*「My Life, My Style...」* - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着順

2011年01月23日

アジアのデザイナーたち

今回の香港ファッションウィーク、そしてワールドブティック香港には、約23ヶ国2000社以上のメーカー、ブランドが出展していました。

そこでちょっと気になったブランドをピックアップしたいと思います。

前にアップしたケイタマルヤマさんと同じく、Hong Kong Fashion Extravaganza 2011には香港代表に加えて中国、韓国からもデザイナーが参加していました。
このショーは翌々日のBBCでも放映されていて、私はホテルで3回くらい見たかな!?

一番ガーリーだったのが韓国人女性デザイナー、Doii Leeによる「Doii Paris」。

自分のブランドを立ち上げる前は、セント・マーティンを卒業してジョン・ガリアーノとアントニオ・マラスのケンゾーの元で働いていたそうです。


dsc06659


2008年にブランドを創立した時はパリでコレクションを発表したのだけど、今はソウルがベースになっています。

プリントがお得意で、いつもコレクションを作るときはスケッチブックに絵を描くことから始めているそう。

デザイナー本人のその日のファッションがちょっと不思議ちゃん(?頭にネコ娘みたいなリボンとか。。)だったので、正直最初は一抹の不安を覚えたのだけど、、実際見たらいい意味でファンタジーがあって良かった。


dsc06635北京からやってきたのは「Alex Wang」。
まず最初にアレキサンダー・ワンか?ってツッコミを入れたくなる名前だけど(すみません。。)、中国ではセレブリティが結構彼のドレスを着用しているらしい。

ドレスはシックでエレガント、だけどテーラリングが得意で、セットアップのスーツなんかは無駄をそぎ落としたミニマル&クールなデザインが多かったです。



dsc06639

dsc06658

香港代表の「Barney Cheng」は、現地では最も成功したデザイナーの一人らしく、顧客にはマギー・チャンやミッシェル・ヨーといった女優陣も。


ちなみに彼を取り囲んでいる両サイドの女性たちも有名人らしい。
右側が女優の陳 法拉さんで、左側が有名芸能一家のゼ テンテンさん(残念ながらアルファベットも漢字もわからず。。)




dsc06651ショーはどこかノマド的ゴージャス感があり、それはそれでステキなのですが、私はどちらかというと展示ブースで見たドレスのほうがモダンさを感じましたね。

こちらは近くで見るとため息ものの精巧さで、いかにもセレブ御用達のオートクチュールといった雰囲気でした。



☆Hong Kong Fashion Extravaganza 2011のビデオクリップ




dsc06517


香港だけにチャイナドレスのファッションショーもありました。


古典的なチャイナドレスをベースに、さまざまなパターンのデザインが登場。

今回ハンガリーのブランドとコラボレーションしているらしいのですが、工芸品とも呼べる細やかな花の刺繍はすべて手作業。

こちらは上海に会社がある「Qinyi」というブランドです。



dsc06761




あと私的に不思議だったのが、やたらブライダル(あとイブニングドレス)のファッションショーが多かったこと。

通訳さんに聞いたところ、香港では結婚式が流行っている。。?

しかもよほどのデザイナーズブランドでない限り、ドレスが大体10〜20万円程度で購入できるものもあるらしく、香港女子はここぞとばかりに力が入るそうです!?


dsc06772


dsc06696

dsc06843


また、KNITWEAR SYMPHONY 2011というのもあって、こちらも前にアップした香港ヤングファッションデザイナーコンテスト同様、歌あり踊りありのエンタメ性の強いファッションショーでした。

アンテプリマのオーナーであるAnthony keungさんも審査員でした。



dsc06831
また、審査員の一人であるWalter Maさんのショーもあったり。

久々に彼の名前を聞いてなんだか懐かしい。。!



dsc06819


こちらは第二位だったTam Wai Lokの作品です。

他にも一位、三位(三位はウールマーク賞も受賞)もいたのですが、押し寄せてきた応援隊(?)の攻勢に完全迫力負けで写真撮れず。。

きちんとしたオフィシャルフォトは、レポートとともに別で載せますのであしからず。。!



dsc06839

YOKO

コメント(0)

2011年01月22日

香港ヤングファッションデザイナーコンテスト 2011


先週、Convention & Exhibition Centreのグランドホールで香港のヤングファッションデザイナーコンテストが開催されました。


casualjeans-wear group」、「contemporary day-wear group」、「partyevening-wear group」の3部構成で合計16人の若手デザイナーが参加。


エンタメ性の強いファッションショーで、なんだかプロジェクトランウェイみたいでした!?








というわけで、簡単ですが受賞者をご紹介します。


まずpartyevening-wear groupからは、私も一番気に入ったLi Tsz Lun Zoeがトップに。まだThe Hong Kong Polytechnic Universityの学生です。


彼女なりにクリムトへのオマージュを表現していて、ヌーディカラーをベースにシフォンやオーガンジーで流れるような弧を描いていたり、プリーツ加工でボリュームのある装飾をほどこしていたり。


彼女を選出した『VOGUE china』のAngelica Cheung編集長に直接選んだ理由を聞いてみると「全体の世界感」というざっくりとした答えだったのですが、これからはデザインが面白くても売れるかどうかもきちんと考えなければ、とも言ってました。





dsc06733







続いてcontemporary day-wear groupは、Choy Mei Yee mag


「ミシンはつまらないから、手で編んだら面白い形ができるかも」と、さまざまな糸やメタルチェーン、ビーズ飾りを盛り込んで自分で編んだニットウェア。


好きなデザイナーはニコラ・ゲスキエールだそうで、今度は新しい素材に古いシルエット、またはその逆の発想を膨らませて服を作ってみたいそう。





dsc06741


casualjeans-wear groupでは、Ng Kei Kei Angelaが受賞。


ボリュームたっぷりのニットはすべて手編み。わざと不釣り合いにしたカッティングやルーズ感、ダークな色合いには反社会的なメッセージが秘められているそう。パンツは珠地という生地にスクリーンプリントで加工していて、レザーのような仕上がりになっています。


彼女の服は、5体がJOYCEに展示されることが決定!






dsc06740


そして栄えある最優秀賞「Overall Winner Prize」は、Cheng Yee Wah Evaに決まりました。


テーマは“Fragments of the SKY”。まず空=SKY、香港の景観や面影に想いを馳せてたくさん絵を描いたそうです。そこから中国の伝統的なペーパーカッティングの手法を用いながら、3Dの花のような独特のシルエットを作りました。


黒と白のコントラストが効いたプリントは、街の断片に映るビルや地平線をイメージしているそう。


最優秀の彼女には2万香港ドルの賞金とともに、今回海外VIP審査員として参加したマルティーヌ・シットボンの「Rue du Mail」で一ヶ月間インターンをする権限が与えられました。本人も海外に行って勉強し、早く自分のブランドを作りたいと言っていたので、いいチャンスになったのではと思います。



dsc06734


審査員は、前述のMartineAngelicaをはじめ、香港貿易発展局主席のVincent FangJOYCEMichael Mok、香港では有名らしい「Tassels」のデザイナー、Bonita Cheung(敬称略)など。


その後はアフターパーティがあって、香港の夜景にしばしうっとりしてみたり。


でもそういえば、男性も何人かコンテストに参加していたのに、選ばれたのは女性ばかり。女子パワー万歳!



dsc06745



dsc06742


YOKO

コメント(0)

2011年01月20日

香港出会い日和

ドタバタ香港日和ですが、面白い人たちと色々な出会いもあり。

気づけば一日に一回はtokyo eyeのブースに行っていた(遊びに行っていた?)ような。。

ある日のtokyo eye。なんだか妙な視線……感じますか?


tokyoeye


ほら、右端の人。。背後霊? フツーにコワイだろっ(笑)。


tokyoeye


で、何やってるのかしら^^;パンツ、脱いじゃってたな(笑)。


dsc06857


楽しいのは、GUT'S DYNAMITE CABARETSのCABARET AKIさんでした〜。


あっちこっちから出てくるマシンガントーク、ほんと凄かった。。

絶対トークショーの司会とかやったほうがいいと思う。。?

そしてAKIさんの写真ばっかり撮ってる私も、なんだか変な人みたいね!?


cabaretaki


あ、でも。今更だけど(笑)、ちゃんとステキな洋服もありました!

2011S/Sは「バニーロック」がテーマだそうです。


dsc06703


dsc06700

ファッションショーもやってましたよ。

「Betty Smith」と「VANQUISH」と一緒にやった、tokyo eyeの合同ショーでし

た。


いま、tokyo eyeの参加ブランドは香港の「Miramar」というショッピングセンターでテストマーケティング中。

JOYCEやI.Tにも日本ブランドがたくさんありましたが、こちらの反応はいかに?

2月2日までやっています!


●Miramar

132 Nathan Road, Tsimshatsui, Kowloon




dsc06753

tokyo eye絡みでは、“The Secret of Tokyo Fashion”というセミナーにも参加しました。

スピーカーは東京、香港、北京にファッションプレスを持つMOON CAKEの中込知野さんとファッションジャーナリストの川原好恵さん。

主に渋谷、原宿、青山に生息するファッションピープルの実態をレポートしていたのですが、知っているようで知らない、かなりカテゴライズされた東京スタイルは勉強になりました。

しかもお二人ともとてもいい人!

dsc06684_1

最終日の海外記者向けの朝食会で、なぜか不思議なエジプト人に興味津々。

割りと普通のファッションの人たちが多かったのだけど、この人たちだけ妙にイケイケ(浮いてる?)だったからかも!?

「soucha」というブランドをやっているそうで、展示ブースにも行っちゃいました。


soucha


あら、ファッションショーもやっちゃってました。

ブランドコンセプトは、常にグラマラス&ソフィスティケート、だそう。

なるほどね〜。エジプトブランドって全く未開発だったのだけど、中東セレブの90%はここの服を着用しているんですって。ほんとに!?

エジプトに2つショップを持っていて、アフリカファッションウィークにも出展しているようです。

で、今回はアジア進出にあたり、香港にパートナーを探しにきたそう。

東京でもファッションショーをしたいらしい。。!?

来月以降はロンドン、パリにも出展を狙っているらしく、見た目通りイケイケです(笑)。



dsc06792

あとは香港在住の友達に、ほんと偶然再会したり!

ご飯一緒に行けなくて残念。。!


dsc06840

それから彼女は写真嫌いなので、、撮影はしていないけれど。。

久しぶりにマルティーヌ・シットボン&ダイアナにも再会!

マルティーヌは今回、香港ヤングデザイナーコンテストのVIP審査員をしていたのです。

また『VOGUE china』のアンジェリカ編集長とお話したり、他にも香港の有名デザイナーやら色々紹介していただきました。

海外に来ると、普段なかなか会えない人と再会したり、新しい出会いがあって楽しい!

まさかのまさかで、香港で新しい仕事話も舞い込んできたり。

毎回私の旅はそれ、ネタですか?的な珍事件が勃発するのですが、今回は何事もなく無事に終わりました(笑)。

最終日には北京ダックもいっぱい食べたしめでたしめでたし(笑)。




dsc06878

YOKO

コメント(0)

2011年01月18日

香港ファッションウィーク開幕

さて、いよいよ香港ファッションウィークが始まりました。

1日目はメディアセンターのプレスカンファレンスに行ってから、まずInternational Fashion Designer's showへ。

こちらは8組の若手デザイナーの合同ショーでした。

一部ご紹介すると、Ha Nhat Tienによるガガ様が着ていそうな奇抜な服があったり。

dsc06536

ニットがメインのNguyen Thi Piem Myが登場したり。

大きな畝が縦に横に斜めに走る、ボリューミィなニットはほぼミニ丈のドレスがメインでした。


dsc06546

正直イケてるのかどうかは、まだ若手だけにんーーというところ?
というわけで、これからに期待です。



dsc06555
日本人としてはこれを応援しなきゃ!ってことで、tokyo eyeのプレスカンファレンスにも行ってきました。

今回は、FUGAHUM、VANQUISH、GUT'S DYNAMITE CABARETSなどアクの強いユニークなブランドがラインナップ。

また私の大好きなSWATiも登場していて嬉しい〜。

他にもSiseやJieDa、RIVORAなど気になるブランドがあったので詳細はまた後日。



dsc06561
BUTTERFLY MOMMA by IKA。

このブランドは初めて知ったのだけど、とにかくショーが長かった〜(苦笑)。

びっしり1時間はあったと思います。

THE・大陸系な服のオンパレードで、プロジェクターで映し出された映像もモンゴル(?)な人たちのライフスタイルや紅葉など季節を感じさせるもので妙にしっとりというか。

デザイン的にも作り手は結構年配なんだろうなぁと思っていたら、案の定そうでした(笑)。


dsc06579


この日のファッションショーで一番面白かったのは、Hong Kong Fashion Extravaganza 2011です。

ショースタート前にオープニングレセプションがあり、主催者のスピーチやらデザイナー紹介やら囲み取材やら。

日本からはケイタマルヤマさんが参加していました!



dsc06616
この人、ミス香港らしい。

この日のドレスコード「Glamorous evening」(ほとんと誰も実践してなかったけど。。)で登場でした〜。


dsc06602
ケイタさんのショーは、10月に東京で見た2011S/Sコレクションでした。

明るい色使いやドレスの上にまとった羽織りが改めて見てもこれまた新鮮。

優しくてロマンティックなムードがステキ!



dsc06626日本からは冨永愛さんと山田優さんも参加!


dsc06657


この日はこれが最後のショーだったので、私たちもリラックス(?)。

繊研のゆいちゃんと今回通訳をしてくれているColdy Leungさん&Ip Ling Wai MARIAさん。



dsc06612




それから私はFUGAHUM一石さんのお誘いにのっかって、tokyo eyeチームとディナーに行ってきました。

う……写真、暗くて見えない。。!



dsc06673YOKO

コメント(0)

2011年01月16日

香港に到着!

2ヶ月前のマスターマインドのファッションショーに引き続き、再び香港にやってきました!

今回は、香港ファッションウィークやワールドブティックセンターの展示会取材のためです。

といっても前日入りだったので、繊研新聞のゆいちゃんと夜ぶらりと「TheOne」というショッピングセンターへ視察がてら行ってきました。

dsc06492

気になったのは、最近何かとWWDでも話題の(?)I.Tの系列ショップ。

「http://www.izzue.com」はI.Tのカジュアル向けオリジナルブランドで、価格帯も比較的お安め。

いまはちょうどセール中らしく、どんどん値札の数字が下がっています。


izzue

あとは、やたら日本のセレクトショップが軒を連ねていて、ここが香港だっていう感覚がなくなってしまうくらい。
「BEAMS」やら「BEAUTY & YOUTH」やら、「ROSE BUD」に「Another Edition」、「JOURNAL STANDARD」などなど。

どこもI.Tとパートナーシップを組んで香港に進出しているようです。



beamsI.Tは昨年末、北京に「コム デ ギャルソン」と「ベイプ ストア(R)」ともパートナーシップを結んで大きなショップをオープンしたばかり。
また今春には「ヴァンキッシュ」もI.Tのセレクトショップに入る予定だそうです。


「TheOne」の外観はこんな感じ。
1Fは高級時計エリアで、B!Fはデジタルコーナー(といっても、まだまばら。。)2Fがビューティーのオンパレード、そしてそこから上が洋服のセレクトショップや「PUMA」、「ティンバーランド」、現地のブランドなど。

お客さんは若い人がほとんどでした。

22時まで開いてるし、これから活気づいてくるのかなー!?


theone

で、その後はお腹すいたー!ってことでお食事に行ってきました。
ゆいちゃんが切望しまくっていた酔っぱらい海老、そして飲茶にカコの実スープなど、とにかくがっつく私たち。。。

満腹中枢も満たされて、もう早速香港に来て良かった!と実感(これを単純という)。


dsc06503
しかも、点心がなにげにかわいい!

多分、ハリネズミと首の折れた(例えがコワイ)白鳥、もうひとつはイカ?タコ?

ま、私はアワビがのっかているのが一番美味だったんですけど☆


dsc06506


香港はもうすぐ旧正月です。

こちらでも街のあちこちでウサギモチーフを見かけます。

というわけで、これから世界第二位の規模だというファッションウィークを頑張って乗り切ります!

dsc06496

YOKO

コメント(0)