プロフィール

カレンダー

11月 2010

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2010年11月の記事

2010年11月30日

ナオミ・キャンベル×VOGUE UK

『VOGUE UK』12月号で、ナオミ・キャンベルが「エリクソンビーモン」のボディピースとカフスをつけているのを発見!

naomi_campbell

「エリクソン ビーモン」大好き!

また、日本でも『ELLE』がスーパーモデル伝説を特集してますね。

改めて超人的な美しさにドキドキ。

そういえばリンダ・エヴァンジェリスタの生の神オーラ、凄かった!





********************************




●近藤陽子のFashion Drive

ただいま「DIESEL SHIBUYA」オープニング情報をアップ中です!




********************************










YOKO

コメント(0)

2010年11月29日

今宵はアート日和

この日は青山のAoビルで開催された「Umbra 30th Anniversary」のパーティに行ってきました。

「Umbra」といえば、カリム・ラシッドのチェアなどでおなじみのカナダ発インテリア雑貨ブランド。

umbra

ポップでフレッシュなカラーに最新技術を加えた商品は、現在世界70ヶ国以上で販売。

日本だとシボネ、イデー、MoMA、ビームス、バルス、ベイクルーズなどにあります。

フォトフレームから時計、バスアイテム、さらにはごみ箱やITアイテムなどなど、あらゆるモノが機能的でスタイリッシュなデザインとなって世に出ていて、なかには数々の産業賞を受賞したり、ミュージアムの永久コレクションになっているものもあるそうです。

umbra2



なんだかワクワクするデザインがいっぱい〜。

2011年のニュー・アイテムも先行公開されてました!



umbra3



で、もうひとつの楽しみといえば「LOVE THE EARTH」。

これは著名な写真家とUmbraフォトフレームのフェイスペーパーによるコラボレーション企画。

来年1月末より販売開始する年間プロジェクトだそうです。

気になる写真家は、敬称略で失礼しますが桐島ローランド、立木義浩、松田美由紀、Hiromixの4名でした!


lovetheearth



こちらは「地球への愛=エコロジー」をテーマにしていて、製品1個につき2kgのカーボンオフセットがついているとか。

そして商品を購入することで、世界で取り組まれている温室効果ガス削減プロジェクトに参加できる、という仕組みになっているそうです。

どれも写真家の世界感にふっと吸い込まれそうでステキでしたよ☆

目指せ、温暖化防止!


lovetheearth




まぁ気づけばムール貝をひたすら頬張ってたような気もするんだけど、、その後丸の内で開催された「アトリエ インカーブ」にも行ってきましたよ。


「アトリエ インカーブ」は大阪市平野区にある福祉施設なんですが、ここでは在籍する知的障害者をアーティストと位置づけていて、彼らの創作活動を支援しています。

『アトリエ インカーブ 現在アートの魔球』という単行本も出したり興味深い活動をたくさんしているところ。

私にも知的障害のソウルメイトがいるので共感せずにはいられません。




スタイリスト・野口強さんがディレクションした日本ブランドのTシャツも展示されていました。

こちらはヒステリック・グラマー。

ああ、、でも写真はこれだけ。しかも毎度のことながらボケてる。。

障害者の方の作品も撮りたかったのに!

最近疲労が激しくて、、(言い訳?)


dsc05679



********************************




●近藤陽子のFashion Drive

ただいま「DIESEL SHIBUYA」オープニング情報をアップ中です!




********************************




YOKO







コメント(0)

2010年11月28日

「ジバンシィ」のパンク・ロマンス

「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」の新作は、ロバート・メイプルソープの写真や70年代、そして何といってもパンクロックな強い世界感。

ざっと2011S/Sのトレンドを見渡してみると、ん?、カラフルなスーパーフェミニンが席巻中?

確かにそれも気になる……気になります!

でも、私はやっぱり「ジバンシィ」のこのタフさが好き!

(前に書いた「カルバン」もかなりLOVEですが)

givenchy

思い返せば私の好き好き遍歴って高校〜大学まで「コム デ ギャルソン」にハマり、アントワープ6を経て「YSL」、そして日本ブランドをちょいちょい(めんどくさいので間かなりハショってます)。

普段ハデな格好(?)で単なるオバギャルと思っているそこのあなた、意外ですみませ〜ん(笑)。

ところが最近はパリでせっせとオーダーしたり、セールに駆け込んだりと気づけば「ジバンシィ」が増えている!?

フェミニンは昔から定番で好きなんですが、ちょっとぴりりと男前なスパイスが効いた強さに惹かれる今日この頃。

というわけで、「ジバンシィ」はまさに今理想なんです。

givenchy2

例えばこれとかね。
フリルたっぷりでフェミニン度満点なんですが、びっしりジップ(結構重い)が付いてるこの甘辛のセンスがたまりません!


givenchy3

後ろ姿にまで余韻あり。

ちなみにボトムスのレオパードはジャカードになってます。

givenchy4

洋服でもレオパードが多かった今回、バッグもさすが!な出来映えです。
レオパードといえば、いま雑誌でもこれでもかというくらい紹介されているし、コレスナでの着用率も高いですね。

春夏はちょっと落ち着くのかな?という気もしますが、「ジバンシィ」のレオパードはドルガバのそれに執心していた頃以来気になります(まだ大阪在住の頃なので相当古い。。)。


givenchy5



それから靴もかなりツボ!!


このジップの山、山、山。

骨折にだけは要注意!(注:昨年普通に歩いただけで骨折したのはこの私)


givenchy6


そういえば、この日はパリ最終日だったんですよね。

毎度珍道中なのである意味開き直ってきたけど、次の日トルコでまさか半日サバイバルを経験させられるとは夢にも思わず、エッフェル塔を眺めながら気分だけはパリジェンヌだったのでした。。

(ジバンシィのショールームはエッフェル塔がちょうど良く見える絶景スポット!)


givenchy7



********************************




●近藤陽子のFashion Drive




********************************




YOKO

コメント(0)

2010年11月27日

Sixで開催中の「Time Train」展

もし大阪に行く予定のある方&関西在住の方がいらっしゃれば、ぜひ「Six」で開催中の「Time Train」展に足を運んでみてください!

six

「Six」は「コム デ ギャルソン」が手がけるアートスペースで、ただいまアーティスト・宮島達男さんのインスタレーションが日本初お披露目で登場しています。

詳しくはこちらで!!

http://www.veritacafe.com/news/culture/2010/11/2441/

ちょっと奥深いテーマで繰り広げられる“生と死”の境界線。

芸術の秋(いや、もう冬?)におすすめです。



********************************




●近藤陽子のFashion Drive




********************************






コメント(0)

2010年11月24日

「CARVEN」の魅力にハマり中

いま、私の大好きブランドにエントリーしている「CARVEN(カルバン)」。

先シーズンに日本に上陸してからというもの……いや、正確には上陸前の「恐怖のパリ・ショールーム事件(大げさ)」からかなり注目しています!

で、2011年春夏の展示会にももちろん行ってきたのですが、あ〜やっぱりステキだった。

この一見シンプルなんだけど、かゆいところに手が届くというか、絶妙なさじ加減がたまらない。

carven1


今シーズンのカルバン・ウーマンは、一人の女の子がジュール・ベルヌの小説からインスパイアされて空想の世界旅行に旅立つ、というもの。
古代ギリシャやエジプトの秘宝、そして南米の焼き付いた赤い土……。



carven2

異国情緒にコケティッシュな魅力をどれだけ加えても、「CARVEN」の大人の気品はしっかりキープ。
伊勢丹で発売された秋冬商品は問い合わせ殺到で、私が欲しかったアイテムはあっという間に完売だったそうです。

(嬉しいような悲しいような?)

元々オートクチュールブランドだっただけにパリのクラシカルなDNAが今も残っていて、パリ好きとしてはこれみよがしなマス的派手さがないのがいいのです。



carven3

この独創的なプリントは、よく見るとトレジャー・マップになっています。
しかも、後ろは背中部分がちょっとカットされていてセクシーに。

前から見るとグッドガールなのにこのギャップ。
先シーズンに引き続き、ここでも女性の二面性を表現しているんですね。





carven4



他にも色々……いや、ルックブックを見る限り全部買い占めたいくらい素晴らしいのですが、「CARVEN」はパリブランドのなかでもプライスがお得なのがまた魅力。

話を聞いてみると、一通りファッションの洗礼を通過した大人女性のハートもがっしり掴んでいるようです。

本当にステキなので、ぜひチェックしてみてくださいね!


carven5

そして「CARVEN」好きの私は、ル・バロンで開催された一夜限りのパーティにも行ってきましたよ。

フランス人女性アーティスト、Caroline Loeb (キャロライン・ローブ) を招いたライブイベントがあったのです。
キャロラインは、1980年代後半に「C'est la ouate」という曲がフランス国内からヨーロッパ、そして世界中で大ヒットしたそう。

また、現在は舞台演出家としても成功を収めていたり、初のショートムービー監督作品「Vous desirez?」がヴェネツィア国際映画祭で上映されたりと多才な女性のようです。

アメリカでは「ルネッサンス・パーソン」という異名を持つそうで何ともユニーク!

写真が下手ですみません。。



carven6


「CARVEN」デザイナーのギョームと再会!
(翌日の展示会でも体調を気遣ってくれました・笑)ギョームは前はジバンシィやポール カでもデザインをしていて、とってもフレンドリーでステキな人。
次はパリでね(行けたらね!?)!



carven7


********************************




●近藤陽子のFashion Drive




********************************












YOKO

コメント(0)

2010年11月23日

春爛漫、な「avie」の新作

これから冬真っ盛りだというのに、気分だけはもうすっかり春です。

来春はエアリーで肩の力が抜けたリラックスムードが気になりますが、そんな気分をリアルクローズで取り入れるなら「avie」がおすすめ。

オリジナルのフラワープリントは見た瞬間から気分が上がる!

avie

それから、最近気になるのがマキシ丈。

コレクションのバックステージでも、くるぶしギリギリのドレス&スカートを着用しているモデル(ここではラクチンなジャージー素材が多かったけど)をちらほら見かけました。

アンニャやアビー・リーのマキシ攻略術も参考になるはず!というわけで、この春はハンパ丈に続いてぜひトライしてみたい!

まぁマキシドレスは毎年夏になるとどっと出てくるので、スカート、というのがミソなんでは?

avie2


あと、定番人気のボーダーもなんだかんだハズせない。

上のマキシスカートとおソロのこのジャケットは、よく見るとリボンのレースの上にボーダーをオン。

スタッフの間ではこのオリジナル生地を“ダンゴボーダー”と呼んでいるそう。

avie3

あとは刺繍レースのブラウスも気になるし……

avie4

袖にリボンレースがついたパキっと明るいイエローニットも気になります。

こちら、同素材のワンピースにはラメ糸が入っていてさらに華やかです☆

avie5
似合わない、というツッコミが入りそうですが(?)、こういうレースブラウスが個人的には大好きです。

avie6
レースといえば、こんなTシャツタイプもおすすめ。

毎年プリントTは出しているのですが、なんだかどんどんバージョンアップしているような?

avie7
とにかく「avie」は大人可愛い魅力がいっぱいあって、東京ガールズにはコーディネイトしやすいアイテムがたくさん揃っていると思います。

とりあえずワタシ……春はもう戦闘服を卒業したい(笑)。


********************************




●近藤陽子のFashion Drive




********************************


YOKO

コメント(0)

2010年11月22日

新感覚のネイルアクセサリー

先日、FUKIさんのショールームの展示会にお邪魔した私。

(レオナールのショーの後、うっかりシャンパンを飲んでしまって時間外に行くというアウェイ状態でしたが。。汗)

そこでとーーっても可愛いアクセサリーを見つけました。

それがこちら、「J.Ghanam」です!

dsc04985

いわゆるリング、ではなくて爪先などにちょこんとのせる小さな新感覚アクセサリー。

関節の位置にのせると不思議な存在感がでてくるので、ついつい重ねづけして遊んでみました。

dsc04984

コンパクトだけど、絶対に「それどこの?」と聞かれること間違いなし。

早速おしゃれに敏感なスタイリストさん達からも個人オーダーが入ったそう。

普通のリングでは物足らなくなったそこのあなた、要チェックですよ!

********************************


こちらのブログもチェックチェック!



●近藤陽子のFashion Drive




********************************


YOKO

コメント(0)