プロフィール

カレンダー

4月 2017

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新着順

2012年06月05日

麗しのロジェ ヴィヴィエ : PARIS展示会

 

Roger Vivier(ロジェ ヴィヴィエ)。

過去にはエリザベス女王が戴冠式にそのシューズが履くなど、これまで多くのセレブリティを魅了してきたパリの麗しきブランドですが、明日から東京にポップアップブティックがオープンするんですね。

しかも、6月6日〜10日までの5日間限定!

 

●Roger Vivier ポップアップブティック

Venue:COMMON

      東京都渋谷区神宮前5-11-1 2F

Time:12:00〜19:00

 

それでふと思い出したのが、3月に行ったパリの展示会。

今月発売の『GINZA』のコレクション特集でもちょっとコメントさせていただいたのですが、もうそれはそれはステキで!

あの時のわくわくした気持ちが蘇ってきました。

 

 

 

 

2012-13AWのテーマは、beautiful fall。

インスピレーション源は、パリのセーヌ川左岸の中心地区。

私も憧れる、故ルル・ドゥ・ラ・ファレーズのようなボヘミアンシックのミューズがファーを縁取りしたスラブ風のブーツにマラボーコートやオリエンタルなターバンを身に纏って、ファム・ファタールのように行き交った場所。

って、想像しただけでまたうっとり。

おなじみのスクエアバックルも、さらにバージョンアップしてますしね。

 

 

 

こちらは、クリエイティブディレクターのブルーノ・フリゾーニが「これ、面白いよ〜」と言って見せてくれたクラッチ型のバッグ。

何のことかな?と思ったら、内側がするりと手を通せるようになっていて、しかもファー付き。

で、「ゴージャスな手袋みたいで防寒対策にもぴったりね〜」なんて、その場に居合わせたイネス・ドゥ・ラ・フレサンジュと軽い?ジョークを飛ばしてみたり。

それにしても、2人ってほんと仲良しなんですね。

 

 

 

 

 

そしてヒロインは、ジャンルー・シーフがレンズに捉えたシャーロット・ランプリングやヘルムート・ニュートンの被写体になった裸体の女性たち。

もちろん、先ほどのイネス・ドゥ・ラ・フレンサンジュも!

(イネスは80年代にCHANELなどで活躍した元スーパーモデル)

 

 

今回でセカンドシーズンとなる“プリズミック”の幾何学的カットも、ブランドの新たなアイコンとしてめきめきとその存在感を拡大中。

ちなみにポップアップブティックでは、春夏のフルラインの他に、この秋冬“プリズミック”の先行受注会も開催するそう。

写真とはデザインが違うかもしれないので、店頭で確認してみてください。

 

 

 

 

またパリの展示会で感激したのは、過去にセレブリティが愛用したアーカイブ作品!

エリザベス・テイラーなど往年の女優が実際に履いたものが目の前にあって、いま見ても変わらない卓越した職人技にまたまたうっとり、となってしまいました。

「ロジェ ヴィヴィエ」の辞書にはエレガンス、ラグジュアリー、夢、という言葉があって、時代が移り変わっても色あせない普遍性がある、と改めて確信。

 

 

個人的お気に入りは、一番上の写真のフェザーがついたパンプスやメタリック糸で編まれたレインボーカラーのシークイン刺繍バッグ、そしてお隣のどこか退廃的なオリエンタルムードが漂うロングブーツ(共に上から3番目)、さらにブラックサテンにゴールドの刺繍が施されたバロック調のアンクルブーツ(上から4番目)。

特に秋冬は、貴族みたいに装飾をたくさん取り入れたいので(笑)、自称・妄想族の頭の中のお買い物は終焉を迎えることなくどんどん肥大化していきそうです。。!?

 

 

 

 

 

☆NEW BLOG「the STYLE INSIGHTがスタートしました☆

こちらでは、日本ではお目にかかれない「SWAROVSKI Catwalk Collection Show in Singapore」をUP!

http://www.the-styleinsight.com

 


☆こちらもチェック!!☆

シンガポールのファッショニスタ御用達ショップや、日本でもおなじみのPARCO シンガポールファッションショーなど。


 

 

☆Follow me on Twitter!


☆Join my Facebook


☆I have Pinterest!


☆Check! my Linkedin


 

YOKO

コメント(6)