裏地桂子のハッピーブログ「お福分け」 - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

12月 2008

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年12月の記事

2008年12月31日

お正月準備(その2・おせち?)

大晦日です。
年越しそばを食べに、夫とふたり、今年も白金台の「利庵」へ。
昨年は1時間待ち。
今年は、11:10分に到着し、11:30には入店できました。
よかった~!
そして、楽しみにしていた、
京都・円山公園内の名店「未在」の正月料理が、届きました。
新宿伊勢丹で、限定30個の販売。
おせちではなく、正月料理というのが気に入りました。
とても、素敵なお包みで届き、
開くのがもったいない感じ。

 

 

 

 

 
ことしも家族みんなが、健康で過ごせたことに感謝して。
みなさまもよいお年をお迎えくださいませ。
2009年もよろしくお願いいたします。

コメント(0)

2008年12月30日

お正月準備(その1・招福のお飾り)

我が家のお正月準備。
招福のお飾りは、嘉門工房のものです。
なんといっても、シンプルでおしゃれ!

玄関ドアには、「豊穣の稲穂」

 
今年のお正月から、これにしていますが、大事に保管なさっていた片から、虫がでたとクレームがあったとか。
無農薬の稲なので、1年間大事に保管しすぎたら、そういうこともあるんでしょうね。
生きているってことですね。
お歳暮に何人かの方に贈りましたが、
とてもとても好評でした。

玄関には、「お正月事始め」


これは、昨年、マンション住まいになったので、はじめました。
ミニサイズでとてもかわいくて、玄関にぴったりです。
懐紙にちょこんとのる、ひのきの鏡餅の愛らしさ。

そして、リビングに鎮座する鏡餅は、「蓬莱箱」

 


福を招くおめでた飾りは、ひのきの鏡餅に、
橙は、一位(いちい)の木を彫刻した繊細なもお。
我が家のお正月を、これからも末永く見守ってくださいませ。

コメント(0)

2008年12月29日

ダイエット宣言

忘年会、クリスマス会などでの暴飲暴食がたたって、
さすがに胃も疲労・・・。
食べることが大好きなわたしが、ものが食べれないくらい、お疲れの胃・・・。
そっと、体重計にのってみたら、
あら~!
というわけで、はじめましたよ、レコーディングダイエット。
なにを食べたか、書きまくっています。
そして、来年こそは、まじめにジム通いをせねばと・・・・。

 

コメント(0)

2008年12月28日

鴨・カモ・かもね・・・。

クリスマスイヴだから、鴨料理を食べようと、浅草の某店に集まった10人。
ここの鴨、そんじょそこらの鴨とは違います。
数年前、はじめていただいたときの衝撃は、
いまでも、鮮烈に舌の記憶にのこっているほど。
それから、毎冬、食べないわけにはいかない。
うれしいことに、今年は夏にもいただいたので、2回目。
みなが持ち込んだ、シャンパンと赤ワイン。

 

 
こんなに、たくさん飲んでしまいました。
「今まで、食べていた鴨は、なんだったんだろう?」
と、今夜はじめて、こちらの鴨をたべた友人は、呆然としておりました。
楽しい仲間とおいしいものをわいわい食べる・・。
今年のクリスマスイブも、口福でした。

コメント(0)

2008年12月24日

メリークリスマス!

クリスマスプレゼントにいただいた、
ガラスのモミの木に座っているガラスのサンタ。
ガラス作家の岡村晶子さんの作品。
ちっちゃくて、ほほえましくて、玄関にちょこんと飾っています。

 

 

クリスマスが終わったら、
しばらく冬眠?です。

 

また、来年・・・・・。

コメント(0)

2008年12月22日

ふぐ

美しいマダムのお宅で、
ごちそうになったのが、ふぐのお鍋。てっちりでした~!
わざわざ、ふぐを空輸して、準備してくださっておりました。

 

 

白子もぷりんぷりんで、やっぱり、冬は鍋ですね・・・。
冷え性のわたしも、朝まで、ぽっかぽっかでしたもの。

コメント(0)

2008年12月16日

月鍋(熊肉のしゃぶしゃぶ)

先日、滋賀の比良山荘に、友人8人で月鍋を食べにいった。



ちょうど、12月12日で、満月。


熊肉のしゃぶしゃぶ、おいしいの、本当に?と、
ちょっと疑いつつも、ジビエ好きなわたしは、
行きたい!、行きたい!と、秋にずっと、騒いでいた。
そうしたら、ごはん食べしていた友人の
書家の川邊りえこ嬢が、
「あら~、桂子さん、本当においしいわよ。コラーゲンたっぷりだもの」
で、やさしい彼女が、その場で予約をいれてくれて、
ご相伴にあずかったというわけ。



毎冬の恒例行事にするぞ!と、みなで固く誓いあった。
そのくらい、想像を超えるおいしさでありました。
そして、りえこ嬢の美しさの秘密をかいまみたのでありました。
次の朝、たしかに、お肌、ぷりぷりなみんなでした。

コメント(0)