*「My Life, My Style...」* - GLAM BLOG

プロフィール

カレンダー

3月 2017

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着順

2015年10月01日

パリでも愛用、リーチ(R)ホワイトニングが大好きなワケ

Img_2906  

パリでの生活も、早いもので3ヶ月が過ぎました。

毎日があっという間で、気づいたら季節も変わり、いま改めて今後の人生に悩む今日この頃!?

とはいえ、美食の国“フランス”。

街を歩けばカラフルなショーウィンドウ、ちょっと佇むだけで絵になるティータイム、やっぱりパリはロマンティックで美しいし、実際口にするものも美味しいものだらけ。

誘惑がいっぱいです(笑)。  

 

Img_2644

  

例えばこちら。  

実存主義が盛んだった時代からサンジェルマン・デ・プレで知識人、有名人が集まるところ、といえばもはや定番のカフェ・ド・フロール。

私は、ここでありきたりなんだけどいつも紅茶を頼み、テラス席で道行く人を眺めるのが好き。

wifiもバッチリ繋がるので、たまにPCを持ち込んで仕事をしたりもします(激混みのランチ時間なんかはかなり迷惑だけど^^;)。

  

Img_3031_3

 

また、ちょっとした手土産にはカフェ・ド・フロールからご近所のラデュレをよく利用したり。

日本でも人気ですが、本場パリは種類も多く、とにかく見ているだけで幸せな気分!

 

Img_2890 

それから、ラルフ ローレンのレストラン、Ralph'sもお気に入りのひとつ。

2010年にオープンしてからというもの大体いつも予約でいっぱいなのですが、ちょっと時間をずらせばすんなり入れることも。

1600年代中期のフランスの由緒ある邸宅を3年がかりでリノベーションしたという店内は、ロココ調のインテリアにアメリカンテイストがミックスされ、ひときわ贅沢な時間の流れを感じながらゆっくり味わうお料理がまた格別。

あ、結局全部サンジェルマン・デ・プレ界隈ですね、紹介しているのが。

やっぱり私、左岸が好きなんだなぁ。。!

  

と、日々美味しいものを探し求めつつ、そこで気になってくるのがお口まわり。

特にディナーだとワインをいただく機会もあるし、フランス料理だとこってりしたものも多いので、しっかり歯磨きをしないと色素沈着が気になったりもします。

そこで、私のパリでのエチケットケアがこちら。

  

 

 

Photo

ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されている、リーチ(R)ホワイトニング!

なんと、ハマってしまって色違いで3本も常備しています(笑)。

この歯ブラシのポイントは、毎日の歯磨きで手軽に歯の美白ケアができること。

なんでも日本初の3つの美白機能がついているので、毎日使うことで白く輝く健康的な歯が手に入るのだそう。  

Img_3420

 

その3つの美白効果というのは、まず写真グリーンの歯ブラシを見てもらいたいのですが、ヘッドの中に特殊ラバー素材のステインクリーナーが搭載されていて、それが歯を磨くたびに自然にステインを除去してくれるというもの。

そして、毛の表面のデコボコした部分が歯と歯の隙間のステインもすっきり取り払ってくれます。

さらに、ここが気になるなぁという部分があったら、ピンクの歯ブラシのように裏側のパッドを使って円を描くように歯を磨くと、そこの部分が特に集中的にケアされるという仕掛け。

あと私は口が小さいので、この絶妙なコンパクトサイズも自分にはぴったり!

朝急いでいる時なんかでも、スイスイっと軽やかに、そして確実にすみずみまで歯をケアしてくれるので重宝しています。

パリの薬局にももちろん歯ブラシは売っているのですが、ちょっと日本人の女性にはサイズが大きい。。

なので、これはもう絶対に手放せません!

  

Img_2861 

こちらは、サンジェルマン通りのラトリエ ドゥ ジョエル ロブションに行った時にいただいた最後のデザート。

あ〜至福の幸せ!

そして、もちろんこの後もリーチ(R)ホワイトニングで歯磨きして、そして爆睡に走りました(笑)。

お口の中がすっきりすると、心なしかバッチリ熟睡もできる気がします。

一度使うとやみつきになるこの歯ブラシ、みなさんにもおすすめです!

  

  

 

☆こちらの商品は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)からの提供です。

  

  

  

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

日々の面白ネタはこちらから。Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

 

コメント(0)

2015年08月31日

カート・コバーン VS ジェーン・バーキン、「コンバース」を愛した男と女の物語

1_2

  

手前味噌でおそれいりますが、8月25日発売の『WWD JAPAN THE MAGAZINE』で、カート・コバーンとジェーン・バーキンにまつわるコンバース特集というのを監修、執筆させていただきました。

この記事を書いていた頃は、パリで事件があって(いまも常に頻発してますが。。)家で仕事ができずOdeonにあるCafe HIBOUでなぜか炎天下の中、外のテラスでずーっと御籠もり作業していたんですよね。。笑。

いま思えば懐かしいですが。無事に掲載されて良かった良かった!

ただいま絶賛発売中。ぜひご覧ください。 

2_2

  

3_2

  

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

日々の面白ネタはこちらから。Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

  

コメント(0)

2015年08月27日

パリコレで注目! 世界を股にかけるストリートアイコン

今日は、私のパリの友達を紹介させていただきます。

それがこちら、Elina Halimi!

  

Dariasdiariescomdariasdiaries.com

 

あ、右側です。右側がElina。左のDariaもパリコレを筆頭に海外では超有名ですが。(ちなみに来週はウクライナのファッションウィークですね。Dariaの大活躍が始まります)

まとめると、ロシア出身はみな美人!

そして私とElinaが知り合ってからは、再来月でちょうど2年になります。

その頃から、めきめきとストリートスナップの常連として頭角を現してきた彼女。

“ストリート” “ロック” “クチュール”を軸としたスタイルは、私もやってみたい〜!と憧れています。

そんな彼女のおしゃれすぎるルックスをこちらにまとめました!

ぜひピーコ目線でチェックしていただければと思います。

  

Tmagazineblogsnytimescomtmagazine.blogs.nytimes.com

   

Gastrochiccom_3

gastrochic.com

     

Theurbanspottercom

theurbanspotter.com

  

Elina姐さん、ハンパないです。

180cmの長身にモデル体型、正直一緒に並びたくありません。。苦笑。

でも、なぜか気になっちゃう!

多分、それは見た目だけでなくビジネスでも成功も掴んでいるキャリアウーマンとしての憧れなんでしょう。。なので、仕方なく並んでいます!?

 

11792039_577901972347992_1967790475 

 

あえて年齢は聞いたことがありませんが、共通の知人情報によると推定50歳前後。

それでこの夏はイビザのご自分の別荘で、クルーザーで、この出で立ち。恐るべし。

海外は日本に比べて年齢を重ねれば重ねるほど“オンナ”であることを許容してくれるところがありますが、自信を持っていれば年齢なんていくつになっても関係ないんだな、と改めて思いました。

環境も重要ですけど(日本みたいにメンズがロリコン化してるとどうなんでしょうか。。)。

 

20150827_145602 

 

ちなみに、Elinaはロシアで若かりし頃にビジネスが成功し、その後パリに移り住んでから「KABUKI」というコンセプトショップを立ち上げました。

店名は、文字通り“歌舞伎”からインスパイアされていて、日本文化にとても興味があるのだそう。

そして、写真だけだとちょっとコワそうに見えるかもしれませんが!?、本人はいたってナチュラルでポジティブです。

威張ったり、態度が変わったり、人を肩書きで選別するのは、中途半端にうまくいっている人だけですから。

いつも私の憧れのブランドばかり着ていて羨ましいですが、それ以上に彼女のマインドのほうが好きです☆

Elinaのおしゃれチェックはこちら!  

  

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

  

 

  

 

コメント(0)

2015年08月25日

ラコステのポロ・クチュールをパリで生拝見!

009_laetitia_casta_is_wearing_a_lac 

 

レティシア・カスタ。フランスの国民的女優。

可愛くてセクシーで、昔から大好きです。

そんな彼女が上の写真で着こなしているのが「ラコステ」のポロシャツ。

だけど、なんだかいつもの「ラコステ」とちょっと違いますよね?

こちらはなんと!長きにわたりパリのオートクチュールファッションを支えてきた格式ある手刺繍工房「メゾン・ルサージュ」とのコラボレーション!

そんな見目麗しき、この世に1点しか存在しないクチュールピースを拝見する機会がパリでありました。

  

1_lacoste_x_lesagedaniel_beres 

 

っていっても、もう約2ヶ月前の話なんですがーーーー汗。

なぜ今になって?というと、このコラボレーションに関連した限定アイテムが8月28日から日本でも発売されるからです!

●詳細はこちらこちらこちら

 

Dsc_0197 

 

私は、7月のオートクチュール期間中に開催されたローンチ・イベントで、今回のコラボレーションの仕掛人、『The Reality Show Magazine』の編集長、ティファニー・ゴドイに再会する機会もありました。

日本語も巧みでワールドワイドなティファちゃん、相変わらずクールです。

ファッションは、トレンドも大事ですがそれだけ追い続けても…なんだか虚しくないでしょうか?

ファッションはその人の個性を映し出す鏡であり、勇気を与えてくれるものであり、人生を豊かにしてくれるもの。

クチュールは特に気の遠くなるような時間と労力がかかるのに、それでも完成させたい、感動したいと願う情熱の塊であり、ネットの発達によって安易に伝播する情報や過度の労働背景に疑問のある安価な服とはファッションへの哲学が異なります。

そして、そんなクチュールが意外にも?スポーツブランドとのプレイフルな競演。

もう、最高。この細やかさ!

 

Dsc_0124

  

私の場合、結構落ち込むことがあっても、今までファッションで元気を取り戻してきていました。

(ファッション雑誌を眺めるだけで癒されるという単純さ)

そしてパリに滞在して、大変なことだらけだけど、やっぱりファッションが好き!と再認識しています。 

 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

  

コメント(0)

2015年05月31日

アルベルタ フェレッティのウェディングドレスで、ギリシャ神話の女神のようなオーラを!

01_aurora

  

 

近々結婚予定の人も、いつかお嫁に行きたい人も。

女性が人生で一番最高に輝く時、といえばやはりウェディング。

そして私からのおすすめはこの「アルベルタ フェレッティ フォーエバー」、そうミラノコレクションでもおなじみの「アルベルタ フェレッティ」のウェディングラインです!

  

 

13_atena

 

 

20代ならともかく、30代以上になると気をつけたいのが「盛りすぎない」ドレス選び。

あれも可愛い、これも可愛い〜と欲張っちゃうと、ちょっと自己満足過剰気味のイタい風景が出来上がる恐れが!?

特別感がきっちりありながら、洗練されていて極めて上品。

そんな、後世に見てもうっとりするような、エターナルな輝きを残すスタイルを目指したいものです(記念写真もバシバシ撮るわけだし!)。

その点、「アルベルタ フェレッティ フォーエバー」の新作ドレスは大人の女性にもぴったりで、ドレス1点1点にギリシャ神話に出てくる女神の名前がつけられているのもロマンティック。

そんな全LOOKをぜひこちらからご覧あれ!

  

 

04_era 

 

 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年05月27日

クロエの新しい香水の発表会へ!

Dsc01473 

 

「クロエ」から7月22日に全国発売がスタートする、新しい香水の発表会へ行ってきました。

今回もローズの香りを中心に、ベルガモットやムスクなどなど、繊細でエレガントな香りにうっとりです。

ちょうど行った時、パフューマーのひとりであるシドニー・ランセスールさんがいらっしゃってて、調香についての説明もしてくれました!

あと、個別にはパリについての世間話なんかも少し(笑)。

  

Dsc01463 

 

「クロエ」の香水シリーズは女子度が高く、大変人気がありますが、今回もご多分に漏れず。

また会場に飾ってあったホワイトローズもステキでした〜!

(他にもこちらにほんのり写真をアップしています♡)

 

 

Dsc01475 

 


☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)

2015年05月19日

H&Mとバルマンがコラボ!合言葉は#HMBalmaination!

Balmain_x_hm

 

 

毎年話題の「H&M」とデザイナーとのコラボ。

今年はなんと、「バルマン」です!

「バルマン」のクリエイティブ・ディレクター、オリヴィエ・ルスタンは、ショービズ界や音楽界とも結びつきが強いですしね。

きっとイケイケで盛り上がるのでは!

  

 

AH&M Twitter 

 

先日開催されたビルボード・ミュージック・アワードでほんのりベールを脱いだ、このコラボレーション。

人気モデルのケンダル・ジェンナーとジョーダン・ダンと一緒に、セルフィーをツイートする姿がキャッチされました!

世界同時発売は、11月5日から。

もういまから楽しみ!! ハッシュタグ「#HMBalmaination」で動向を追っかけないと〜。

(詳しくはこちらから) 

 

 

☆The STYLE INSIGHTでは、モードでアカデミックなワールドファッション情報を絶賛配信中☆

http://the-styleinsight.com

 

 

Design

Facebook:https://www.facebook.com/TheSTYLEINSIGHTJAPAN

 

Yoko Kondo / Editor in Chief at The STYLE INSIGHT & Fashion Journalist

近藤陽子/スタイルインサイト編集長&ファッションジャーナリスト

コメント(0)