*「My Life, My Style...」* - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

10月 2009

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年10月の記事

2009年10月29日

ランバン Fashion Show @ 両国国技館

「LANVIN」のメンズ&レディスの2010S/Sコレクションショーが日本でも開催されました。

ジャンヌ・ランバンが小さな帽子店からスタートして120年。

そのアニバーサリーコレクションはパワフル&リュクス感に溢れていました。

場所は、両国国技館。こんな提灯もあってなかなかシブい。

dsc04141_11

入り口入ってすぐのところでは、囲み取材が行われていました。

ショーにも登場した新作ドレスをまとい、笑顔で応える松雪泰子さんの姿も。


dsc041041

それからランウェイに移動すると、ショーが始まるまでの間スクリュードライバーが振る舞われたり。

dsc041051

約1300人の観衆が見守るなか、相撲の行司さんのショー開催宣言からはじまりはじまり。

dsc041071

メンズがまずランウェイを闊歩し、それから冨永愛さんをトップバッターにレディスもスタート。

もう言葉では言い尽くせないほどの美しさに溢れていました!!

写真ボケボケなんでわからないですけどね^^;

dsc041181

フィナーレはメンズ&レディスが揃っての大行進。

dsc041281

最後には、来日していたアルベール・エルバス&ルカ・オッセンドライバーもご挨拶に登場。感動の一瞬でした!

まったくうまくキャッチできなかったですけど。。。

dsc041311

dsc041331

セレブも数多く集まる盛大なショーは、日本では久しぶりに見ました。

アルベールの卓越したセンスとテクニックには脱帽。

行って良かったと満足して、なぜか記念撮影までしてしまう私たちなのでした。

照明のおかげで幽霊写真みたいですけどね(笑)。



dsc04140-05-48-33

次は、パリで間近で見た新作もアップしたいと思います。

Yoko

コメント(0)

2009年10月27日

BALMAIN, The Army Shock

久しぶりのパリコレ情報です。

パリでは「BALMAIN」のshowroomにも行ってきました。

2010S/Sの「BALMAIN」は、アーミームード一色。カーキをメインに強い女性像を示すアグレッシブなアイテムが数多く揃っていました。

dsc03319

dsc03295

dsc03311

ボディコンシャス、パワーショルダー。

「BALMAIN」が発信源となって波及した80's調は春夏も健在。

なんでも『VOGUE PARIS』がコンサルティングに入っているという噂?

トップエディターのもはやユニフォームですものね。

エマニュエルなんて、まさに100%彼女のためにあるような似合いっぷりだし。

ひとつひとつのアイテムもかなりパワフル。ジャケットは正直……とても重いです。。

dsc03301

dsc03303

ベルトも弾丸スタッズがびっしりでかなりハード。

ライトネス、シアーがキーワードの春夏において、独自路線を突き進んでいますが、アーミーも密かなトレンドのひとつ。

dsc03302

このあたりなんかは取り入れやすいのでは?

日本に入ってきたらいいですね。争奪戦必至ですが。。

dsc03305

dsc03306

dsc03313

見た目ハードですが、ひとつひとつはクラフトマンシップに基づいた細やかなディテールに溢れていました。前より時代を牽引するムードは少し引いた感じがするものの、圧倒的なクチュールテクニックはさすが!でした。

トップバッターのダリヤをはじめ、人気モデル勢揃いのランウェイも音楽ノリノリで楽しいですよ☆

鈴木さん、ありがとうございます。

Yoko

コメント(0)

2009年10月27日

Linda Linda ☆ VOTAN Tokyo

これまたJFW前の話ですが、先日友達のLindaがやっているアクセサリー・ブランド「VOTAN Tokyo」の展示会にもお邪魔してきました。

というか、歩いてたらバッタリ会ってつかまった感じ?

でもそれが逆に良かったです☆

ディータ・ヴォン・ティース様以来だね。

りえちゃんはもっと久しぶり! バッグありがとう。大切に使うね。

dsc03707

今回もハジけてるね〜。とってもキャッチーで可愛かったよ☆

dsc03709

とくに♥が可愛い! アラサーでもなんのその、来年もガンガンいっちゃいます(笑)。

dsc03708

パールもクラシックというよりはエイティーズなノリでおすすめです。

いまだピアスが恐い私(!?)でも身につけることができる、キュートなイヤリングが揃っているのも嬉しいところ。

dsc03714

小さなハートやナチュラルストーン、リボンモチーフのゴールドアクセなど、さりげに個性を主張してくれるアイテムも目白押し。

dsc03715

とにかく、デザイナーのLinda本人が元気でパワフル、かなり面白い。

そのエネルギーがアクセサリーにも反映されているのね。

ママ業も大変だと思うけど、またランチでもしましょ♪

なんならベビーシッターもやります(笑)!

赤ちゃん、大好きなので♥

Yoko

コメント(0)

2009年10月27日

REGALO, New Bag

JFW前になりますが、先日「REGALO」の展示会にお邪魔しました。

「REGALO」は、デイリーに使えるバッグの宝庫。

オーセンティック&クラシックを主軸に、ユニセックスで繊細なコレクションを展開する日本のファクトリーブランドです。

特に私のお気に入りは下のトートバッグ!

スタイリストさんの個人オーダーも多かったそうです。

dsc03723

dsc03724

そうそう、「REGALO」は日本ブランドながらヨーロッパの息吹を吸い込んだようなヴィンテージ感もあるんです。それも自然の風合いや経年変化による持ち味の良さにこだわりを持っているからこそ。実用性という意味でもかなり万能で使いやすいのが魅力です。

そして自転車に乗ることが多い人には、こんなレザーのリュックもおすすめです。

dsc03722

また、原宿のショップには「BARDOT ROSE」というレディースバッグのブランドも。

今シーズンは“Lightly”をキーワードに、レトロモダンで自由なミックススタイルを表現したキュートなバッグが多数登場していました。

dsc03726

淡いトーンのバッグは、春夏で多く見られたカラー。

カラーセラピーという言葉があるように、色ってわくわくしたり優しい気持ちになったり……不思議なパワーがあると思います。

毎日使うバッグこそ、こだわりのお気に入りを見つけてハッピーに過ごしたいものですね。

dsc03732

私は無駄に荷物持ちなんですが(苦笑)……こういうポシェットタイプのバッグも最近気になります。山口さん、モデルになってくれてありがとうございます♪

dsc03730

トートとしても、ビッグクラッチとしても使える万能バッグ。

レザーがとても柔らかく、使い込むほどに味わい深くなる風合いが魅力です。

dsc03731

ちなみに、新宿高島屋では期間限定ショップをオープンしていたのですが大好評につきこのたび常設になったそう。

また、玉川店では10月28日(水)〜11月10日(火)まで、そして横浜ルミネでも11月17日(火)~11月29日(日) まで期間限定ショップがお目見え。


各店舗先着30名にノベルティも用意しているそうなので、ぜひぜひチェックしてみてください。



●REGALO 原宿店

住所: 東京都渋谷区神宮前2-18-7.

Tel: 03-5770-5253




Yoko



コメント(0)

2009年10月26日

Japan Fashion Week 3

JFWも後半戦、お疲れ顔もなんのその(!?)、少し覗いてきました。

「翡翠」。全ルック、オールホワイトの構成。

これまでとは違う、肌を大胆に見せたクリーンなコレクションでした。

「パコ・ラバンヌ」みたいなミラー使いがフューチャリスティックな印象も。

dsc039031

「beautiful people」が初のショーを開催。

ちょっと遅れてしまったのであまりよく見えなかったけど^^;

いつものトラッドをベースに、ノスタルジックなムードものせたリアル服がたくさんありました。ウエスタンブーツの合わせが可愛かったな。

モデルには小さな女の子も登場していて、大人と子どもが一緒に着れるアイテムは相変わらず健在のよう。

dsc039821

次の「HEATH」までちょっと休憩しようかなと思ってたら、久しぶりの再会がまたありました!

左からグラ男にも推薦されたという疑惑あり(笑)の「KITSUNE」の翔太郎くん、ジョーこと矢吹くん、そしてKAZUKIくん

また何か面白いことがあったら誘ってね♪

dsc03983

そして「HEATH」。

メンズは相変わらず疎いですが、以前このブログでも告知したVOGUE.COMでもお世話になったので楽しみにしていました。

ブリティッシュ・トラッドの再構築がメインコンセプトなので、今回もちょっといい子でちょっとナードな(?)アイテムが登場していました。

dsc03984

「ato」はうっかり写真を撮り忘れ、、「DRESS CAMP」は行ったらもうショーがほとんど終盤!

アラムとあらら〜と顔を見合わせて、最後に「@IZREEL」のショーを一緒に見てきました。

合流したジェイソンの横顔が入ってしまっている……(笑)。

dsc04002

今回からアンダーウェア&福助とコラボしたソックスも登場なんですね。

最後に見せた滝のブランドロゴが圧巻でした。

JFWオープニング初日には、モウさん含めデザイナーの高倉さんとちょっとお茶もできて楽しかったです。また近々にお会いできれば!

それからはパーティ三昧に。。

「BEAMS」や「TOMORROWLAND 」など、人気7大セレクトショップがJFWとタッグを組んだ“JFW 2010SS Happy Together meets house nation”へ。

ハルキくん、「HEATH」お疲れさまでした!

間瀬さんとパチリ☆

dsc04003

それから「リステア」では、パフューム「Six Scents」第2弾のパーティがありました。

今回も6ブランドとコラボレートした、6つの香水が登場。

6つのストーリー、6本のフィルム、6体のアート、そして6枚の写真を通して伝えるアートと自然の密接な関係性。なかでも「TOGA」の人気が高かったようです。また、「House of Holland」のデザイナーも来日していました。

dsc04011

各フレグランスは2000個限定、シリアルナンバー&デザイナーサイン入り。

収益の一部は、慈善団体Pro-Naturaの環境保護プログラムのために寄付されます。


ハルキくん、肩の力が抜けたのか完全にハジけてるね(笑)。


モデルのハレルヤくんもかなり面白かった(笑)



dsc04013


モデルのJUNくんとパチリ。

ありがとうございます♪


dsc04016


それからルバロンに移動し、花の金曜日は朝までコースとなったのでした。。

もう体力もちませんっ(笑)。

野口さん&ふみこさん、それに深澤くんも楽しかったね。毎回どうもありがとう。

オード・マリーさんもパリに引き続き会えて嬉しかった♪

もっと写真、いっぱい撮れば良かったな。

にくちゃん、途中から音信不通って……!?

Yoko

コメント(0)

2009年10月26日

I Love MUVEIL♥

「MUVEIL(ミュベール)」の2010S/Sを見に青山に行ってきました。

とにかく全てが可愛い!

今回は“バレリーナ”がテーマとあって、乙女心を確実に鷲掴みにするアイテムが目白押しでした。

dsc03945

dsc03936

デザインは特に目新しいわけではないですが……シルク100%にヴィンテージ風のレースのトリミング、これは私にとって普遍的ベストセラーのもの。それに上の2色は、まさに私の大好きカラー! もう何回見てもあきませんでした(笑)。

dsc03927

dsc03929

白鳥モチーフにカモフラージュ×パールの組み合わせ、“大人可愛い”を体現するブランドならではの愛らしさ。

dsc03935

ボーダーも引き続き人気です。

ちょっとレトロなムードがこれまた可愛い。


dsc03941




これ、帽子なんですよ。

撮影映えしそうですね〜。ちょこんとのったミツバチがSooooo Cute!!




dsc03934



dsc03944




「コンバース」のリメイクスニーカーは先シーズンからさらに進化。

アンチ・フラットシューズ派の私も、これにはやられました。。

どちらもハイ&ローカット、両方あります。ついでにメンズも。

メンズにはベージュ、ライトグレーが人気だったみたいですよ。




dsc03942


ラフィア素材にアイロニカルなスカルモチーフがキュートなカゴバッグ。



dsc03947




今回は「MUVEIL」風にリメイクされた、ヴィンテージラインも多く登場しました。

じゃらじゃら付けたアクセがポイントのTシャツなどなど。

スタッズを散りばめたGジャンも可愛かったです♪




dsc03948




ラインストーンがさりげなく入ったヘッドアクセも、実際付けるとしっくり馴染んでとてもキレイでした。

しかもこれ、ネックレスにも様変わりする便利アイテム。


dsc03939




とにかく、何から何まで“可愛い”「MUVEIL」。

パリに行くといつもファッションとは、モードとは?、と自問自答するのに、

東京に戻るとやっぱり“大人可愛い”アイテムにも目がいってしまいます。

難しいことは考えず、直球でマインドを刺激してくるアイテム。東京には多いですね。



Yoko



コメント(0)

2009年10月26日

東京ガールズの味方「Flammeum」2010S/S collection

「Flammeum(フラミューム)」、ただいま人気の東京ブランド。

先日、その展示会にお邪魔してきました。

2010S/Sのコレクションテーマは“Glass flower on the Prairie”。

まさに「大草原のキラキラした花」な、キュートアイテムがたくさんありましたよ♪

なかでも私が気に入ったのは……。

dsc03859

このヴィンテージライクなバラ柄プリントのブラウス。

ワールドコレクションでも、花柄は多くみられたモチーフ。

春はこんな女の子らしいアイテムに、ブリーチしたデニムやカーゴパンツを合わせてみたいもの。リボン部分はドット柄。ほかにルーズパンツやオールインワンもあります。

dsc03863


こちらの花柄も上品でおすすめ。

ラベンダー色に大小さまざまな花がのったワンピは、着るだけで気分が上がる!


dsc03872


そして、こちらのちょっと構築的なオールインワンも気になりました。

レインボーカラーのラメ糸をたっぷり使った、インパクトのある素材がいい感じ。

見た目ガサガサしてる印象だったのですが、触り心地もなめらか。

背中がガッツリあいているので、一枚で着るとかなりセクシーです。

私はこれに、スラッシュの入ったデザインレギンスを合わせたいなぁなんて思っています。


dsc03870


写真だとわかりにくいのですが……こちらのツィードジャケットはリントン社の生地を使用。

そこに蛍光染料でカスリ染めしたファンシーヤーンをアクセントに。

80'sポップな雰囲気の個性的なジャケットです。


dsc03865


カンカン帽……なんだかブームの予感?

色んなところで見た、というバイヤーさんの声が多かったとか。


dsc03866


足元は、引き続きハードなものがマスト。

ほかには、デニム素材のアイテムが多くありました。

ちょっとウエスタン調のものだったり。

ウエスタンも密かにきているような気がします。

「Flammeum」はいわゆるコレクションブランドではないですが、

いまの気分をうまく取り入れているし、何と言っても作りに対してプライスがお得なのが魅力。

もちろんファストファッションに比べると高いけど、自転車操業みたいに何でも安くトレンドのいいとこ取りをしているわけじゃない。

モード好きもギャル好きも(?)、オールマイティに活用できる優秀アイテムの宝庫です。

Yoko

コメント(0)