*「My Life, My Style...」* - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着順

2011年12月02日

BALLYミラノ日記, 予測のつかないジャクスタポジション

先日、東京で開催された「BALLY(バリー)」の展示会に行けなかった。。すごく残念!

だってクリエイティブディレクター、グラエム・フィドラー&マイケル・ヘルツが生み出す新作がますますパワーアップしているから、どうしても見たくて。

創業160周年を迎え、卓越したクラフツマンシップと革新性を同時に持つこのスイスの老舗ブランドは、2人の才気あふれるイギリス人デュオによってよりモダン・ラグジュアリーでコンテンポラリーな姿へと変化し続けているのです。

 

bally

そこで気を取り直し、先にミラノで行った展示会のことを思い出してみて。。

場所は、Corso Venezia48番地にあるお城のような邸宅。

大理石の重厚な階段を上っていくと縦長に新しいコレクションがずらりと並んでいて、まるで美術館に足を運んだような気分になったことを今でも覚えている。

ちなみに奥で話し込んでいる中央左側の人が、グラエム・フィドラー(見えないって?苦笑)。

彼とは銀座に「BALLY」のショップがオープンした時、そのレセプションパーティでも会ったのだけど、マイケルと共にとても気さくで物腰も柔らかく、ステキな人だった!

 

bally2 

新作と人気を争うくらい、やたら目についたのがこの“ヤギ”。

一瞬本物?と見間違えるくらい精巧な作りで、たっぷり愛嬌をふりまいていたかな?

この子、実は何気なく今回のキーモチーフになっていて、「BALLY」がスイス由来のブランドであることを示すため、マウンテンゴートのマスコットとなってすべての新作バッグに提げられているキラーアニマル君(勝手にBOYにしてます。。)。

 

bally3

bakky4

他にもバッグにはレディ・トゥ・ウェアコレクションと連動したレース刺繍の花びら、アップリケスウェードのフィロロールのような巻き飾り、ガラスの破片のようなミラー使いなんかがあって、どれも使い込むのがもったいないほど可憐でフォトジェニックなアイテムばかり。
こういうのを見ると、女性がごく自然に求める“欲しい”っていう欲求をうまく汲み取ってるなって感心してしまう。

うん、ほんと。全部買えるなら買いたいくらい(笑)!

 

bally5 


bally6 

bally7 

そして、「BALLY」のラグジュアリーレザーの伝統の核となるシューズは絶対チェックしなくっちゃね。
今回はブランド創立100周年記念のポスターに描かれた、あやとりを模したサンダルがインスピレーションの元になっているそう。

だから、こんなに華奢で素足のようにセンシティブな仕上がりになっているわけ。

会場では当時のポスターが大きく展示されていて、そこでも「BALLY」の時代を映す先見性の早さに改めて感服したり。

五感にぐんぐん染み渡る感受性の高さに時がたつのを忘れるほどだった!

こういう昔のものを眺めるのは大好き。


 

bally8 

bally9 

bally9
「BALLY」と言えば先述のとおりレザーのクオリティが高いのだけど、今回はレースがデビューしたのが新しいニュース。

そして、全体のイメージは1960年代の労働者階級のティーンエイジャーをフィーチャーしたカールハインツ・ワイルバーガーの写真集が創作の原点になっていて、そこにスイスブランドらしい伝統や風景を織り交ぜた“ジャクスタポジション(並列、並置)”という概念を基本コンセプトにしているそう。

そこからどういうクリエーションが出来上がるのか?、それは完成するまでグラアム&マイケルにしかわからなかったことなんだろうけれど、フタを開けてみると写真のようなユニークで大人の女性に似合うクチュールリュクスなコレクションがラインナップしたというわけです。

 


bally10
人それぞれ自分のスタイルはあるものの、フォーマル過ぎずシックにキマった装いは世代を問わず他人からも好感を持たれそう。

例えば20代の人だと、まだ「BALLY」はだいぶ大人に見えるのかな?

だけど、どんなにファストファッションに勢いがあっても(ちょっとそろそろみんな、本質を求めてきてると思うけど)、若いうちからいいものは見て、触れる機会を持つべきだと思う。

スタイルってまわりの人に私を見て見て!という自己顕示型と、自分の好きをストイックに突き詰める自己暗示型に簡単に言うと分かれるのかな、とも思うのだけど、「BALLY」ならその両方をバランス良くいい意味で取り入れられそう。

まぁそんなことを、合間に甘〜いスウィーツをいただきながらこっそり思ったりしたのでした。

 


bally11 


おっといけない!

そうそう、リゾートコレクションも秀逸揃いなので、こちらのチェックもお忘れなく!

 


bally12 

bally13 


●BALLY銀座店・ショップオープニングパーティのブログ


 



●BALLY銀座店(Bally Ginza)

東京都中央区銀座8-8-5

03-6215-6620

 


YOKO













●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS,TOKYO collection world tour

「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

「BVLGARI」party report in MILAN

「Paul Smith」LONDON collection

「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」 NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

「CALVIN KLEIN」 NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

「TOD’S」MILAN presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/13/tods-3/

「CoSTUME NATIONAL」PARIS collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection backstage
「Dior」PARIS collection report
☆「Dior」PARIS Anselm Reyle for Dior & FNO in TOKYO
☆「AGURI SAGIMORI」PARIS & TOKYO presentation report
☆「BURBERRY PROSUM」LONDON collection report
☆「ALEXANDER McQUEEN」PARIS collection report
☆「ETRO」MILAN collection backstage
☆「DIESEL BLACK GOLD」NY collection & backstage
 
コメント(0)

2011年11月27日

ETRO, 怒濤のバックステージパパラッチ!

先週、東京で「ETRO(エトロ)」の2012S/Sコレクションの展示会がありました。

なんだかドタバタドタバタ行ってしまい恐縮。。そして、そういえばこの感覚なんか知ってる……と思い返したところ、ミラノでも同じ(いや、それ以上の肉体労働。。)目まぐるしい瞬間を体験していたのでした!

それが、ETRO・ミラノコレクションの舞台裏。

というわけで、どどっとバックステージの写真を公開!

 

etro 

etro2 

まわりを見渡せば、アビー・リーにサーシャ・ピヴォヴァロヴァにアリゾナ・ミューズ、ダフネ・グルヌベルト、フェイフェイ、リュウ・ウェンなどなど、旬のモデルが勢揃い。

 

etro3 

etro4 

etro5 

etro6 

etro7 

吠える世界的ヘアアーティスト、ユージーン・ソレイマンに、テンションMAX?のMACメイクアップアーティスト、シャーロット・ティルバリー。

 

etro8 

etro9 

etro10 

そしてメイク完成!な、モデルのキメ顔&フィッターさんは、もういつでもスタンバイOK!

 

etro12 

etro13 

メイクが完了したら、待っていたのが怒濤の写真撮影。

みんな忙しい&お疲れだろうに、サービス精神旺盛でプロ根性が素晴らしい〜。

 


etro14 


etro15 


etro16 

 

なかには、お眠りタイムに入るモデルちゃんも。
そうこうして、みんなはフィッティングルームへ移動。

ショー開幕直前まで、ドタバタ劇はずっと続くのでした。。!

コレクション&お着替え中継はまた次回!

 




etro17 


etro18 



YOKO













●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS,TOKYO collection world tour

「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

「BVLGARI」party report in MILAN

「Paul Smith」LONDON collection

「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」 NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

「CALVIN KLEIN」 NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

「TOD’S」MILAN presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/13/tods-3/

「CoSTUME NATIONAL」PARIS collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection backstage
「Dior」PARIS collection report
☆「Dior」PARIS Anselm Reyle for Dior & FNO in TOKYO
☆「AGURI SAGIMORI」PARIS & TOKYO presentation report
☆「BURBERRY PROSUM」LONDON collection report
☆「ALEXANDER McQUEEN」PARIS collection report
 
コメント(0)

2011年11月22日

ANTEPRIMA, ミラノコレクションの舞台裏

前回の「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」のミラノコレクションから、今度はバックステージの様子をご紹介。

やっぱりバックステージとなると、ランウェイと違ってモデルの表情もどことなく穏やか。

まぁ実際は、入念な準備でドタバタだったと思うのだけど!

 

anteprima 

そうそう、東京の展示会で見たこのブルーのドレスも、実物はすごく軽い素材で着やすそうだった印象が記憶に残っている。

 

anteprima2 

anteprima4 

anteprima5 

それから、ステキなゲストが激励に駆けつけていました。

そう、「アンテプリマ×ハローキティ」のコラボレーションでおなじみのキティちゃん!


キティちゃんがいるだけで場が和むのは、さすが世界のアイドルならでは。

海外メディアの取材だってお手のもの!?


 

anteprima6 

anteprima7 

anteprima8 

 


ここでも発見、Hanne Gaby Odiele(ハネ・ギャビー・オディール)♥

売れっ子さんは、あちこちに引っ張りだこで大変。

 


anteprima9

 

今回のショーでは、ナチュラルヘルシーなヘア&メイクも好感度大。

特に、軽くうねったウェーブヘアがフェミニンで、少しミステリアスにも見えて新鮮でした。

担当は、数々のモード誌や広告で有名な世界的ヘアアーティスト、オディール・ジルベール。

彼女が手がけるスタイルは、いつもフレッシュな驚きと気品に満ちていて見ていて飽きたことがない。

この髪型なら自分にもマネできそうって思わせてくれるリアリティも、ブランドに親近感を持たせる吸引力になったのではないかしら。

 

anteprima10 

バックステージからもハッピーオーラが伝わってくる、「アンテプリマ」のコレクション。

参加した全員がチームになって、家族になって一つのものを作り上げていく。

短い瞬間かもしれないけれど、その一瞬の輝きってその時にしか得られないものだから、それを仲間で共有できるってことはとてもステキで貴重、羨ましいです。

またショーを見る機会が得られますように!

 

anteprima11 

YOKO

                                              










●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

☆「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

☆「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

☆「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

☆「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

☆「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

☆「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

☆「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

☆「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」 NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

☆「CALVIN KLEIN」 NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

☆「TOD’S」MILAN presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/13/tods-3/

☆「CoSTUME NATIONAL」PARIS collection report
コメント(0)

2011年11月20日

ANTEPRIMAからコフレが新登場!&ミラノコレ日記

2011年9月、日本人クリエイティブ・ディレクター、荻野いづみさんが手がける「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」のミラノコレクションを見に行ってきました。 いつも思うことなんだけど、日本人としてミラノというファッションの大舞台でコレクションを続けていることはとても素晴らしいことだし、その強い精神に尊敬の念を抱かずにはいられない!

anteprima

おっとその前に、大事なことをお知らせしなくては!

なんと、「アンテプリマ」から待望のコフレが登場したのです。

この「ANTEPRIMA SHIMMERING COFFRET(アンテプリマ シマリング コフレ)は、フェイスカラーとリップグロス、そして可愛いミニミニワイヤーバッグストラップがセットになっているの。

私も早速お試ししてみたのだけど、優しい配色が日本人の肌馴染みにぴったり。

特にフェイスカラーは、ベージュ&オレンジのマット2色+白&ピンクのシャイニー2色という計4色のカラーバリエーションで、どんな系統のメイクにもマッチするからかなり重宝しそう。

リップグロスはヌーディなカラーの上に、細かいラメが散りばめられているから、上品な唇があっという間に完成!



anteprima2


こちらのコフレは下記で購入可能。


自分へのご褒美に、男性から女性へのプレゼントに……日常にキラキラ感を与えてくれるこのコフレはかなりマストですよ!



●アンテプリマ シマリング コフレ(数量限定なのでお早めに!)

価格:¥10,500

販売場所:ANTEPRIMA, ANTEPRIMA/WIREBAG, ANTEPRIMA/MISTO(一部除く)&オンラインストア

問合せ:(株)アンテプリマジャパン 03-5449-6122

www.anteprima.com

さてさて、それではまたコレクションの話へ戻りましょう。



anteprima3




この日、私は何を血迷ったのか?(多分、ロンドンからの遅延移動でお疲れだったのだと思う)うっかり時間を1時間勘違いしていて、気づいた時にはもうショーが始まる直前だったの。

そしてどうしようーー!!って焦るだけ焦って、とにかくホテルからタクシーを呼んで駆け込んだわけ。

でも変なところでタクシーが止まって、方向もわからないしウロウロ。。

そしたら、大きなテントが見えて幸いにもすぐにわかったのだけど。

しかも、ドゥオモの真横にあってホテルからも激近い。。

タクシー乗るほどでもなかったな、と後から知りました(苦笑)。




anteprima4


anteprima5



今回のコレクションは、フェミニンでしなやかな女性像は残しつつ、アクティブかつスポーティなムードが印象的でした。

後日聞いたところ、来年のロンドンオリンピックを意識しているそうで、そう聞くとなるほどね!と納得するディテールがたくさん。

なかでも色の配色によって布地に表情を生み出し、グラフィカルな遊び心を効かせたアイテムは、どれも躍動感に溢れていて現代をタフに生きる強い女性の姿を連想させてくれました。

直線的なカットも、芯が通っている感じがしてクール!




anteprima5



anteprima6




不思議な模様のプリントも、聞けばオリンピックの聖火をイメージしているそう。

それからショーを見た時は結構厚手の生地を使っているのかな、と思っていたのだけど、実物を見ると柔らかいニット素材でできていたり、メタリック素材もすごく軽くて薄くて(折り紙みたい!?)かなり着心地が良さそうでした。

個人的には、この淡いグリーンのニットもすごく好き。





anteprima7



anteprima8


“A CROSSOVERークロスオーバー”がテーマの今シーズン。


確かに、シンプルで洗練された空気感のなかにスポーティの要素が融合した新しいエッセンスは、都会で軽やかに生きる大人女性にすごくマッチしそう。

トレンドも入っているのだけど、私頑張っておしゃれしてます!的な気負いがない。

そう、このバランスがちょうどいいんですよね!











YOKO










●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!






☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

☆「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

☆「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

☆「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

☆「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

☆「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

☆「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

☆「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

☆「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」 NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

☆「CALVIN KLEIN」 NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

☆「TOD’S」MILAN presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/13/tods-3/

☆「CoSTUME NATIONAL」PARIS collection report
コメント(0)

2011年11月13日

華麗なるTOD'Sの白昼夢 in MILAN

先日、「TOD'S(トッズ)」のFNOでの出来事をお伝えしたばかりですが、2012S/Sの新作も見逃せないのでそちらもアップしますね!

これは、ミラノコレクション期間中に訪れた展示会でのこと。

VILLA NECCHI CAMPIGLIO……慣れない土地をタクシーを頼りに訪ねてみると、そこにあったのは緑が広がるプール付きの豪華なお屋敷!

さすがトッズ!と、まずこれだけで感動(笑)。

 

tod'S 

中に入ると、さらに豪華な部屋がいくつかに分かれていて、そこにモダン&クラフツマンシップ溢れる新作と歴史の重みを感じさせる由緒ある調度品がバランス良く配置。

そのラインナップの豊富さにまた感動しきり、で部屋を回遊しながら美術館に訪れたような気分を堪能してきました。

 

tod'S2 

tod's3 

デレク・ラムのこの言葉が印象的。
「小麦粉、水、農場の新鮮な卵やひとつまみの塩。これらのシンプルな材料の一つ一つが混ざり合って、イタリアの日常に欠かせないパスタを作り上げます。シンプルでありながら巧みな手さばきと、ちょっとした目分量を測る感覚、こういった大切な要素があれば、スペシャルでありながらも日常に欠かせない商品が出来上がるのです」

そのちょっとした感覚……を表現するのって何気に難しい。

人によって同じものでも感じ方が違うし、センスは人に簡単に教えられるものでもない。

だけど、デレク・ラムの手にかかるとどれもがウィットに富んでいて、とても新鮮なものに感じられます。

特に、やっぱり靴&バッグは次のシーズンにも欠かせない!

 


tod's7 

tod's4 



カラフルな色はまさしくトレンドで、ここでもブルーにイエロー、オレンジと鮮やかな色が百花繚乱。


アイコンバッグとしておなじみの“D-Bag”がさらに進化した“D Styling”、コレクションのハイライトとして注目したい靴“TOD'S AGO”も誕生。

ちなみに“TOD'S AGO”のAGOは、イタリア語で“縫う”という意味で、その名の通りアンティーク加工のカーフレザーに卓越した職人によって施されたハンドステッチがラグジュアリー気分を一層盛り上げています。

 


tod's5 



そして、おなじみの“ゴンミーニ”や“バレリーナ”シューズの2012S/Sバージョンにも注目!


様々な種類のナチュラルレザーや凝ったディテールは健在ながら、ここでもカラフル&秋冬から引き続き気になるスネイク柄などがあって、コレクターの人は一足買いでは終わらない……予感大。

 


tod's6 

tod'8 


他にもアート作品のような華麗なバッグがたくさんあって、かれこれお屋敷を10周くらいはしたような?(決して大げさではない!)

改めてじっくり見ると、ブランドのアイデンティティ、イタリアが誇るクラフツマンシップ、そんな思いが垣間見えてきそうで、ほんと行って良かったなぁと感慨深くなりました。

 


tod's9 

tod's10 



それから当日は、伝説のファッション・エディター、ダイアナ・ヴリーランドの回顧展『THE EYE HAS TO TRAVEL』もやっていました。


『Harper's BAZAAR』に『VOGUE』にメトロポリタン美術館の特別顧問に……私も彼女から多大な影響を受けた一人。

彼女が好きだった“赤”(パーク・アベニューにあった何から何まで赤の自宅は有名ですよね!)、私も好きです。



tod's10 



YOKO




●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

☆「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

☆「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

☆「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

☆「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

☆「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

☆「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

☆「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

☆HERCHCOVITCH;ALEXANDRE NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

CALVIN KLEIN NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

 


コメント(0)

2011年11月01日

roberto cavalli : ファビュラスな“メイド イン イタリー”

201S/Sミラノコレクションで、卓越したクラフツマンシップによる何ともゴージャスな新作を披露した「roberto cavalli(ロベルト カヴァリ)」

また、9月にはアジアでの路面による直営店は初!というショップが青山にオープンし、そのリュクスな世界観にすでにうっとりしている人も多いはず。

 

roberto-cavalli-ss2012-hrroberto-cavalli-ss201211 

roberto-cavalli-ss2012-hrroberto-cavalli-ss201245 

ちょうど「ロベルト カヴァリ」が私のミラノコレクション最終ショーということもあり、期待を胸に会場に足を運んだのをつい最近のことのように覚えています。

こちらが会場になった、ARCO DELLA PACE-PIAZZA SEMPIONE。

この豪華な門の後ろにドーンと真っ黒なテントが張られていて、中に入ると今度は真っ赤な照明に豪華なシャンデリアという装飾。

いかにも「これぞ、イタリア!」という出で立ちに圧倒されました!

 

ROBERTOCAVALLI 


「私は、生命と色彩を積極的に愛する人々、そして、男性を虜にするすべを知っている女性のためにデザインします。私の目的は“メイド イン イタリー”とイタリアンスタイルのファンタジーへのオマージュを創造することです」。

                                              

そんなロベルト カヴァリの言葉がぎゅっと濃密に凝縮されたコレクション。

洗練されたフェミニンをベースにしつつも、40年にわたって培ってきたイタリア文化とセンシティブな職人技が独特の迫力を醸し出しています。

                                              

アウターウェアはバウハウスからインスピレーションを受けている他、バロック調の贅を尽くしたミニスカートやドレスもインパクト絶大。

これまでのファストファッションやミニマリズムに別れを告げて、過剰なまでの装飾が注目されている?

ある意味、世界的な経済不況のなかで、このような流れは自然発生的に起こる楽観主義への憧憬なのかもしれません。

やっぱり見ているだけでも気分が上がるし!

どこか、着飾るって人を元気づけるパワーがありますね。

 

roberto-cavalli-ss2012-hrroberto-cavalli-ss201202 

roberto-cavalli-ss2012-hrroberto-cavalli-ss201233 

roberto-cavalli-ss2012-hrroberto-cavalli-ss201244



 

それからミラノコレクションの前に、ロンドンでもショップオープニングを祝ったパーティが開催されました。

ちょうどロンドンコレクションが始まった頃で、もちろん私も参戦!

(今回、私はNY、ロンドン、ミラノ、パリと全てのコレクションをパトロール!)

もうこれがすごくゴージャスで! その余韻が少しでも伝わればいいのですが……?

 

robertocavalli 

robertocavalli1 

robertocavalli2 

robertocavalli3 


ロベルト カヴァリ ジャパンのPR&マーケティングマネージャー、エリザベスと私。

ミラノでは一緒にディナーも行って楽しかったな〜。


そして今宵は、東京でもロベルト カヴァリ氏が来日してショップオープンを祝ったレセプション&パーティが開催されます。

ロンドン&ミラノのあのファビュラスな感激が蘇りますように……!


 



robertocavalli4 


青山に誕生した直営店では、ウィメンズ&メンズのウェアだけでなく、バッグやシューズ、アイウェア、ジュエリー、時計、革小物に下着などもラインナップ。

スペシャルなドレスを揃えたVIPルームもあるので、ぜひきらびやかで優美なショッピングを堪能してみてください。

 

●ロベルト カヴァリ 青山店
東京都港区南青山5-5-4 SS南青山

03-6418-2388

営:11:00〜20:00

不定休




                                              



YOKO




●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

☆「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

☆「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

☆「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

☆「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

 
コメント(0)

2011年10月26日

JIL SANDERのピュアな輝き:2012S/S Milan Collection

昨日、国立新美術館で「JIL SANDER(ジル・サンダー)」のファッションショーが開催されました。

メンズ&ウィメンズの2012S/Sコレクションが発表され、それに加えて衣装提供をした映画『ミラノ、愛に生きる』の主演女優、ティルダ・スウィントンも来日。

ティルダは憧れの女優の一人だったので、すれ違っただけでドキドキ。。!

この作品は、2011年度アカデミー賞衣装部門にもノミネートされたそうです。

それにしても、私は先にミラノコレクションでウィメンズを見る機会があったので、また見れて幸せ倍増!な一夜でした。

特に、パブロ・ピカソにインスパイアされた作品は、ミッドセンチュリーのモダニズムを現代風にアレンジしていて最高にクール!

 

jilsander1 

というわけで、引き続きミラノでキャッチした写真をラインナップ。

確か私が現地で見た英字新聞では、40年代クラシックとかビジューの小粋なコーディネート術について書いてあったのだけど、今回は“ビューティ”がテーマということで、「JIL SANDER」らしいクリーンで凛とした女性像がくっきりと映し出されていました。

スタートは純白のドレスで、あまりの潔さに白という色が持つダイナミックな生命力を感じました。

それから色の持つパワーが引き続き気になる今、鮮やかなカラーパレットにボディコンシャスなテーラードジャケットやペンシルスカートを合わせたスタイルが個人的にはとても印象的。

 

jilsander7 

 

jilsander2 

またペイズリー柄やギンガムチェックなども、「JIL SANDER」の手にかかるととてもモダンな雰囲気。
ネイビーやネオンピンクといった色が絡まり合って、これから冬なのに早くも春の訪れが待ち遠しくなります。。!

 



jilsander3 


jilsander4 


jilsander8

 

jilsander9 


jilsander5 


jilsander6 

最後に登場した真っ白なドレスは、一切の無駄をそぎ落としたシンプルモダンの真骨頂。
シャツとボリュームたっぷりのスカートの組み合わせで、ここまでベーシックをエレガントに昇華できるんだ、という好例ですね。

グレース・ケリーのような女優ヘアと透き通るようなピュアな美肌もここではマスト、な気もします。

 

 

jilsander10 


jilsander11 

ラフ・シモンズによる「JIL SANDER」は、コレクションを見る前からすでに定評があったし、ある意味感動するのが当たり前、むしろ今回は残念と思うことを恐れていた感すらあったのですが、そんな心配は全くの皆無でしたね。
シンプルでクリーン、そして潔くて強い。

今回のミラノコレクションの中で、最もパワーを感じたブランドのひとつです。

                                              



YOKO




●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

コメント(0)