プロフィール

カレンダー

9月 2010

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010年9月の記事

2010年09月25日

意外とアヴァンギャルドな……?

メルハバ〜(トルコ語でこんにちは)!

前回からだいぶ間があいてしまいましたが、8月のイスタンブール・ファッションウィークのことを改めて。

トルコブランドはなにげにモダンだってことを前に触れましたが、さらに意外で割りとアヴァンギャルド。

そう、回教徒寺院が混在し、さまざまなカルチャーがクロスオーバーした独特のオリエンタル情緒をたたえながらも、ファッションは進化しているのです。

というわけで、少しですがいくつかブランドをピックアップ。

●ARZU KAPROL

スカルプチュアなアーティドレスや、ビジューを飾ったボデイコンシャスな服が登場。

アコーディオンのように束になったプリーツって、まさに昨年のヴィク……あ、言わないほうがいいですね(笑)。

パリの某ブランドに似てるなって思ったんですが、まぁそこはご愛嬌で?


シルクを多用していて、カーヴィだったりスパイラルだったりいろんなフォルムが登場していました。


dsc01954

●MEHTAP ELADI

今年でデビュー10周年の女性デザイナーによるブランド。

もうほんとに美しすぎるボスフォラス海峡の影響か(?)、やたらコバルトブルーを多く見かけたような気がするものの、このブランドはもっと濃いブルーやピンクなどパキっとした色を多用していてグラフィカル。

割りとリッチマダム向けのブランドも多かったけど、こちらは若々しくてフレッシュ。

dsc01913
●Rana Berna Canok

このブランドは若手の合同ショーに参加していました。

全体的にワントーンで統一しつつ、フリルやドレープ、アシンメトリーな構造でロマンティックな気分。

dsc02009


●Necla Guvenc

こちらも若手の合同ショーに登場していました。

浅田真央ちゃんのCMと同じ(かなり無茶なつじつま合わせ!)淡いイエローがアンニュイなムード。

プリントは使っていなくて、このイエローとグレーのかけ合わせだったり、揺れるシフォンだったり、適度なボリューム感だったり。

デコラティブな印象は薄く、ほかと比べると今すぐ着れそうなリアルクローズが揃っていたかも。

dsc02017


●Tuvana Buyukcinar

さらにこちらも若手なんですが、唯一トライバルなプリントが見られたブランドでした。

ポップな色がたくさん弾けていて、スカートもボリュームたっぷりで可愛い印象。

dsc01990
こういう風景を毎日見つめていると、どういう気持ちなるんだろう?

当たり前になっちゃうのかな。私にはとっても新鮮だったけど!

ちなみに、こちらはトプカピ宮殿から眺めたボスフォラス海峡です。

dsc02154
イスタンブールのファッションは、小難しいコンセプト云々というより、素直なフィーリングに従って心のおもむくままに自分の好きな世界を表現している印象を受けました。

なんていうのかしら、とてもおおらかな感じ!

そんなイスタンブールにハマった私は……来月、また旅立つかも(笑)。

YOKO

コメント(0)

2010年09月24日

トフ&ロードストーンに魅せられて

「トフ&ロードストーン」は小さなパーツひとつひとつにまでこだわりを持った、ジャパンメイドのモノ作りに定評があるブランド。

新作はクラシカルな雰囲気にモダンさも加わって、大人女子が自信をもって持ち歩けるものばかりが豊富に揃っています!

この派手ピンクが最初に目についたのですが、ギャル系に転ばない上品なところがgood。

アクセントの真鍮金具は、乗馬のハミをイメージ。

dsc01479
プレスの方に持ってもらいました。

うん、ちょうどいいサイズ感。発色がやっぱりキレイです。

dsc01477
このありそうでなさそうな、ピーコックグリーンも気になります。

オリジナリティを追求した金具がモード感もプラス。

この色、意外にいろんな色と相性が良いのでおすすめです。

dsc01473
クロコの型押しはリッチカジュアルに。

繭をイメージしたコクーンなシルエットがなんだか可愛い。

dsc01474
この子たちは上と同じクロコの型押しなのですが、なんとクラッチ、ショルダー、ハンドバッグと3WAYで活躍できるデザイン。

エライ、嬉しい、優秀!

クラッチにしたらパーティにも持っていけそうですね。

dsc01478
こちらはナイロン素材なのですが、カジュアルすぎないデザインがいいでしょう?

それに軽いし、お仕事にも使えそう。

ハンドル部分のフリンジも、ちょっとオーバーなくらい揺れるのがまた可愛い。

前シーズン、大人気につき売れ切れ続出だったモデルの素材違いとして再登場。

dsc01480
バッグといえばインポートについつい目がいってしまうのですが、ジャパンメイドもただ者ではない、と「トフ&ロードストーン」を見て思いました。

素材、デザイン、金具のパーツにいたるまで、職人気質のオリジナリティを追求しつつ、イマドキ感とちょうど程よい高級感もあるし。

使い込むほどに味がでてきそうな独特のニュアンスも私は好き。

この秋冬はクラシックな服もたくさんでているので、コーディネイトのアクセントにぴったりだと思います!

YOKO

コメント(0)

2010年09月23日

ロンドンのエリクソン・ビーモンへ!

『Grazia』誌で見つけたレディ・ガガ様のお首を飾るネックレス。

ずばり、「エリクソン・ビーモン」の力作です。

image_2

そして、ロンドン在住の方&これから行く予定がある方にステキなお知らせ。

「エリクソン・ビーモン」が10月15日にサンプルセールを実施します♪


デコラティブ好きな人にはたまらなく、またクラシック好きな人にも何気におすすめ。

機会があればぜひ!


image

38 Elizabeth Street, London, SW1W 9NZ


YOKO

コメント(0)

2010年09月22日

変幻自在なピースの集合体「BAO BAO ISSEY MIYAKE」がデビュー


ショップのディスプレイや駅構内の広告……今月に入ってから「ISSEY MIYAKE INC.」の新しいアクセサリーブランド「BAO BAO ISSEY MIYAKE」の鮮やかなピンクのバッグを見かけませんでしたか?



見た目もさることながらネーミングも可愛いこのバッグ、基本はシンプルなピースの集合体でできているのですが、ひと目で印象に残るインパクトがあるし軽くて折りたたみもできて機能性もバッチリ。



元々は「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」から生まれたバッグシリーズ“BILBAO”から生まれたものなのですが、購入にあたり数量制限もでるほど海外でも人気がヒートアップしているそうです!




bao-bao_pink


BILBAO PRISM (40X40cm) ¥28,350


種類もトート型のバッグからポーチ、ステーショナリーなどたくさんあって、また色もピンク以外にシルバーもあれば、グリーンにブルー、オレンジなど……持っているだけでポジティブになれそうなハッピーカラーが今後来年に向けてどんどんリリースされるそう。

私は展示会で見つけたゴールド×ブラックの水玉模様が気になります!

中に入れる物によってピースひとつひとつが自在に動き、かたちが変わるフレキシブルで遊び心のあるアイデアは、まさに「BAO BAO」ならでは。

いくつでも欲しくなりそうな可愛さに満ち溢れています。

下記のショップでお取り扱いをしているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

BAO BAO ISSEY MIYAKE / GINZA(銀座松屋3F

24 ISSEY MIYAKE / SHIBUYA(渋谷PARCO 2F

24 ISSEY MIYAKE / SHINJUKU(新宿高島屋 5F

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / ROPPONGI

ISSEY MIYAKE / KOBE

ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE

ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE WEB SHOP

http://store.elttobtep.com

YOKO




コメント(0)

2010年09月21日

PHAEDRAの2011S/S展示会へ

先日、「PHAEDRA」の展示会へ行ってきました。

これから秋冬のシーズンですが、ファッションの世界では来年の春夏の新作がどんどんお目見えしています!

今回の「PHAEDRA」で、私が個人的に一番気になったのがこちら。

カモフラージュ柄のトレンチコートです。

私のトレンチデビューは我ながら信じられないほど遅くて……実は昨年なんですが、一度着るようになるといろいろデザイン違いが欲しくなってくるもので。

このトレンチは見た目は雨もはじきそうなほど頑丈に見えたものの、実際さわってみると意外にやわらかくてシルエットもとてもキレイでした。

dsc025191


ベーシックなベージュタイプもあります。


他にはブラウン、ブラックもラインナップしています。

肩から腕にかけてのフォルムがまさに私好み。

dsc02517

そしてこのトレンチコート、嬉しいことに2WAYなんです!


半袖部分をとりはずすと、こんなふうにスタンドカラーのシンプルなタイプに変身。

またボタンにはブランドロゴが入っていて、そちらも可愛いんですよ。

dsc02518

それから、夏になったらやっぱり気になるのがマリンスタイル。


着心地のようさそうなコットンのボーダーマキシワンピもさることながら、このジャケットがスタイルアップに一役買いそうで気になりました。

斜めについた金ボタンと袖のラインがアクセントになっています。

dsc02516

また、夏になったら普段は着ないような鮮やかな色も気になるところ。


このキャミソールワンピはアシンメトリーになった裾が動くたびに流麗なシルエットを描きつつ、この裾の一部をくるくるっとリボン結びにするとまた違ったイメージになる2WAY仕様なのがオイシイ。



シーズンテーマのひとつが“marrakesh trip”なのですが、まさにエスニックなムードたっぷり。


マラケシュ、いいですね〜大好き! 


dsc02521

また、こんなキュートなバッグも見つけました。

こちらはロス発のブランド「CUFFZ(カフス)」とのコラボレーション。

元々このブランドは、“Barfly=バーに入りびたりの人”というバッグを彼女自身の欲求からひらめき、持っていたバッグの持ち手を手錠に付け替えてクラブに行ったところ、大変評判だったことがきっかけで生み出されたそうです。

夜遊びして踊って飲んで……でも置き忘れることのないバッグとして発案されたのですが、パリス・ヒルトンやファーギーが以前にお買い物をしてるみたいですね。

ポイントのスワロフスキーの手錠も「PHAEDRA」別注のカラーの組み合わせ。

日本では六本木ヒルズにインストアブティックがあります。

dsc02511
下のバッグもスタッズが好アクセントになってますね。

「PHAEDRA」のプロデューサー、岡田麻衣子さんがビッグサイズのトートバッグを持った姿をキャッチしました。

さすがお似合いですね〜!

これはサイズ的に仕事用にも使えそう。PCもらくらく入ります。

dsc02515

カラーバリエーションもいろいろあっておすすめです。

dsc02513

最後に、こちらのプリミティブなブレスレットもぜひチェックを!

なんだか癒されるなぁと思ってたら、実は自然の大いなる力を秘めた神聖な樹で作ったパワーウッドビーズなんですって。

ステキな毎日が送れますように……という願いが込められた天使の羽モチーフもついています。

例えばサティーネ(あなたの頬をバラ色に)やリグナムバイタ(心の傷を癒す命の樹)、ブラック・ウッド(自分の再構築)などなど、合計8種類が揃っていてどれも気になるものばかり。

女の子はこういうの好きですよね。

私は全種類欲しいです(笑)。重ねづけしても可愛いと思うし!

dsc02524
というわけで、展示会のを一部ご紹介したのですが、「PHAEDRA」はまだデビュー2シーズン目のほやほやブランド。

なんですが、早速パリでも展示会をするそうです。

これからの動向がどうなるのか楽しみですね。

YOKO

コメント(0)

2010年09月20日

MODE ACOTE、魅力の再発見

先日、「MODE ACOTE(モードアコテ)」の秋冬の新作でステキなアイテムを発見しました。

それがこのジャケットとスカート。

フェザーがたっぷりついていて、とても見た目コンシャス。

アクセいらずの派手さは、まさに私のツボにハマるものがありました(笑)。

ジャケットは燕尾服のような仕立てもいい感じ。

「MODE ACOTE」はもちろん以前から知っていたのですが、改めて見るのは久しぶりかも。

前はラフォーレ原宿で開催された「WHITE」という展示会に参加したり(装苑好きならチェック済みですよね!)、上海の百貨店にショップがあるみたいです。

modeacote1
スカートもかなりお気に入り!

実際はくと結構丈が短くてちょっとドキドキなんですが、これからの季節はタイツにロングブーツを合わせれば問題なし。

とにかく大量のフェザーがふわっふわしていてボリューム満点だし、地がニットなので伸縮性もあってはき心地は意外とラクチン。

modeacote2
で、恥ずかしながら、はくとこんな感じになります。

黒なので、何にでも合わせやすいところが便利です。

昨年も別のフェザースカートを持っていたのですが、こっちのほうが断然ゴージャス。

フェザーに混ざってチェーンもあしらわれているので(写真ではわかりにくいけど。。)スペシャル感は格別です。

とにかく気分がアガります!

modeacote3
最近は海外でも意識的に東京ブランドを着るようにしているのですが、「MODE ACOTE」はまたどこかのファッションウィークに行くことがあったらぜひ着てみたいですね。

サイズ感もシルエットも日本女子にばっちり合うし、縫製もキレイで何よりモダンさがあるのでモード派には特におすすめです。

いま、改めてブランドの良さを実感。

これからもいろいろ勉強させてもらえたらな、と思います。

YOKO

コメント(0)

2010年09月19日

VOTAN Tokyoのアクセでハッピーに

お友達のリンダがつくるアクセサリー「VOTAN Tokyo」は、身につけているだけで自然と笑みがこぼれるような、ハッピー感溢れるデザインが魅力。

“VOTAN”とはお花の“牡丹”のことで、別名“富貴花”とも呼ばれるそう。

なんだか高貴だわ〜なんて感慨にふけりつつ、でもデザイナー・リンダ本人の楽しいキャラが思いっきり反映されているのがこのブランドのいいところなんだと思います。

新作は、ちょっといつもより大人っぽくなったかも?

votantokyo1

こちらはオランダ製陶器のパーツで作ったそう。

アンティークっぽくて可愛いです。

イニシャル「Y」を思わず探してしまったけど。。

特にアルファベット26文字がすべて揃っているわけではなさそう(笑)。

votantokyo2

貝殻モチーフもコロンとしてておすすめです。

ちなみに、「VOTAN Tokyo」はただいまイセタンガールやアクアガールオンザストリートでお取り扱いしています!

votantokyo3

私のイメージでは、このあたりが普段のリンダっぽいかな、と。

votantokyo4

クラブにも映えそうなこのあたりなんかもリンダっぽい。

ピアスはバリエーションがいっぱいあって楽しいですね!

私もいまさらですが、ピアス開けたいな。。

votantokyo5
そんなこんなで、不思議な撮影会もなぜか実行。

左がリンダで、座ってるのがジョイリッチのヨッピーちゃんです♪

リンダのアクセは、直球でハートに訴えかけてくる可愛らしさが好きです。

かっこよくキメたいというよりかは、ポジティブマインドを底上げしたいときに手にとりたいアクセかな。

お値段も可愛いのでおすすめです!

votantokyo6

YOKO

コメント(0)