プロフィール

カレンダー

7月 2010

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2010年7月の記事

2010年07月29日

フレッドペリー×エイミー・ワインハウス

フレッドペリーが、あのお騒がせセレブ(?)で有名なエイミー・ワインハウスとコラボレーションを発表。

エイミーは長年フレッドペリーのファンで、ディテールや色を決める商品会議にも意欲的に参加したそう。

色の組み合わせにギンガムチェックなど、普段からパパラッチされているエイミーのスタイルに通じるものがありますね。

ほかにカプリパンツやペンシルスカートなどもあって、10月から発売だそうです!

fredperry1

fredperry2

ちなみに、私の気になったアイテムもご紹介。

展示会ではスニーカーが可愛くて目が釘付けになりました!

fredperry3

fredperry4

fredperry5


スニーカーは、私の場合明らかに似合わないので……愛でるだけになりそうですが。

でもこれだったら着れるかも〜?ということで、こちらも気になります。


fredperry6
フレッドペリーは、かつてグランドマスターと呼ばれるほど偉大なテニスプレイヤーだったフレデリック・ジョン・ペリーによって誕生したブランド。

1960年代のロンドン・カーナビーストリートから発信されたモッズ・ムーブメントの波に乗って、スポーツとファッションをクロスオーバーさせたトラッドなアイテムを次々に発表してきました。

近年ではラフ・シモンズやアン・ソフィー・バックとのコラボレーションも記憶に新しいところですね。

伝統を守りつつ、面白いこともやっちゃうぞ、というスタンスがいつも新鮮。

エイミーとのコラボも、どんな反響があるのか今から楽しみです☆

YOKO

コメント(0)

2010年07月27日

ザ・コンテンポラリー・フィックスへ

THE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)が28日にリニューアルオープンするということで、そのレセプションパーティに行ってきました。

PARIYAがカフェ&デリ形態で入り、テイクアウトはもちろん店内で飲食もOKに。

カップケーキがかなり可愛い!

1

そして、ここぞとばかりにジェラートもいただきました。

私はバナナミルクとこってりチョコ味で濃ゆ〜く濃ゆく。

2
……って、食べ物ばかりでなんのこっちゃって感じですね。。

そして、マスターマインドの期間限定カフェに行き損ねたのが残念無念!

でもまた行きたいと思います!

3
YOKO

コメント(0)

2010年07月26日

ラデュレのマリアージュ

先週、ラデュレの“マリアージュ”をテーマにしたプレゼンテーションに行ってきました。

18時スタート直後から店内はすでに大混雑。。

さすが絶大なるラデュレ人気……恐るべし!

そして、ミーシャと久しぶりの再会だったのでひとまずパチリ(笑)。

laduree1

それにしても、ふわふわ夢いっぱいのウェディングケーキに感動!!

laduree2

laduree3

ピラミッドに積み上げたマカロンのピエス・モンテにも感動。

laduree4

2つのハートが寄り添ったマリアージュ・ボックスもかなり可愛い。

まさに美食を賛美するために欠かせないボックス。

laduree5
ほかにも目からウロコの可愛いアイテムが目白押しです。

パリでも東京でも……またしても買い占めてしまいそう。。

laduree6
ハート型の甘〜いスウィーツもばっちり堪能してきました!

ラデュレは本当に人を幸せな気持ちにしますね。

laduree7
YOKO

コメント(0)

2010年07月25日

DIESELでアート鑑賞

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAといえば新進気鋭のアーティストのサポートを積極的に行っているのですが、先週からスタートした“WELCOME TO ELECTRICITY by :phunk”も要必見です!

:phunk(ファンク)はシンガポールを代表するコンテンポラリーアート&デザイン・チームで、とにかくその自由でダイナミック、ポップなヴィジュアルはポジティブそのもの。

彼らのなかにアートとコマーシャル・ワークの境界線はなく、さまざまな文化的エレメントを自在にミックス。

そのボーダレスな感覚が心地よく響いてきます。


diesel1
日本のマンガやオタク文化にも影響を受けているそうで、ウィットとユーモアに溢れた作品のなかには社会的風刺や人間的モラル、ロックンロール・マインドなどが盛り込まれています。

そのスピリットは本物を見ればなるほど〜と納得するはず。

diesel2
会場に浮かんだ大きな“愛”も、どこかアイロニカルでセンセーショナル。

ちなみにこの展覧会、次は彼らの本拠地・シンガポールで田名網敬一さんとのコラボレーションを企画しているそうです。

diesel3
それから1Fでは、長い長い帯状のアルミがぐるりと店内を囲んでいました。

こちらは建築家・大野力(シナト)さんによるインスタレーション“ROLLS”。

ストアの手前から奥まで、1枚のアルミが途切れることなく波打つような美しいフォルムを作り出していて何とも圧巻。



diesel4


よく見ると、こんな可愛い蝶々もいました!

このアルミはとても薄く、簡単に手で曲げれるような厚さなのだそう。

とはいえ、板と呼ぶには柔らかすぎるけど布や紙よりは硬い……そんな不思議で中間的な物質感をもっています。

なにはともあれ、店内をぐるりと囲んだ巨大オブジェはインパクト大!

ショッピングがてら、一緒にアートも楽しめる魅力的な空間になっています。





diesel5


蝶々はPRのえりこさんがバッチリ撮ってくれました。

ありがとう! また遊ぼうね☆



YOKO

コメント(0)

2010年07月24日

Enevare, メイドインジャパンのモノ作り

先日、とても興味深いバッグ&靴のブランドを見つけました。

「Enevare(エネヴァレ)」という日本ブランドで、芝浦にショールームを構えています。

サイトをチェックしてみるとH.P.FRANCEなどでお取り扱いしているので、知っている方も多いかもしれませんね。

最初に目についたのが、こちらのチェーンのクラッチバッグ。

黒のクロコダイルを使っているように見えるのですが、実は革に刺繍をほどこしていて、そちらの作業工程のほうが時間がかかるそうです。

enevare1

こちらはくたっとした風合いが魅力的。

なんだか見た目がゾウみたい!?

ポケットのジッパーが横についているので、モノの出し入れも便利。

enevare2

Enevareのバッグは、ポケットが全体のフレームからわざとはみだしているのがポイントらしく、そのちょっとしたこだわりに愛嬌があるというか個性があるというか。

enevare3

バッグひとつとっても、その裏側の工程には並々ならぬ手間と時間をかけているようです。

そういうのって実際に話を聞かないと気づかないまま終わってしまうものですが、職人泣かせの技術もふんだんに盛り込まれているようで、メイドインジャパンにこだわったモノ作りに見た目以上の実直さを感じました。

ブランドが世にでるには、国内外の有名メゾンも手がける職人さんや後継者不在の高齢技術者が長年培ってきた“手に宿された技術とこだわり”が凝縮されているのです。

enevare4
靴は日本人の足型に合っていてシルエットも優秀。

全体的にダークトーンで統一しているEnevare、モードなファッションにも似合いそう。

enevare5
実際に試着してみたのですが、このベルテッドブーツは革が柔らかく足をしっかりホールドしてくれるので歩きやすい。

プラットフォームなので脚が長く見えるし、とても軽いので一日中歩き回る日にも大活躍してくれそうです。

enevare6
人はとかくブランドという記号に左右されがちだし、トレンドのサイクルは目まぐるしく移り変わるけど、結局記憶に残るものって作り手の愛情や想いがつまったものだったりします。

自分の審美眼を信じて磨いていけば、記号や見栄はいらない。

いつも出来上がったものを見てああだこうだと言っていますが、その裏側のストーリーをもっと見てみたいと思いました。

YOKO

コメント(0)

2010年07月23日

ara araの展示会にて

アスファルトに照りつける太陽にもめげず、渋谷から歩き一件、そしてまた一件と立ち寄り裏原宿界隈のcopon corpへ。

この日は「ara ara」の展示会がありました。

あんなに外の熱気にヘトヘトになっていたのに、ファーを見ると一気にウキウキするなんて(普通はもっと暑い気分になる?)何とも不思議なものです。

araara1

araara2

こんなクラシックなドレスもありました。

「ara ara」は、デザイナーがパリ・オートクチュールで経験を積んだこともあるそう。

セレクトショップではミュベールと肩を並べることが多いそうなんですが、また違った魅力がある大阪発のブランドです。

araara3
「どのアイテムが人気ですか?」との問いには、「ライダースジャケットの評判が良かった」との答え。

araara4
後ろ姿もフェミニンで可愛いです。

ライダースジャケットは毎年デザイン違いで欲しくなります。

まさにいくつあっても物足りない、エターナルアイテム。

araara5
といいつつ、最初はあまりの暑さにアイスティーを2杯もおかわりして、軽く30分は椅子に座っておしゃべり三昧だったかも。。

PRの浦田さんと久しぶりの再会に喜び、そして場所柄verita編集部の小林さんも途中参加しての女子談義。

完全にリラックスした楽しい展示会でした(笑)。

YOKO

コメント(0)

2010年07月23日

西武百貨店のショーウィンドー

渋谷・西武百貨店のショーウィンドー前で、ふと足を止めた金曜の夜。

最初はイラストがステキだなぁと思っていたのですが……。

ヴゼット1

よ〜く見たら、服は「VOUS ETES(ヴゼット)」の秋の新作ではないですか。

しかも、私がトライ予定のアイテムそのまんまのコーディネート!

というわけで、思わずパシャリ。

ヴゼット2


写真では??だけど、スカートはチューリップ型の立体的なフォルム&本当は豹柄なんです☆

豹柄LOVERSがいつになく浮上しそうな秋ですが、これは悪目立ちしないお上品バージョン。

今から着るのがとても楽しみです!

YOKO

コメント(0)