プロフィール

カレンダー

4月 2017

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新着順

2011年12月01日

DIESEL BLACK GOLDが織りなす現代的ミラーマジック!

ちょうど今、あることで素材についてリサーチしているのだけど、“メタリック”というキーワードで即座に頭に思い浮かんだのが「DIESEL BLACK GOLD(ディーゼル ブラック ゴールド)」の2012S/S NYコレクション。

 

diesel1 

以前は自身のブランドをパリコレで発表し、アテネオリンピック開会式の衣装を手がけたことでも知られるソフィア・ココサラキ。

最初はまるでギリシア神話にでてくる女神のような優美なドレープを生み出す彼女と、革新的なデニムに定評がありカジュアルな印象の「DIESEL」との組み合わせってどうなんだろう?って想像もつかなかった。

でも2008年にこのコンテンポラリーラインがスタートするや否や、あっという間にその世界感に引き込まれてしまったわけ!

しかも、この新しいコレクションは今まで見たなかで最も私のお気に入りにランクイン。



実際に、NYでこのスペクタクルなショーを見れたことにすごく感謝!

 


diesel2 


diesel3 

女性でいわゆる“キラキラ”が嫌いな人ってそうそういないと思うんだけど、こんな鏡の破片のようなドレスもあって、わかりやすい記号化されたキレイにだけでは収まりきらない、「DIESEL BLACK GOLD」らしいオーセンティックなムードがとても現代的だと思ったり。

 

diesel3 

diesel4 

diesel5 


春夏らしい淡いパステルカラーがメタリックに柔らかさを加えているのが新鮮で、ココサラキらしい上品さを醸すドレスなんて一枚でかなりのインパクト。

それに、上の写真みたいに“光”に相反するようなマットな色調のジャケットやニット、カジュアルなストライプとの組み合わせもコーディネートの参考になるアイデアがいっぱい!

 


diesel6 


また今回ヘアはGuido、そしてメイクはPat McGrathの最強コンビ。

ちょっとヌーディで日焼けしたような肌の質感に、ラフに仕上げた濡れたようなヘアスタイルが荒々しくもあり強い女性像を喚起させるものでもあり、より実利的で楽観的に変貌を遂げた新しいコレクションとのコントラストがいいな、と思った。

モデルもやっぱり、人気どころが揃うのね!みたいな。

 


diesel6 

diesel7 

diesel8 

殺風景でひんやりとした無機質な巨大空間でどんな事件が起こるのか?と、期待でわくわくしながら臨んだのだけど、実際は“光”がキラキラ散りばめられたすごく都会的でクールなショーだった。

ラストにモデル全員がランウェイを歩いた時は、おお〜!ってスタンディングオベーションをしたくなったほど!


 

diesel8

 

それに会場に集まった人たちの熱気も、ショーを盛り上げるのに一役買っていたと思う。

「DIESEL」創始者兼社長のレンツォ・ロッソはもちろん、『オペラ座の怪人』で有名なジェラルド・バトラー、ローリングストーンズのキース・リチャーズの娘、アレキサンドラ・リチャーズなど豪華な面々にこれまた興奮!?

 


disel10 

diesel11 


先日FNOで来日したイタリア版『VOGUE』編集長のフランカ・ソッツァーニや、来年新雑誌創刊が期待される元フランス版『VOGUE』の編集長、カリーヌ・ロワトフェルドが娘のジュリアと一緒の姿も(そして、私のなかで彼女はペンシルスカートの女王になっている)。

いつも、コレクション会場に行くとついつい人間ウォッチングをしてしまうのがちょっとしたお楽しみ。

 


diesel12 

diesel13 


ますます複雑化していく世界、だからこそ今はその源を見つけるべき……という考えから、今回“光”とその元になるものに注目した「DIESEL BLACK GOLD」。

その原点はポエティックで、都会的なニュアンスがあって、明るい未来を恍惚と照らし出しているようだった。

これだからコレクション(または珍道中という。。?)巡りはやめられない!?

 


diesel14 

diesel15 


YOKO













●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS,TOKYO collection world tour

「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

「BVLGARI」party report in MILAN

「Paul Smith」LONDON collection

「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

「10 CROSBY DEREK LAM」NY presentation report

「roberto cavalli」Milan collection & London BIG party report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/01/robertocavalli/

「Longchamp」Paris & Tokyo presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/02/longchamp-5/

「Mary Katrantzou」Paris Longchamp & London collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/03/marykatrantzou/

「HERCHCOVITCH;ALEXANDRE」 NY collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/07/herchcovitchalexandre/

「CALVIN KLEIN」 NY collection & FNO in Japan report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/08/calvinklein-3/

「TOD’S」MILAN presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/11/13/tods-3/

「CoSTUME NATIONAL」PARIS collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection report
「ANTEPRIMA」MILAN collection backstage
「Dior」PARIS collection report
☆「Dior」PARIS Anselm Reyle for Dior & FNO in TOKYO
☆「AGURI SAGIMORI」PARIS & TOKYO presentation report
☆「BURBERRY PROSUM」LONDON collection report
☆「ALEXANDER McQUEEN」PARIS collection report
☆「ETRO」MILAN collection backstage
 
コメント(0)

2011年10月29日

10 CROSBY DEREK LAMにファッショニスタも夢中!

もうちょっと前にはなるけれど、ニューヨーク・ファッションウィークの合間に行った「DEREK LAM(デレク ラム)」のディフージョンライン「10 CROSBY DEREK LAM(10クロスビー・デレク ラム)」のプレゼンテーションがとってもキャッチーだったので、その新作をラインナップ。

モデルは私もあらゆる都市で撮影させてもらった、Hanne Gaby Odiele(ハネ・ギャビー・オディール)!

んーーーー可愛すぎる!!

 

10-crosby-derek-lam-look-6 

10-crosby-derek-lam-look-13 

10-crosby-derek-lam-look-1 

「デレク ラム」のメインコレクションには日本のFASHION'S NIGHT OUTのために来日する米『VOGUE』のアナ・ウィンターだって毎回フロントローに顔を出してるし、その実力はすでにお墨付き。

そこをさらにフレッシュに、プライスも手に取りやすい形で登場したのがこの「10 CROSBY DEREK LAM」というわけ。

 

10-crosby-derek-lam-look-5 

10-crosby-derek-lam-look-7 

10-crosby-derek-lam-look-12 

こちらは、実際にプレゼンテーション会場に足を運んだ時の写真。

場所は「デレク ラム」のショップがあるクロスビーストリートだったのだけど、この通りの名がブランド名の由来になっているそう。

春夏の訪れを謳歌するブライトカラーやリラックス感のあるストライプ、そして特徴的なのはグラフィカルなカラーブロックの上にボーダーをオンしていること!

デレク・ラムはこれを“新しいスーツ”と定義しているようです。

 

dereklam 

dereklam2 

10-crosby-derek-lam-look-2 

10-crosby-derek-lam-look-3 

10-crosby-derek-lam-look-4 

ファッショニスタも納得のオフィススタイルは、やはりこういう個性がなくっちゃ!

もちろんオフィスだけでなく、パーティにリゾートといったさまざまなオケージョンにもおすすめ。

リアルな雰囲気が漂う、肩の力が抜けたこなれた着こなしは、さすがニューヨーク発信のブランドならでは。

日本にも上陸することになっているので、今からショッピングするのが楽しみで仕方ありません!

 

10-crosby-derek-lam-look-11 

10-crosby-derek-lam-look-10 

10-crosby-derek-lam-look-9 

10-crosby-derek-lam-look-8 

YOKO




●Twitterでもファッション情報つぶやき中。Follow me!




                                              



☆2012S/S NY, LONDON, MILAN, PARIS collection tour

☆「JIL SANDER」MILAN collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/26/jilsander-2/

☆「BVLGARI」party report in MILAN

☆「Paul Smith」LONDON collection

☆「Barbara Tfank」NY presentation report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/17/barbara-tfank/

☆「CARVEN」PARIS collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/21/carven-3/

☆「plumpynuts」TOKYO first fashion show & backstage report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/24/plumpynuts-2/

☆「ANNE VALERIE HASH」Paris collection report

http://blogs.glam.jp/yoko-kondo/2011/10/28/annevaleriehash-2/

コメント(0)

2011年10月17日

ファーストレディもお気に入り、Barbara Tfank

「Barbara Tfank」というブランド、日本人はどれくらい知っているのでしょうか?

とはいえ、アメリカのファーストレディ、ミシェル・オバマのこのショットは見たことがあるのでは?

 

BarbaraTfank

 

最近はイギリスのキャサリン妃のファッションが海外メディアでも話題になっていますが、ミシェル・オバナのファッションもよく紹介されていますよね。

過去にはファーストレディで初めて『Glamour』の表紙を飾ったり。

「JASON WU(ジェイソン・ウー)」だって、彼女が彼の服を着て一気に知名度が上がったラッキーボーイ(もちろん実力もかなりあり)だし。

 

BarbaraTfank2

 

そんなミシェル・オバマがよく愛用しているブランドが、「Barbara Tfank」なのです。

身長181cmの彼女がプリンセスラインのクラシカルなドレスを着ると、ほどよく強さが緩和されてエレガント。

華やかさと清楚がうまく噛み合っていて、お嬢様スタイルを好む人にはおすすめのブランドです。

 

michelleobama-and-barbaratfank 

また、彼女はカラーリングの達人!?

グリーンのドレスにピンクのパンプス。

これは2010年9月にホワイトハウスで撮影された写真なのですが、カラフルな色が引き続き気になる来年の参考にも多いになりそう。

 

michelleobama-and-barbaratfank2 

私は縁あって「Barbara Tfank」とのお付き合いは2シーズン目。
今年2月のNYコレクションで、プレゼンテーションに足を運んだのがきっかけです。

そして、先月9月に再び新作を見てきました。

 

barbaratfank3 

デザインには毎回一貫した同一性があって、ベースはやはりクラシカル。


エリザベス・テイラーといった往年のハリウッド女優を思わせるような、または元祖ファッションアイコンとしてアメリカの女性像を体現したファーストレディ、ジャクリーン・ケネディ・オナシスの時代を彷彿させるような、そんなスタイル。

今時の肩の力が抜けたリラックス感や軽さ、といった要素とは対極にあるのかもしれません。

でも、好きな人はきっと好きなのでは?

パーティならこんなゴージャスなヘアスタイルでも、髪をあえて洗いざらしのようにラフ&ストレートに仕上げれば、ぐっとデイリー仕様として着こなしやすくなるとも思います。

ちなみにこちらのメイクは、資生堂とのコラボレーション。

資生堂とは昔から良いお付き合いをしているようです。

 

barbaratfank4 

個人的には、こういうシンプルでタイトなシルエットが好きです。
日本人だとなかなか難しい? 

いや、私としてはカワイイ化現象が加速化しすぎてみんな「右へならえ」状態の今の東京で、あえてこういう大人なドレスを着こなす女性がいたら拍手を送りたいですね!

イケイケではなく、あくまでクールに着こなす。これが鉄則。

 

barbaratfank5 

それから「Barbara Tfank」の愛用者は、ミシェル・オバマだけではありません。
他には、第51回グラミー賞で「最優秀新人賞」と「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンスの2部門を受賞したミュージシャンのAdele(アデル)の衣装もデザイン。

 

adele-barbaratfank 

今年8月に開催されたMTVミュージックアワードでも、アデルの衣装を手がけたそうです。
 


adele-barbaratfank2

 


それから「Barbara Tfank」はコマーシャルな服をデザインする前は、映画衣装をデザインしていたこともあり、日本でも人気の米ドラマ『MAD MEN』にもたびたび登場しています。

主人公ドンの奥さんの衣装はまさに、、ですよね?

 


音楽とファッション、その両方と深く関わっているアメリカブランドとして現地では高い評価を得ており、毎シーズンNYコレクションにも参加しています。

ミシェル・オバマ、アデル他、今後もどんなA-listセレブが着こなしを披露するのか楽しみ。


『Style.com』では最新の全ルックが見れるので、こちらもチェックしてみてください。





                                              

YOKO

●Twitterでもファッション情報つぶやき中。follow me!


 







コメント(0)