*「My Life, My Style...」* - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着順

2015年10月01日

パリでも愛用、リーチ(R)ホワイトニングが大好きなワケ

Img_2906  

パリでの生活も、早いもので3ヶ月が過ぎました。

毎日があっという間で、気づいたら季節も変わり、いま改めて今後の人生に悩む今日この頃!?

とはいえ、美食の国“フランス”。

街を歩けばカラフルなショーウィンドウ、ちょっと佇むだけで絵になるティータイム、やっぱりパリはロマンティックで美しいし、実際口にするものも美味しいものだらけ。

誘惑がいっぱいです(笑)。  

 

Img_2644

  

例えばこちら。  

実存主義が盛んだった時代からサンジェルマン・デ・プレで知識人、有名人が集まるところ、といえばもはや定番のカフェ・ド・フロール。

私は、ここでありきたりなんだけどいつも紅茶を頼み、テラス席で道行く人を眺めるのが好き。

wifiもバッチリ繋がるので、たまにPCを持ち込んで仕事をしたりもします(激混みのランチ時間なんかはかなり迷惑だけど^^;)。

  

Img_3031_3

 

また、ちょっとした手土産にはカフェ・ド・フロールからご近所のラデュレをよく利用したり。

日本でも人気ですが、本場パリは種類も多く、とにかく見ているだけで幸せな気分!

 

Img_2890 

それから、ラルフ ローレンのレストラン、Ralph'sもお気に入りのひとつ。

2010年にオープンしてからというもの大体いつも予約でいっぱいなのですが、ちょっと時間をずらせばすんなり入れることも。

1600年代中期のフランスの由緒ある邸宅を3年がかりでリノベーションしたという店内は、ロココ調のインテリアにアメリカンテイストがミックスされ、ひときわ贅沢な時間の流れを感じながらゆっくり味わうお料理がまた格別。

あ、結局全部サンジェルマン・デ・プレ界隈ですね、紹介しているのが。

やっぱり私、左岸が好きなんだなぁ。。!

  

と、日々美味しいものを探し求めつつ、そこで気になってくるのがお口まわり。

特にディナーだとワインをいただく機会もあるし、フランス料理だとこってりしたものも多いので、しっかり歯磨きをしないと色素沈着が気になったりもします。

そこで、私のパリでのエチケットケアがこちら。

  

 

 

Photo

ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されている、リーチ(R)ホワイトニング!

なんと、ハマってしまって色違いで3本も常備しています(笑)。

この歯ブラシのポイントは、毎日の歯磨きで手軽に歯の美白ケアができること。

なんでも日本初の3つの美白機能がついているので、毎日使うことで白く輝く健康的な歯が手に入るのだそう。  

Img_3420

 

その3つの美白効果というのは、まず写真グリーンの歯ブラシを見てもらいたいのですが、ヘッドの中に特殊ラバー素材のステインクリーナーが搭載されていて、それが歯を磨くたびに自然にステインを除去してくれるというもの。

そして、毛の表面のデコボコした部分が歯と歯の隙間のステインもすっきり取り払ってくれます。

さらに、ここが気になるなぁという部分があったら、ピンクの歯ブラシのように裏側のパッドを使って円を描くように歯を磨くと、そこの部分が特に集中的にケアされるという仕掛け。

あと私は口が小さいので、この絶妙なコンパクトサイズも自分にはぴったり!

朝急いでいる時なんかでも、スイスイっと軽やかに、そして確実にすみずみまで歯をケアしてくれるので重宝しています。

パリの薬局にももちろん歯ブラシは売っているのですが、ちょっと日本人の女性にはサイズが大きい。。

なので、これはもう絶対に手放せません!

  

Img_2861 

こちらは、サンジェルマン通りのラトリエ ドゥ ジョエル ロブションに行った時にいただいた最後のデザート。

あ〜至福の幸せ!

そして、もちろんこの後もリーチ(R)ホワイトニングで歯磨きして、そして爆睡に走りました(笑)。

お口の中がすっきりすると、心なしかバッチリ熟睡もできる気がします。

一度使うとやみつきになるこの歯ブラシ、みなさんにもおすすめです!

  

  

 

☆こちらの商品は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)からの提供です。

  

  

  

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

日々の面白ネタはこちらから。Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

 

コメント(0)

2015年09月07日

パリ・デザインウィーク開幕!エチュード・スタジオのレセプションへ

パリでは、5日からデザインウィークが始まりました。

私がこの時期にパリにいるのは初めて。

そして、いま話題のメンズブランド「エチュード・スタジオ」も何やらやっているということで、レセプションのご案内もいただいたしちょっとお邪魔してみることに。

 

Img_3378

  

こちらでは、New Tendencyとコラボしたデザイン家具が展示されていました。

「エチュード・スタジオ」、6月のパリコレではうっかりショー日程を間違えちゃって見逃したので、違う形ながらも今回ショップに足を運べて良かったです^^;

 

Unnamed

  

Img_3385 

それから、ただいまジャパンブーム。

マレ地区をうろうろしていたら、日本の伝統工芸と現代芸術を融合したステキな家具や器を展示したギャラリーも発見しました。

建築デザイナーの草木義博さんをお話させていただき、作品の奥深さに感銘を受けると共に、久しぶりに日本の方と直接お話できてなんだか気持ちが安心したというか、ちょっと泣けてきたり。。笑(初めての海外生活、楽しい反面ものすごい大変!)。

あと、個人的に好き系なアーティストを発見したりと、急ぎ足だったのですが写真をこちらにまとめました。お時間あればぜひチェックを☆

 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

日々の面白ネタはこちらから。Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年08月27日

パリコレで注目! 世界を股にかけるストリートアイコン

今日は、私のパリの友達を紹介させていただきます。

それがこちら、Elina Halimi!

  

Dariasdiariescomdariasdiaries.com

 

あ、右側です。右側がElina。左のDariaもパリコレを筆頭に海外では超有名ですが。(ちなみに来週はウクライナのファッションウィークですね。Dariaの大活躍が始まります)

まとめると、ロシア出身はみな美人!

そして私とElinaが知り合ってからは、再来月でちょうど2年になります。

その頃から、めきめきとストリートスナップの常連として頭角を現してきた彼女。

“ストリート” “ロック” “クチュール”を軸としたスタイルは、私もやってみたい〜!と憧れています。

そんな彼女のおしゃれすぎるルックスをこちらにまとめました!

ぜひピーコ目線でチェックしていただければと思います。

  

Tmagazineblogsnytimescomtmagazine.blogs.nytimes.com

   

Gastrochiccom_3

gastrochic.com

     

Theurbanspottercom

theurbanspotter.com

  

Elina姐さん、ハンパないです。

180cmの長身にモデル体型、正直一緒に並びたくありません。。苦笑。

でも、なぜか気になっちゃう!

多分、それは見た目だけでなくビジネスでも成功も掴んでいるキャリアウーマンとしての憧れなんでしょう。。なので、仕方なく並んでいます!?

 

11792039_577901972347992_1967790475 

 

あえて年齢は聞いたことがありませんが、共通の知人情報によると推定50歳前後。

それでこの夏はイビザのご自分の別荘で、クルーザーで、この出で立ち。恐るべし。

海外は日本に比べて年齢を重ねれば重ねるほど“オンナ”であることを許容してくれるところがありますが、自信を持っていれば年齢なんていくつになっても関係ないんだな、と改めて思いました。

環境も重要ですけど(日本みたいにメンズがロリコン化してるとどうなんでしょうか。。)。

 

20150827_145602 

 

ちなみに、Elinaはロシアで若かりし頃にビジネスが成功し、その後パリに移り住んでから「KABUKI」というコンセプトショップを立ち上げました。

店名は、文字通り“歌舞伎”からインスパイアされていて、日本文化にとても興味があるのだそう。

そして、写真だけだとちょっとコワそうに見えるかもしれませんが!?、本人はいたってナチュラルでポジティブです。

威張ったり、態度が変わったり、人を肩書きで選別するのは、中途半端にうまくいっている人だけですから。

いつも私の憧れのブランドばかり着ていて羨ましいですが、それ以上に彼女のマインドのほうが好きです☆

Elinaのおしゃれチェックはこちら!  

  

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

  

 

  

 

コメント(0)

2015年08月21日

コルシカ島、ガイドブックに載っていない穴場スポット!

昨日に引き続き、今日もコルシカ島にハマりましたレポート!

  

Img_2039  

 

残念ながらのカナヅチだし、日本のガヤガヤしたビーチには慣れないし…とこれまで“海”というものを敬遠してしまっていた私。

なんだけど、単純よね〜!っていうくらい、あっさりいまはコルシカ島でその“海”の魅力にハマっています。

そう、田舎なんだけどこういう洗練された雰囲気が好きな・の・よ!

  

Img_1975  

 

で、またまた開拓してきました。

日本人が知らない、ガイドブックには載っていない(というか、コルシカ島情報自体が日本語は少なすぎる!)ファッション目線での穴場的ショップ。

今回は雑貨屋さんとエピスリー。

迷子にならないように(私が実際迷子になりました・笑)アドレス付きです。

詳しくはこちらから!

  

Img_2029_2 

 

Img_2015

 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年08月20日

日本人が知らない、コルシカ島のおしゃれショップ

Img_1831 

パリで生活しはじめてから早くも1ヶ月と3週間。

はい、またまたブログの更新がだいぶ遅れてしまいました。。!

東京の時みたいに毎日展示会やパーティに行っていないのに、なんなんでしょうね。

1日1日がめまぐるしく過ぎて行き、結構毎日忙しい!

なんですが、ちゃっかりフランス流に倣って?私も今年の夏はコルシカ島へヴァカンスへ行ってきました。

  

Img_1787

   

コルシカ島といっても広く、私が行ったのは最南端のボニファシオという街。

港に行くと、イタリア領のサルディーニャ島も見えてしまう地中海の楽園です!

日本人はおろか、アジア人が全くいなかったのが逆に新鮮でした。

そしてお泊まりしたのが、上の写真のパートナーが待つホリデー用のプライベートハウス☆

(早くも世界婚活、ほぼほぼ成功しております)

やっぱり海外は、プール付きですよね!

私、実はカナヅチなんですがとりあえず頑張りました笑。

ヴァカンス前、1週間ほど高熱で寝込んでいたのですが、コルシカ島に来るとあら不思議。空気のせいでしょうか、咳も喉の痛みもすぐに治まりました。

二階のバルコニーからの眺めにも癒されたからかしら!?

  

Img_1783 

 

ボニファシオといえば、断崖絶壁の都市として知られています。

その旧市街は大きく分けると見どころが2つあり、ひとつは城壁の中、もうひとつはプライベートヨットがひしめき合う港付近。

そこで、一緒にヴァカンスを楽しんだパリ在住のセレブマダムに「ボニファシオで一番洗練されたショップを教えてあげるわ!」と言われて来たのがこちら。

“Et ta soeur”という、Jean Michel Martelliさんがオーナーのお店でした。

   

Img_1925

  

カンヌやカプリ島みたいにいわゆるブランドショップが並んでいる街ではないんですが、こじんまりとした可愛らしいお店がたくさん並んでいて、各々が個性と情緒に溢れているのがボニファシオの魅力でもあります。

で、私も実際あらゆるお店を急ぎ足でハシゴしたのですが、確かにここが一番おしゃれかなって思います!

Jeanさんもなかなかイケメン?で、すごい気さくな人だったし。

詳しくはこちらに書いたので、次の旅はどこにしようかな〜なんて考えている方にはぜひチェックしていただきたいです!

  

Img_1914 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年07月18日

パリのジャンポール・ゴルチエの展覧会へ!

Img_2663

 

現在、パリではグラン・パレでジャンポール・ゴルチエの展覧会が開催されています。

遅ればせながら、私もやっと行ってきました!

  

Img_2643

  

行った人から「アンタもパリで暮らすんだったら見とかなきゃダメでしょ〜(オカマ口調)」、と言われつつ、なんだかんだでタイミングを逃していたのだけど、やっぱり行って大正解☆

ゴルチエがデザインしたオートクチュールにプレタポルテ、セレブや映画の衣装、デザイン画などが、彼の歴史を紐解くキーワードと共に部屋ごとに分かれていました。

ちなみに最初に目に入ったのが、ゴルチエが少年だった頃、大好きなクマのぬいぐるみのために新聞紙で作ったというブラジャー。

しかもまだ洋裁について学んでいなかったのに、すでにこちらバイアスカットのブラというのだから、その頃からすでに秘めたる才能はにじみ出ていた!?

  

Img_2648_2 

 

それから面白かったのが、「オデッセイ」という彼がさまざまな人やアートから影響を受けたマリンルックの作品を飾った部屋で、ゴルチエ自身のマネキンが登場していたこと。

しかも、喋ってる。。笑! プロジェクションマッピングってこんなことまでできるのね〜。

これはムービーを観ていただいたほうが臨場感アリ!

(何やらwifi環境なのか?パリからだとYoutubeがまんま貼付けられず。。?)

https://www.youtube.com/watch?v=fzm1VZjI3Ys  

   

またゴルチエといえば、マドンナにカイリー・ミノーグに…といった具合に数々のアイコンがいますね。

  

Img_2709

  

Img_2684

  

他にもパンクにインスパイアされた作品や珠玉のコルセット、ランウェイを模した舞台にたたずむ迫力のドレスなど見どころがたくさんありました。

8月3日まで開催しているので、パリにいらっしゃる方はぜひ訪れるべし!

  

Img_2731


 

Img_2720

Grand Palais, Galeries nationales

3 avenue du Général Eisenhower 75008 PARIS
開館日時:日、月10:00~20:00 水〜土10:00~22:00 火 休み

会期:8月3日まで
URL:Grand Palais, Galeries nationales Official site

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年07月17日

PARISライフ & 世界婚活がスタートしました☆

みなさん、こんにちは。

あら、気づけばビックリ。1ヶ月以上も更新が滞っておりましたね。。

というのも私事で恐れ入りますが、先月末よりパリにお引っ越しをしました☆

(といってもまずはお試しで、一度すぐ帰国しますが〜^^;)

  

1 

 

パリにはかれこれ何気に20回以上足を運んでいましたが、じっくり腰を落ち着けて暮らすのは今回が初めて。

そういう意味でも、また再びパリがとても新鮮に感じられます。

実はパリに入る前にロンドンにちょっとだけ行っていたのですが、ロンドン→パリに移動する日にユーロスターのストライキにまんまとハマってしまい、全線ストップでロンドンに足止めせざるを得ないという珍事件?がありました。

で、翌日もう競争率激しすぎでしょーー、な当日チケットを泣く泣く高額購入し、やっとパリに到着→遅ればせながらのパリコレメンズウォッチングがスタートしたわけです。

パリコレメンズ&オートクチュール体験談は追々またお伝えするとして、パリは想像していたよりかな〜〜〜り暑く!!

最近はちょっと落ち着いてきましたが、この頃は連日猛暑で40℃近い地獄の日々でした(笑)。

「ポールスミス」のファッションショーに行ったら、なんと会場前にアイスクリーム屋が登場していてこれはほんと嬉しかったなぁ。。だからってわけでもないんですが、思わずカブりつきです(笑)。

  

4_2 

  

またパリはいま、ちょうどソルドをやっているのでとってもお買い得!

私もまずはわかりやすいところで、ル ボン マルシェやギャラリー・ラファイエットなどに行ってみましたが、なんだか欲しいのはもう秋物みたいで。。

コレットに秋の新作が入ってきているので、ちょくちょくチェックしています。

ちなみに、パリコレメンズ中のショーウィンドウは我らが日本、「writtenafterwards」が堂々と飾っていました☆

また世界に羽ばたく可能性を大きく秘めた、日本のメンズブランドを集めた合同展示会「TOKYO FASHION AWARD」にも行ってきましたので、そちらの様子も後日アップしたいと思います。

   

5  

  

今回のパリ移住の目的は、3つ。

そのうち2つはビジネスのことなのでここでは割愛するとして、3つ目に掲げているのがなんと「世界婚活」。

は?アンタ大丈夫?って思ったそこのアナタ(笑)。

いえいえ、私のリサーチによると同じような考え&悩みを持っている女子のなんと多いこと!!

このあたり、語ると長くなりすぎるのでまた追々小出しにするとして、東京&パリでも話したら女子の食いつきハンパない(笑)。

そして何気にパリに来て3週間、東京ではあり得なかったミラクルがもう起きてます(笑)。

ちなみに、個人用Instagramではタイムリーに日々の様子をアップしています☆

https://instagram.com/yoko_kondo_thestyleinsight/

  

2

 

 

上の写真は、先日14日がフランスの革命記念日だったので、エッフェル塔に花火が打ち上がった時のものです。

これまでもエッフェル塔のさまざまなライトアップを見てきましたが、トリコロールの国旗カラーを見たのは初めてで感激しました!

本当は近くで見たかったのだけど、、リュクサンブール公園の前に建つ、ユダヤ人ファミリーの豪華なお宅にホームパーティにお呼ばれしたのでそっちに行っちゃいました。

それもこれも、世界婚活の延長です(笑)。

また本業のファッションと世界婚活と、両方レポートしていきたいと思います。
 

 


  

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)