気持ちを明るくさせてくれるフェラガモのフラットシューズ。気になったのは折りたたんで持ち歩くこともできるこちら。旅行のときや、おろしたてのヒール靴の日の「靴ズレしちゃうかも」な不安にも対応してくれます。

dsc04280


PVC素材ではきやすく、水にも強い「ジッフィー」。甲にはフェラガモのアイコン、キュートな”ヴァラリボン”が。

dsc04276


dsc04277






こーんな感じでウラ面もカワイイんです。

砂浜を歩いたら、足跡はガンチーニ模様に ♪








オープントゥなら、さらに印象、軽快!  脱ぎ捨てても存在感を放つ、オシャレなインソールです。砂浜や玄関のインテリア効果にも。

dsc04284


サファリ、マリン、プレッピー……と、どんなスタイルでも足元を上級に仕上げてくれそうなレザーのサンダルも。

dsc04282


ちなみに私のフェラガモデビューはこの「ヴァリナ」。カラフルバリエで迷ったけれど長い目で見て「白×黒」のコンビに決めました。数年経ったけど、大正解!

r0010434


”春が来そう”なお天気の日もあった週末。

あったかい風が吹く日が待ち遠しいですね。








コメント(0)

2011年03月18日

伝えたい想いを、こんな万年筆で


ずっと大人のたしなみ、美学だと思っていたのが”万年筆で文字を書くこと”。以前、机になにげなく貼られたメモの文字の雰囲気、インクの風合いで”この人、万年筆を使ってる!”ということが強く印象に残ってから、ずっと憧れていて。


でも実際自分がと思うと、書き慣れていないから文字がかすれたり、インクがにじんだり、なかなか思ったようにいかず。。しばしあきらめていたなか出会った、感動的な”書き味”の万年筆がこれ、カランダッシュです。

r0010393

これは「エクリドール」。スチールのペン先で比較的カリカリと心地よい手応えアリ。カランダッシュを代表する六角形の”鉛筆フォルム”もにぎりやすくて◎。


r0010355


さらにスルスル〜っと、書き味なめらかなのが、18金のやわらかいペン先

「レマン バイカラー」。

r0010398


メールのすばやさもいいけれど、大切な気持ちはやっぱり手紙で残したい。文字を間違えたら「deleteキーでやり直し!」と、簡単にいかないぶん、時間もかけるし集中する、”書く”緊張感は大切だと思います。小さい頃に祖母からもらったハガキをいまも全部持っている、すごく嬉しかったし、私も続けていきたいな。


もうひとつ、カランダッシュにグイグイのめりこんでしまったのが、この絶妙なインクのカラーリング。一色に選べないがために、万年筆を何本も買ってしまいそう……というほど、かなり悩みます。

r0010371










r0010346








「カリビアンシー」。紙の上がにぎやかになりそう。ほかに黒かと思わせる深いブルーなど、青は3種アリ。迷う!




r0010344








リアルに使えそうで、”黒じゃないよね?”という

ニュアンスがオシャレなブラウン系「グランド キャニオン」。




r0010347








「ストーム」は、これまであまり出会ったことのない明るい、暗いでは言い表せない、絶妙なパープル。










デザインも魅力的。エレガントで女性にぴったりなんですね。ボールペンも注目です。イチオシは中指サイズ(推定)のミニペン。

r0010357


お洋服の新調と、筆記具のそれとは、心への作用にも違いあり。手紙はもちろん、手帳だったりなにげない伝言メモだったり。日常のいろんな場面で感じる小さな充実。文字を残すことも楽しくなりそうです。











コメント(0)

2011年03月17日

私たちにできることって…?

まだ実感がわかない。


それはきっと、自分のまわりはいまもなお便利なままで、計画停電すら実行されていない環境だからなのかもしれない。エレベーターが止まれば、困る。携帯電話が通じないだけで不便だと思ってしまう。そんなことでいいのか、と思う。


今回の被災地のひとつでもある福島県に親戚がいる。幸い、無事でした。電話で話したら「こっちは大丈夫だから」っていう。いつも気丈で、たくましくってとても心強かったけれど、今回は胸が痛い。被災地の90歳の男性が「自分は大丈夫だよ」って言っていたインタビューがすごく印象的で。強い。祖母を見ていても思う。一朝一夕じゃない、さまざまな時間を経てきた人だからこそなのだと思う。


私たちは、もしかして、便利な時代に生きてきたことで抜け落ちたことがあるのかもしれない。でも、それはすぐには変えられない。この便利さが、”当たり前”になってしまっているから。最近、はたと使い始めたのが、このソーラー充電器。太陽の力で携帯電話を充電。とても小さなこと。

e382bde383bce383a9e383bc1


だとしても、できることはやったほうがいい。せっかくの先端技術。ラクさに甘んじるだけじゃなくて、きちんと役立てるべきだと思うから。


本当の痛みをたぶん理解できていない自分だから、なかなか更新できませんでした。でも、自分が持っていること、やるべきこと、ひとつの怠慢だってしちゃいけない。そんな気持ちになりました。


もうこれ以上、被害が大きくならないことを願っています。まだまだ、たたかっている皆様、東北は強い! を毎日感じてます。ここから小さいながら、祈ります。







コメント(0)

2011年03月10日

ゼリー風呂で”つかるだけエステ” ♪

女性にしてはめずらしく(?)私はそんなにお風呂好きではありません。ちょっと語弊があるかな。シャワーだけで済ますことはしないけど、「おふとんに入りたいなー」が先行して、すっとばしてしまうことが多い、というのが正しいでしょうか。ならば楽しくすればいーんだ♪ と、バスタイムにエンタテインメントを取り入れることにしました。そのひとつがコレ、お湯プルプルの”ゼリー風呂”。

r0010242

お湯がこんなふうに、プルンとなるんですよー。

r0010255






アレ?

いまいち写りませんね。









飛び散ったコッチのほうがよいかな。

r00102591

体に対してお湯が密着するからか、いつもより汗をかきます! 質感を楽しみたくてちょっとクネクネしてみたり、動く気になります! そしてゆっくり入れます。



お次はシャンプーのお供。

r0010249ヘッドスパブラシです。肌あたりマイルド、そして髪が絡みにくい。シャンプーのときに両手につけてワシャワシャするだけで、頭皮の毛穴の汚れスッキリ。そして適度なマッサージ効果もあります。

髪風船のネット通販で購入しました。http://kamifu-sen.open365.jp/Category.5.aspx


同じくシャンプー中のマッサージブラシがコレ。

r0010247_edited-1美容室で買わせてもらいました。残念ながらブランド名が消えちゃって。でもこれは普段のブラッシングにも使えるし、コシがあって、すごく気持ちよいんです。美容室でも使われているという信頼にあついプロ仕様です。


そして頭皮スッキリ&洗い上がりしっとりのシャンプーは絶対にコレ。

r0010251ディシラです。もう10年以上の付き合い。以前、顕微鏡的なもので頭皮をクローズアップした際に汚れがつまったそのありさまに、愕然として。。衝撃を受けて以来頭皮クリーンに重きを置く私は、圧倒的にライトフィニッシュ派!! 髪も生まれる前の土壌が大切でしょう!


最後は”洗い”のお供。

r0010253ボディショップで購入した、バスグローブです。ちょっとしっかりめの肌ざわりで、”ただいま汚れを落としております!”という感じ。泡立てることがめんどうくさくて(どんだけ!)手ウォッシュしちゃうこともしばしばだったので、これなら「ボディソープつけて洗うだけ」。一石二鳥、とてもラクチンなのです。


ということで、バスタイムを充実させるというより手抜きっぽさも漂いますが、一日の垢を落とす&リラックスタイムですもの。楽しんだほうが得、ですよね。



そして本日のちびHAPPY。どうも、オマケには弱いため、思わず手がのびて……。

r0010239

開けるとなかは…。

r0010260キャビアにうもれたSNOOPY。わお、ゴージャス。キャビア風呂っすか!? これはペプシネックスのオマケ、お題は「ワールドグルメツアー」。韓国だとスヌーピーがキムチにつかっていたり、イタリアだとチーズから顔を出していたり、ブルガリアヨーグルトからこんにちはしていたり。大変胸キュンです。癒されますねぇ。


コメント(0)

2011年03月09日

チャチャッと塗って完璧肌。ソニアのファンデに感動!

かなりの寝坊魔。それが私のもっとも代表的なプロフィール。

それゆえノーメイクに帽子をかぶって走って出かける、が日常茶飯事。

味方といえばBBクリーム……だったんですが! 最近出会えた奇跡の10秒ベースメイクが、この「エクラタン デボルタン」。


r0010074_edited-1


水系成分約80%。ソニア リキエルお得意の”ウルプル”ファンデの進化版です。

r0010073

プルンなつけ心地で、乾いた肌にもぴったりフィット。”化粧がノラない”問題も軽々クリア。しかもスポンジでつけるため、手も汚れない! 一分一秒争う朝には、重要。”ひんやり”なつけ心地に、寝ぼけた肌も頭もシャキッとwake up!


カバー力も◎なので、重ね塗りせずに毛穴やクマをオフ。そのうえ、塗り終わるとしっとり&サラーリ、お粉かけたっけ? な整いようなので、なじませたり待ったりせずに、そのままチークやフェイスカラーをパパッとかけられます。


r0010075

コチラはジェルベース、「バーズ ジェル タン リス」。水を含んだマシュマロ、表現下手だな。白くて弾力があってとにかく気持ちイイんです。爽やかホワイトで肌色トーンアップ。目周り&頬を中心にONすると、キメが整ってくすみも解消。


もちろん寝坊した日だけじゃなく、ポイントメイクにかける時間を増やせたり、コーヒーがもう一杯飲めたり、この手軽さとパーフェクトな仕上がりは嬉しい。


あとは安心しきって「もうちょっと寝よ」をなくせば、完璧です。




コメント(0)

2011年03月09日

サイコバニーのボーイッシュ・ボタンダウン

今年は新調したいなーと思っていたボタンダウン、欲しいなーと思っていたサイコバニーのシャツ。ふたつの思いが見事にドッキングして(?)、ひょんなことから購入にいたったのがコチラ。

r00101202


ある日、家族で出かけていたところ「オマエのシャツは、悪くはないんだけど……なんだ、良くもないっていうか……」と言いづらそうに私のくたびれたネルシャツを指摘した父。その後控えていたイベントに向け、「よし、オヤジが特別に買ってやる!」とめずらしくお財布を取り出してくれたのです(よっぽどだったのか?)。銀座三越をウロウロ物色&めでたく購入(実の父です、念のため)。



短め袖、タイトなサイジング、さりげなーく同色で刺繍されたアイコンのウサギスカル…… などなど、バランスがGOOD! お値段13,000円前後。


(しかし、、アイロンかけてから撮影するべきでしたね。。シワッシワ)


こちらがウサギの耳を持つスカルさん。

r00101222



サイコバニーは元ラルフローレンのネクタイ・チーフデザイナーが立ち上げたブランド。遊び心に溢れるアメリカントラッドなアイテムが揃います。チェック柄のクレリックシャツもキュート! メンズのデニシャツなんかもやんちゃな感じで、周囲と差別化がはかれそう。


本当はあまり得意じゃないのだけれど、今年はなぜかシャツの気分。

気軽にカジュアルに着られる+ちょいボーイッシュ+プレッピーとかトラッドスタイルもマジメになりすぎない、と、これならきっと着られそうっ。


Tシャツ+デニム+UGG。洗濯物の上ずみだけで一週間過ごしがちなワタシですが、せっかくお買い物してるんだ、春は心を入れ替えるぞ、ウン。





コメント(0)